トップ «前月 最新 翌月» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2000-08-01 [長年日記]

_ 今日から

八月です。 終わり。


2000-08-02 [長年日記]

_ 漸く

お給金の残りが振り込まれた。 そのまま家に帰るのも馬鹿々々しいので途中下車して駅前のもつ焼き屋へ。 煮込み二皿、梅割り一杯、チェイサー代わりのサイダー一本。 締めて¥680-。 兎に角ここは安くて旨い。 大抵の物は¥170-。 ほろ酔いで帰宅。


2000-08-05 [長年日記]

_ 仕事終わりで

高円寺へ。 例の店でひたひたと呑み。 口開けのみビール。 あとは焼酎をとっかえひっかえストレートで。 天嵐坊、ダバダ火振、紅乙女等々。 相変わらず旨かったが、最後に物凄いオチが付いた。


2000-08-06 [長年日記]

_ イロイロあって

西葛西へ。 夕方迄喫茶店でトグロを巻いた後、新宿へ移動してしゃぶしゃぶ食い放題。  ままならぬ物はあせってどうこうしようとしてもどうにもならない。 でもねぇ・・・。


2000-08-07 [長年日記]

_ 帰宅途中の

電車の中でべら棒な夕立に遭遇。 ビニール傘買うなら呑んじゃえ・・・ってな訳で、またも途中下車してもつ焼き屋へ。 煮込み一皿、梅割り3杯、アブラタレ1、アブラ塩1、レバー生2、ガツ生2

、締めて¥1700-。 傘の方が安かったか。


2000-08-08 [長年日記]

_ 野暮用で

会社を休んだ。 炎天下に本数十冊を担いで神田へ。 最近本の置き場に困っているのでいらない車の本を根こそぎ・・でも無いが大量に売り払った。 そんなに高く売れるはずも無く、焼け石にかける水を手に入れたような感じ。
錦町の龍岡でみそラーメン。 大量の麺を片付けると丼一杯の野菜スープが出現する恐ろしい代物。
  夕方、久しぶりに中野に顔を出して、ちくちく厭味を言われて帰宅。
 

2000-08-09 [長年日記]

_ 仕事を終えて

帰宅途中もたも夕立、傘が無いのでもつ焼き屋で雨宿り。 ガツ塩1、アブラ塩1、レバー生1、梅割り一杯。 ¥680-。 

2000-08-10 [長年日記]

_ 明日から

夏季休業。 仕事納めで呑み会へ。 ロハだからまぁ良いけど話のあわない人と何時間も呑むのは苦痛でしか無い。


2000-08-11 [長年日記]

_ さすがに

疲れが出て一日中ぐだぐだ寝たり起きたり。


2000-08-12 [長年日記]

_ 横浜の

寿町の夏祭りのフリーコンサートへ。 いやぁ凄かった・・・。
 レポートはここに有ります。


2000-08-13 [長年日記]

_ 気の進まぬ

しかし抜けられない用事の為一日潰れる。 夕方、上野のチケット屋で青春18きっぷをバラで購入・・する筈がチケット屋の癖に御盆休みに入っていて、仕方なくみどりの窓口で購入。 予定外の出費。
家に帰ってひと眠りしてから翌日の準備をしたり掲示板の巡回をしたりチャットをしたりして夜を明かしそのまま出発。


2000-08-14 [長年日記]

_ 六時前に

家を出て一先ず仙台へ。 寝たり起きたりしつつ二時過ぎに仙台着。

大荷物をコインロッカーに叩き込んでから、とりあへず駅前のウンノカメラへ。 店は相変わらずの淡々とした良い感じなのだけれど、客の質が下がっていてげんなり。

なんか、こう、俄マニアの権威主義者というか、この日はペトリ35/f1.9を首から下げていたのだけれど、しげしげと眺めた後侮蔑的な鼻先嗤いを残して行く様な輩が増えた様に思う。 自分の知らないカメラを蔑む、(しかし自分の知識なるものは長徳の受け売りだったりする)ってのは結構恥ずかしい事だと私は思うのだけれど・・・。

_ そんな

不愉快な思いをしつつ仕事が終わった六条と待ち合わせて、ウンノカメラ以上に商売っ気の無い店「カメラと時計の店 よっちゃん」へ。 この店は日曜が休みなので仙台に足を運んでもなかなか来られず、中に入るのは3回目だったりするのだけれど、なんだか既に顔を覚えられているようで、「これはお久しぶり」と笑顔でお出迎え。

この店にも最近タチの悪い客が増えたそうで、買いもしないのにあれを見せろ、これを見せろ

、仕舞には「値札が付いていないのはけしからん」と、買う気も無い癖に(笑)。

当たり前じゃないか、元から売る気があまり無いんだから。 厭ですねぇ、金さえ持ってれば偉いと、何でも許されると思ってる奴は。 得てして中高年の男なんですよ、そういう奴は。

中野駅南口の店を2ちゃんねるで叩いて喜んでいるバカとかもそうなんだけど、表層的な事実だけしか知らない癖に偉そうな事を言う輩が増えてしまって厭ですね。 あの店とワールドフォトプレスが癒着してる訳ないじゃないか、バカ。

この日は六条の家に泊めていただいた。 楽しい家だった。


2000-08-15 [長年日記]

_ 休み

もへったくれも無い六条の出勤に合わせて仙台駅へ。 再び鈍行にゆられて野辺地へ。 大学の先輩と言うか友達というか兎に角そう言う関係であるミヤシタ総統及びイナダ氏と待ち合わせてむつ市でみちのくプロレスを観戦。 藤田が予想以上にしょっぱかったのにがっかり。 矢樹が予想以上に良かったのに驚き。   メキシカンレスラーは今回も大当たりで非常に良い物を見た。

十一時半ころミヤシタ邸に辿り着き、夜中迄ゲーム三昧。


2000-08-16 [長年日記]

_ 5時半に

起きて、始発で帰路に。
十四日の晩に泊めて頂いた六条の家に「アナーキズム思想史」と言う本を忘れた為、仙台で途中下車して受け渡し。
六条の御母堂は「どう言う人なの?」と訝っていた様なのだけれど、「だから変わった人だって言ったじゃない」と言って誤摩化したとのこと。 なんなんだ、俺は。
幸い列車の遅延も極端な混雑も無く9時前には家に辿り着く事が出来た。


2000-08-17 [長年日記]

_ 今日から

お仕事。 終業後、新宿ロフトプラスワンへ。

流石に翌日は休めなかったので終電で帰宅。


2000-08-27 [長年日記]

_ 大阪の

カボ・バチコン夫妻のところへ遊びに行った。

土産に持って行ったタコ焼きをつつきながらひとしきり話をした後、十三のライブハウスへ。

3バンド出たのだけれど、二つめの「ホロホロ鳥」なるバンドの演奏が苦痛で堪らずこれを書いて気を紛らしていた。 演奏そのもは上手いんだけど、歌詞と歌いッぷりとメロディーが根こそぎ私の神経を逆撫でして非常に辛かった。 最後に出て来た「割礼」ってバンドは良かったのだけれど、「ホロホロ鳥」で疲弊した私は不覚にも眠ってしまった。

終演後、梅田の揚子江でラーメン。 美味哉。


2000-08-28 [長年日記]

_ カボさんの

出勤に合わせて大阪駅へ。 喫茶店でモーニングを喰いつつ碌でも無い話をあれこれ。

東海道線の乗り継ぎは殆ど余裕が無くて、豊橋で何分かだけある待ち合わせ時間にきしめんを啜り、ビールと揚げはんぺんを買い込んで夜迄の空腹を満たした。

浅い時間に東京迄たどり着けたので中野の店に顔を出したら、あるはずの無いものがあって、ジャンクだったのだけど買ってしまった。

暫く行かないとこういう事があるから恐い。



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
トップ «前月 最新 翌月» 追記