トップ «前の日(05-12) 最新 次の日(05-14)» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2000-05-13

_ 午后から

「20plus」へ。 二部の作品は会場設営の途中で見ただけだったので、じっくり見ようと思っていたのだけれど「近所でペトリのケースが100円で出ている」と言うので取るものもとりあへず店へ走り購入。

金を下ろし損ねたのでバス代が足りず帰りは雨の中駅から家迄歩いた。


2002-05-13 真っ白に燃え尽きた

_ 澁谷さまファンの集い

前の晩からカメラの選択とかサイトコンペの上納とかいろいろやっているうちに2時を回ってしまい、このまま寝たら昼過ぎまで目が醒めないのは確実だと思われたので結局徹夜。 朝一番のバスにのり最寄の国鉄駅からとりあへず吉祥寺へ。

_ 送迎の罠

12日の方にさんかするひろてぃー氏が奇特にも現場まで"送迎"してくれると言うので吉祥寺。 道々話を聞いているうちにどうも雲行きが怪しくなってきた。 「帰りはどうするの?」と訊くと先生は絶句。 帰りはてめえで帰れということらしい。 送っていただいたのは非常にありがたかったのだけれど、最初から「送る」といってくれれば好感度は3倍だった(笑)。

_ 有朋自遠方来 亦不楽乎

ちょっと早く着いたので入り口でくだを巻いていると参加者の皆さんがぞくぞく到着。 車でふらっとクリタさん。 バスからぶらりとシミズさん。 冷やかしに来たのかと思ったら本当に参加との事。 全員揃ったところで入場。

_ 撮影タイム

朝のうちはぱらついていた小雨も何時の間にか止み。 晴れてきそうな予感の中撮影開始。 どこで撮りたいかと訊かれても、私は澁谷さまさえ撮れれば正直どこでも良いので、引き回されるままに付いて回りました。

_ 機材とフィルム

コンタックスRTSII+プラナー50mm/f1.4、ディスタゴン35mm/f2.8

フジカST801+ジュピター9 85mm/f2、スーパータクマー105mm/f2.8、オートタクマー35mm/f2.3、マミヤセコール21mm/f4

ライカD-III+ノクトン50mm/f1.5、ジュピター3 50mm/f1.5

ローライコードI(トリオター75mm/f3.8)

フィルムはブローニーがアグファAPX400、35mmはイルフォードHP-5、アグファAPX100、フォルテパン100. コニカセンチュリア100.

フジカはほぼ望遠用。 コンタックスは50mmをメインに使ってみた。 やはり50mmが一番使いやすい。

_ 昼飯

園内をぐるぐるまわって撮影した後、バーベキュー。 今回は火力も強くおいしく戴けた。 澁谷さまは予想以上に少食。 客も含めてぶっちゃけトーク大会。 面白すぎた。

_ 腹ごなし

・・・と言う訳でもなかったが「ドラゴン」とか言う舟の形をした振り子式の絶叫遊具に希望者と澁谷さまが乗り、我々年寄りは下で観察。 一番上まで上がって落ち始める瞬間から「いゃぁ〜!!(震)」と言う絶叫が響く。 同乗した剛の者はにやにやしながらヤヴァイ顔になった澁谷さまを撮影。 都内の遊園地だと係員にお小言をくらったかも知れないけど何も言われなかった。 降りて来た澁谷さまは逝っちゃった涙目で良い感じ。 がっついて撮影してみた(笑)。

_ ゲーム1

澁谷塾名物「雌威鷺」。 一番早く出られた人になにやら特典。 私はびりから3番目くらい。 徹夜明けバンドマンが優勝。 はるかファンのはずの若者も頑張っていた。

_ 謎に盛り上がる撮影

芝生広場のようなところでひとしきり撮影した後、アスレチックコースへ移動して撮影。 その常軌を逸した盛り上がりは なべちゃん のところでしばらく見られると思いますが、何時の間にか痕跡も残さず消えている場合も有るのでリンクは張りません(苦笑)。

_ ゲーム2

澁谷塾名物「腑威夷屡怒唖巣礼痴都苦」。 50mほどの急坂に設置されたアスレチックコースを駆け上り、一番早かったひとになにやら特典。 ゲーム1で2着に泣いたはるかファンのはずの若者が見事雪辱。 私はびりから3番目くらい。

_ 特典

その後もいろいろ撮影。 2ショットプリクラだったと思う。 澁谷さまたちが撮りに行っている間に我々は無料休憩所みたいなところでまったり。 澁谷さまたちも戻ってきて、閉園時間をすっかり忘れつつまったりトーク大会。 門を出て記念撮影して解散。 クリタさんの車で新宿まで送っていただいた。 ありがとうクリタさん。

_ そんなわけで

今日は呆けていたためアリバイ的な落ちの無い日記を書いてみた。

_ 真っ白に燃え尽きた

いや「財布が」です。 残金が1000円を切りました(笑)。 もう笑うしか有りませんね、わははははは(泣笑)。

と言う訳で次回のGoGoライブは不参加。 月末の方は給料日あとなので何とかなると思います。

_ サイトコンペ

相模湖でフロッピーを渡したのですが、よく判らないと言う事でしたのでエントリーリストを再掲。
なべちゃん第2次案
げきしぶ試案
JIM試案
ひろてぃー試案
syde69試案
MULTiの試案
ひらちれ試案
墨田ペトリ堂試案
あと、置く場所なんですが、ジオシティではなくてsound.jpあたりに置いたほうが見栄えも良いと思われます。 自前のサーバーに置くのが一番ですが・・・。
本日のツッコミ(全7件) [ツッコミを入れる]

# ひろてぃー [大変申し訳ない。言葉遣いには気を付けないといけませんね… そのせいか帰りは不運続きでした(泣)]

# 山♪田 [うちのドメインに置きますか?(笑)]

# かりん [澁谷様と一日中いれるなら破産してもいいですね、わはは。いやうらやましいんですよ。]

# viagra [この間も俊太郎の詩をお, http://www.stlouisbusinesslist.com/business/..]

# viagra [この間も俊太郎の詩をお http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5..]

# Grluheau [この間も俊太郎の詩をお http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5..]

# Dwightsa [generic propecia viagra <a href=http://dstvmediasales.com..]


2003-05-13 「セレブ」

_ 「あやとら」とは何ぞや?

午後の紅茶の懸賞で当たるあややのトランク「あやとら」なるもの。 家の者の話だと16万とかそれくらいする物であって、「セレブな感じ」がするってんで、そっち方面の顧客に売れているんだそうな。 だからそれを「あやとら」なんて呼んじゃうと、そのあたりの顧客層にそっぽを向かれるんじゃないかなんて話をしていた。 松浦は「セレブ」じゃないらしい。
そもそも「セレブ」って何なんですかね?。

_ ヤングジャンプ 「国が燃える」(本宮ひろ志)に異議あり!!

今週掲載分で目出度く張作霖が関東軍に爆殺された(いはゆる「満州某重大事件」ですな)わけですが、張作霖が列車の中で麻雀やってないのはどう言うことだ。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Intoxica [ayatollah/ayatullah[n.]アヤトラ: シーア派イスラム教の高位指導者の称号。アラビア語→ペルシア..]


2004-05-13

_ バントの神様

プロ野球占いをやってみた。
Card No.6623
墨田ペトリ堂選手の成績

名前
打率
本塁打
打点
投打
ポジション
墨田ペトリ堂
.277
25
59
右両
一塁手

解説

バントの神様墨田ペトリ堂としてバント世界記録を達成。内野ならどこでも守れるユーティリティプレイヤーでもある。チームを移籍しどれだけ記録の上積みができるか。


カープに欲しいなぁ。

2006-05-13 雨だ

_ 今日は朝から生憎の…

土曜日でございまして。
えぇー、墨田ペトリ堂と言えば、今や日本で…

私一人でございます。

_ それはさておき今日の後悔

宇佐美友紀blogのサプライズ企画に乗り損ねた。
丁度フィルム現像中。

_ これから

Kチーム公演。
明日は祭りの手伝いなんだが、面倒でたまらなくなってきた。
家で寝ましょか、プリントしよか。
いっそ小田急で逃げましょか

_ 「端唄らいぶ〜四季折々の端唄に寄せて」

キウイさんが唄のお師匠さんの会で一席演るってんで行ってきた。
中入り前に「子ほめ」。 体調は最悪らしいが、高座に上がれば元気そうに見えてしまう。 この辺りはプロだな、と思う。
ただ、今日は頑張り過ぎ。 体調も精神状態も良い時に軽い噺を聴きたい。 力まない時のキウイさんの落語は、聴く気がない人間の心にも隙間から入り込んでいくような、不思議な浸透力がある。
端唄をみっちり聴くのは初めてだったが、実に良かった。 次回も足を運びたい。
撮って良さそうだったので撮ってみたが、用意をしてこなかったので手持ち機材で誤魔化した。 望遠が無い。

今日の機材はライカD-III+Summer50mm/f2とBilora Bella 35-2(Trinar 45mm/f2.8) ライカで距離を測って、ビローラで主に撮影。 レンズシャッターは兎に角静かだ。 次回はアルティックスにテレフォガー90mm/f3.5でも付けて見ようと思う。

_ Kチーム公演

日暮里から移動して秋葉原へ。 四時過ぎに買っても204番。NHな客は少な目。
Kチームの時は矢鱈籤運が良く、今日も何とか座る事が出来た。 最下手の後ろの方だったのだけれど、ド真正面よりこう言う目線の来にくいところの方が落ち着いて観られて良い。 理想はHGSSが座ってる舞台袖の辺り。
いつも通り秋元・大島・松原・増田中心に観覧。 この辺はいつも通り良い。 ただ、大島中心に廻りすぎている感はある。
しかし、Kチーム公演の時の音の悪さはなんとかならないものか。 同じ機材使ってて何なんだこれは。
客の言動や手拍子の仕方を見ていると、ご新規さんが増えているのがわかる。繰り返し足を運びたくなる現場であって欲しい。

_ カチカチ山

公式ブログに「伝説」と言う文字列が踊るたびにそこここで火の手が上がる。 意気込みはわかるがもう少し言葉は撰ぶべきだろう。
力まなくても語り草になるような出来事ってなぁ起こる時ゃ起こるし、起こらねぇ時にゃ起こらない。
餌撒いてダボハゼ釣ろうって魂胆が底に有ったら面白いんだが、其処までの深慮遠謀は無さそうだ。


2007-05-13 秋葉原へ

_ AKB48 チームB公演(マチネ)

コンサートツアー写真集の握手会も有るので、並びも大したことは無いだろうと高を括って出掛けたが、案に相違して結構な行列。
片山誕生日直近公演とあってソワレのチケットから売れて行き、マチネのチケットのみ確保。

最終順入場ながら奇跡的に椅子席にありつき、のんびり鑑賞。 怪我の松岡は今日も休演。 前髪を切ったと言う菊地は表情も明るく良い感じだった。

「Blue rose」の井上が良かった。 動きに強弱が付き、勢い余って流れる部分が目立たなくなっていた。
井上は髪の毛の先が目に入るのか、汗が流れ込むのか、目をしょぼしょぼさせる場面が何度か見られたが、眉毛の動き一つで表情がくるくる変わる。

「禁じられた2人」の柏木の科白廻しは、また変わっていた。 今後どうなって行くか楽しみ。 仲谷の方は科白が少々走りがち。 こちらも工夫の跡は見られる。

褐色の動物4匹の雑談コーナーでは、野口喋らず。 小林によく有った緘口令の日か?。

浴衣着替え待ちの仲川・渡辺質問コーナーでは、「ピーマンは、なんで苦いんですか?」と質問する渡辺に場内悶死。 こんな質問を口から発しても許される渡辺。 野次も飛ばない。 

_ 雑談

終演後、友人知人と雑談。
後半のヘロヘロになった頃合の仲川に注目とか、渡辺に掛かっている「可愛く見える魔法」とか、移籍組みの3人はチームBに来て良かったねぇ・・・とか。
「野口は大江・小林枠だよねぇ」と野口の話をしていたら、何時の間にか小林は如何に凄いかと言う、小林がこれまでに起こしてきた奇跡についての話になり、小林を褒め称えつつ、小林を選んだ秋元康は矢張り凄いという話に落ち着いた。

嗚呼、チームKが見たい。


2012-05-13

_ UTB 2012 6月号 続

鞘師里保×石田亜佑美×田村芽実
6ページ10カット、撮影は佐藤裕之。
鞘師里保は当世風の顔立ちでは無いのだけれど、妙に絵になる。
放出するのではなく吸引するような、不思議な力が有る。
石田と田村は未だ硬いところがあるのだけれど、鞘師はカメラの前での振舞いが変わらない。

本村碧唯・宮脇咲良・谷口愛理(HKT48)
5ページ7カット、撮影はサトウノブタカ。
HKT48の「手をつなぎながら」公演で「ウィンブルドンへ連れて行って」を担当している3人。 前半は集合で4カット、後半は一人1ページ1カット。
強すぎず弱すぎず、光のコントロールが上手い。 まぁ私の好みからすると若干強いかな・・・とは思うのだけれど、表情は生きているのでこれはこれで良い。
宮脇咲良は常に撮られる人としての態度を保っていて隙が無い。 正体を現さない分、写真としての面白みは薄れるが、モデルとして質の高い仕事はしている。
髪のあしらいが三人三様なのだけれど、それぞれ映えるようになっている。 こうしてきちんと見極めて貰えているのも、見ていて嬉しい。

小嶋菜月
5ページ7カット、撮影は桑島智輝。
制服2カットで残りは水着と言う潔い構成。 水着映えするのでこの配分で間違いは無いと思う。
表情は変化に乏しく、劇場の壁掛け写真や生写真の域を出ない紋切り型の笑顔なのだけれど、桑島智輝が上手く纏めているのでモデルが詰まらない割にグラビアとしての出来は良い。
ホームランはおろかヒットすら出ないのに、デッドボールで出たランナーを盗塁とバントで進めて犠牲フライで一点取って、気が付いたら勝っていたような、そんな感じ。

浦野一美
5ページ7カット、撮影は長野博文。
仕方ないっちゃ仕方ないのであるが、七年遅い。 危ういくらいに白くて細くて皮膚が薄くて儚げであった猫被り期の浦野でこれをやっていたら歴史は変わっていたと思う。
積み重ねた苦労がふてぶてしさのような物を醸してしまっているのと、長野博文が仕事だから撮っているような定型写真であるのと、残念な部分は有るが、浦野がきちんと撮って貰えたというのは、矢張り有り難い。 感謝。

伊藤梨沙子
4ページ6カット、撮影はこちらも長野博文。
こちらの方が撮っていても遣り甲斐の点で上なのは仕方ないが、ささっと撮っているようでいて上がりは良い。
モデルの持つ力。

宮崎香蓮
4ページ6カット、撮影はHIROKAZU。
撮られなれていない所為かカメラを睨め付け過ぎるところがあるが、目線を外したカットは上手く撮って貰えている。

仙石みなみ
4ページ7カット、撮影は細居幸次郎。
一寸やっつけ感はあるが、破綻の無い7カット。
手間と時間を屋内撮影分に集約したほうが上がりは良かったのではないか。

新垣里沙
5ページ9カット、撮影は唐木貴央。
造りこみが過ぎたり、眩し過ぎたり、モーニング娘。 関連のグラビアで良く見られる退屈極まるもの。
3カット目は辛うじて見られるものになっているが、あとは論評に値しない。
高橋愛の時もそうだったが、グループを辞める段になって作った写真集の質が悪いってのは如何なものか。

矢島舞美
打って変わって見応えの有る6ページ9カット、撮影は國方大。
しどけなく和室で3カット、凛として弓道場で6カット。 矢島舞美として撮られるときには未だどうして良いか判らないような表情を浮かべることも有るが、何かテーマがあると強い。 特に弓道場でのカットは、緩急・強弱の付いた幅のある表情。
桑島智輝の特質がその場に有るものを組み立てる上手さであるとしたら、國方大はその場に在るものを汲み取る上手さ。
温度や湿り気まで伝わる写真。

真野恵里菜
6ページ5カット、見開き1箇所。 撮影は栗山秀作。
今月末に新たな写真集発売、撮影は再び栗山秀作とのことであるが、「写真集の話はまた次回」とのことで、このグラビアとの関係は不明。 しかしこのグラビアの出来から類推して、かなり良いものになっているのではないかと思う。
安心して撮り、撮られている。

総評
カメラマンとモデルの幸せな出会いが幾つも有る、見応えのある号だった。
1200円と言う最早雑誌とは言い難い値付けではあるのだけれど、それ以上の幸せは得られる。
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [pharmacy cialis <a href=http://dstvmediasales.com/sitemap..]



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|
トップ «前の日(05-12) 最新 次の日(05-14)» 追記