トップ «前の日(05-28) 最新 次の日(05-30)» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2000-05-29

_ 先日

受けた会社から「一時面接を通った」との電話。 明日、2時から面接。


2002-05-29 此の世は夢か幻か・・・

_ 鳩首会議

昨晩12時過ぎあたりからあか野郎のところでチャット。
6/2に女子プロレスの会場で歌うってのがあるのでその際のテープ投げについて喧喧囂囂・・・ってことは無いが 1)いつ投げるか 2)どのくらい投げるか 3)どこで買うか などについて意見が交わされた。
で、浅草橋のどこそこで買うと種類が豊富でしかも安いとか有用な意見が出たにもかかわらず、あか野郎がメモをとらなかったので結局うやむやに・・・。
これを見たらすぐに紙テープの巻き方サイトと、浅草橋の安い店の情報を書き込んでください<赤い人
投げるタイミングについては「メンゴの"ドーン!!"のところが一番良いのではないか?」と言うことで落ち着いた。 まぁ実際に「ウルトラメンゴ」を歌うかどうかは当日になってみないと判らないのだけれど・・・(苦笑)。
全女だと歌前に投げて、片付けてから歌だったような気がしたりもしたのだけれどどうだったろう?。

_ 殺るか殺られるか

私も刺されるかと思ったのですが、「『●桃色片思い●』を歌いこなせるのはあややと池田早矢加オレだけだ」と豪語する閣下の虫の居所が良かったためか刺されませんでした。(※●はハート)

_ 書き忘れ

ちなみに私は例の如く「金欠のため不参加」です。<6/2JWP

_ 紙テープの巻きなおし方

昨日見たところとは別のサイトですが、やり方は同じようです。
紙テープ 巻き巻き講座

_ 夢うつつ

結局チャットが終わったのは2:30を回った頃。 10:00から10分、昼休みに45分、15:00から10分寝たのだけれど、眠気が取れない。 今日は夕方まで兎に角眠かった。 

_ 紙テープ、正しい投げ方講座

1)最初に紹介されたら一斉に投げる。
2)藪崎の自己紹介の時はオレンジ、愛可の時は赤とかそういうイメージカラー を投げるのがスタンダード。
・・・とのこと。 あと「嫌いなタレントには芯を抜かずに投げる。」ってのがありますが、良い子は真似しないように。

_ 紙テープ、正しい投げ方講座 古参兵の苦言篇

raffineさんから
今どきの若いもんはマニュアルがなきゃ紙テープの扱い方も知らんのか…。 「なぜ一本のテープから2個作るのか」とか「仰角何度の高さに放るのがいいか」とかわかっとらんやろ君ら。
なべちゃんから
あーひろてぃーさんの日記読んでなかった(笑)。 あと俺が紙テープ投げたいと思った頃は周囲を見ずに投げようもんならボコられたに違いありません(笑)。故に 正式なことはわかりません(笑)。>raffineさん

_ 紙テープを投げた事が無いのか?

いやぁそんな安全なものは投げた事が無いと言うのが正直なところです。

「砂利じゃ効かねぇ」とかそう言う事なら知ってるんですがね(苦笑)

あ、アイドルの現場の噺ではありません、念のため。

本日のツッコミ(全10件) [ツッコミを入れる]

# ひろてぃー [メモ取るも何も、自分で日記に書いて束所と同じだったのでその必要もないかと。ってことでここを参照のこと>http://..]

# ひろてぃー [って、そのまんまですか(笑)。]

# ひっき〜 [最初に紹介されたら一斉に投げるんです。 「あか〜コ〜ナ〜、ピ〜カ〜ピ〜カ〜」どか〜んって(笑)]

# なべちゃん [ひっき〜が正しい。 藪崎の自己紹介の時はオレンジ、愛可の時は赤とかそういうイメージカラーを投げるのがスタンダード。田..]

# raffine [今どきの若いもんはマニュアルがなきゃ紙テープの扱い方も知らんのか…。 「なぜ一本のテープから2個作るのか」とか「仰角..]

# なべちゃん [あーひろてぃーさんの日記読んでなかった(笑)。 あと俺が紙テープ投げたいと思った頃は周囲を見ずに投げようもんならボコ..]

# じゅん [大阪プロレス見てたらタイミングとか分かるようになります(笑)]

# メロン泥棒 [>メモ取るも何も、自分で日記に書いて束所と同じだったのでその必要もないかと。 結局、チャットではテープの巻き方の話し..]

# ひろてぃー [結構簡単に考えてましたが、皆さんのご意見を聞くと実際はかなり奥が深いようで。素人考えじゃダメですね…失礼しました。]

# ゑろいひと@「アイヲタ界の本多正純 [「すべって転ぶから危ないからやめろ」とか聞いたことがあります>テープ それにしても「アイヲタ界の大久保彦左衛門」様の..]


2003-05-29

_ 疲労困憊

先週から無理しっぱなしで着ていたので、とうとうパンクして9時過ぎから寝てしまって、起きたら1時だった。 今月で32、もう若くないんだから無理は利かないんだよ。

_ 「僕だけのピンナップガール」フォトコンテスト

”あの”浪漫亭さんの掲示板にて表題のコンテストが告知されました。
サイズが四ツ切またはワイド四ツ切なんですが、四ツ切なんてここ10年焼いてません(苦笑)。 審査は富士写真フイルム㈱なんですが、フィルムはコニカ(現像液はコダック)・印画紙はイルフォードでして、フジの感光材料はQW以外使ってませんが、まさか「これはフジの色じゃない!!」ってんで撥ねたりはしないと思うんで、そのまま行こうと思います。 あぁ、何時焼こう(苦笑)。


2004-05-29

_ 終らない

4人で動いてる部署で2人休めば終らないのは当たり前。 終らせようと頑張りすぎて疲れた。

_ 都内某所へ

行っては見たものの、疲れていたので先週現像して干しっぱなしにしていたネガをチェックして、ダーマトで印をつけて寝た。


2005-05-29 午后から新宿

_ 木塚咲誕生日撮影会@新宿御苑

先日めでたく?誕生日を迎えた木塚くんの撮影会。 他の撮影会とかち合う事も無く、民間人に邪魔をされる事も無く、のんびりと一時間。 新宿御苑も平和になったものだ。
前回撮影分のツァイスで撮った分が実につまらなかったので、今回はツァイスなし。

RTSII、フジカST605+オートタクマー35mm/f2.3、ペトリ・オリコール50mm/f2、マミヤ85mm/f2.8
ベッサR、ライカD−III+ズマール50mm/f2、JUPITER-3 50mm/f1.5、コムラー105mm/f3.5
ヤシカエレクトロ35CC(35mm/f1.8)

フィルムは総てコニミノパン100.

木塚くんはいつも通りの引出しの多さで楽しく撮影。
終了後、誕生会・・・のようなもの。

写真は前回撮影分。 Bessa R + JUPITER-3 50mm/f1.5

2006-05-29 蜘蛛の糸

_ 蝗の群れ

お立ち台から要所々々で客席を俯瞰していると、現状では入場定員を削減せざるを得ないのがよく解る。
なんで事故が起きたのか、その結果首が締まったのは誰なのか。
客の側がまるで判っていない。
これが初会の客だったらまだ良いんだが、裏ぁ返して馴染みンなった連中がこれだから悲しくなる。
これまでいろい色々なところで見て来た「客に潰される」って状況に近いように思う。


2010-05-29 おもしろい仕事

_ Gザテレビジョン vol.16 続

北原里英+指原莉乃
7ページ10カット。 撮影は栗山秀作。
制服っぽい衣装の屋外と、部屋着っぽい屋内で構成。

選抜常連と一緒だったり一人だったりすると硬い表情になりがちな北原だが、気心の知れた指原と一緒であるからか何時に無く柔らかい表情。
頑張りすぎて情けない表情になりがちな指原も、程よい緊張感。

制服っぽい衣装は、オープンカラーのカッターシャツを裾出しに、白地に薄い青と赤の格子の入ったタータンチェックのミニスカート。
足元は紺のハイソックスに黒のペニーローファー。
スカートの丈が絶妙で。 見えなそうでいて、やはり見えない。
部屋着は全身のカットが無いので細かいところまでは判らないが、似通っていつつも細部が異なるもの。

ゆったりしたシャツとミニスカートで、些か胴長の気味のある北原もすらりとして見えるし、細いは細いが量感の無い体形の指原もその細くて白い美点が生かされている。
モデルを飾る衣装を着せるグラビアが多い中、モデルの良さを引き出す衣装。

北原は結び目のあたりをざっくりと三つ編みにしたツーテール、指原は高い位置で結ったポニーテール。
これも利いていて、北原の横顔はすっきり見えるし、ともすればやに下がりがちな指原の顔もきりりと。

「可愛い」「可愛くない」にも色々あるのだけれど、大雑把に分けると
  1. 可愛いから可愛い
  2. 可愛いから可愛くない
  3. 可愛くなくて可愛い
  4. 可愛くなくて可愛くない
巻頭の4人のグラビアが 1. にあたる。 何処からどう見ても可愛いのだけれど、一寸物足りない。

北原と指原の今回のグラビアは 3. の部分を幾らか含んでいて、例えば2ページ目坂を駆け下りてくる写真。 歯見せ笑いだが感情が乗りすぎて表情としては少々崩れている、しかしそれ故に可愛らしい。
上っ面だけの可愛らしさではなく、こうした内側から滲み出るものまで写った写真を、私は見たい。

人間の顔や身体は立体なので、正面から撮れば綺麗に写る訳ではない。
木村伊兵衛は徳川夢声との対談でこんなことを話している。

夢声 真正面から見て美人だってのは、すくないですか。
木村 そういう顔は、ちっともおもしろかないんです。 たいがいの人は、どっかまがってたり、片っぽが大きかったり、ちっちゃかったりする。 そういったようなちがいが、あんまりグロにならない程度に出てると、美人になってきますね。
(『週刊朝日』1953年5月24日号、朝日新聞社)

このグラビアでは上からであったり下からであったり斜めからであったり、様々な方向から撮って二人の美点を探り、引き出している。
後半3ページは圧巻。 私の能書きは読まなくて良いから、兎に角現物を見ていただきたい。

指原単独でも北原単独でも出なかったそれぞれの良さが引き出された、見れば見るほど味わい深いグラビア。

そう言えば、同じ対談でこんなことも話されている。

夢声 じゃあ、お人形みたいに、まんべんなくととのってるなんてのは、つまらないでしょうね。
木村 写真はきれいにとれますけれども、仕事としちゃあおもしろくありませんね。

このグラビアは「おもしろい仕事」だったのではないかと思う。

2016-05-29 心地よい疲れ

_ 朝練講談会 第179回(28.5.29)

混みそうなので早めに出たが、九時前に着いて既に蕎麦屋の前辺り。
あとから来たのが何やら写真を撮っているなぁ、・・・と思ったら楽屋口近くに並んでいた連れ合いだか何だかに話しかけて、なし崩しに割り込みやがった。
中に入ってみたら桟敷のド真ん中に陣取って居やがる面の皮の厚さ。
こういう客もいる。 割り込まれた後ろの客が何も言わないのが悪い。

「天保水滸伝 相撲の啖呵」神田松之丞
六月四日の自分の誕生日の会で天保水滸伝を通しで演るんだが、浚う場がない。 「朝練」ですからと前置きして天保水滸伝の発端を。
これはまぁ照れ隠しのようなもので、読み始めればみっちりこってり。
過剰と言えば過剰であり、見る者を聴く者を巻き込む力が強いので草臥れるのであるが、この過剰さが見られるのも今のうちであると思われ、今しか見られないものに浸り、味わう。

「大岡政談 鰯屋騒動 伊勢の初旅」神田春陽
立川談志の「人情八百屋」の元になったと言う演目。 担ぎの八百屋が長屋で出会った親子に掛けた情けが仇となる。 「唐茄子屋政談」のようでもあり、「人情八百屋」のようでもあり。
陰惨な場面もあるのだけれど、春陽先生が要所々々で空気を入れるので重くなり過ぎない。

心地よい疲れを感じつつ、広小路亭へ移動。

_ 日本講談協会定席(28.5.29)

朝練講談会で松之丞さんが顔付けの苦労を語っており、愛山先生がトリと言うのも魅力的だったので広小路亭へ。
日本橋亭から流れるかと思いきやそんな事も無く、そこそこの入り。

聴きたいものと苦手なものが混在し、後者が多い。 最初と最後が聴きたいので耐える。

開口一番で前座が二人。 十五分ずつ貰えるのは良い。
最初見たときは良い印象の無かった神田みのりさんが、かなりこなれて来ていた。

「天保水滸伝 鹿島の棒祭り」神田松之丞
「相撲の啖呵」の続き。 お馴染み平手造酒が例によって酒飲んで暴れるお話。
繁蔵んトコへ転がり込むまでのぶぶんをたっぷりと、残り時間を袖に訊いてから、残り10分で棒祭り。
平手の酒の上の悪さ、駄目さ加減と、剣客としての凄みを堪能。

紫先生の髪型が後家の切髪のようで年相応でもあり、召し物にも演目にも合っていた。

蘭先生は出で立ちから口調から客の弄り方まで女である事を前面に出したもので、私が最も苦手な部類なのだけれど、修羅場の言い立てになると、これが上手い。
良し悪しではなく、巧拙でもなく、好きか嫌いかに係る部分なのだなぁ、と改めて。

「就活物語」神田愛山
「行った方が良いですよ」と方々から言われつつ、なかなか足を運べず、生で聴くのは今日が初めて。 初めてなのに難易度の高い演目。
現代が舞台の新作なのだけれど、これまで聞いた講談の新作と違い、会話より地の文の方が多い。
地の文と会話のバランスが講談を講談足らしめている事を再確認。
客の弄り方に愛山先生の人としての面倒臭さが出て来るが、語り口は飽くまでも格調高く、聴いていて心地よい。

色々有ったが差し引きでプラス。
どんな講釈が見たい(聴きたい)のか、いよいよはっきりしてきたのも収穫だった。



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
トップ «前の日(05-28) 最新 次の日(05-30)» 追記