トップ «前の日(11-12) 最新 次の日(11-14)» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


1998-11-13

_ 更新

最近見た写真展に「日大芸術学部学園祭」を追加。


1999-11-13

_ 学生写真展

がらみの友達(ひたひた、ばく、アユム、気分は形而上(仮))と高円寺で呑み。 まず、抱瓶(だちびん)と言う沖縄料理居酒屋へ。 オリオンビール中ジョッキ2杯。 泡盛(請福、三十度。どなん、四十三度。)ストレートで一杯づつ。 壁に来店した有名人の写真が貼ってあって、友達はソウルフラワーの中川敬とか喜納昌吉とかの顔を見つけて喜んでいたが、私が秋山祐徳太子を見つけてもひたひたしか反応してくれなかった、つまらん。 ゴーヤ以外はおいしかったが、音楽がうるさい。

_ 二軒目は

ガード下の「竜屋長兵衛」と言う店、ここは当たりだった。 ペルツォフカ(ウオッカ、35度)一杯、ダバダ火振(栗焼酎)ストレートで二杯、立山(日本酒)二杯。 里芋ととり肉の煮付、牡蛎酢、山芋の千切り、梅安冬の闇(大根と油揚げと浅蜊の小鍋立て)、刺身盛り合わせ。
 兎に角つまみはどれを取っても旨いし、酒の保管状態も非常に良く、大当たりの店だった。 特に旨かったのは大根と油揚げと浅蜊の小鍋立てと山芋の千切りと刺身だったのだけれど、いちいち説明するのも野暮なので省略、ただ何より驚いたのは刺身のつまの大根おろしが、きめ細かくて、辛くて、それだけでも十分なくらい旨かったのには心底驚いた。
 ばく、アユム、気分は形而上(仮)の職業カメラマン(・・・とアシスタント)3人は仕事の話で暑くるしく盛り上がってしまったので、私とひたひたは隅の方でひそひそ今後の悪巧みをしつつ、適当に茶々を入れつつ、今度何時食えるか判らない旨過ぎるつまみと酒を胃袋に詰め込んでいた。
 帰るのが面倒になったのでアユムくんに泊めてもらった。


2002-11-13 手段と目的の取り違え

_ デジドル

最近、様々なしがらみもありつつ、家に居ても出来るヲタ活動として「デジドル」というものに首を突っ込んでいる訳ですが、あまり愉快な企画では有りません。

客がチャットに参加したり壁紙やスクリーンセーバーを購入した代金がポイントに換算され、一定量のポイントを稼がないと、その娘は切られてしまいます。 2軍であるところの「デジドルエッグ」の場合は、3ヶ月で30000ポイント(※1ポイント=10円)稼がないと1軍に昇格できず、1軍である「デジドル」は1月に7000ポイント稼がないと切られてしまいます。

タレント本人がデジドルサイトにログインすると10ポイント、日記を更新すると100ポイント入るので、毎日やっていれば月に3000ポイントくらいには成るし、チャットを開催すると開催した時間に比例してポイントが貰えるので、必要なポイントのすべてを客に求める訳ではないのですが、それでも客が落とすポイントにかなりの部分を依存する事になります。

まぁ向こうも商売ですから、このあたり仕方がないっちゃ仕方がない。 厭なら行かなきゃ良いだけの話だし。

_ 手段と目的

上位に居る娘は、これまでの固定客に加えて新規の客がついた事で、撮影会やイベント・舞台などへの集客が良くなったり、メリットも有るようですが、これはデジドルを客とのコミュニケーションの手段として上手く使いこなした結果であるわけです。 然し乍ら、方々のチャットを覗いて(ロムるだけなら金はかからない)見ると昇格だの残留だの何ポイント足らないだのと生臭い話が実に多い。 タレント業をやっていく上での手段である筈のものが、目的に摩り替わってしまっている訳です。 残留・昇格した所で、深夜枠のお色気番組に出られるくらいの物で、デジドルそのものにはあまりメリットが有ると思えません。

チャットが主であるので、自前のパソコンは必須で、且つチャットへの慣熟、会話のキャッチボールを複数の人間と同時進行で行える頭の回転と社交性も求められる訳ですが、これはタレント適正とはあまり関係がないような気もします。

長々考えた割に話しが纏まらないんですが、吐き出しておきたかったので書いてみました。

_ オフィス・エム

事務所主宰の撮影会なんてものをやっていたのですね<ニシダさん
私の中ではあそこは「コギャル事務所」なので完全にノーチェックでした(苦笑)

2008-11-13

_ ワニブックス@モバイル 小林香菜「よのなか入門」 第21回

小林の連載も、回を重ねて21回。 先週に引き続き顔絵大会。
今回もチームKの中から6人が俎上に。
五十音順に奥、小野、大島、倉持、河西、佐藤。
奥、小野、大島辺りまでは良かったが、それ以降は集中力とやる気が枯渇して絵もテキトーどころの騒ぎでは無いくらいの代物に。
描いた絵も凄いが、それ以上に小林が居直り、不貞腐れて行くさまを撮った写真が凄い。
こんな活きた(そして死んだ)表情は、雑誌のオマケのニコパチ写真では勿論、流石に劇場でも見られない。

小林に「よのなか」と言うものを教える筈の企画が、いつの間にか小林みたいなアンポンタンを操って連載を成立させねばならない編集氏が、世の不条理を身を以って知る企画になりつつある。
嗚呼、人生不可解。

しかし、大堀が月月火水木金金で血の汗流してCDを売り歩いているさなかに、似顔絵九人分で捨て鉢に成っているってのも、良くも悪くも小林香菜の小林香菜たるところではある。

_ 「なんでも出来ちゃう人」

大島の顔絵に小林が書き込んだキャッフレーズのようなものが「なんでも出来ちゃう人」。
素直な感嘆。


2011-11-13 「鏖し」と「ミナゴロシ」

_ 第75回 浅草早朝寄席

立川流の二つ目、立川談奈・泉水亭錦魚の両名が前座の頃からやっている勉強会。 3席聞けてゲストも呼んで500円と言う破格。 もっとも、良いことばかりではないのであるがそれはさておき。

「平林」談奈
「権助提灯」錦魚
「愉快な漫談」中津川弦
<弁当幕>
「尻餅」談奈

「権助提灯」「尻餅」と冬の噺。 根多卸し・根多浚いの場でもあり、見ていて冷や汗を掻く月もあるが、季節の移り変わりを噺で感じるというのも楽しい。
呼吸で笑わせる中津川弦の漫談は、客に受ける力が無いと暖簾に腕押しになってしまうこともあるが、今日はよく笑うお客さんが触媒になり、完全燃焼。

今日も弁当幕で不快な思いをした。
次回からはロビーに逃げることにする。

_ ぱすぽ☆予約イベント@HMV大宮店 2部

のんびり落語を観てからゆるゆると出掛けたので、HMV大宮店に着いたのは12時半頃。 丁度「キス=スキ」が始まった頃合。
大入り満員でクルーのリボンすら見えそうに無かったので、DVDシングルを購入予約してとりあへず退散。

氷川神社へ参拝して(産土神なのである)から街へ取って返したが、喫茶店が少ない。
やっと見つけた喫茶店は喫煙天国(私には地獄)、知己が居たので寄ったドトールは兎小屋。 これには困った。

集合時間にHMVに戻ると予想以上の人出。 色々被った日ではあったが、県内でも交通の便の良いところなので、所謂"アイドルファン"では無い層の客が試しに来て見たってのが多かったように思う。
アトラクション時にも、CDを買いに来たと思しきフリの客が「おっ! ぱすぽ☆ じゃん!!」と驚いていたが、浸透してきているのだと思う。

舞台は狭くて低い(そもそも天井が低い)ので、後方からは先ず見えない。 正面は棄てて上手の人垣の後ろへ。

出られたり出られなかったりする所為か、槙田紗子がやる気に満ちていて楽しそう。 この人は楽しそうだと首から上がグラグラするので、軸がブレるからかパッキパキに切れて踊っている割に凄みが出ないのであるが、この槙田味、嫌いではない。

増井みおは今日も迸るやる気と燃え上がる情念。 迸りすぎて動きが流れたりもするのだけれど、筆勢の強さが魅力なので矯めないで欲しい。

玉井杏奈は我が目を疑うような扇情的な動きをすることがあるのだけれど、常に涼しい顔でいて一切軸がブレないので、相当「余計なこと」を盛り込んでいる筈なのに厭味が無い。

角は丸めてあるので判り辛いが、「剛」の動きなのが根岸愛。 脹脛の発達振りに目を見張る。

岩村捺未は偶にあやふやな動きをすることがあるのだけれど、もっともらしい顔をしているのでボロを出さないのが面白い。

同じく奥仲麻琴も自信なさげな顔をしなくなったので、華やかさが増したこともあって粗が目に付かない。

暫く観ないうちにガラリ変わっていたのが安斉奈緒美。 勿論、良い方向に。
映画で経験したチアダンスが生きてきたのか、見掛けの華やかさに動きが付いてきていて、集団で踊っていても埋没しなくなった。

佐久間夏帆は歌声と歌うときの表情に深み。
喋っている時は明るいのだけれど、曲に入ると表情から仕草から一変。 曲の世界に生きている。

藤本有紀美は豪快な動きと、客席の隅々まで目配りする繊細さの落差が面白い。
藤本有紀美の目配りは三点バースト。 トリガーハッピーなバラ撒きではなく、一発必中の狙い撃ちでもない。 一寸ずつ止まるので、目が合った気がして鼓動が少し高鳴る。 少し。

森詩織は激しい曲での鬼気迫る動きと、その中でクルーと目配せする悪戯っぽい表情。 くるくる変わる様が楽しい。

舞台の上での自己表現の方法論がクルーごとに似ているようで異なるので、それぞれの頑張りが喧嘩をしない。
同じ「可愛い」でも奥仲の「かわいい」と増井の「カワイイ」は可愛いが違い、同じ「客席皆殺し」でも根岸の「鏖し」と安斉の「ミナゴロシ」では殺し方が違い、同じ nonchalant でも奥仲のノンシャランと岩村ののんしゃらんではのほほんの質が違う。
棲み分けと相互扶助で生態系のバランスが保たれている。

昨日も今日も、碌すっぽ見えなかったり聞こえなかったりする現場なのだけれど、それでも「その場に居る」事が楽しい。
この先売れてしまって(「しまって」と言うのも物言いとしてよろしくないが)ハコが大きくなっても、「その場に居る事」の楽しさを保つ事が出来れば、接触系アトラクションの実施が不可能になっても、現場の魅力を保つことが出来るのではないかと思う。
その先には「現場が楽しくなくなってしまったらどうするか」と言う、AKB48が直面している問題に突き当たると思うのだけれど、今はそこまで考える必要は無かろう。

途中、オケが何度も音跳びして裏方がスッタモンダする場面も見られたのだけれど(スッタモンダしたところで何が出来る訳でもない)、舞台の上の連中は落ち着いたもので、狼狽えることなく跳ぶたびに跳んだ部分を端折って歌い踊っていた。
強くなったものだと思う。


2016-11-13 寄らず離れず

_ UTB 2016 08月号

兒玉遥
表紙と巻頭13ページ17カット、見開き1か所、撮影はTakeo Dec.
写真集の other cut で構成。
明るく楽しい部分が中心だが、カメラと真っ直ぐ向き合うカットまで、諧調は豊か。
悪くはないのであるが、そうせざるを得ない立場が作った人格と言うか、カメラの前では一枚壁があり、正体を現さないようなところがあり、今一つ没入できない。

岡田奈々
10ページ13カット、撮影は山口勝己。
一番切羽詰まった時期の撮影なのではなかったかと思われる。
面窶れしていて、肌の状態もよろしくなく、痩せているのに浮腫みがある。
そこを何とかしているのが裏方の腕と頭脳であり、男装に仕立ててみたり、映える角度を探りつつ光を強めに当てて、粗が目立たぬようにしている。
グラビアとしてはぎりぎり及第点と言う感じで、出来としては良くも悪くもないのだけれど、岡田奈々の「撮られ方」「カメラとの向き合い方」については以前より格段に良くなっており、体調や精神状態が本復した状態でどう撮られてくれるか、希望の持てる10ページだった。

須田亜香里
10ページ12カット、見開き1か所、撮影は桑島智輝。
この号の撮影時期にはAKB関連グループのメンバーにとっては精神状態が穏やかならざるのも仕方のないあれこれがあり、須田亜香里も硬い。
そこを撮る側が上手く誤魔化して洒落乙に仕上げている。

樋口日奈
10ページ10カット、撮影は唐木貴央。
屋内撮影分は薄着にするためと思われる、ミニ丈の白いキャミソールワンピース。
それ以外はアクセサリーや小物も含め、昭和40年代風の出で立ち。
これがよく似合っている。
構図もマルベル堂チックと言うか何と言うか紋切り型のものだが、それらしく纏まってはいる。

北野日奈子
10ページ9カット、見開き1か所、撮影は熊谷貫。
熊谷貫にしては珍しい距離感。 寄らず離れず。
歯応えの無い被写体では守りに入ると言うか、あまり寄らずに絵作りに専念して纏めてしまう事があるが、今回はそうではなく、正面から寄らずに、迂回して側面から。
横からの角度に美しさを見出したと言う事なのか、側面から。
特に右側に回り込んで撮ったカットが良い。
ぐいと迫るのではなく、じわじわ寄って最適な距離まで詰めている。
9ページ目の横から撮ったカット。 これが実に良い。

守屋茜
10ページ9カット、見開き1か所、撮影は西村康。
眩しいと眩しそうに、どうして良いか判断が付きかねている時は所在なく、素直に感情がでてしまっているので撮り難そうではあるが、本人が与えられた役割を咀嚼できているカットは、上手く撮られている。

石田亜佑美
10ページ11カット、見開き1か所、撮影は熊谷貫。
水着ありの写真集からのグラビア。 水着部分の多くは例によって晴天の浜辺での撮影なので守りに入って「使えるカット」を確保するための写真になってしまっているが、それ以外の部分では熊谷貫の「らしさ」が随所に出ている。
どう撮っても動じない石田亜佑美に思い切って寄ったカットが、撮る側も撮られる側も巧い。

吉岡里帆
7ページ10カット、撮影はサトウノブタカ。
正面から撮っても、心持ち左右に振っても絵になる。
絵にし易いとどうしても単調な構図になりがちなのだけれど、そこは変化を付けて飽きさせない。
ヨガマットに座って背筋を伸ばすカット。
伸ばした指先から下がってくる身体の線が美しく描き出されている。

長濱ねる
10ページ17カット、撮影は藤本和典。
このグラビアの後にけやき坂46の新規メンバーお披露目があるので、長濱ねるの顔見世グラビアの意味合いも強い。
まだ一寸肩に力が入り過ぎているような、表情を強く作り過ぎているようなところは有るが、カメラと素で向き合う事も出来ており、悪い出来ではない。



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|
トップ «前の日(11-12) 最新 次の日(11-14)» 追記