トップ «前の日(08-06) 最新 次の日(08-08)» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


1999-08-07

_ 朝起きると

既に愛知県に入っており、回ってきた車掌に検札をしてもらっているうちに蒲郡を過ぎて、あれよあれよと言う間に終点の大垣に着いた。 私は急いで列車を降りて接続列車のホームを目ざしたが旅慣れない喇叭工大生くんが必死に付いてきただけで宗教大学生くんはどこかへ行ってしまい、米原で姫路行きの新快速に乗り換えた工大生とも別れた私はようやく一人になり、うつらうつらしいてるうちに大阪駅に着いた。

_ 中央改札の

出口附近で待ち合わせた筈のカボさんが見当たらないのでそのへんをうろうろしたら、柱の陰でしゃがんでいた。 とりあへず朝飯を、と言う事になってプロントに入りったものの、何も考えずに勢いでカルボナーラを頼んでしまったために左手でフォークをぐるぐる回すのに苦労した。 腹も落ち着いたので、かみやんが写真展をやっている奈良へ向かった。 環状線で鶴橋と言う肉臭い駅に出て、そこから近鉄奈良線に乗り換えたわけだが、カボさん奈良に着く迄私が持って行った怪しい本を読み続けていた。
   かみやんが出していたのはYJP展と言う写真展で、(ちなみにYJP展とはイエロー・ジャップのパンパンとくんずほぐれつ・・・なんてことは勿論無く、奈良在住の吉川さんとニューヨーク在住の比嘉さんと言う二人のカメラマンのお眼鏡にかなった若い写真家を集めてやっている写真展です。)二年前に行われた前回と同じく私が誉める事のできる作品は、かみやんの物と平田恵子さんの作品のみであったが、面倒なので今年はいちいち貶さない事にした。 一通り・・・と言うか、かみやんの作品のみ鑑賞したあとて本人をめっけて昼飯がてら撮影にくり出した。 かみやんの御希望でお好み焼き屋で昼飯をやっつけた後東大寺方面へ。 東大寺に近付くに連れて怪しい太鼓の音が聞こえてきて、何だろうと思っていると赤・青・黄の三角の旗がそこいら中にはためいていて、そこかしこにインディアンのテントが立っている。 「虹の祭り」と言うイベントらしいが旗は何故か三色なその祭りのパンフレットを強引に手渡されて、何となく見るとそこには

「地球にごめんな祭」

 はやくもげんなりしつつ大仏殿を目ざして原っぱを横切ると、テントの脇では太鼓の音に合わせて暗黒舞踏のような踊りが淡々と踊られ、ステージの上ではナルチシズムたっぷりの自然保護歌が自然保護もへったくれも無く電気をガンガンに使って大音響で演奏されていて、毒気に当てられた我々ダメ人間一行はふらふらになりながらも大仏殿から二月堂へ回ってべたべたの観光写真を撮影した。 更に春日大社へと向かう道すがら崩れかけた門の中で「おみやげ全品百円」と言う札をみつけて思わず吸い込まれると、心地よい日影と木漏れ日と冷たい飲み物とが揃っていてそこで暫く呆けているうちにやる気のかけらも消え失せてしまい、若草山を柵の外から覗いた後帰路に着いた。 会場に戻るとフォトワークショップだかなんだかで外回りをしていた人々が戻って来つつ有ったので「しろちくわ(謎)」に会わない様に逃げるように大阪へ戻った。 天王寺のマクドでバチコン氏と待ち合わせて街へくり出したが、案内されたのは飛田新地で「元は赤線だけど今は普通の民家」っていうのを想像していた私は、現役ばりばりの私娼窟を目の当たりにして非常に吃驚した。 面白い物を見せてもらったけれどアレは写真に撮れない。 撮るには相当の覚悟が必要だ。 その後商店街を抜けて行ったのだけれど、やけに寝っ転がっているおっちゃんたちが多いと思ったら「あいりん生活相談所」の看板が、ふむふむそう言う事かと納得しつつ天下茶屋から地下鉄に乗ってメタル邸へ。 駅から歩いてすぐのマンションの八階にあるメタル邸はパソコン部屋、洗脳部屋、寝室、リビングに分かれており、こ綺麗ながらそこかしこにミッフィー、ピングー、キティ、サル、ゾウ、etc.の人形が脈絡無く置かれているのだけれど「ただ可愛いだけではない何か」が充満していてかなり良い雰囲気。 飯を喰う前に近所の甘味処「かどや」へ。 甘味処と言っても「かどや」は氷屋が片手間にやっているうちに本業になってしまった様な雰囲気の殺風景ながらもこざっぱりとした店で、私は抹茶ソフトとサイダーを頼んだ。 この抹茶ソフトなる物はブランデーグラスみたいなコップの底ににコーンフレークを敷いてソフトクリームのトグロが巻いた上に抹茶シロップ(かなり濃い)がかかっている物でなんと¥250-安い。 良く冷えた瓶の三ツ矢サイダーも旨く。 店の外で飲んだ「冷やしコーヒー」も麦焦がしのような味で何とも旨かった。 そのあとで元禄寿司へ。 ここもすし屋なのに「ナニワ」で

酔っ払い客:にぃちゃんカニサラダまだか?
 職 人 :いま一生懸命にぎってます。
酔っ払い客:・・・そうか。

と下手に「少々おまちください」なんて言わないのが面白かった。
部屋に戻った後こちらの持って行ったCD、カボさんとバチコン氏のおすすめCDを聴き、私の持って行った怪しい本を見せ、バチコン氏が学生時代に撮った「水曜前日」という30分乍らなかなか濃い映画を見て、朝迄音楽と本と写真と映画の話をして、夜明けの散歩をした後、力つきて寝た。
 

2000-08-07

_ 帰宅途中の

電車の中でべら棒な夕立に遭遇。 ビニール傘買うなら呑んじゃえ・・・ってな訳で、またも途中下車してもつ焼き屋へ。 煮込み一皿、梅割り3杯、アブラタレ1、アブラ塩1、レバー生2、ガツ生2

、締めて¥1700-。 傘の方が安かったか。


2002-08-07 誕生日

_ いまさらですが

今日は恵美奈 元メンバー の誕生日です。 おめでとう。

東京で生きていくってのは結構大変で、厭なこともいろいろやらないとなかなか喰っていけないと思うんだけれど、頑張っていただきたいですね。 頑張らないで喰えればなお良い。

_ 閉鎖相次ぐ

ピカピカ系サイトの閉鎖が相次いだ夏の日でありました。

_ ひろてぃーさんの日記「りょん書き」閉鎖。

突っ込みどころ満載のキャラクターで当方でもネタ枯れの時にいじらせてもらった澁谷良子(中略)ファンのひろてぃーさんのtDiary 日記「りょん書き」が、なんだかよく判らない批判の集中砲火を浴びて家主がヘコんだためか「更新停止」とのこと。

この人は言い訳は通常の3倍しますが、反撃してくる事は先ず無くて、大抵はヘコんで御仕舞いになるのですが、そう言う無抵抗な人をタコ殴りにするような風潮には正直嫌悪を感じます。 しかも卑怯な事に叩いてる奴は殆ど匿名なんだなこれが。 ひろてぃーさんの行動には首を傾げざるを得ないような部分はありますが、自分を安全圏に置いた上で殴りやすい奴を殴って憂さ晴らしをしているような奴よりははるかにましです。 法にも触れるし人倫にも悖るような事をしているもっとタチの悪い奴は確実にいる訳で、言行不一致だと言うだけで何故ここまで叩かれるのか理解に苦しみます。 それに本当に怒っている人は自分が何者であるかわかる形で、且つ冷静な筆致で書いています。 気に病むならむしろこっちだろう!!・・・と突っ込みたくもなります(苦笑)

_ まるてぃーさんのサイト「MK STYLE」閉鎖。

旧恵美奈マコファンのMULTiさん(22歳独身、自称デザイナー)さんのサイト「MK STYLE」が8/7のマコ誕生日にあわせた更新を最後に終了とのこと。 もはや失うものは何も無いMULTiさんは最近とても強くなられて、上司をアゴで使っているとの噂。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# raffine [名無しの戯言の中にも耳を傾けるべき意見はあると思う。 悪いけど俺は名無しさんの肩を持つぞ、今回は。]


2004-08-07 ひたすらフィルム現像

_ 今日の晩飯

ご飯は残っていたので、汁物のかわりにうどんを作った。
豚コマを茹でた汁に葱とガラスープを加えて塩と酒で味付け。 まぁ食えない事は無い味。

_ 移動

早目に都内某所へ移動。 江戸川の花火帰りの客で混んでいたので各駅停車で座って移動。
最寄駅もお祭りで降りるまで混んでいた。

_ 現像

35mmを6本、ブローニーを2本現像。 終ったら最後の氷が融けた。 時計を見ると2時、片付けて寝た。


2006-08-07 そうそう遊んでもいられない

_ AKB48 チームK公演

お台場ではチームAのスカひら隊、東京ドームではチームKの出る企業イベント。
そちらは回避して、チームKの夜公演のみ鑑賞。

籤運は悪くても席には恵まれて、上手柱外三列目中程。
見たいものはそこそこ見られるし、何より近くて音も良い。
「Blue rose」の秋元はギリギリ見えたので「よし」とする。

そう言えば、抽選が始まる前に、来賓用の席が三列目にズラリ設えられてしまい、下々の者からは怨嗟の声が上がっていた。

「Blue rose」の秋元は表情も動きも申し分無く。 マイクスタンドの扱いに関しては、四人の中で一番思い切って出来ている。

最近、小野が蠱惑的な目をする様になってきた。 これが、凄い。

佐藤の髪型がストレートに戻っていた。 隣に座っていた友人も感嘆していたが、非常に可愛らしく見える。
これまでの かつみ・さゆり (嫁の方)みたいな髪型より、私は好きだ。

「禁じられた2人」の大島が凄い。 スモークが濃くて遠くからだと判りにくいのだが、葛西パートの間もきっちり仕事をしているし、曲が終って掃けるまで気を抜かない。
ここまで盗めたら、河西も凄いのだけれど、さてどうなりますか。

秋元が小野や河西を割れ物の様に「そぉーっと」扱っているのが微笑ましい。
その分、小林相手だと容赦が無いが、これはこれで微笑ましい。

以前に比べると、この日記に於ける秋元に関する記述が減っているのだけれど、これは歌・振り付け・表情、どれをとっても質の高さを保っているからだったりする。
たまにトチッたりする事も有るが、次の公演では確実に補正してきている。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# ゆたかの [秋元がえれぴょんと話してるときは大島がすぐ後ろからフォローするんだよな(笑)。肩抱いて。]


2009-08-07

_ ワニブックス@モバイル 小林香菜「よのなか入門」 〜新たなる地平2009編〜 (第59回)

病み上がりの編集氏が半死半生でお届けする「小林人気向上企画」の続き。

オリオールズの上原の顔真似した(←してません、でも似ている)小林。 「来なかったらどうしよう?」と心配していたらしいアンケートがドーンと集まり、喜ぶ小林だが、集まったアンケートは小林の握手会における愛想の無さとか、公演にいて目線が来ないとか、客の怨嗟の声がズラリ。

今は違います!!と小林。 ここから聞くも涙のセルフ自己啓発話が・・・。

兎に角、小林の「変わろう!!」と言う意思を買おうと言う事で「そこまでしなくても・・・」と言うツッコミは無しで見守る方向で今週はここまで。
微妙な希望を感じつつ具体的な話に入りそうな次回更新は8/13予定とのこと。

「よのなか入門」では、引き続き小林を元気付けるための新企画を募集中。

1. 小林香菜のファンを増やす必殺の方法
2. あなたが小林香菜にやって欲しいこと

以上2点を書いて

kobakana@wani.co.jp (※スパム除けに @ を全角にしてあります、実際に送る際は半角に直してください)

まで是非。



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|
トップ «前の日(08-06) 最新 次の日(08-08)» 追記