トップ «前の日(03-17) 最新 次の日(03-19)» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


1999-03-18 更新

_ ひさしぶりに

いろいろ更新。 トップページにペトリマークを貼り、第9回東北学生写真展の感想を書き、リンクを直した。

_ -今日の言葉-

障子しめきつて淋しさをみたす

尾崎放哉


2000-03-18

_ 仕事帰りに

新宿へ。 先ず、模索舎で頼まれ物を含めて本を4冊購入。

「戦後の先行者たち」埴谷雄高、影書房
「ぼくは本屋のおやじさん」早川義夫、晶文社
「大杉栄」(For Beginersシリーズ)文・竹中労、絵・貝原浩、現代書館
「無政府主義者は答える」岩佐作太郎、黒色戦線社

 西口に出てM42マウントのテレコンバーターを探す。 ドイにもマップカメラにも良いものが無く、結局泥棒市場で購入。
 疲れたのでとっとと寝ようと思ったのだけれど「大杉栄〜」が思いの他読みごたえの有る本で、読了して時計を見たら11時30分。 メールチェックしで巡回して4時半まで仮眠。


2002-03-18 風邪悪化

_ まぁ

死なないように養生します。

_ 写コン始まる

始まっています。 今日が澁谷さまの担当。
月曜日りょうこ火曜日えみ水曜日さやか木曜日まこ金曜日はるか土曜日あいか日曜日はみんなで!!
・・・って事になっているようです。
朝起きぬけにチェックしたら、まだ土方みなみだったのですが、午前中から始まったようです。
仕事を終わらせて漸く家にたどり着いた頃にはもう殆ど終わりかけているような感じ(苦笑)。 こう言うのが見られるような携帯に変えないと流れに附いて行けません。

_ としまえん

9月に出たときは歌中撮禁という不可解な縛りが有ったようですが、オフィシャルサイトのスケジュール欄によると、今回は
ピカピカの写真撮影はOKです。VTRや録音等は禁止です。
・・・とのこと。

_ ピッカケウザイ その3

被害者から実例を聞きました。 studio VIVIDの公開放送の時なのですが、やはり混沌とした状況の中で他のタレントの客が迷惑を蒙っていたようです。 ピッカケがガラスに張り付きっぱなしで他のタレントの客は見られない、混沌とした状況の中で普段は表から出てきて出待ち対応もする佐藤ゆりな浅見れいなは裏から帰っちまう。 ・・・といろいろ有ったようです。

_ 訂正

ニシダさんの指摘どおりです、訂正します。
本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

# ニシダ [佐藤ゆりなではなく浅見れいなと思われ。]

# ひろてぃー [私、どっちも知らない…。]

# ニシダ [このVIVIDって3/16の話ですよね? ピカピカの相手をした タレント(番組レギュラー)は浅見れいなで間違いない..]

# ニシダ [↑間違った、3/9のVIVIDですよね?]


2003-03-18 酒田行 追記

_ 酒田市内

駅前から中心街の中町通り辺り迄、30分くらいかけて散歩してみたのだけれど、観光客は本間美術館とか山居倉庫とか土門拳記念館とかそう言う観光施設へ駅から直で行ってしまうようで、中心街へ行く人は少ないようだった。 もっとも、酒田駅で降りた人そのものが多くは無かったのだけれど。
ぶらぶら歩いていて目に付くのが空き店・廃屋・移転告知・閉店のお知らせ、閉まったシャッター。 日曜だから休みの所も多いのだろうが、営業している店が極端に少ない。 なにしろ駅前では閉店したジャスコの建物をぶっ壊している最中で、駅前の通りも仕舞っている店が多い。 「閉まっている」ではなく「仕舞っている」、既に商売を止めているのだ。 ぶらっと歩いただけで判るくらいの不景気と空洞化の中にこの町は在り、そんな町の商店街の町おこしプロジェクトの一つとしてS.H.I.Pはある。

_ しかし

S.H.I.Pのライブを見ている人々・スタッフの表情は明るかった。 塹壕の中で聴くリリー・マルレーンのように、S.H.I.Pは先の見えない不況の中にあるこの町に、希望と活力を与えているのかもしれない。
S.H.I.Pショップのサイト内にある「商店街のS.H.I.P関連オリジナルグッズご紹介」のページを見ると判るのだけれど、S.H.I.Pショップだけでなく商店街の色々な店でS.H.I.Pの関連商品を扱っている。 CDもS.H.I.Pショップでは既に売り切れていて、関東方面から行った客は眼鏡屋とか仏具屋に有る分を買っていた。 斯く言う私も仏具屋で買った口(苦笑)。 おかみさんの話によると あいぴょん とは幼稚園の頃からの付き合いなんだそうな。
こう言うS.H.I.Pを取り巻く商店街の人々やスタッフ、地元のファンの人たちも含めたのんびりと暖かい雰囲気がS.H.I.Pの良さだと思う。 S.H.I.Pをご覧になりたい方には、是非酒田まで足を運ぶ事をお奨めする。

_ レス

行ってよかっだです>ごりぱんさん


2007-03-18 終末感漂う週末

_ 考える週末

友人達がAKB48の名古屋公演を観たついでにプチ温泉旅行と洒落込んでいるのを横目に休日出勤の土曜日。
日曜が休みになるだけでもまだ幸せである。
福岡に飛ぶ金なんざ逆さに振っても出ないので、今日は落語の日。
後顧の憂いなく落語に行けるのは嬉しくもあるが、反面AKB48が選択肢に無い寂しさもある。

_ 折井あゆみの立ち位置

おとついの晩にあった折井のイベント。 ミクシイの戸賀崎日記に有ったとか無かったとか言う話も聞いたが、公開で見られる部分での告知は宇佐美友紀ブログのみ。
小規模告知だったので平和裏に終わった側面はあるし、コンサートや映画撮影、チームB公演のレッスンetc...色々重なってしっちゃかめっちゃかになっているのは判らんでもないが、この告知の薄さは何なんだろう。

公式サイトのメンバー情報からは既に折井の名前は消えているが、思い出したようにファンクラブサイトのブログは更新されたりする。 宇佐美の時のようにoffice48のサイト内の他の場所に名前が移る訳でも無いが、秋元がらみで仕事が繋がっているのは確認できたりする。

Yahoo!動画「喫茶ベルサイユ」

何処の所属でこれから何をしていくのか、何だかよくわからない状況では有るが、仕事が繋がっているのは悦ばしい。

_ 折井絡み、補足

髪の毛が傷んでいるように見受けられ、ライトの加減かもしれないが、肌の調子も宜しくないように見えた。 そんな訳で、本人そのものより服のほうが若々しい感じ。
前述の通り仕事そのものはきちんとこなしており、読む技術・喋る技術には改善の余地は有るが、出来る範囲で最善を尽くしているのは見て取れて、一生懸命がプラスに振れて客を惹き付ける語り口になっており、踊り出した馬鹿が蹴散らす迄は民間人も足を止めていた。

_ 秋元才加の洗練

またぞろ、コンサートでの話。
秋元が兎に角、凄い。 凄いには凄いのだが、上手く書けずに書いては消し、消しては書き・・・、で一週間。
纏まらないが的外れな罵言を目にしたので敢えて触れておく。

チームK初演の日から秋元の動きは特異であり、誰よりも深く沈み込み、誰よりも力強く動いていて、そこが面白くはあったのだけれど、日を追う毎に無駄な力みが抜けて指先まで神経の行き届いた柔らかい動きになり、動きの切れと正確さに加えて表現力も備わって来た。

コンサートでの秋元は、力強く動きべきところでは力強く、繊細な表現が求められる場面では嫋やかに、周りに溶け込むべきところは周りに合わせて動いており、実に良い仕事。

こうしてもっともらしい言葉を並べたところで百分の一も伝わらないのがもどかしいが、兎に角、あの日の秋元は素晴らしかった。

_ 桂文字助独演会

AKB48もへったくれも無い週末なので、後顧の憂いなく倉庫の二階の三月興行へ。

「寄合酒(半ば)」文字ら
「寄合酒の続き→売り声→豆屋」文字助
<中入り>
「阿武松」文字助
「文字助の由来(芸談)」文字助

持ち時間15分って事で、半ばで切っちゃった文字らさんに苦言を呈しながら「どこまでやりやしたっけ?」と続きを。
売り声で繋いで豆屋。
豆屋の文字助的サゲは練れてきてさらに面白く。
中入り挟んで相撲噺。
やはりわかってる人の相撲噺は味わいが違う。
最後に芸名の由来なんかも含めてご挨拶。

色々と濃い一日だった。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [zithromax pet meds <a href=http://dstvmediasales.com/site..]


2011-03-18

_ 電撃ゲームス vol.18

ゲームという物をやらなくなって久しい私であるが、巻末にぱすぽ☆のカラーグラビア8ページと言う事で買ってみた。
私が読んで楽しめる記事は、分量こそ少ないものの幾つかは有り、吉祥寺のハモニカ横丁探訪など、質もなかなか。 アイドルも細かいところで使って貰えている。

ぱすぽ☆以外で目に留まったのは、ニンテンドー3DS体験記事にバニラビーンズ、SKE48が2ページでグラビアとインタビュー、アイドリング!!!の連載ページなど。

ぱすぽ☆
8ページ39カット、撮影は塚原孝顕。
成田の航空科学博物館で撮影。 YS-11のタラップに10人並べたカットから始まり、屋外撮影分は袖なしデニムにパニエの衣装で、踊らせたりじゃれ合わせたりして動的に。 屋内(機内)撮影分はフランス陸軍風の黒い衣装で、何人かずつ組ませて静的に。 普段は激しく動くのを遠くから見ているので判りにくい衣装の細かい部分まで良く判る。
現代の大型ジェット旅客機より、YS-11の方がグラビア映えする。 欲を言えば全日空色のYS-11より、エールフランスかKLM色のフレンドシップなのだが、国内にあるはずも無く

簡易だがタラップに並ばせて撮った1ページ目から始めて、10人の個別写真を並べる構成も良い。 判っている人による、判っているグラビア。
残念ながらこうしたグラビアの方が少ない訳で、当分の間はこれがぱすぽ☆にとってのグラビア仕事の代表作になるのではないかと思う。

岩村捺未はカメラ慣れしていつつも、媚びたところも巧んだところもなく、そのまま撮られている。 この「そのまま」が、実は難しい。
表情こそ「ニヘラー」っとした感じに終始しているものの、カメラと向き合う角度が一定しないので、表情に変化があるように見える。
素材の力で見せる奥仲麻琴。 見せ方の上手い増井みお、安斉奈緒美、佐久間夏帆。 岩村と同じく巧まない森詩織。
現場人気の高い根岸愛と槙田紗子は、カメラを前にして少々考えすぎてしまった感じ。 灰色の脳細胞が邪魔になる事もある。
玉井杏奈は動いてナンボなところがあり、静止画だとその魅力が伝わり難い。
藤本有紀美もカメラの前に立つと構えてしまって、表情が単調。 カメラから意識が離れた瞬間を捉えたカットは、塩分過多ながら味わい深い表情。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [viagra price shopper <a href=http://www.rwuk.org/?product..]


2012-03-18 溜飲の下げ方

_ 第79回浅草早朝寄席~錦魚・談奈二人会~

今日はあとがつかえているようで、いつもより15分短い11:00終演。
そんなわけでマクラもそこそこに三席+ゲスト。 弁当幕も無く、スッキリした構成。

「小噺」談奈
「千早振る」錦魚
「オゲレツウクレレ」角森隆浩
「大工調べ」(序)談奈

口開けで出て来た談奈さんはマクラもそこそこに鰻と泥鰌と穴子の小噺でさらっと降りちゃう。 このあたりは左談次師ゆずりで上手い。
錦魚さんはチクリと毒をいれたりしつつも、軽く楽しく。
オゲレツウクレレの角森隆浩さんは素晴らしいイカレポンチで、どうかしているウクレレロックを高らかに歌い上げて去って行った。
牧伸二、ぴろきより、坊屋三郎に近い「ひとりボーイズバラエティ」と言った趣。

トリの「大工調べ」は談奈さんらしさが存分に出ていた。
談奈さんの偉そうな奴と言うのは、実にどうも腹立たしいのだけれど、棟梁の啖呵が焼肉屋の冷麺みたいで、つるつる喉越しは良いが切れ目が無くて歯切れが悪い。
下がるべきところで下がらない溜飲に苛々したところで与太が出てきてドタバタになるのだけれど、ひとしきり笑って気が付くと、苛々が消えてスッキリしている。
不思議な芸。


2017-03-18 了見

_ 朝練講談会(第223回 29.3.12)

「三方ヶ原軍記 内藤物見」一龍齋貞奈
「難波戦記 真田大助 駿府の使者」一龍齋貞弥
「秋色桜」神田春陽

前座のうちは芸としての出来についてあれこれ言うべきでないと思うが、出来以前に了見がなっていないのはいただけない。
貞奈さんの三方ヶ原は浚っていないのがありありと判る。

つっかえるのは仕方がないとして、酉を西と読み違えて言い直すと言う事は、まぁ覚える気なんざサラサラ無い、義務だから仕方なくやっていると言う事であろう。
読みながら演ってよい演目であるにしても、下読みすらしていない。 言い立て以外の会話などは情感を込めているので、そういうのを早く遣りたいのかもしれないが、その前にやることが有るのではないか。

貞弥さんは鼻濁音が綺麗。 一人芝居寄りではありつつ、お作法はきっちり押さえて演っているのと、出て来る男が男としてそこに居るので講釈として聴ける。

春陽先生は唐突に「現代」がギャグとして織り込まれるのだけれど、どんな脱線の仕方をしても戻って来られるのには毎度感心する。

なんだかんだ言っても、払った金額以上の対価は得られるのが朝練講談会。



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|
トップ «前の日(03-17) 最新 次の日(03-19)» 追記