トップ «前の日(05-29) 最新 次の日(05-31)» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2000-05-30

_ 先日の

面接の際のメモを踏まえて社長直々に面接。
一番こまった質問は「逆にあなたから聞きたいことはありませんか?」って奴で、「別に無い」んだけど、それを言っちまう訳にもいかないので往生した。
だって働いて見なきゃ判んないじゃないですか。
通ったか通らないか判らないけど、色々考えた末この話はお断りする事にした。
日曜のみの休みで一日12時間労働、サービス残業アリアリってのを社長の口から聞いたらもう何と言うか・・・。


2002-05-30 イワノフチャットは盛況だったらしい

_ 伝書鳩が来た

月蝕の8月公演の詳細が判明。
「時代はサーカスの象にのって」
◎作 寺山修司
◎脚本・演出 高取英◎音楽 J・A・シーザー/PANTA
◎会場 ザムザ阿佐ヶ谷
月蝕歌劇団+制服向上委員会合同プロデュース企画
月蝕歌劇団 一ノ瀬めぐみ◎野口員代◎保鳴美凛◎スギウラユカ
      ◎三坂知絵子◎松本渉◎小西智◎細淵仁奈◎浅田恵◎花岡尚
      ◎森永理科
制服向上委員会 橋本美香◎秋山文香◎吉田梢◎星川りりか◎松本久美子
宇井千佳が先日の公演を以って寿退団とのこと。 お幸せに。

_ V-chat 一先ず終了。

断片的な情報を拾い集めると、「参加者が皆顔見知りだった」「腹の探り合い」「電波はいなかった」「エッジの効いた質問を下のは赤い旅団のみ」「またやるらしい」「紙テープ巻いてます(泣)」「これから飯」・・・と言う感じ。

_ 立てよ国民!!

ピカピカポータルにて闘争方針が告知されました。 以下引用。
え〜、いまさらネタバレもクソも無いのでここで連絡しておきます。
以下が大体の決定事項です。>心当たり

紙テープを巻く作業などがあるので、基本的には各自用意ということです。 巻き方などはここのサイトなどに載っているので参考にしてください。 http://www.geocities.co.jp/Athlete-Sparta/6387/tapemaki.htm
色については、基本的に各メンバーのイメージカラーを用意してください。 金銀とかいろんな色のテープもあるようなのでお好みで違う色でも良いです。
山ほど投げたい人は下の店で通常の半額で買えるそうです。 ちなみに通常価格は1個50円くらいです。 http://www4.kiwi-us.com/~masala-h/tanaka-s.htm
投げるタイミング等については、現場で口頭連絡します。
念のため、各メンバーのイメージカラーは以下の通りです。 各色の紙テープはこの世に存在します。 あいか→赤 えみ→オレンジ さやか→ブルー はるか→黄色 マコ→ピンク りょうこ→緑

_ 作戦要務令

古参兵から投擲にあたっての注意がなされています。 前線に赴くものは必ず読む事。

_ 楽をする法

上のリンク先の突っ込みに「テープ投げ文化は、ストリップで保存されていると聞き ますが。 シェーバー改造テープ巻き機とかあるらしい…」ってのがありました。 マブチ水中モーターなんかも流用できるのではないかと思って調べたらなんと生産中止(泣)

代わりにモーターセットなんて物があります。 280モーターで巻いたらさぞ早かろう(笑)。

_ 「ひつまぶし」

恥ずかしながら先日まで「ひまつぶし」だと思っていた。 「名古屋じゃ暇つぶすために鰻喰うのかよ贅沢野郎め!!」・・・と(苦笑)。

_ 3回忌

本日井上大輔(忠夫)さんの3回忌。 今頃アイヲタ界のマ・クベ大佐哀 戦士を歌っているのだろうか?。

本日のツッコミ(全10件) [ツッコミを入れる]

# メロン泥棒 [カミテープの投擲については 「どうせ1回限りでみんな初めてだから余計な事を考えないで、とにかく派手に投げ込め」 です..]

# げきしぶ [↑そうですね。ピカピカのメンバーが紙テープに絡まって困る様を楽しむくらいのイキオイで(笑)]

# Emockykak [<a href=http://pole-brani.ru/>pole brani</a> - <a href=htt..]

# Shoulaabrah [<a href=http://buyaccutanehereonline.com/#7155>buy generic..]

# UTESEESOUTT [<a href=http://buyviagrahereonline.com/#1804>viagra online..]

# Arrinetricy [<a href=http://buycialishereonline.com/#1855>cialis 40 mg<..]

# bymnponry [<a href=http://buylevitrahereonline.com/#4020>buy levitra ..]

# Quodiadus [<a href=http://buypropeciahereonline.com/#16831>buy generi..]

# Bressfoep [<a href=http://cheapviagraonlinehere.com/#15233>viagra wit..]

# beenselusty [<a href=http://cheapcialisonlinehere.com/#7020>buy cheap c..]


2003-05-30

_ 「僕だけのピンナップガール」フォトコンテスト を称える

この企画の良いところは、兎に角無駄な金をかけていないところ。 それでいて参加者のやる気を引き出しているんだから素晴らしい。

_ 本日の行動

仕事→鷺宮。 残業なんか少ない方が良いと思うんだが?。

_ りえくらぶナイト撮影会@りえくらぶひみつ基地(桑原彩美/金田千亜季)

残業を適当に端折って鷺宮へ。 なんだかんだで30分くらい遅れて到着。 今日は客筋が悪く、下衆なおしゃべりを延々と続ける客が2人もいて、普段は話をはぐらかしたりするキナセさんまでそれに乗るものだから収拾がつかず、ゲンナリした気分をなんとか上向きにして1本撮った。 あと、やはり水着はどうも気分が乗らず撮りにくい。 モデルそのものは物凄く良いので、上がりは良いと思う。
しかし、モデルを厭な気分にさせたり傷つけたりするような放言はどうにかならんものか・・・。 私も口は悪い方だけれど、最低限の礼儀は弁えて行きたい。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Intoxica [日記の内容に全く関係なく、 「傷だらけのピンナップガール」フォトコンテストを訴える に見えてしまってすいません。..]


2004-05-30 自棄のやんぱち

_ 東京図鑑撮影会@芝公園(杏野はるな/葦月種)

5/5にSHIPを見に行った時に一緒に出演していた東京図鑑と言う事務所の撮影会が有ったので行ってみた。
芝公園は増上寺をぐるり取り囲む形になっており、御成門の駅の近くの部分での開催。 さほど広くない公園なのだけれど、3業者かち合って撮影会をやっていた。 都内の公園にしては珍しく居住者が少なく、木立ちの中に入ると背後のビルが上手く隠れる。 なるほど撮り易い。
参加者は15人くらい。 杏野はるなさんを撮りに行ったようなものだったのだが、3:1の割で人数が偏り、多少殺伐としていて「撮るのが遅せぇ・・・」とかブツブツ文句を言う奴も居たので、結果的に葦月種ちゃん張り付く形になった。 この子が「当たり」で、表情も豊かだし色々な角度から撮っても画になる。 有意義な撮影会だった。
スタッフも人としてまともな人たちで、撮影会のノウハウは良く判っていないようだったが、知ったかぶって高圧的な仕切りをする事も無く、知らないなりに誠意は尽くして居たと思う。
使用したカメラは、
コンタRTSII+50mm/f1.4、35mm/f2.8
ライカD−III+上海50mm/f3.5
ペトリV2+55mm/f1.4
ペトリAutomate(オリコール45mm/f1.9)
ローライコードI(トリオター75mm/f3.8)
パールI型RS(ヘキサー75mm/f4.5)

_ ケーズガーデン撮影会@北の丸公園(岸原由佳/幸岩靜香/古賀恵/木嶋のりこ)

丁度間に合いそうだったので行ってみた。 暗室にフィルムを忘れて残弾に不安があったので、コンビニでカラーフィルムを2本買った。
科学技術館近くの休憩所でまったり休んでいる所に合流。 旧知の訳知りの客ばかりなので安心した。
清水門のあたりに移動して撮影開始。 客はうまい具合にばらけていて非常に撮りやすい。 モデルさん4人の全員が全員、それぞれ個性のある顔立ちの美形。 中でも幸岩靜香さんは日舞をやっている所為だと思うが、立ち居振舞いが非常に美しく、すーっと動いてぴたっと、わざとらしくなくて、しかも美しい形で止まるので、撮っていて楽しい。 鼻梁の高い立体的な顔立ちで、画になる角度が大きく、表情の種類も多くて、ビックリしても大笑いしても破綻しない。 今後も是非撮らせて戴きたい。
事務所の人たちも大らかで良い人だった。
使用したカメラは、
ベッサR+キャノン35mm/f2
ライカD−III+上海50mm/f3.5
ペトリV2+55mm/f1.4
ペトリAutomate(オリコール45mm/f1.9)
パールI型RS(ヘキサー75mm/f4.5)
フィルムの予備が切れたので、残弾のあるカメラを回した。 残弾が多いカメラは手間のかかるカメラである訳なのだけれど、ゆったりした進行だったので落ち着いて撮る事が出来た。

_ ピチピチパニック5時限目『熱闘☆ベースボールカンフー』@秋葉原アソビットシティ

久しぶりにピチピチパニックのイベントへ。 今回はアソビットシティのイベントスペースが狭くなった所為か座席指定になっており、いつもより前のほうで見る事になった。
今回は芝居部分が非常に練られた見応えのあるもので、演技の出来る子を巧く使っていたのが印象に残った。 内容が練られている分、見る側のスキルも問われる訳で、笑うところではないところで即物的に反応して馬鹿笑いをしたり、オチがわからなくて笑えなかったりする客が目に付いた。 


2006-05-30 もう一つの終焉

_ AKB48 Kチーム公演

厭な予感がしたので可及的速やかに職場を離脱、一目散に秋葉原へ。
5時半前に着いたのに169番。 6時過ぎには売り切れてしまった。
Kチームならのんびり見られたのも今は昔。

秋元にそっくりなご婦人がリザーブ席へ。 ご母堂だと思われる。
それでも秋元はいつも通りハキハキ喋って、いつも通り他のメンバーの自己紹介にもツッコミを入れて、いつも通り豪快に動いていた。 変に取り繕わないのが秋元らしい。
高田が月影先生のようなおどろおどろしいパーマを止めて髪をストレートに戻していた。 若々しくて良い。
野呂の喋りが面白くなってきた。 表情も明るくなったし、動きにもキレが出てきたように思う。
修学旅行で休みの増田の代わりに誰が入るのかが今日の注目点。 代打無しで、増田パートを早野が歌っていた。 松原と早野では歌い方が違うので、お互いに合わせようとしてかえってばらついた感じ。 増田+松原の時のユニゾンの美しさは出なかった。
Flipper's Guitarのライブ盤で、初めて小沢の歌声を聞いたときの驚きを思い出した。

_ 飛行機ばなし

終演後に仲間と雑談。 その中で「宮澤の声が大きすぎる」と言う意見が出たが、「いやいや、宮澤はスロットル絞りすぎると失速するからあれで良いんだ」「幾らでも速く飛べるけど、スピードを落とせない」ってな反論が。
さらに「秋元は可変翼とかのデバイスで器用に調整できるから、スロットル絞っても失速しない」なんて話にもなり、宮澤はデルタ翼、秋元は可変翼って事で話しが落ち着いた。
宮澤はF−106デルタダート、秋元はF−14トムキャットと言う感じか。


2007-05-30 雨の夜

_ AKB48 チームK公演(カフェ観覧)

仕事帰りに秋葉原。 早めに離脱出来たが山手線が遅れやがったので、劇場へは開演直後に到着。
平日で雨と言うこともあってか、カフェの客は少な目で、いつもよりは静か。

三曲終わって自己紹介コーナーに入るが、千秋楽が決まったとどんより話し出す大島。 洒落のめしては居たが、水面下で色々な動きがあることは客の方も承知しているわけで、見ていて辛い場面ではあった。

先日から始まった携帯サイトで募集したお題。 今日は「客席から見るなら何処から見るか」。
佐藤の「本芸ポジ」ってのと、今井の「その日の抽選に任せる」ってのがネタとしては面白かった。

音がよく聞こえた分、動きにも注意して見てみると、大島の動きに関する意識の高さに気付く。
「片思いの卒業式」では、イントロから何人かづつ歩いて入ってくるのだけれど、大島は常に曲のテンポに合わせて歩いている。
増田は意識が移動する方に行っている時には普通に歩いているが、自分のパートが近付いて歌に意識が行き始めると歩き方がゆっくり丁寧になる(これは大島が良くて増田が悪いという話ではないので念のため。)
増田の歌へ意識が集中していくさまも、見ていて非常に興味深い。
このあたりは演技の人と歌の人との違いなのかもしれない。

「花と散れ!」での秋元のキレのある動きが面白い。
足首の捻りで踵を飛ばしたり、深く沈み込んでも体が流れなかったり、ダンスの素養だけでは出来ない動きの妙。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [is levitra dangerous <a href=http://dstvmediasales.com/si..]


2016-05-30 生成りと言うか露地物と言うか

_ 週刊ヤングジャンプ 2016 26号

吉﨑綾
巻頭9ページ16カット、見開き1か所。 巻末5ページ8カット。 撮影は桑島智輝。
沖縄ロケで巻頭巻末ぶち抜きである。
ハイキーに撮って漆喰で塗り固めた左官屋みたいな写真になっているのが幾つか有り、全部が全部良い訳ではないが、衒わずにカメラと向き合えてはおり、粗を無理に隠すような撮り方もしていない。

ハイキーに撮る理由を考えながらページを繰っていたら、なんとなく判ってきた。
良くも悪くも生成りと言うか露地物と言うか、粗と言えなくもないところが見え隠れしており、それを整えて出したら作為的になり過ぎてしまったのだと思う。

髪型一つ、撮る角度一つでガラリ印象が変わる。 これだけの紙幅を割くだけの事はある素材ではあった。



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|
トップ «前の日(05-29) 最新 次の日(05-31)» 追記