トップ «前の日(06-03) 最新 次の日(06-05)» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


1999-06-04

_ カメラ屋に

支払いをしたあと、「日本の九龍城」と私が勝手に呼んでいる中野ブロードウェーで月刊東京人と椎名林檎の台湾ブートレグを買った。
 帰って飯を喰ったあとで写真を引き伸した。 引き伸ばし作業をする為には部屋を全面的に片付けて、ネガを撰んで、機械と薬剤の準備をして・・・と、手間がかかる為、軌道に乗る頃には日付けが変わっていた。


2000-06-04

_ 昼から

新宿へ。 ロフトプラスワンでイベントを二つ掛け持ち・流連。 計15時間居て、飲んだのはアンズ酒ソーダ割りとジントニックのみ。 チャージ、お通しこみでも¥2800-。 我乍らひでぇ客だ(笑)。


2001-06-04

_ 朝から

頼まれ事の撮影。興が乗らなかったので家で゜ぐずぐすしていたら遅刻してしまい。 着いた頃にはあらかた終わっていた。 とりあへず記念撮影だけでもしておいた。 打ち上げに誘われたのでついていって中華料理屋で中食。 喰いながらいろいろ話をしたのだけれどもはや全然かみ合わない。 飯喰いながら風俗の話するかねぇ、後にはてめぇの嫁もいるってのに、いやはや、不味い飯になった。

_ 午后から

銀座へ。 カメラ関連の知り合いの結婚祝いオフ。 時間が空いてしまったのでみゆき通りをぶらぶらしつつカメラ屋を素見。 本屋に入ったらカメラレビューの別冊「桑原甲子雄 ライカと東京」が出ていたので購入。

_ オフ会は

帝国ホテルのラウンジでやる事になっていて、適当な服を着ていつものように出かけようとしたら家のものに怒られて、珍しく背広で行ったのだけれど、他の人は普段着(苦笑)。
 コシナの21mmと90mmとT−3の黒を見せてもらった。 いやぁー、これは良いです。
披露宴が長引いたのでラウンジで3時間以上長っ尻で話をしたあと、ミュンヘンで看板まで呑んで帰宅。 この席では私は話の腰を折らぬようにずーっと聴いている。 勉強になるし楽しい。


2002-06-04 W盃

_ 私には関係無いんですが

職場にサッカーを見たい人が多いらしく、いつもより1時間早く終業。

_ GoGoライブクリック祭り

残業うっちゃらかして帰った甲斐あってかかなり若い番号をゲット。 ありがたや。

_ インタネーット

友人からの情報によると「インタネーット」と言う言葉があるらしい。

_ 下ネタ考

ブラックなネタと下ネタは目先の笑いは取れるんだけど飽きられやすい。 また固定したイメージがつくとそればかり求められる。 そんなような事を春風亭柳昇師匠が話していたのを思い出したのでとりあへずメモ。

_ さらに忌憚のないご意見

バギーさんのご意見
私は紙テープを投げる話しが出た時に既に「現場には行かれない」と書いた上で紙テープの事を書いた訳です。 それを踏まえて行かれなかったなりに事後フォローとして紙テープの件を総括しました。 私が聞いた範囲ではそんなに酷い状況だったとは思えないんですが、バギーさんの書いた事が本当だったとすると、やはり投げ方に問題があったと言わざるを得ませんね。 今後こう言う事があった際にはまた考えましょう。 兎に角JWPのお客さんと揉めなくてよかった。
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

# バギー [ちょっと勘違いされてるようなので説明すると、おいら個人としては別に「アイドル的」「プロレス的」なんて考えてなかったし..]

# 水晶の夜 [素直になりなよ、俺みたいに。ここが、決め時。]


2004-06-04 人生の厳しさを知る

_ SHIP写真撮影会コンテスト

詳細が漸く出たのですが、参加条件が・・・。
「さくら&あじさいの2回の撮影会での4人のメンバーのピンナップカラー写真」
カラー写真
カラー写真
カラー写真
カラー写真
カラー写真
カラー写真

カラー写真

・・・、・・・。 20日はカラーで撮ってきます。 (4/18は殆どモノクロで撮った)

_ 13日のピースモア撮影会について

例によって判る人にしか判らない話ですが、30日のイベントで「卒業」と言う儀式は済んでいる筈とか、そのあたりの意見は至極最もだと思うのです。

それにまぁ一日通した場合の投資額としては確かに大きいんですが、雨天時に備えてそれなりの大きさのスタジオを押さえるって事は、通常開催の時と比べて確実に利幅は薄くなるわけで、そのあたりの業者としての誠意と言うか、そう言う物は認めてあげていただきたいな・・・と。
お仕着せにし過ぎている感は私にもありますが、「ここで儲けてやろう」と言う発想では少なくとも無いと思います。 「たまたま」最後の仕事の日にぶちあたったのがピースモアだった訳で、いつも通り10人限定の枠でやったにしても、今回のような形にしたにしても、丸くは収まりにくいと思うのです。
上手く書けません。 すいません。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# きなちゃん [ご愁傷様でした>カラー]


2005-06-04 明日は酒田で落語会

_ いよいよ明日でございます。

「落語ってどんな話?」 
出演 立川キウイ 立川志ら乃 

昼の部 午後一時30分より 会場 酒田市まちづくりサロン(100名様まで) 料金 500円 ※お申し込みは 中和会各商店 (遠隔地の方は 喫茶ケルン 0234-23-0128) まで
夜の部 午後5時より 会場 日本料理 さくら亭(定員60名様まで) 料金 6000円(食事・飲物付) ※お申し込みは さくら亭 0234-24-1665 まで


近郷近在の方は勿論、遠隔地の方も是非。
昼の部ならん確実に入れると思います。

2007-06-04 会いに行けたアイドル

_ AKB48 チームB公演

ダメ元で秋葉原へ。 開演直前だったが、なんとかチケットを購入。 立ち見二列目。
TBSの追加撮影があるとかで、抜かれそうな位置は客の密度も薄目。 カメラの死角になりそうで、且つ見やすそうな場所を確保。

チームBを見るのも先月の13日以来。 足の怪我で松岡と野口と渡辺が、麻疹で渡邊が休み。 チームKからの助っ人の投入も無く、12人での公演。
休演するメンバーが多いと欠落感やら悲壮感が漂いがちになるけれど、こう言う時の平嶋の明るさは救いだ。
暫く見ぬ間に井上がビバンダムみたいになっていて驚く。
菊地が瀧夜叉姫みたいなザンバラ髪になっていて、こちらも驚く。 良い方に転んだとは思う。
表情が明るくなったのは田名部と仲川と早乙女。 後半のバテバテ感とこの世の終わりのような絶望的な表情を見せなくなったのが好印象。
浦野も良い具合に肩の力が抜けたと思う。 人数の割にしっかりした公演であった。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [kamagra buy london <a href=http://dstvmediasales.com/site..]


2016-06-04 写真展ふたつ

_ 檜画廊写真展「街の記憶・建物の記憶」

神田神保町のすずらん通り東京堂の近くにある画廊での写真展。

なぎら健壱は路地やアーケードの薄暗がり。 立石仲見世あたりの猥雑な空気。

飯田鉄は70年代の浅草。 私が物心付くか付かないかくらいの時期。
桑原甲子雄や木村伊兵衛でお馴染みの建物などもありつつ。

石川栄二は薄く霞んだような、乾いた感じの色合い。
炎天下の散歩の陽炎のような、眩暈のような揺らぎ。

森田剛一はローキーで濃く。 同じ正方形フォーマット乍ら、石川栄二と好対照のみっしりとした、情報量の多いプリント。

中藤毅彦はコントラスト高めで粒感のあるカッチリしたプリント。
雪の残る上野駅不忍口ガード下から建て替え前の聚楽を撮った写真が懐かしかった。

鮮明であったりおぼろげであったり、晴れた夏の日のような眩しいような明るさから、路地裏の呑み屋の暗がりまで、様々な記憶を呼び起こし掘り起こすような写真展であった。



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|
トップ «前の日(06-03) 最新 次の日(06-05)» 追記