トップ «前の日(12-19) 最新 次の日(12-21)» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2002-12-20 風邪を引いた

_ 鼻と喉

断続的に鼻水、喉も痛い。 咳がたまに出る。

_ 咳をしても一人

と言う訳で、春陽堂の放哉句集を読む。
淋しきままに熱さめて居り

_ 澁谷さまサイトコンペ

5月のファンのつどいに合わせてやった訳ですが、マネt−p氏がデータを入れたフロッピーをなくした(苦笑)とのことで、更新が沙汰止みになったまま現在に至っています。 たしかなべちゃんの奴が採用されたはずなんですが、消えちゃって残っていません。
今残っているのは
1.JIMくん作
2.ひらちれ作
どっちもプロが作った奴なので、これで良いんじゃないかとも思うんですが、もう一度募集しなおそうと思います。 もう少し早くやろうと思ったのですが、ピカピカが年内で活動停止となると、その先を睨んだサイトにしなければならないので、一寸引っ張ってみました。 締め切りは1月中と言う事にしようと思います。

_ 撮影会参加者のモラル

りえくらぶは現場を見る限りにおいてはまともな方だと思います。 ただ、これは力のある常連客が重石になっていて、変なことが出来ない雰囲気が醸し出されている所為も有ると思います。 それよりなにより主催者の客を巻き込む 「まったり力」 みたいな物が強く作用していますが(笑)。

どの撮影会でも、場所の交代ってのを考えない客が居たりする訳ですが、りえくらぶの場合常連が何枚か撮ったら退くと言う行為を繰り返している事により、自然にそう言う流れで進んでいっているように思われます。 勿論、目に余る場合はりえりえ嬢なりスタッフ氏なりが客に譲り合って撮影するように「おねがい」をしていますが。

_ 「潰れたら困るので客は増えて欲しい、しかし、ヘンな客は来ないで欲しい。」 

この後半部分の危惧がどうも当たってしまったようです。

「どんな集団でも、その5%はクズだ」と言う説があります。 比較的まともな客が多いとは言っても、アイヲタ・カメコと言う 人間の屑 (笑)が集まっている訳ですから、屑の中のクズの割合は5%+αになっていると思われ、客そのものの数が増えた分、屑の中のクズの絶対数も増えちゃったのでは無いかと思われます。

謎なのは、現場で見る限りにおいてはヘンな客が目に付かないという事。 

_ バナナはおやつか?

おやつの差し入れは行われていますから、貢ぎ系の人も安心です(苦笑)。 ゑろいひとの貢ぎ物はイヤガラセと紙一重なので、いつか血を見るんじゃないかとワクワクしながら見ています。

_ その日記のURL(ただし最後のスラッシュなし)が大量にリンク元として記述される現象 2

謎はほぼ解けました。 Proxomitron と言う人工的にリファラを生成するソフトによる物らしい。
ぺてさんの突っ込み 1
raffineさんの突っ込み
ぺてさんの突っ込み 2
を参照のこと。
12/16にこれで大量に飛んできたのは「某サイト」と言う名の某サイトからリンクが張られた所為だと思われます。 くわばらくわばら。

2003-12-20 冬型の気圧配置

_ 酒田へ

結局、眠らずに朝まで過ごし、一番の新幹線でひとまず新庄へ。 新幹線の中ではひたすら寝ていて、気がついたら米沢。 外は雪だった。 寝なおして気がついたら新庄。
酒田行きの快速「最上川一号」まで一時間空くので、駅前の一茶庵分店でラーメンでも・・・と思ったら改装中。 雪の中、本店や支店を探しなおすのも面倒になり、並びの「急行食堂」と言ういかにもな名前の食堂で鳥もつラーメン。 ラーメンに鳥もつが入るとどうなるのかは理解できた。 そう言う味。
駅前の多目的スペースみたいな所で地場産品の直売をやっていたので、おこわを購入。 快速「最上川」はワンマンのディーゼルカーだったので、一人掛けのクロスシートに陣取り、先ほど買ったおこわと、東京駅で朝飯に買ったものの寝ていて食べなかったサンドウィッチを肴に雪見酒。 何時の間にか寝ていて、気がついたら酒田。 雪は止んでいた。

_ 市内ぶらぶら

駅前から中町までいつものようにカメラ片手にぶらぶら。 質流れ・金融新品専門の店とか、ガラス戸に「粉屋」と大書した店とか、そんなものを撮りつつ大通り商店街から中通り商店街へ。 仏壇のさとうさんで絵蝋燭を購入。 来年の干支の根付けと福引きの抽選券をいただいた。 福引はハズレで箱ティッシュをいただいた。 それからまたいつものように「わいわいネットプラザ」に寄って、無料のインターネット端末を使ってこうして日記を書いている。 これから浪漫亭でランチでも食べようと計画中。 夕方からは浪漫亭で忘年会。 今回は鍋らしい。
SHIPのイベントは明日の午後だけなので、今日の午後と明日の午前中は街の中をぶらぶら写真を撮って歩く予定。

_ 昼飯

浪漫亭へ行ったら既に かりん さんが居て飯を食っていた。 今日のランチはたらちりかポークソテー。 私はポークソテーを選択。
ケルンにて食後のコーヒーを飲みつつ、録でもない話をしているうちにSHIPのラジオは終わっていた。 生放送だったらしい。

_ 散歩

かりん さんが地蔵の湯旅館へチェックインするついでに、山居倉庫から最上河畔の白鳥飛来地へ散歩。 空を見上げると東西南北に竜の巣のようなものすごい雲があるのに、酒田市上空だけ晴れている。 初めのうちは数羽しか居なかった白鳥は、どんどん帰ってきてなかなか壮観だった。

_ 若浦屋旅館

我々の泊まる旅館へもチェックイン。 町外れではあるのだけれど、中心街から日和山へ抜ける一本道をずっと歩くだけなのでさほど遠くは感じない。 「古いので安い」と言う触れ込みだったが、そんなに古びた感じも無く、手を入れるべき所には手が入っており、掃除も行き届いていて、寝具も新しく清潔。

_ 忘年会@浪漫亭

鈍行で来る貧乏人どもは雪と風の影響で大幅に遅れ、宴会開始時には半分しか揃わない。 「来ない奴が悪い」と言う事で、鱈鍋と蟹鍋のおいしい所は先に頂いた。 わたしは蟹には執着しない、と言うか、面倒臭い食べ物は嫌いなので鱈鍋にガッツいてみた。 味噌と酒粕の味付けだと思われる。 白子おいしゅうございました、肝おいしゅうございました、あらおいしゅうございました。
魚介なのでビールではなく日本酒でいってみた。 今日は鶴岡の大山の純米吟醸、実に旨い。
毎度の事ながら話に夢中になって誰も〆ないので、日付変更線を超えた所で強引に終わらせて撤収。 このあたりは毎度いただけない。 野暮の極み。


2004-12-20 口福

_ ありがたやありがたや

帰りがけに携帯を見ると、母親からメールが届いていた。 曰く「鰰がとどいています。 お料理おねがいします。」
飛んで帰って早速調理した。 「湯上げ」と「煮付け」を作成。
鍋にお湯を沸かして、ふつふつとなっているところに鰰を何匹か並べて、静かに茹でる。 メスはブリコと呼ばれる卵を抱いているのだけれど、これに火が通りにくいので、あせらずゆっくりと。 茹で上がったら、熱々のところを醤油をかけていただく。
煮付けはお湯を沸かして酒と醤油、針生姜で薄めに味をつけてから鰰を並べて、落し蓋をして静かに煮付ける。 こちらも焦らずゆっくり。

今日食べきれない分は、フリーザーバッグに小分けして冷凍。 3月くらいは持つそうだ。

_ ちなみに

この鰰は酒田の仏壇のさとうのご主人が昨日の早朝に釣ってきたのを分けていただいた物。 おかずにするつもりだったのだけれど、あまりに旨いのでご飯を食べるのも忘れて貪り食った。
ご馳走様です。 

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# 仏壇の佐藤 [もらって頂きありがとうございました。 主人は、翌日も行き、八れんちゃんです。]


2008-12-20 長い一日

_ AKB48 JCBホールコンサート「年忘れ感謝祭 シャッフルするぜ、AKB!SKEもよろしくね」

所用を幾つか片付けてから水道橋。
後楽園を彷徨い歩いて、ようやくJCBホールに辿り着くと、既に有象無象が屯している。

コンサートそのものは良かったが、入場時の仕切りの悪さには驚き、呆れた。
先ず、並ぶ場所が判らない。 先に衝いていた友人に電話をして合流して事なきを得たが、一人で行っていたらどうなっていたか・・・。

並んで待っていると、
「通路幅でお並び下さい。」
との指示。
通路を確保して端に並べってのは良く有るが、通路一杯に広がって並べってのは初めて聞いた。
仕方なく通路幅に拡がって待機していると、列が動き始めたのだけれど、動いた先にはそれまでの通路の2/3くらいの幅しかなくて、しかも暗い上に急な階段が待ち受けていた。
指定席の列であり、然程殺気立っても居らず、粛々と進んでいたので目立った混乱は起きなかったが、将棋倒しになる危険性は有った。

漸く入り口まで辿り着いたら、ここに居たスタッフも輪を掛けた頓痴気で、
「ギャラリー席のお客様は、後ろのほうにお並びください」
誰から見て「後ろ」なのか、そいつはどっちを向いているのか。
こう言う誘導のイロハも知らない馬鹿に一人でやらせるってのは、会社ぐるみで無知だからであって、地方都市でこれだと確実に商売上がったりなのだけれど、東京ではイベント屋の絶対数が足りないので、こんな粗悪業者でも商いが成り立ってしまう。
「ギャラリー席のお客様は、建物に向かって右側の壁沿いに、○列でお並びください。」
目標物、位置、方向、列幅(○に入れる数は、玄関の幅やモギリの数によって変える。)を示さなければ、混乱に拍車を掛けるだけで何の意味も無い。
いやまぁ、ひでぇものであった。

そんなこんなで漸く入場。
JCBホールは、左右と後の壁にギャラリー席がへばりついていて、3階の奥の席からでも舞台までは意外に近い。
アリーナ席を見下ろす形になるので、客席のそこここから「人がゴミのようだ。」の声。

影アナは高橋みなみ。 高ぶった感じの上擦った声だったが、怪しい滑舌で分かった。

10分程遅れて開演。

大声ダイヤモンド → ロマンス、イラネ → AKB参上!
一曲目は「大声ダイヤモンド」。
一遍に出てこられると、ぱっと見て分かるのは篠田くらい。 モデル体形の篠田は華やかな空気を身に纏っていて、遠くから群集を見ても一人だけ浮き上がって見える。
小林はNHKホールの時と同じく、頭に蜘蛛の巣をひっ絡ませたようなラメ付きの髪型。
他の人はどうでも、私が群集から小林を捜す一助にはなった。
小林は最前列で重用される訳ではなく、最後列でお茶を挽いている訳でもなく、なんとも中途半端な位置に居るので、意外に捜し難い。

動きを見れば一目瞭然の筈の秋元が見当たらない。
私の目も節穴になったかと愕然としつつ、目を皿にして捜したが、見つからない。
今に到るまで公式発表は無いが、今回のコンサートは休演だったようだ。

「AKB参上!」は、「AKB48」に替わる anthem としての位置付けなのかも知れない。
ソニー時代の楽曲が使い難くなるという大人の事情も有っての事とは思うが、一寸強引に感じる。
曲が終わった後、板野はライトを消し忘れていた。

スカート、ひらり
小野、大島(優)、松井(珠)、小嶋、前田、高橋、渡辺
チームAの連中は、スカートの翻らせ方が控え目。
その中に中西が入ってバッサバッサやりだした時の衝撃を、書いている今思い出した。 あれは驚いた。

渡辺は「背中まで見えた」と最前列で見た友人が驚いていたあのまま豪快に。

大島だけ、スカートの翻らせ方が違う。 回転と膝の伸縮を組み合わせて、大きく優雅に、ひらり。

SKEの松井(珠)は、この後も要所々々で出てくるのだけれど、その度に客席からは大きな声援と大きな溜息とが合い半ば。

投げキッスで撃ち落せ!
仲川、仁藤、野口、宮崎、北原、早野
動きは頭抜けて早野。
顔が大人びて全体のバランスが良くなったので、送り手側も使いやすくなったのでは無いだろうか。

純愛のクレッシェンド
柏木、河西、宮澤
柏木も悪くは無いのだけれど、河西と宮澤の前では一寸霞む。
河西と宮澤で振りの解釈とオカズの入れ方が違うのが面白い。
河西は過剰なくらい煽情的で且つ蠱惑的。

背中から抱きしめて
篠田、倉持、佐藤(由)、川崎、増田、小林、片山
篠田は歌は危なっかしいが、動きは申し分なく、そもそも其処にいるだけで何となく有り難い。
緑襟だっ佐藤(由)と、青襟だった川崎がこの曲を演っているってのが、象徴的。
小林はネタ曲ではなくでも、ちゃんと演れるところを見せていた。 褒めてよいと思う。

7時12分の初恋
渡辺、奥、多田、指原、平嶋
緊張すると申し訳無さそうな顔になる指原が面白い。
パラバラなようでいて、平嶋と渡辺はほぼ動きが合っている。

渚のCHERRY
松井(珠)、早野、仲谷、野口
この曲はオリジナルがそうだったように、前が弱いと面白いのだけれど、送り手がそこを狙ったような人選。
早野と野口が肉感で圧倒し、間奏の下剋上コーナーでは仲谷が良い動き。

MARIA
峯岸、高橋、板野
現代の音響技術の粋を集めて加工したのか、本人が頑張ったのか、峯岸の歌オケが「歌」になっており、驚く。
技巧より声量で勝負するこの曲は、高橋みなみの任に合っていて、見応え聴き応えがあった。 眼福。

Faint
梅田、宮崎、高城
高城はキャリアが浅い割によくやっていると思う。
こう言う曲の「一生懸命な感じ」が厭味無く出せるところが、宮崎の強みだと思う。
梅田だけモノが違う。 同じタイミングで動き出して止まっても、そこに詰まっている物の質と量が違う。

ガラスの I LOVE YOU
渡辺、藤江、小野、多田
藤江だけウエストの位置が違う。 これだけ身長の伸びが足に集中すると、成長痛も大変だったのではないかと思う。
後半の追っ掛けっこが揃わないのを見て、大島優子がこの曲の難しさを語っていたのを思い出した。

君はペガサス
前田(秋元)、小嶋(宮澤)、北原(青)、峯岸(赤)
小嶋が演ると、元がどうでも小嶋の色に染めて出してくる。
前田も最近は負の感情を表に出さなくなり、前田流の動きで押し通している。 それで良いのだと思う。
帽子を目深に被っていて暫く誰だか分からなかったが、ニッと笑った口元で北原である事を確認。

純情主義
板野、宮澤、佐藤(亜)
真ん中で楽しそうに歌っていた板野はさておき、佐藤(亜)は灰汁が抜けて目に優しくなっていたし、宮澤も良かった。
バックダンサーでSKEに行った中西。
ギラギラしたやる気とキレの有る動き。 久し振りに見たが、以前より迫力が増した感じ。 実に良かった。

涙の湘南
大島、佐藤(N)、佐伯、中田、松原
真ん中に佐伯。 AKB48では、常にとは行かないが、偶にこうして努力が報われる事も有る。
姿勢が良く、手足が細くて長い佐伯は衣装も良く似合っていた。
折井や浦野が務めた左端のパートには大島(優)
それが大島にとって良い事なのかどうかは分からないが、大島と関わって何かを掴んだメンバーは多い。
これまで関わる事の少なかったであろう佐伯が、この機会に何かを掴んでくれると良いのだが。

Blue rose
河西野呂、篠田、大島(麻)、小原
誂えたかのように似合っていた篠田。
河西野呂がマイクを蹴り倒し損ねて、舞台下に蹴り落としていた。
小原は良い。 コンサート2本で色々な役割を担わされて、出来る事の幅も拡がったのではないかと思う。(12/23 訂正)

禁じられた2人
柏木(白)、小野(ピンク)
柏木は自分の持ち歌なのでシャッフルになっていないが、相手が小野と言う事で、仲谷が相手のときとは違うものには成っていた。
小野がこの曲を演るのは、河西が長期休演した時以来だと思うが、河西とはまた別趣の「タチの悪さ(いたいけさ)」が出ていた。
科白は旧バージョン。

雨の動物園
松井(珠)→ゾウ、松井(怜)→キリン、米沢→シマウマ、仲谷→パンダ、成瀬→ラクダ、田名部→ライオン、(あと2人居た)
そもそも人数が多い上に被り物なので顔の判別がし難く、その上SKEからも何人か出ていたので、判別するだけで一と苦労。
あたふたしているうちに終ってしまった。

となりのバナナ
大堀、野呂
最年長の二人がネットリと。
ネタ曲でも手を抜かないので、観ていてダレない。
科白と言うか掛け合いの部分は、聞き取れなかった。

おしべとめしべと夜の蝶々
小嶋、前田
小嶋がタチで前田がネコ。 劇場でのこの曲を見た事が無い人には何故客席が盛り上がっているのか判らなかったろうと思うが、面白かった。
ここでも前田は「ネコのパートを割り振られた前田敦子」を演り切っていた。 ここのところ、前田で感心する事が多い。

あなたとクリスマスイブ
高橋、大島(麻)
オリジナルの折井と星野は、細くて優しい声を縒り合わせたような感じだったが、この二人は強くて太い声を重ねた感じ。 これはこれで良かった。

間繋ぎ
峯岸、篠田、大島(優)、柏木、倉持、仁藤指原、高城
古いのから新しいの迄、それぞれの思い出深い衣装を着せて並べて、大島優子主導で間繋ぎ。
懐かしいパーティー公演の「桜の花びらたち」の衣装で出てきた峯岸が、側頭部に巻貝作ったような髪形をして踵で立って、マイク両手で持ってグルグルこねくり回しながら喋っていた頃が嘘のようにふてぶてしく後輩に駄目出し。
出世しましたな。
準備が出来てSKE48を呼び込む。(12/23 訂正)

毒リンゴを食べさせて → SKE48
「SKE48」は、歌詞が「また明日観に来るでしょ?」ではなく「また来週観に来るでしょ?」になっているのに気が付いた。
中西が良い、と言うか面白い。 近ければ毎週観たい。

誕生日の夜 → 未来の果実
チームAが出て来て二曲。
研究生から中塚と高城。 誰かの穴埋めなのか、研究生を入れる前提でやっているのかは判らない。

Two years later → 初日
芝居で休演の浦野の穴埋めで近野。 これは良かった。
膝に何も無い佐伯を久し振りに見た。

シャムネコ → 転がる石になれ
小原と野中が入ってたが、小原はチームKの動きに順応して違和感無く。
秋元休演の情報が出なかったので、ここでも捜しているうちに終ってしまった。
小林の衣装の背中のファスナーが半開きだったのでハラハラしたが、大事には到らず。

Baby! Baby! Baby! → Dear my teacher →BINGO!
A、K、B全員揃って3曲。後には研究生もズラリ。
今日は石田と冨田と、超絶美少女と噂に高い畑山が居なかった。

ひこうき雲 → 会いたかった →夕陽を見ているか?
アイドリング!!!からのビデオメッセージやら新曲告知VTR(小芝居仕立て)が流され、新たに合格した研究生の顔見世(名前等は紹介せず)などが有りつつアンコール。
新研究生の中に、元チームBの菊地が居たようで、一部の客が盛り上がっていた。
曲の途中、階段を駆け上がりつつ屈んで靴紐を直す小林。 直してもその後の動きに支障の無い所を見極めて直すのが小林らしい。

大声ダイヤモンド
最後にもう一度「大声ダイヤモンド」で終演。 いつものように最後の最後まで舞台から客席に礼をして捌けて行く小林を見送って劇場を出た。

_ 訂正

各方面からご指摘を頂いた通りで、2点間違いがありました。
遅くなりましたが訂正してあります。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

# 佐江ちゃんファンです [以前にコメントさせて頂いたものです。 変わらず、いつも楽しく拝見しております。 ところで気になったのですが、 Blu..]

# テッド [入場時のスタッフはひどかった。AKBファンは運営ってこんなもんだと慣れてるからOK?名古屋のSKE48も運営はオタオ..]

# viagra [ http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.ht..]

# Dwightsa [generic name for levitra <a href=http://dstvmediasales.co..]


2015-12-20 裸体というドレス

_ 七菜乃写真展「裸体というドレス」

落ち着いて見たかったので、開場する時間に合わせて駿河台下の神保町画廊へ。

既に先客はおり、何やら語らいながらじっくり見ていた。
確かに考えさせれれるし、語りたくもなる。

小さめだが揃いの白い額に装丁されたプリントが25点、同じようにチェキを額装(昆虫標本のようになっている)ものが5点。
身長165cmの私の目の高さより若干低めに飾られており、平均身長に近い女子だと、丁度見やすそうな高さ。
額と額との間隔も含め、広くは無いスペースと見せたいものの数と見易さのバランスに腐心した跡が見られる。

裸体と言ってもさまざまな状態に在り、何も着ていなかったり、下着のみだったり、何も着ていないようでいてよくよく見るとそうではなく。
魂魄が肉体を纏い、更にその肉体が光であったり影であったり、水であったり空気であったり、はたまた衣服であったりを纏ったり纏わなかったりするさまが、写真と言う形で紙に描かれている。

桜色に上気していたり、寒さでか白くキュッと締まっていたり、水に濡れていたり乾いていたり。 撮った状況や被写体の状態によって、肌も表情を変える。
変わらないのは、手を触れたら吸い付きそうな、白く薄くしなやかな皮膚。
喜怒哀楽がはっきりとは表れない、如何様にも解釈できる顔貌。

「裸体というドレス」と言う概念が感覚的に解ってくる写真たちであった。



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|
トップ «前の日(12-19) 最新 次の日(12-21)» 追記