トップ «前の日(11-29) 最新 次の日(12-01)» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2003-11-30

_ 都内某所で暗室作業

目が醒めたら1時半を大きく回っていて、準備をしているうちに2時。 山達の音曲噺を聴きながらプリント開始。 現像液の保温機を買っておいて良かったと思える季節になって来た。
ライカD−IIIで撮った物を中心にプリント。 露出計無しのカメラなので露出に当たり外れがどうしても出るが、写真としては当りが多い。

_ 立川こしら お笑いライブ 「Cafe la Cugo」@谷中カフェ

日暮里駅の南口を出て谷中墓地から三崎坂へ。 高校の時分から学校をサボってはカメラ片手にうろうろしていた所なので、不便な所ではあるが、迷わずに着くことが出来た。
三崎坂とよみせ通りの交差する辺りにあるカフェの二階で落語会。 なんだかんだでほぼ満員、・・・と言っても15〜6人で目一杯。 木戸銭500円+ワンオーダー。 丁度金が無かったのでカモミールティーをアイスでいただいた、550円也、濃くて旨い。
AVに出てきたとか近況を絡めたマクラをたっぷり振ってから「江戸っ児は皐月の鯉の吹流しなんて事を申しまして・・・」と話に入ろうとしたところで絶句。 先々月やった噺だったのを思い出したらしく、マクラに入りなおして「鰍沢」。 三遊亭圓朝作の三題噺で・・・詳しい事はここでご隠居に訊いてみてください、キーワードに「鰍沢」と入力のこと。
さて、こしらさんの落語なので普通の「鰍沢」になる筈も無く、目と鼻の先の全生庵に眠っている圓朝師がびっくりして起き出すくらいの飛びまくった話になっていた。 現代を通り越して近未来的な落語。
休憩を挟んで二席目は桃太郎が鬼を打ち損じて頭から喰われてその後を描いた新作 「すもも鬼太郎」。 もうなんだか解らない、不動院以上にやりたい放題の凄い落語会だった。 来月は志らく師匠の芝居があるのでお休み、次は1月とのこと。


2006-11-30 僥倖

_ 「アキハバラの星」と「秋葉原の黒い悪魔」、もしくは「黒いチューリップ」と「黄色の14番」

AKB48のデフスターから出す次のシングルは「制服が邪魔をする」に決まったとの事。
仲間内ではこの曲の峯岸の動きへの評価が高いのだけれど、私は敢えて中西を推したい。
峯岸は「頭で飛ぶ」感じで、実に合理的に魅せる動きに特化した一撃離脱戦法、中西は華麗だがどこか捨て鉢な感じの旋回戦闘。
ハルトマンに対するマルセイユと言った感じで、比べて見ると実に面白い。

_ AKB48 チームA公演

7時過ぎに劇場到着。 メール予約分のキャンセルが出たとかで入場出来た。
入ると峯岸の自己紹介が始まったところ。 今日も中西は休み。

「Bird」の高橋は、だいぶこなれて来た感じで、歌い出しから安定。 篠田もソロパートでの顔のこわばりが取れて、歌う人の表情になってきた。
この曲では、大島を見ている事が多い。 以前「麻衣は飛び抜けたものが無いので…」なんて言っていた事があったが、飛び抜けて安定している。
「投げキッスで撃ち落とせ」では、峯岸と板野と増山の、それぞれにそれぞれの特徴のある綺麗な動きの対比を観る。 手足の伸びた増山は、子役臭が抜けて積み上げたスキルがプラスに働いている。 良い。
中西休みで「蜃気楼」がカット、「ライダー」の後で「あなたとクリスマスイブ」。
鐘の音が響くと客席は静まり返り、歌に聴き入る。 ただ一人のオタンコナスを除いて。
折井も浮かばれねぇよなぁ、といつも乍ら思う。
歌そのものは実に良く、これが見られただけでも走って来た甲斐はあった。 立見三列目乍らド真正面で見る事が出来たが、この曲を二人がちゃんと見える位置から見たのは初めてかもしれない。

「制服が邪魔をする」は中西抜きなので一寸締まらない。 峯岸が下手なりに声を出していたのは好感が持てた。
「夏が行っちゃった」「小池」「月のかたち」は、大島の横に来たときの星野の表情が楽しい。
「誰かのために」の2コーラス目は、ド真ん中に折井星野浦野の三幅対。 私はこう言うのが見たいのだけれど、まぁ少数意見なのだろう。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [viagra ireland boots <a href=http://dstvmediasales.com/si..]


2011-11-30 遣り直せる

_ 美女暦(2011/11/29)

11月29日更新分の美女暦に渡辺茉莉絵。

結果的に一日だけの出演に終わったAKB48の劇場公演を偶々見ていた(2007/11/4)のだけれど、正直申し上げて良い印象は無く、色々あって出演はその日限り。 AKB48も石もて追われるかたちで辞めてしまった。

何度も書いているが、AKB48の連中も「そこに居続ける事」が自己目的化してしまっているような部分は確実にあり、辞めることが芸能活動の終焉であるよあうにすら思える恐怖感も理解は出来るのだけれど、「そこからの人生」の方が確実に長い訳で、もう少し「そこから先」を考えた方が良いのではないかと思う。

その点で、「そこから先」の人生を生きている渡辺茉莉絵がこうして仕事をしている姿を見られるのは嬉しい。
笑顔は作りすぎている感じがしないでもないが、意図的で無い表情は良い。
撮りあぐねてのケレンかもしれないが、8カット目が面白い。
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# ぷりずむ [何かえらく変わりましたね >渡辺茉莉絵。当時はやたら黒かった印象しか無いんですが、今は黒くないんですね。 当時、こ..]


2013-11-30 最大多数の最大幸福

_ ANNA☆S ミニライブ&特典会(西武東戸塚店)

先週のタワーレコード錦糸町店でのインストアライブが非常に良かったので、一寸遠いが足を運んでみた。 今回は写真多目でお届け。

横須賀線の東戸塚駅東口は駅前が谷のようになっており、西武東戸塚店に掛かる橋は思いのほか高い。
これを渡り切って階段を下りた一階入り口前が会場。 「正面入口 特設会場」となっているが、とりあへず入り口の前を仕切ってある。


設えとしては簡素だが見るほうは階段に腰掛けられるので見やすい。 特定の客からの収奪ではなく「多くの人に見てもらうこと」を目指してイベントを打っているのが分かる。
客の大半は階段に腰掛けているので人垣の後ろからも見ることが出来るし、ヲタヲタしくはありつつも真っ当な社会生活を営んでいそうな風体の客が多いこともハードルを下げている所為か、通行人の立ち止まり率も高かったように思う。


衣装は揃いのティーシャツに色違いのオーバーオール、足元はバスケットシューズにヒールが付いたような物。 立ち姿を美しくしつつ、動ける靴と言うことか。


ライブはみっちり30分。 前説で「どのくらいやらかしてよいか」についてのニュアンスが伝えられ、客のほうでも匙加減を考えて盛り上げる(盛り上がる)。


アイドルの現場に日ごろの憂さを晴らしに来る手合いが多い昨今、客も送り手も含めて不愉快なことが何一つ起こらない現場と言うのも珍しい。

日の射すところと日陰では照度差が激しく、自動露出にしておくと写真にならないので日陰の分は勘露出で決めたシャッタースピードで押してみた。 デジタルなのにピントも絞りもシャッタースピードもマニュアル。


残りの写真は このあたり に。



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
トップ «前の日(11-29) 最新 次の日(12-01)» 追記