トップ «前の日(04-14) 最新 次の日(04-16)» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


1999-04-15 更新

_ ひさしぶりに

更新した。 立ち喰いそば屋探訪を追加。 書き溜めた分の1/3くらいだが、時間が無いので今日はここ迄。

_ -今日の言葉-

唯だ痛恨極まりなきは、今日の日本が尚未だ大乗日本たるに至らず、
百鬼横行の魔界たることてある。
日本の現状、今日の如くなる限り、到底アジア救拯の重任に堪えず、
アジア諸国また決して日本に信頼せぬであろう。

大川周明「復興亜細亜の諸問題」より


2000-04-15

_ 朝も

六時半をまわってから漸く寝付いたのだけれど、やる事も有るので昼前には起きた。

昨晩のうちに航空便で本が届いていた。

これはアメリカの知り合いに頼んで送ってもらった cocollector guide to KURIBAYASHI-PETRI cameras って本で、辞書と首っ引きになるのではないかと思っていたら、カメラ絡みの専門用語さえ判れば中・高・浪・大と英語嫌いで赤点つづきだった私の様な人間にもなんとか読みこなす事が出来た。

文字ものの資料がなくて今まで判らなかった事も大体判って来た。

ただ、資料を集めて書いたような感じで、現物と照らし合わせると納得の行かない部分も多少有るので、その辺りは自分で調べるしかない様だ。

ざっと目を通してからプリズムへ見せびらかしに行く。 帰りに北口でラーメン。

_ 帰って

寝るだけだと思っていたら昨日の二人に拉致されて蒲田温泉へ。 ここは380円で入れる銭湯なのに温泉で、しかも12時までやっている。
 しかしなんとも凄いのがここの電気風呂で、感電して死ぬのではないかと思う程びりびりくる。 面白がって入っていたら筋肉痛になった。
 帰りがけに北上野の「油うどん」なるあやしい店へ。 油うどんの「油」とは「ホルモンについている上質の脂身を野菜スープで煮込み、旨味を閉じ込める為に油で揚げたもの」だそうで、どんなモノ凄ぇものが出て来るのかと思ったら存外まともな食い物で拍子抜けした。 うどんとしては美味しいのだけれど、茹で麺のうどんで580円はちと高いかな。


2002-04-15 本格的に危篤

_ 危篤カウントダウン

あと一週間もつかもたないかと言う話、あーこりゃこりゃ(←ヤケクソ)。

手短にトピックを列挙しておきます。

_ Cutie Paiに動き

GOGO−STAR.com によると永井かすみ脱退後の Cutie Pai に新メンバー加入とのこと。
みゆう脱退後 の新メンバーは「モモセ」(表記未確認)
大本営がこれでいいのか?(苦笑) なにやらアニメ主題歌でCDも出す模様。 そう言えば巻口嬢はふせえりに似ていると思う

_ 板チョコ

●板・板・板ちょこ(545) 題名:板ちょこという9人組の女の子ユニット。
板ちょこ大好きだ。9人組のユニットなんだよ!
LOVEJUNGLEで3月10日にデビューしたんだよ。
超さいこー
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Q312461) 投稿日 : 4月5日<金>03時02分/東京都/女性/18才

板ちょこ知ってる? 投稿者:板ちょこ大ファン 投稿日:04月05日(金)02時59分10秒
3月10日にデビューした9人組のアイドルって知ってる?
LOVEJUNGLEという曲でデビューしたんだよ。
すごくかわいい子たちが多い。
ホームページあるから見てみてよ。


などなど各方面でコピペ宣伝らしき書き込みが散見される 板チョコ ですが、何故か書き込みにはURLが入っていないんですね(苦笑) メンバーの何人かはアイランドフォースの所属なんですがこの書き込みってai-land的芸風がモロに出ていませんか? オフィシャルよりニシダさんのところのプロフィールが簡潔で判りやすいですね。 掲示板も凄い事に・・・(苦笑)。

_ 金が無いんで

昨日はピカピカ@横浜石丸には行かれず。 澁谷さまスイマセン。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

# ニシダ [板ちょこですが、うちのあんなヘボいページがリンクされちゃってお恥ずかしい限り です(苦笑)。つか板ちょこって1人活動..]

# JIM [26歳女子(メガネっ娘)続報。 例のフエサイトを探す夢を見たそうです(笑)。 寝る前のBGMはピカピカのアルバムをヘ..]

# ひらちれ [板ちょこの3人14日にディファ有明で目撃。プロレスラー冬木選手の引退試合を見に来ていましたー。 どうやら冬木選手プロ..]


2003-04-15 全部消えた

_ Opera6.03 死去

昨晩、履歴から辿ってなんとか復旧したブックマークが、今度は根こそぎ消えました(苦笑)。
仕方が無いのでインストールしなおしました。
ブックマークは保存してあったのですが、古すぎました(苦笑)。 今後はこまめにバックアップします>JIMくん

_ 6.06にバージョンアップ

7はまだヤバイって話なので6.06にしましたなんとなく違和感。

_ ついでに

みやもりさんに勧められたエスプリールも入れてみた。 ロースペックなパソコンにブラウザ4つも入れてどうするんだろう。

_ どらえもんのにせもの な人への連絡

momoさんのつっこみによると、オフィス・ヴァンヴァンを何時の間にか辞めていた生島沙理子さんがなにやらやっているようです。

_ りえくらぶ撮影会@新宿中央公園(河鰭久美(かわばたくみ)/浦田愛理奈(うらたえりな))

天気予報は前夜から雨。 晴れる可能性無きにしも非ずと言う事で、晴れたら外に出る事も視野に入れた屋内開催の案内メールが来たのが23:00過ぎ。
然し乍ら、朝起きてみたらなんだか晴れている。 どうなるかなぁ・・・と思いつつも鷺宮に9:50に着くくらいに家を出た。 カメラバッグを都内某所に置きっぱなしなので、それを拾ってから行かなきゃならないけど、まぁ鷺宮ならそう時間は食わない。 ・・・と思ってたら8:30過ぎに「晴れたので新宿中央公園でやります」というメールが・・・。新宿となるとカメラバッグを拾ってる時間は無いので、鞄に入れておいた押さえ用のカメラだけで撮る事にした。
そんな訳で、今日のカメラは・・・。

α-7000+ペトリ・オリコール50mm/f2
ペトリMF-2+メイヤー・プリモター50mm/f3.5

フィルムは先日の藪崎ライブ@六本木の残りのコニカパン400とコニカパン100.

今日のモデルさん2人は、4月からの りえくらぶTV のレギュラーであり、番組内ユニット「チア☆フル」のメンバーになっている 河鰭久美(かわばたくみ)さん と 浦田愛理奈(うらたえりな)さん 。 浦田さんは前述の通りぶっ壊れたキャラクターで表情はくるくる変わるし、勝手に色々動いてくれる。 何か話を振って「俺トーク」をさせておけばそれだけで色々な表情を引き出せる。 ポーズが紋切り型の物になりがちなので、その辺りは撮影者が考えてあげた方がいいようだ。 今売りのヤングマガジンの「カモンゲッチュ」のページに載っているのですが、「脳味噌が腐りかけ」とか碌でもない書かれ方をしています(苦笑)
河鰭久美(かわばたくみ)さんは、今日が撮影会初登場と言う事でガチガチに緊張していた。 行進させたら手と足が同時に動いちゃうんじゃないかってぇくらいのガチガチぶり。 フィルムの残りを気にしなくていいデジカメの人に頑張ってもらって、兎に角シャッターを切られる、撮られる事に慣れてもらうように心掛けた。 私も無駄ゴマになるのを覚悟しながらシャッターを押した。
この娘は伊達メガネではなく、度の入った本物のメガネを掛けた「リアルメガネっ娘」。 髪もお下げの三つ編み。 近くでよく見ると目は二重でぱっちりしているし、睫毛もクルっと長くて整った顔立ちなのだけれど、メガネの上のフレームが瞼の線と重なってしまっているので地味な印象になってしまっているのが勿体無かった。 メガネを上にずらしてもらったり、下から見上げるような感じで撮ってたメガネの中央に目が来るようにしてみた。 メガネはフレームを変えるだけでもかなり印象は変わると思う。 いろいろ試してみて欲しい。
暫らく撮っているうちに物凄い勢いで良くなって来た。 短時間の撮影でこんなに良くなるとは思わなかった。 最初のガチガチぶりがウソのようだ。 素材は良いので次回以降にかなり期待できる。
4月からのりえくらぶのレギュラーの娘はなんだか皆凄そうだ。 今後も遣り繰りして撮りに行こうと思う。

_ 木塚くん 追加情報

木塚くん本人サイトの告知板「咲メモ」によると、4/29に行われる月蝕のコンサートにも出る事になったらしい。
以下引用
月蝕のコンサートに出ることになりました。

『射て! ペガサスの失墜』 詩・構成・演出◎高取英/音楽◎J・A・シーザー 出演◎璃笑(宮本リエ改め)・清漣・一ノ瀬めぐみ ほか月蝕歌劇団員 日時:4月29日(火) 2時半 と 7時 会場:初台The DOORS 前売 2800円 当日 3200円 http://page.freett.com/gessyoku/

_ らもちゃん、偉い!!

新聞によりますと、例の件の初公判が行われ、らも先生は「皆さまに土下座して謝りたい。飼っている犬、猫にも遊んであげられなくて申し訳ない」とわざわざ犬畜生にまで謝罪(笑)。 
「金輪際、大麻には手を出さない」と検察・裁判官の注意をひきつけておいて、理由を問われると「日本の大麻法は根本的にナンセンス。そのナンセンスな法律でつかまり、再び自由を拘束されたのではたまらない」ときちんと持論を述べたのだそうな。
角川のバカ社長が「やってない」の一点張りで失笑を買ったり、某音楽プロデューサーが掴まりそうになった途端「撲滅キャンペーン」を始めたりしたのとは好対照。
「今後、精神的に辛くなったときはどう乗り切るのか?」と訊かれると「ヨガをします。」(笑)
「反省の色がない」とか何とかで判決は厳しくなるかもしれないけれど、裁判対策で殊勝にならないところは偉いと思う。  でも、新聞によって書き方が違うなぁ・・・。 ニッカンだと「慙愧(ざんき)の念に堪えません。日の当たるところで活動し、みそぎとしたい」なんて事も言ったらしい。 何に対しての慙愧の念なんだろう。

_ 元マコの JURI 活動中止

本人サイトによると、以前から患っていた病気が悪化したため実家に帰って療養するとの事。 活動停止ではなく中止と書いてある。
この人の書くことも一々信用出来ないんですが、止めることだけは事実のようです。
サイトが見られなくなる→澁谷さまサイトからのリンクが消える→本人からの告知・・・と言う順番で動いてきてるんですが、順序がねぇ・・・。 最後まで人の気持と言う物を踏みつけにする芸風だったように思います。
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

# JIM [ものすごく簡単で確実なのはブックマークをバックアップしておくことだと思います。]

# トモコ [うわお!マジスカ!なんだかわかんないけど投票しといた!]


2004-04-15 給料日

_ いきなり暇になる

給料も出たし、早く上がれたので散髪に行ってきた。
むさくるしさを自覚するような長さになったときには、既に伸び過ぎている。

_ 酔狂な企画

土曜日に行くtenten撮影会の集合場所を確認するついでに掲示板を覗いてみたら面白い企画の告知が。 なんと、モノクロ限定の撮影会。

SMILE撮影会

流石に銀塩モノクロのみでは参加者が集まらないらしく、デジカメで撮ってモノクロプリントにするのも可になったようです。
イベント特異日で色々重なっているんですが、私はここに行ってみようと思っています。


2005-04-15 給料日

_ とりあへず

給料は出た。 残業しただけの上積みもあった。 しかし、次の給料までに出費がかさみそうなので気をつけないと破産。

_ 都内某所へ

終電で移動。


2006-04-15 平日より忙しい週末

_ 仮眠

土曜は予想以上に仕事に手間取り、床屋に寄るヒマも無く、買い物をして帰宅。
肉屋で羊を大量に購入して焼いて喰った。
12時頃就寝。

_ 起床

四時起床。 駅までタクって総武線で秋葉原へ。 五時半前には着いたのに、最後尾案内担当の本多芸能に訊いたら105番くらいとの事。 狂ってる(←お前もだ)。
8時半ころ並んだ人で300札止めの模様。

_ チケット購入

10時にチケット販売が始まり、粛々と列を進んでありがたく購入。 103番。
あとは抽選の籤運次第。 これまで宇佐美さえ見えりゃ良いってな事で位置取りを考えてきたので、これからどこに立ってどこを見りゃ良いんだか、皆目見当がつかない。

_ 宇佐美友紀公式ブログ始動

3/31を以ってAKB48を卒業した宇佐美友紀嬢の公式ブログが始まった。
生きていることだけでも判って嬉しい限り。 早速ちょこちょこと更新されている。

_ 最近のアクセス元

メンバーの名前の検索で飛んで来るのが増えた。 他は知己のアンテナが中心。 AKBがらみのアンテナにはまだ捕捉されていない模様。
たまに私のハンドルの検索が来る。 


2015-04-15 「順調です」

_ tokyo torico(4/14)

立川流の真打トライアルと被っていたのでしばらくご無沙汰だったが、あっちも漸くカタがついたので久しぶりに押上へ。
出演日が第2週目の火曜に移動。 allover兼任組も出られるよう調整したとのこと。

【1組目:19:00】ANNA☆S
【2組目:19:30】clip clip
【3組目:20:00】カタモミ女子
【4組目:20:30】PIP

と言うタイムテーブル。
司会のカオポイント石橋哲也の前説から出演者全員で顔見世。
あとは一と組30分ずつ。
時間の使い方はそれぞれのグループに委ねられており、カタモミ女子とPIPの枠で石橋が司会。
ANNA☆Sとclip clip はメンバーのみで廻す構成。

ANNA☆S
今日もプロデューサーの西田一生氏が帯同。 「みなさんどうぞ前の方で見てあげてください」と後ろの方に座る客に一と声。 懇願でも命令でもなく、情のある柔らかい口調。 客席全体がじわじわと前へ。
番組開始時とCM明けは歌で始まる構成になっており、計4曲。 間にフリートークやコントなど。
全体がしっかり練られており、緩いようでいて要所は〆ている。 コントの出来も良かったし、何よりやり切る姿勢が素晴らしい。
収録用のスタジオなので音はあまり良くないのだけれど、生声でしっかり歌えているので気にならない。
振付けもこれ見よがしなところはなく、それでいて難易度は高そうなことを当たり前のようにこなしている。

客の振る舞いも収録に花を添えつつ邪魔はしない慎ましさがある。
ANNA☆Sの現場は客に起因する不愉快事が殆ど起きない。 送り手と受け手の信頼関係が醸成する現場の空気が心地良い。

clip clip
メンバーの体調不良が重なり、2人欠席で奏さやかのみの出演。 流石に一人では間が持たないので助っ人で平松ゆい。
平松ゆいが話を引き出して膨らませ、なんとか間を持たせていた。
新曲のレコーディングが終わったとの事で、会場に足を運んでくれたファンの方へのプレゼントとして一と足先にと曲を掛けている最中、次の枠目当ての客が仲間内の馬鹿話を始めてしまう。
出入り自由なのだから喋りたきゃ表に出りゃ良いものを、わざわざ収録中、それも耳を欹てて聴いている最中に声高に馬鹿話が出来る神経が解らないのだけれど、そういう客筋のグループなのであろう。
横にいた客が見かねて窘めていたが、後味は悪い。

カタモミ女子
大量卒業と新人加入でガラリ入れ替わりとの事であった。
特異な個性で引き出しは多そうだが手荒には扱いづらそうなメンバーを、ギリギリの線で上げたり下げたりする石橋哲也の司会振りを堪能。

PIP
前列に空井、福田、濱野、石川、小室。 後列に永瀬、工藤、橋田、柚木。
暫く見ないうちに工藤が垢抜けていて驚く。

石橋哲也の司会で「バラエティーラッキークイーン決定戦」
バラエティ的な「引きの良さ」を競う企画。
芥子シュークリーム、センブリ茶、ビリビリボールペン、風船ロシアンルーレットなどで一番不幸を引き当てたメンバーがバラエティ的には良いと言う事で、悲惨になりすぎない程度の小さな不幸がメンバーを襲う。 「小さな不幸」の匙加減が頃合い。
びっくりした時の反応の面白さは小室が頭抜けており、次いで空井。
福田は何が起きても動じないのだけれど、動じなさ過ぎて目を惹く。 ガヤ担当の(担当と言う訳ではないが)の森崎や北川の不在で一寸おとなし目の反応だったが、石川と空井の前のめりの姿勢は良かった。

終盤の鬼脚で伸びた永瀬が逆転でバラエティーラッキークイーン、二着に空井。 空井は常に掲示板には載る印象。
週末からイベント続きとあって、少々疲れ気味のように見えるメンバーも散見されたが、そんなこともあってか歌無しで終演。

P対談
その日出演したアイドルのプロデューサーと司会の石橋が対談するコーナー。 初回のゲストはPIPの濱野智史。
腹の探り合いをする必要もなく、さくさくと進行。 互いの印象やお披露目からそろそろ一年になるPIPの現状をどう見るかなどの突っ込んだ話。
「負けてもいいからどんどん出て行くべき」と話す石橋に対し、「それはそうだけど、出来れば勝ちたい」と濱野。似たようなところもありつつ、末節に差異がある。 その差異の部分を訊き出し摺り合せて行くには時間が短すぎた。
これだけでイベントの一本も成立する訳で、落ち着いて聞ける環境で長めのをお願いしたい。

「PIPは最近、外のライブが良い」と石橋。 「やっとユニフォームを着てバッターボックスに立てるようになって来た」とは言い得て妙。


2018-04-15

_ 週刊ヤングジャンプ 2018 19号

池上紗理依
表紙と巻頭6ページ12カット、撮影は阿部ちづる。
「ここでこの画角のレンズ?」と言う疑問が浮かぶカットなども相変わらずあるが、切り取った表情は悪くない。
口元でしか変化が付けられておらず、諧調としては乏しいのであるが、それをカメラと向き合う角度を変えることで何とかしている。

右側から撮ったカットが妙に多い。 そちらから撮った方が映えるのだとしても、それ一辺倒というのはいただけない。
事務所側の縛りだとしたら愚かしいことだし、撮る側の判断だとしたら工夫が足りない。

北原里英
巻末6ページ9カット、撮影は山口勝己。
山口勝己の撮った北原のグラビアで思い出すのが2010 40号の巻頭。
あの頃から相性は悪くない。

私もAKB48劇場から足が遠のいて久しいが、思えば初演を観た最後のメンバーが北原であった。
アンダーながらそつなくこなしていたが、同日に初演だった石田晴香が美味しいところも美味しくないところも(本人としては不本意だったかもしれないが)全部持っていってしまった。

初演の日が象徴するように、浮上の取っ掛かりは掴みつつも、その度に何かしら障害が有ったり、奇禍に見舞われたり、運営の気まぐれに振り回されたりしてきたが、AKB48としてのキャリアの最後の数年で新潟に縁を得て、一と廉の者として送り出して貰える。
差し引きではプラスになったのでは無かろうか。

そんな北原への餞とも言えるグラビア。
衣装はビキニ、ワンピース水着、ワンショルダーのミニワンピース、ウェディングドレスと4パターン、すべて白。
決して白くはない北原を白く飛ばす為に光多め。 なので下瞼が上がってしまっているが、伊達や酔狂で修羅場を潜って来た訳ではなく、表情がを強張らせずに求められる表情で収まっている。 色々有りすぎるくらい色々有ったが、強くなったものだと思う。

北原の「魅惑の唇」を際立たせずに美しく見せるメイク、白で揃えた衣装、荒天でも光のふんだんに入るハウススタジオ、目には確実に入るのに写真を見る邪魔にはならない文字の配置etc...、カメラマンと被写体以外の部分まで噛み合った、良いグラビアだった。

最後のウェディングドレスのカット、北原の可愛くなくて可愛い笑顔がまた良い。

こうしてまた、私のAKB48が少しずつ終わって行く。



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|
トップ «前の日(04-14) 最新 次の日(04-16)» 追記