トップ «前の日(03-18) 最新 次の日(03-20)» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2000-03-19

_ 4時半に

起きて、もう一度巡回してから荷造りをして仙台へ。

水戸迄はひたすら寝ていた。 水戸駅で朝食、てんぷらそば¥320-。 喰った後はまたひたすら寝ていわきへ。 いわきからはまたひたすら寝て原ノ町へ。 原ノ町からはまたひたすら寝て仙台へ。 1時40分着

_ そのまま

ウィークリーマンションへ直行し、荷物を置いてわたりょ、六条とダイエーへ買い出し。

前回利用した十字屋にくらべると当たり前の物しか置いていなくて一寸がっかり。

ひと休みしてから仕込みに入った。 

_ 当日作ったものは

以下の通り。

餃子
コンビーフとチーズのラビオリ
ミラノ風(笑)ポークカツレツ
牛キムチ炒め
牛トマトキュウリ炒め
雪菜と油揚げの煮びたし
餃子のあまり具のオムレツ
うな玉煮
肉野菜炒め

 まだ何か作った様な気もしますが覚えていません。
 先ずは餃子の具から。
 白菜1/4の硬い所と柔らかい所を切り分けて、硬い所のみをみじん切りにし、塩をして揉み、水気を切っておく。
 ニラ1/2わもみじん切りにする。
 これらと豚ひき肉(中パック)を手で揉み込むように良くまぜる。
 鶏ガラスープをお湯で溶いたもの茶わん半分くらいと五香粉とごま油適量を入れて更にまぜる。
 暫く冷蔵庫で寝かせる。

 寝かせている間に牛肉とキムチと白菜の柔らかい所を炒めた。

 コンビーフ一缶を器に空けてほぐし、5ミリ角くらいにちぎったチーズを混ぜておく。

 油揚げは一口大に切り、空炒りしてかるく焦げ目をつける。
 スープを注ぎ塩で味を整えたらいったん油揚げを引き上げておく。
 雪菜(小松菜、山東菜でも良い)は一口大に切り、煮汁に入れて軽く火を通す。
 油揚げを鍋に戻して味を整える。

 餃子の具とラビオリの具を餃子の皮に包んておく(人数が揃ってから焼く)

 パン粉にバジル・オレガノなどのハーブ(今回は無印良品の「イタリアンハーブミックス」を使用)とすり下ろしたパルミジャーノチーズを混ぜておく。
 豚ロースに塩・胡椒をしておく。
 フライパンにオリーブ油を多め(肉が半分つかるくらい)に入れて熱する。
 肉に小麦粉、卵、パン粉の順で付けて、フライパンへ。
 表面がきつね色になって来たら裏返して弱火で火を通す。
 箸で押してみて弾力が出て来たらだいたい火が通っている。
本当はチーズやら生ハムやらを挟むのだけれど、さすがにそこ迄はしなかった。

 余った餃子の具をフライパンで炒め、卵を三つ割り入れてオムレツを作った。
 フライパンを左手で保持しつつ向こう側へ倒し右手でフライパンの柄をとんとんと。
 向こう側に寄ったらひっくり返して出来上がり。

 餃子はフライパンを熱したら八つくらい(少なめに)並べて暫く焼いたら茶わん半分くらいの水を差してふたをして弱火に。 2〜3分立ったら水を捨て余計な水分を飛ばして出来上がり。

 当日気合いを入れて作ったのはこれくらい。
 作っている合間々々に飲み食いをして、毒づきクダを巻いて、十時半に退散。
 夜行バスに揺られて帰った。

2001-03-19

_ 厚生労働省との

交渉を終えられた飛良泉先生が、その足で上京。 上野で待ち合わせて吉池でつまみと酒を仕入れて軽く飯を食った後、某所へ移動。 夜半過ぎ迄呑み。
面子は飛良泉先生、私、ひたひた、先生の友人イノ嬢の4名。 さて、何を呑んだのだろう?、ギネスドラフト、ヘニンガー、グロールシュ、シュヴァルツカッツ、電氣ブラン、菊水の五郎八、そんなところか。 久しぶりのチャンポンでへべれけになり、仮眠しているうちに飲み会は終わっていた。


2002-03-19 つぎつぎあかるみに・・・

_ ピッカケウザイ その後

3/14に書いたピッカケウザイ話に関して「つか、全部ヒ?カヒ?カさんの現場で見たことなのですが・・・・」と言うご指摘が・・・。
昨晩書いたこともそうなんですが具体例を聞いてしまうと「すいません」と謝るしかないような(・・・って私が謝ってもしょうがないんですが)状況だったようです。
よく考えたら私は、GoGoライブ以外 他のタレントと一緒に出る現場には行ってないんですね。 うちのレポ一覧見てもそんな感じです。  他のタレントが出ない場合でも、に私が行っていない現場ではトラブル事例をよく耳にします。 例えば実行委員会の仕切りが滅茶苦茶だった埼玉大学然り(←これは客の所為ではりませんが)、東京から来た人間のガッツキ大会に地元民が引いてしまったと言うやぶひめのFM会津→ジャンダルム然り・・・。
一回他流試合を輪の外から観て見ようと思っています。
あと、どこもそうなのかもしれませんが、客の中に付和雷同的なところが有り、それが 衆を恃む ような振る舞いに繋がっているような気もします。

_ 写コン終了

先ほど澁谷さまの最後のおやすみ(^O^)投稿がアップロードされました。 これで澁谷様の回は終了、明日はえみちゃんです。

_ どうぶつでんわ

↑タイトルに意味無し。
愛可ちゃんのあいあい愛ランドに、

[00025]サルって呼ぶぅぅ〜
投稿者:あいか
投稿日時:2002/03/18 22:53:54
ちょっと聞いてください!
うちのマネージャーは、メンバーのことを
さる・いぬ・おたまじゃくし・ぶた・イグアナ
かっぱ‥って、でっかい声で叫びまくります!
それぞれ誰のことかわかりますか?

との書き込み(苦笑)。 かっぱは澁谷さまだと思いますが、他は誰がどれなんでしょうか?、
さる→あいか
いぬ→えみ
おたまじゃくし→マコ
ぶた→さやか
イグアナ→はるか
うちのマネージャー→安井取締役 ・・・と予想。 しかし書き出しが吉野家(苦笑)

_ 風邪なのか

「それはインフルエンザじゃないのか?」と言う指摘を受けました。 曰く、「今年のは熱も咳もでないけど、兎に角ダルイらしい。」とのこと。

たしかにそんな感じではあります。 だるい。

_ 誤解を招くなぁ・・・

上のほうで書いたトラブル事例なんですが、書いてから誤解を招きかねないと気がつきました。 会津であったイベントにおけるピカピカの客の評判はむしろ良いと言えるくらいで、輪の外に居た地元リスナーに局のスタッフが気を回して疎外されないようにしたと言う程度の事です。
ニシダさんのご指摘に関しては、現場に居なかったので本当のところは良く判りません。 ただ被害者の"はぐれカメコ武闘派"の方からはそう聞きました。

_ 今日の写コン

えみちゃんの担当です。 こちらからどうぞ。 澁谷さまがちゃっかり乱入しています。 それにしてもえみちゃんはこの手のことが上手いですね。 客が見たいものを上手く揃えて出してきます。


2003-03-19 嗚呼・・・

_ 燃え尽き症候群

酒田の件を纏め終えたら燃え尽きました(苦笑)。 眠い。

_ 今売りの週刊ポスト

清水さやか→松下みらの嬢のヌードグラビア5ページなんだけど、最寄のコンビニでは売り切れで今日は買えず。 一旦脱ぎ仕事をすると、そっち方面に仕事が限定されてしまう傾向が有るので、今後の展開が心配。 悪い小父さんに騙されていなければいいのだけれど・・・。

_ みらの

わが国で現在「みらの」と言えば闘龍門ミラノコレクションA.Tなので、とりあへずそれを超えるよう頑張っていただきたい。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

# momoちゃん [「みらの」と言えば「マイホームみらの」ぐらいしか思いつかなかった。]

# るれいさちゅわん [ヲタの性として、芋蔓式に色々思い出してしまうのですが(笑)、 昔のプロレスラーにマリオ・ミラノ(マスクをかぶるとザ・..]


2009-03-19 "That's one small step for kana, one giant leap for mankind"

_ 小林香菜 携帯写真集 ノルマ達成

AKB48公式ブログにて、1000ダウンロードを突破した事を報告。

これでアップトゥボーイ本誌のグラビア掲載と、イメージDVDの製作が決まった。
これは小林にとっては小さな一歩だが、AKB48史に於いては大きな出来事であると思う。

_ レスなど

読んで判る日本語で書かれていないので、文意が汲み取れないのだけれど、理解できた範囲で回答。

私はもはやあなたと対話が成立するとは思っておりませんので、20日でも27日でも同じです。 話す事は何も有りません。
ついでに申し上げておくと、一緒に行った知己に纏わり付かれるのも迷惑ですので、止めて頂きたい。
判らない言葉は、訊く前に自分で調べるのが常識と言うものです。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [real propecia price <a href=http://www.rwuk.org/?product=..]


2016-03-19

_ 朝練講談会(28.3.19)

朝八時に家を出て三越前の駅に着くのが九時前、軽く手繰ってから福徳稲荷に詣でて日本橋亭へ。
顔付けからして出足は早そうだったのだけれど、予想以上の客足で開場前に既に30人から並んでいる。
満員とは行かないがほぼ一杯の入り。

「海軍カレーの父 高木兼寛」神田真紅
発声に少々無理があり、低い声を出そうとして喉を絞め過ぎているのが疵だが、演技過剰になっていないのは良い。
二つ目になってSNSを始められるようになり、食べ歩きの写真を投稿するのが趣味になったと言う話からカレーどら焼きを食べた話、そして本編へ綺麗に繋がる構成に唸る。
気になったのは軍の階級が把握出来ていない事。 兵、下士官、士官の別がついておらずあやふや。
詳述する必要は無いのだけれど、「判ってますよ」と言うのは仄めかしておいた方が良い。

海軍の脚気対策の手柄を全部高木に持って行くのは正確では無いと思うのだけれど講談なのでそのあたりの脚色は許容範囲か。

「大岡政談 村井長庵」から「雨の裏田圃」神田松之丞
見巧者の知己が揃って嵌まっているので興味はあったのだけれど、漸く観る機会に恵まれた。
顔が大きく、首から上がぐいと迫り出した写楽の役者絵のような容貌。
松鯉先生の口調の名残は感じられつつ、猥雑で胡散臭く、色気がある。

師匠である松鯉先生が食って行くために編み出した「ビジネス講談」的な物とは逆の芸になっているのが先ず面白い。
ホームページが出来た話、渋谷らくごの話など、マクラは面白いのだけれど、本編に入るとガラリと変わる。
目先の笑いは取りに行かず、ピカレスクロマンを聴かせることに徹する。
そうそう、これこれ。 これなのである。 笑わせるだけが話芸ではなく、聴かせる芸。
楽しいと言うか、愉しい。

陰惨なうえにも陰惨な話なのだけれど、後味は悪くない。

_ 鎌田紘子Presents『シースルー写真展』

浅草橋駅西口にほど近いギャラリードレインで開催されている写真展を見てきた。
鎌田紘子Presentsだが、撮影はすべて黒澤奨平。

エンピツビルの三階にあるギャラリーで、一階から真っ直ぐ伸びた、擦れ違うのにも難渋するような細い階段を昇って行くのだけれど、こちらが昇り切ろうかと言う頃合いで「微笑みデブ」みたいなのが無頓着に降り始める。
客筋はそういうところに在り、写真そのものより写っている人にのみ興味のある向きが中心。

肌色の水着的な何かを着用した上から紗と言うか絽と言うか、透けた生地を羽織っている。
カラーコンタクト着用、肌のレタッチは強目。 分かりにくく書くと「写真見世」のような感じで、可愛らしくない写真は一枚も無いが、人物写真としての面白味は薄い。

見応えがあるのは構図の妙。 癖のある顔、地味な顔でも、可愛らしく見える角度を探して撮っている。
それでいて自撮り的な決まり切った角度だけで凝り固まった窮屈さも無い。
見に来ている客には全く伝わっていないと思われるが、巧い。


2017-03-19 卒業

_ 囲碁フォーカス(29.3.09放送分)

司会を3年務めた戸島花の最終出演回である。
恐らく今後も囲碁に纏わる仕事は続けていくと思うが、囲碁フォーカスへの出演は一と区切り。

講座は「花の卒業試験」。
戸島の最近の棋譜から、初段に足る実力かどうかを分析して行く。
「不安になると実力以下の強さになってしまう」と言う三村智保九段の戸島評に唸る。
頭が良すぎるのが戸島のよろしくないところであって、考えれば考えるほど不安になり、弱気になって悪手になる。
それが芸の上でも遠回りをする事になった一因ではあると思うが、禍福は糾える縄の如く在り、囲碁でこう言う仕事が出来るようにもなった。

後半は「あなたの知らない免状の世界」。
免状はどういう手続きで得られるのかについて日本棋院を取材する体で進むが、何時の間にか戸島の在任期間に講師を務めた先生方が戸島の最新の棋譜から「初段に推薦できるか否か」を話し合う展開に。
全員の推薦を受けて免状は発行され、番組内で三村九段から授与。

目を潤ませ、声を震わせつつも平静を装い続け、取り乱すことなく番組を勤めおおせる戸島の可愛く無さ加減が実に戸島らしく、七回半回って愛おしい。

私は向いてないので囲碁は見るだけで打たないし、稼ぎが悪いので舞台のチケットを購う事も出来ず、戸島の現場もとんとご無沙汰であるが、戸島の良さは生で見ないと伝わらない部分が多々あるので、どうにか遣り繰り算段して足を運びたい。

_ 更新情報

コラム的な何か
「戸島花と囲碁 雑感」
戸島花のもどかしさについての一考察。



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|
トップ «前の日(03-18) 最新 次の日(03-20)» 追記