トップ «前の日(07-06) 最新 次の日(07-08)» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2001-07-07

_ 六時に

入谷駅前で待ち合わせてひたひたと朝顔市へ。 乗り越し、乗り換え間違いが重なりひたひたは日が昇ってから到着。 来るまでにあたりをうろうろしていたら朝からやっているパン屋を発見。 コロッケサンドを喰ってみたらこれがまた旨い。 ひたひたが来てからもう一個食べた。

_ 7時を

まわると朝顔市も込んできて、売り物の朝顔もしぼんでくる。 「抜けられます」「悪質な街娼・客引きが増えています・・・」の立て看板を横目にしつつ鶯谷から忍ヶ岡中の脇を通ってぶらぶらと上野公園へ。 科学博物館へ入ってみた。 改装してから初めて入ったのだけれど、体験コーナーが大掛かりになっていた。 子供達より、連れの大人たちより、案内ボランティアの爺さんたちが楽しそうだった。

良い老後だ。

_ 芸大の前から

上野桜木、谷中へ。 愛玉子に寄ってから日暮里駅で国鉄に乗り中野へ移動。 ひたひたはアパートの契約へ、私は時間つぶしに喫茶クラシックへ。 

すごいとは聞いていたのだけれど、ききしに勝る凄さ。 ドアを開けると直ぐレジ。 ここで飲み物の件を買って席へ。 ギシギシ言う階段を昇り切ると「傾いている」などと言う生易しい物ではなく、店全体が波打っている。 壁一面に額装された絵が飾られているのだけれど、どれも水平ではなく微妙に傾いでいる。 脚の折れた座るのを拒否する椅子とか訳のわからない調度品がわらわらと置いてある。隅の席に座ると、椅子も机も建物もすべてが傾いていて、こうして字を書くとぐらぐら揺れる。 店内は薄暗い。 ASA100、50mm f1.4で1/4s開放くらいの暗さ。 ヴィオロンとかだと「照明を暗くしてみました」と言う感じなのだけれど、ここの場合は「あまりに暗いので電気をつけてみました」と言う感じ。 客は思い思いに喋ったり寝たり本を読んだりしていて、飲み物を運ぶとき以外店員は顔を見せない。 そうこうしているうちに店員がジュースを持ってきた。 ここはコーヒーよりジュースがスゴイと聞いていたので頼んでみたのだけれど、なんと書けばよいのか・・・。 みかん水のような、小児科の飲み薬みたいな、バスクリンみたいなオレンジ色の液体で飲むと甘い。

_ 一眠りしたあと

ひたひたらと怪しい中華屋「泰陽飯店」へ。 ここは胡散臭くて安くてそして旨い。 私はタンタンメンを食べた。 その後通販生活のリサイクルショップへ。 いいもの一杯、しかし金が無い。

ひたひたらと別れて南口のPへ。 ファーストレフレックス(ジャンク)を購入。 これはペトリの全身栗林写真機製作所が戦前に下谷の工場で作っていたもので、めったにお目にかかれない。 研究のために購入。

_ さらに

上野へ移動。 友達のつきあいで東京に来たいたいけな女の子を囲んで趣味者の悪い人たちと呑み→カラオケ。 深夜帰宅。


2002-07-07 週末記1

_ 7/5(金)

仕事終りで銀座へ出てカメラ関連の呑み。 主賓大荒れでしこたま飲まされ引き伸ばし作業どころではなくなってしまったので都内某所へは行かずに帰宅。

パソ立ち上げてみたらうちの黒い方のサイトの掲示板が荒れていたのでそっちの対処をしたりなんだりしていたら寝る頃には朝。

_ 7/6(土)

流石に疲れていて朝起きられず昼起きられず、夕方になって何とか起き出して吉祥寺。 今日から茨城放送で澁谷さまの出演するラジオが始まるのでひろてぃー氏主宰の「第一回ラジオを聴きに行ってみようツアー」に参加。

7時集合と言う事で参加者のげきしぶ氏と合流、しかし渋滞にはまったと言う事でひろてぃー氏が7時に来ない(※ネタなのであやまりにこなくていいです<笑>) 多少遅れて出発。 途中でなも氏を拾い外環→常磐道で土浦方面へ。 CoCoのベストアルバムをかけつつ、誘導尋問でひろてぃー氏の黒歴史を聞き出す。 ミニコミまで作っておいて「私は普通のファンでしたから」と言い張るひろてぃー氏。(※ネタですよ、ネタ。)

PAに車を停めて放送まで暫し時間つぶし。 持って来たラジオが以下に高性能であるかご高説を賜った後、そちらには録音機材が繋がれ、われわれはポータブルラジオで聴く事になりました。(※ネタですよ)

いよいよ放送開始、Remiさんはいつも通りの腑抜けたような喋り、澁谷さまは心なしか棒読み緊張されているご様子。 自己紹介やら何やらをしつつフリートーク。 澁谷さまの将来の夢は「女優さん」なのだそうな(初耳)。 最後にRemiさんの何たら言う曲と「ウルトラメンゴ」を続けてかけて番組はアッサリ終了。「メンゴ」をかけた時以外はピカピカのピの字も出ないところが藪崎「コンフレナイト」とは対照的。

まぁ決まり事なので「あ゛〜?7分間棒読み緊張感あふれるお喋り聴かされて金まで取るかコノヤロー!!」(注 交通費は折半って事になっていた)と切れてみると、「番組が短い事は最初から説明して(以下略)」と保険の約款の小さい字で書いてあるところの様な微に入り細を穿った懇切丁寧な説明をありがたく拝聴する羽目になった。(※ネタ)

帰りがけに守谷のSAで飯でも喰おうと思ったら何とか喰えそうなメニューは根こそぎ売り切れており、谷原のガストまで行って遅い晩飯。 各テーブルに一つづつ有る液晶モニターには3分周期くらいで流れるCMが写っており、amicaのシングルのCMを見て「やはり西崎は消し」とか「YJ制服って時点でもう先が無い」とか「いやいや果物は腐りかけが旨い」とか、TBS「BS-i」の番宣の「眞鍋はいいから三井智映子を映せコラ」とか、ブランチの力の有る客「某」がブランチにはまったのは近所で撮影していたメガレンジャーの影響とか、st.DOLLはFolder5の悪い所のパクリとか碌でもない話をしたあと帰路についた。 グランドハイツ(←古いな<苦笑>)の辺りでなも氏か降り、都内某所で私も降ろしてもらって朝まで片付け掃除などをして時間を差潰した。

_ 良いキャラ

そうなんですよメロンさん。 さまぁ〜ずの三村横に置いといたら突っ込み疲れて過労死するんじゃないかってくらい突っ込みどころ満載なんですよ。 しかしネタにすると怒ってヘコんで大変なんだよなぁ(苦笑)。 嫌われてた場合突込みを煎じ詰めると「死ね」って事になる訳ですが、ひろてぃー氏の場合逆な訳でそうへこまないで戴きたいと切に望みます。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

# メロン泥棒 [茨城レポ。めちゃめちゃ面白かったです。 やはり、ひろてぃー氏はネタにされてナンボですね(笑) これも才能かと思います..]

# げきしぶ [ひろてぃーさんのアレはまぎれもなく天賦の才だと思います。 という話をペトリさんが下車した後ひろてぃーさんにしてみたの..]

# なもまこ [「グラン『ト』ハイツ」ですとか細かい突っ込み。アメリカ第18代大統領グラント将軍の名前から。]

# ひろてぃー [(ネタ)の注釈ありがとうございます(笑)。補足すると待ち合わせ時間は8時(20時)ですので、念のため。]


2004-07-07 暑い・・・、暑いなぁ。

_ 今日の一枚


阿部千明
Leica D-III + 上海50mm/f3.5 で撮影。 暗かったのであまり絞っていないが、このレンズは絞った方がフレアがでるらしい。
昨日貼った Som Berthiot とほぼ同じ条件で撮ってこれだけ違うんだから恐ろしい。

_ SHIPフォトコンテスト出品

4月の「桜まつり撮影会」と6月の「あじさい撮影会」で撮った分から伸ばしたのが今日上がったので、仕事帰りに請け出してタイトルをつけて発送。
「桜まつり」の時の分から、ブロニカETR+75mm/f2.8で撮った物を2枚。 「あじさい撮影会」からコンタックスRTSII+ディスタゴン35mm/f2.8で撮った物を4枚。 マミヤM645+80mm/f2.8で撮った物を2枚。 計8枚。 4つ切まで伸ばすと、流石にセミ判のほうが綺麗だ。


2006-07-07 四万六千日

_ チームK千秋楽総括

チケット販売のドタバタはあったものの、公演そのものは良かったと思う。
最後の最後でチームAが出て来た事への拒否反応が、現場でもネット上でも見られたが、私は特に不快には感じなかった。
公演の途中で出て来たなら話は別だが、アンコールまで全て終わった後であるし、チームKの千秋楽であると共に、A・K通して「パーティーがはじまるよ公演」の楽日でもある。
ダブルアンコールで幕が開いたらチームAが前に居たのは、スタンドマイクの五人がA・K合わせたAKB48総体の顔であることを考えれば、不自然な事ではない。 チームKが後ろに廻されたのではなく、フロントメンバーが常に前に居ると言うだけの事だ。
分かりやすい面子を前に出す些か大衆迎合的なやり方ではあるが、これは今に始まった事ではなく、二月の第一次ユニット改編辺りからのことだ。
別に怒る程の事でも無いと私は思う。
チームKの千秋楽であるだけでなく、劇場改装や価格改訂など、様々な節目でもあった事も思い起こして頂きたい。

_ 締まらないコール

私が気になったのはコールが締まらない事。
「Kチーム」はまだなんとかなったが、「チームK」は実に締まらない。
「ちーむけえ」(発音としては「あっとひっとり」に近い)はやめて、「チーム、K。」(発音としては「ジーク・ジオン」)にすればまぁ、何とかなるような気もする。


2007-07-07 並ぶ週末

_ AKB48 ひまわり組公演(マチネ)

メールは外れて小雨ぱらつく中、朝っぱらから並んで何とか昼のチケットを確保。 漸く中で観られた。

ダブルキャストとは言いつつも、替わり番こに出てくるような牧歌的なシステムではないので出る面子は偏っていて、大江とか戸島とか奥とか、私が見たい面子が中々出てこないのが恨めしい。
その割に実態の良く判らないSEEDから何人も出ているのがまた不思議。

楽曲情報も無いし、初見だからメモも取って無いし、根多バレを忌避する向きもまだあろうと思うので漠然と雑感など。

SEEDの二人(倉持明日香と佐藤亜美菜)は公演をぶち壊すような失敗も無く、オーディションからの期間が短い割に良くやっていると思うが、やはり動きをなぞるだけで精一杯で、表情は強張り、目は虚ろ、喋ればガチガチで可也痛々しい。
ダンスが下手糞だと言われてきた小林にしても、伊達や酔狂で一年半から舞台に立ってきた訳ではないので、並んで踊ると差は歴然。

まぁ、小林がここまできちんと踊れるとは思っていなかったので、その点は実に感心した。
細かいところでは矢張り「小林的解釈」が無くは無いが、周囲と調和して綺麗に動いているし、心底楽しそうな表情で舞台に立っているのは、観ていて気持ちが良い。
髪の毛のカラーリング、トリートメントもしっかりしているし、事務所でもそれなりに大事にしてくれているのだと思う。

古典的アイドルポップ調の曲の途中で、手隙のメンバーがチアリーダーと言うかポンポン隊というか、まぁそんな感じで出てきて後ろで踊るところがあるのだけれど、宮澤のポンポンの使い方が上手いので感心した。
宮澤のこう言ったところから、細部を詰めていく営為を積み重ねて舞台に立っているのが見て取れる。

やりたい事をやっている時の表情と、そうでない時のそれの落差が激しい板野は、そうでない時のそれでポンポン隊に参加。
板野とダブルキャストになっている戸島がどんな顔をしてポンポンを振っているのか見てみたい。
快楽原則に忠実なエピキュリアンの板野と、克己心の強いストイシズムの徒の戸島が対になっているってのも面白くは有るが、並べて観られないのは困る。

秋元の指令なのか漫才コーナーを受け持つ野呂と佐藤夏希は、自己紹介の部分から喋り方を変えていて、起承転結のある話を聞き取りやすい声と間で展開。
漫才部分では、今井とのコンビではボケを担当する事が多かった佐藤夏希がツッコミに廻って良い仕事。 根多の展開ではまだ硬さも見られるが、見応えのある楽しい漫才。

これ迄髪を束ねる事の多かった峯岸は、顔の周りの邪魔になりそうな部分だけ暴れないように処理をして、ストレートで。
髪を躍らせて踊るのが上手い。

秋元は、可愛いから格好良い迄様々な表情と動きを見せていて、隙が無い。
どう書いても陳腐になってしまうから、これは現物を見ていただくしかない。

_ 三人佐藤巴白浪

或る曲での下手側。 月も朧に亜美菜佐藤、夏希佐藤、由加里佐藤の三人が勢揃い。 こいつは春から・・・もう夏か。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [is generic levitra safe <a href=http://dstvmediasales.com..]


2008-07-07

_ レスなど

◎◎みすと。さん

2回目のチケットを入手した後、知人に「今日は前田生誕ですよ」と知らされるまで知りませんでした。
まぁ前田の生誕なら私より見たい人が見ればよいので、そのまま2回目を見ました。

週に一回どころか、月に何度観られるか判らない現状では、研究生まではフォローし切れません。 とりあへず仁藤さんは気にしておきます。
模造紙の件は項を改めて。

_ 目的は手段も結果も正当化してくれない

彼の言動を見ていると、目的が手段も、そして結果も正当化してくれると思い込んでいるのがわかります。
お説教を喰らったとの事ですが、彼に苦言を呈した人は、私を含めてこれまでも何人かいる訳ですが、話が長くなると彼は居直ります。
表面上はペコペコ頭を下げますが、悪いとは全く思っていませんから、何も変わりません。

彼は「好きだ」とか「応援している」と高言して憚りませんが、行動を見ていると対象を好きであり応援しているというより、「好きである自分が好き」「応援している自分が好き」なのがわかります。
例えば東京タワーの Night View DJ 。
彼は見やすい場所ではなく、認識してもらえる場所に必ず陣取ります。
そして折井の仕事そのものには興味を示さず、イベント中は大抵取り巻きと喋っているか、マネージャー捉まえて喋っているかどちらかで、折井の喋ってるのなんざ「聴いて」いないどころか「聞いて」すらも居ない。
しかし「応援している自分」をその応援を捧げる対象と、見ている客に認識させる行動だけは忘れない。
これは結果として折井を踏みつけにする事になる訳ですが、自己愛の発露としての「応援」と言う目的が、行為も結果も免罪してくれると思っているのか、もしくは「応援」そのものが自己目的化しているのか、いずれにしても欠片でも客観と言う物が意識の中にあれば己の所業の醜さに気付く筈なのですが、彼の中には主観しか無いので全く気付かない。
気付いた時点で自我が崩壊してしまうのを本能で感じて、思考を停止しているのかもしれません。
結論としては「付ける薬が無い」と言う事です。

_ レス

名無し 1名無し 2
先ず御願いしたいのは、読んでわかる日本語で書いていただきたいと言う事です。
何が仰りたいのか、さっぱり判りません。
浅学な私は日本語の読み書きしか出来ませんので、宜しく御願いします。

もう一つ御願い。 通り名で良いので、署名をして投稿して下さい。

さらにもう一つ。 時節柄不穏当な発言は控えられたほうが宜しいのではないでしょうか。
推敲を重ねられた上で書き込んでください。

_ 今日の箴言

「名誉を重んずる人間はすべて、自分の文章の下にはっきりと署名する。」

Jean-Jacques Rousseau
本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

# ペトリ堂さん、中々楽しい◎^∇^◎よ(・∀・) [オモロいモン記してるね。 また、糞みたいな論弁の俺やお世話になっております人達の悪口楽しみにしています。 今度..]

# ペトリ堂さん、中々楽しい◎^∇^◎よ(・∀・) [オモロいモン記してるね。 また、糞みたいな論弁の俺やお世話になっております人達の悪口楽しみにしています。 今度..]

# ペトリちゃんオハヨー(^^) [昨日、誰が書いたか答えは解ったかな(^^) 勿論、誰だか解ってるよね(^^) 俺だよ、模造紙だよ!!本物ダヨ..]

# 続き記しておくね(^^) [別に俺もペトリちゃんも、お互いクダラン文句や悪口しか、mixiやブログでしか書けないちっぽけな小さい男同士の同類項な..]

# 続き記したよ(^^) [別に俺もペトリちゃんも、お互いクダラン文句や悪口しか、mixiやブログでしか書けないちっぽけな小さい男同士の同類項な..]

# Unospthb [ http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.ht..]



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
トップ «前の日(07-06) 最新 次の日(07-08)» 追記