トップ «前月 最新 翌月» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2004-10-04 [長年日記]

_ 色々更新

サーバー容量を食って仕方が無いので、写真は総て無料サーバーに移した。
過去に遡ってリンクを張りなおそうと思ったが、あまりに多いので断念。

_ 色々告知 その1

木塚くんが月蝕歌劇団の10月公演に出演。 以下、掲示板より引用
大槻ケンヂの少女ゾンビの惨劇を月蝕歌劇団が初めて舞台化
月蝕歌劇団第47回公演
ステーシー ★少女ゾンビ再殺談
原作◎大槻ケンヂ(角川ホラー文庫刊)
脚色・演出◎高取英
音楽◎J・A・シーザー
出演◎一ノ瀬めぐみ 森永理科 保鳴美凛 松宮芙多葉 天正 彩
   河野伶奈 星川りりか 高田 唯(制服向上委員会)
   山本貴子 花井美香 白永歩美 藤田実加 大島朋恵
   半澤香綾 村上しほ 石井飛鳥 山田慶子 有馬世史子
   穐田“C9”哲也 木村浩明 岡崎哲也 松井和行 山崎 努
   スギウラユカ 木塚 咲 阿当真子 ほか月蝕歌劇団 
イラスト◎吉田光彦 
2004年10月6日(水)〜12日(火) 
平日 19:30  土・日 14:30/19:20
月(祝) 19:20  火 19:00
   会場:ザムザ阿佐ヶ谷 
    (JR阿佐ヶ谷駅北口より徒歩2分)
チケット:3900円のところを咲割v(^O^)v3700円
     
月蝕歌劇団 詩劇ライヴ ☆魔少女凍結☆ 作・演出◎高取英/音楽◎J・A・シーザー ザムザ阿佐ヶ谷  10月9日(土)・10日(日) 17時15分開演 出演:一ノ瀬めぐみほか月蝕歌劇団 ゲスト:橋本美香・松尾真冬(制服向上委員会) チケット:3000円のところを咲割v(^0^)v2500円
舞台と詩劇ライブのセット券(予約のみ)¥5400
注意:咲割チケットは     ①予約フォームから予約をして頂いた方     ②当日受付で『木塚咲のチケットで』といってくれた方 いずれの方法で舞台は3700円で、詩劇ライブは2500円でいつでも見れます
(今回日にちの指定はありません。)
☆予約フォームの使い方☆ お名前(ハンドルネームでもなんでも良いです)例:さきたろう  開催日時  例:10月9日14:30舞台         10月9日17:15コンサート チケット  例:一枚(セット券で) *こんな感じで送ってください。咲が、受付にチケットを預けておくので、
咲に予約した○○です。とチケットを受け取って受付で精算してください。
セット券は予約のみなので注意!!
予約してなくても、受付で咲のチケットでと言うと舞台は3700円で
詩劇ライブは2500円で見れますので、気軽に劇場まで足を運んでみてください。 予約フォーム→ http://ayano.pekori.to/saki/cgi/mail/postmail.html
月蝕HP→http://page.freett.com/gessyoku/
分からないことがあったら、レスくだしゃーい↓(^0^)/


引用終わり。
ここのところ漫画の舞台化が続いていた月蝕だが、今回は小説からの芝居。 金は無いが、何とか一回は見に行きたい。

_ 色々告知 その2

贔屓にしている立川キウイさんたち立川談志直門の前座さんたちが勉強会をやります。

談志一門前座勉強会
10月10日(日)
出演:「歩く粗忽長屋」立川キウイ/「意外に良い男」立川談大/「謎の改名」立川千弗(談一改メ)/「実写版『もう半分』」山本風吉
場所:上野広小路亭
木戸:1000円(前売当日共)
5時半開場/6時開演
連絡先 03-3929-1412(千弗)

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

# AhmedOlingon [Hi there! My first post at this great blog! I wanna show u..]

# SmeambHen [http://pegrrtejhktppl.com pegrrtejhktppl <a href="http://..]

# DominikKoeh [My first post at this great blog! I wanna show u my dayly ..]

# ROMFOPLEFTFEN [http://etetbfbrjplll.com etetbfbrjplll <a href="http://et..]

# Lixroonia [http://gafdreppilkolll.com gafdreppilkolll <a href="http:..]


2004-10-05 [長年日記]

_ 今日の一枚


幸岩静香
Pearl II(HEXAR75mm/f4.5)
小西六のパールII型である。 予想以上に良く写った。 ・・・が、友人に譲る事になっている。

_ 今日のもう一枚


前里美弥
MAMIYA M645 (MAMIYA-SEKOL C 80mm/f2.8)
隙が無くてなかなか撮りにくい娘さんなのであるが、たらたら廻していると、たまに当たりが来る。

_ 四国独立リーグ

すだっち県のチームは「すだっち野球軍」が良いとおもうじょ!!。
・・・とサード平井氏が書く前に書いておく。

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

# Kevin [workers into theirand amount ofof work, the <a href=http:/..]

# Amily [I haven\'t beenquite working onbeen doing the <a href=http..]

# Doroti [to send me? \"73%prices because ofwant to hear coming <a h..]

# Joanna [reported at theirfact that theaware of the claim<a href=ht..]

# Terry [affordable and highstraight, lesbian oravailable to <a hre..]


2004-10-07 移転準備 [長年日記]

_ 不安定

ここのところ tDiary がどうも不安定。 過去ログを保存していなかったので青くなったり、避難所を求めて色々やっているうちに一旦復旧。
一安心して更新したら、また落ちた。
無料でこれだけのものを使わせていただいているので、消えちゃっても文句はないし、むしろこれまで使わせていただいたことに感謝せねばならない。
そんなこんなで、自前のサーバーに tDiary を設置し様と試みたが、どうにも上手く行かず挫折。 SSHがどうのこうのとなった時点で諦めた。 今後は第4、第5あたりへの移転を考えようと思う。

_ 月蝕歌劇団10月公演「ステーシー」

始まりました。 ゆたかのさんの日記に観劇記が書かれています。 木塚くんは風邪が悪化しつつあるようだが、なんとか頑張っている様子。 土日に金策をして見に行く予定。

_ 今日の一枚


木塚咲
撮ったのはもう一昨年になるのか・・・。 早いものだ。

_ 立川キウイ情報

今日の夕刊フジに載ったらしい。
談志の直弟子“破門明け”立川キウイら“前座会”
これを見る限り誰かしらゲストで出るようだ。 近付いてきたので告知を再掲。

談志一門前座勉強会
10月10日(
出演:キウイ/談大/千弗(談一改メ)/風吉
場所:上野広小路亭
木戸:1000円(前売当日共)
5時半開場/6時開演
連絡先 03-3929-1412(千弗)



是非行ってやってください。 私も勿論観に行きます。

_ 山田悠香くんオフィシャルサイト開店

りえくらぶ(ピースモア)の新人、山田悠香くんのオフィシャルサイトが開店

_ 今日のもう一枚


山田くん
この娘さんは、見るたびに顔が変わってきている。 見られて綺麗になって行くタイプの子であるようだ。
キナセ師の日記(9/25分)の方が各段に可愛く写っているのはその所為もある。 そもそもモデルさんとあれこれ語らいながら撮る写真はきなちゃんの方が上手い。 その辺りの話は近日中に纏めたいと思っている。

_ 吉良上野介化する日々

元々物言いがきつい人間なので、「いつか刺されるぞ」と言われることが良くある。
今日も職場の使えない新入りがあまりに働かないんで、頭にきて。

「せめて半人前くれぇの仕事はしてくんねぇかなぁ・・・」

と言ったら、線香花火みたいに、ひとしきり見てくれだけで実効性の無い仕事をして、あっと言う間に燃えつきた。 何も言わなきゃサボる。 言えば言ったでパニック起こす。
どっちに転んでも、その分の仕事は私に降りかかってくる。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

# ZERO-ONE [サーバーが落ちていたようです。先月末頃(?)にアナウンスされていました。]

# ゑろいひと [梶川与惣兵衛を探しておいてください]

# Dwightsa [is cialis addictive <a href=http://dstvmediasales.com/sit..]


2004-10-10 [長年日記]

_ 談志門下前座勉強会

開場時間の5時半の時点で5〜6人並んでいた。 その後も客はどんどん入ってきて、大入り満員。 ここまで入るとは思わなかった。

「転失気」風吉
入門から現在にいたるいきさつなどの話を長めに。 風吉さんのお客さんが多かったようで、かなりウケていた。 噺に入ってもソツの無い運びで危なげなく。 同じ噺を聞いた今月の広小路寄席よりも、身内が居た分緊張したのではないかと思うが、よく笑うお客さんにも助けられて頑張ったと思う。

「三人旅」千弗
改名の経緯などをマクラに振って噺へ。 出来としては良かったけれど、この噺で良かったかどうか・・・。 この辺りは受け付けから楽屋への申し送りとかも含めての話。 千弗さんの落語そのものは良い出来だった。

<仲入り>

「だくだく」談大
前二人と後に上がる一人を肴にしたマクラから。 一緒に見た民間人の友人も「三番目の人が一番面白かった」と言っていたが、今日出た中では一番良かった。 次回も楽しみだ。

「お血脈」キウイ
前の三人が時間を余らせた状態でのトリだったので大変だったと思う。 時計代わりの携帯の電源を切っていたので、正確な時間はわからないが、なんだかんだで結構な余裕ができていて、マクラで引っ張ってから噺へ。 マクラにかかった辺りで、手を振って退場するあからさまなアンチの客が一名。 目的はどうでも、やり方が野暮だ。
噺そのものはまぁ良いとして、途中の客に迎合したような入れ事はいただけなかった。 なんと言うか、悪い意味での「余裕」と言うか、客のウケを客観的に見すぎて、それに引きずられる場面が目に付いた。  居直って目先の笑いに走らない腹の太さが欲しい。
客は大入り。 鈴本のトリが小三治師であった事を考えると、凄いことだ。 次回に繋げて欲しい。

1000円払っただけの価値はある、良い落語会だった。 一人30分の持ち時間を割り振って、その時間内に出来る事をするシンプルな構成も良かったと思う。
出演順に関しては、香盤に拘らずにやった方が良いように思った。
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

# 陰陽師 [民間人です(笑)素人の感覚で言えば、談大さん>風吉さん≒キウイさん>千弗さん、の順に面白かったです。]

# Dwightsa [buy kamagra quick <a href=http://dstvmediasales.com/sitem..]


2004-10-11 疲れる休日 [長年日記]

_ プリント

徹夜で朝までプリント。 5時過ぎまでかかって水洗→乾燥まで終らせた。

_ お祭り

北関東某所でお祭りの手伝いと撮影。 雨の中だったので、135mmで押して誤魔化した。

_ 金策

お祭りの片付けまで手伝って、中野へ移動。 南口のPにカメラ2台持ち込んで金策。 都内某所に荷物を置いてから、ゼムザ阿佐ヶ谷へ。

_ 月蝕歌劇団第47回公演「ステーシー ★少女ゾンビ再殺談」

木塚くんは芝居の鍵を握る役を2つも3つも演っていて、驚いた。 使える役者になったのを実感。
森永理科の怪演と書くより他に表現のしようが無い、文字通りの「怪演」にもド肝を抜かれた> (後日追記予定)


2004-10-12 通常営業 [長年日記]

_ 残業だよ、おっかさん

早く帰って、糞して寝たいんだが、そうも行かない。

_ いろいろ更新

酒田市内スナップ その10を追加。 今は亡きブロニカETRで撮ったもの。
SHIP 花見ライブにも4枚追加。 これもブロニカ。 スキャンしたら現像ムラが目立ってしまった。
SHIP花見撮影会にも5枚追加。 これもブロニカ。 ポートレート向きではなかったようだ。

_ 今日の一枚

山居倉庫
Zenza Bronica ETR 75mm/f2.8
絞って撮れる状況で撮ったスナップは良い感じに写っている。 この倉庫はどう撮ってもベタな感じになってしまう。

_ 今日のもう一枚


SHIP 花見ライブ
Zenza Bronica ETR 75mm/f2.8
こういう牧歌的なライブが見られるのも酒田ならでは。

_ 「はい、頭ン中真っ白!!」(レスなど)

>エロ 催眠 ケチャ師 のマ○○○さん
殿中ではないので、誰も止めてくれないと思います。 彼の逆恨みの怒りの葡萄は、実りの秋を迎えているようです。


復旧のアナウンスは無かったのですが、いつの間にか復旧していました。 過去ログを落としてみて、その重さに驚きました。

>陰陽師さん
よく考えたら、民間人ではなかったような気がしてきました。 これに懲りずに来月も是非。 


2004-10-14 [長年日記]

_ 月蝕歌劇団第47回公演「ステーシー ★少女ゾンビ再殺談」

兎に角、金が無い。 絶望的に無い。 そんな訳で、カメラを2台売っ払って金策をし、その足でザムザ阿佐ヶ谷へ。
かなり無理をして観に行った訳だが、無理をした甲斐のある良い芝居だった。 これまで観た月蝕の芝居の中でも一番良かった。

開場後に入ったのに、運良く最前列に座る事が出来た。 「少女ゾンビ再殺談」な訳で、血糊てんこ盛りなのが目に見えているために、血糊が飛びそうな席は敬遠されたのかもしれない。 ガードが固そうなところには意外と飛んでこないものなのだが。
「木塚扱いでお願いします」って事で200円引きで入場した分、「月蝕おみくじ」を購入して埋め合わせ。 ここ2〜3公演は漫画原作なので観る気にならず、来ていなかったので、面子が大幅に変わっていて、パンフレットを見ても半分くらいしか知った顔がない。 おみくじ売りも新しい娘だった。(白永さんと山田さんだった様だ)。

前説が終わり、舞台から人がはけた後、いつもより長めに曲がかかり、芝居が始まる。 のっけから森永理科が物凄い。 常に笑みを湛えつつ可愛らしい声で科白を言った後にケタケタとけたたましく笑う。 限りなく明るい狂気。 間も無くやって来る死の瞬間までそれは続き、ホンモノのチック症状の様な激しい痙攣とともに死を迎える。 なんと言うか、人としてのリミッターを外したような演技、背筋の寒くなるような怪演。 これを観られただけでも3700円の価値は有った。

この間に「限りなく明るい狂気」の絵解きがなされるのだけれど、ここで木塚くんが登場。 森永理科の科白に合わせて、さながらロックンフラワー(例えが古いか?)の人形振り。 良い仕事だった。 今回の木塚くんは、包帯ぐるぐる巻きだったり、顔の出ない役も含めて、すべて重要な役なのが凄い。 スギウラユカに刺し殺されたり、一ノ瀬めぐみに石でぐちゃぐちゃにされた上で、剣スコップでナマスにされたり、顔面拘束具をつけられ、鎖でつながれて悶えたり、芝居とは判っていても観ていて切なくなるような役が多かったが、一つ一つをきちんと演じ分けていて感心した。 確実な演技が欲しい所できちんと仕事をする良い役者になった。 次が楽しみだ。 暗転中に「どんがらがっしゃーん」と誰かが舞台から落ちて驚いたのだけれど、木塚くんだったらしい。 別の暗転中にもケホケホと咳き込んでいたり、稽古中に引いた風邪は結構深刻だったようだ。 芝居が終ったら養生して欲しい。

スギウラユカのギラギラした華やかさ、保鳴美凛の限りなく不健康そうな翳りのある美しさ、松宮芙多葉のしっとりとした大人の色気、昔から居たような大島朋恵の溌剌とした動き、おぼこっぽい花井美香の可愛らしさ等々、役者それぞれの持ち味も上手く出ていた。

高取好みの人造人間を使った戦争の話が織り込まれたりしつつも、タイムスリップも主人公の悔恨と苦悩の独白も無く、珍しく破綻の無いストーリー。 ・・・って、原作があるから当たり前か?。 RG上がりの高取らしい、左翼チックなオヤジギャグも珍しくスベらず、そこそこ笑いを取れていたのには驚いた。

木塚くん演じるモモという感情を持つステーシー(少女ゾンビ)の長科白で芝居が大きく動き、ラストへ突き進んでいく訳なのだけれど、 「人間商売さらりとやめて」ゾンビになった少女が、ふと正気に戻るってのは、やはり「智恵子抄」の影響だろうか?。 狂った恋人を、どんな形でどこまで愛せるかと言う問いが、この芝居の肝なのだろうと思う。 これを纏めるために観た後で反芻すればする程、その問いが重くのしかかって来る。
美しく、悲しく、切なく、重い。 良い芝居だった。 

_ もう2年

日記を読み返したら、木塚くんが最初に月蝕の芝居に出たのは、2年前の今頃だった。 2002/10/15の日記に細かく書かれていた。 もう二年か・・・。


2004-10-15 漸く週末 [長年日記]

_ 明日から

ぶらっと酒田へ。 出先からの細かい更新は隠居所へする予定。

_ 月蝕関連

月蝕歌劇団の芝居に出ている役者さんのサイトの日記を読むと、いろいろ面白い。 判る範囲で並べてみる。

木塚くん日記
森永理科「日記。」
半澤香綾「偽女学生秘密日記」
スギウラユカ「ユカサマニュアル」
大島朋恵日記一ノ瀬めぐみ「いちめぐdiary」
阿当真子日記

他にも有るかもしれないが、私が把握しているのはこれだけ。 「ユカサマニュアル」と「偽女学生秘密日記」はどうかしていて実に面白い。


2004-10-16 酒田へ [長年日記]

_ 酒田へ

餓鬼の頃からの腐れ縁のキムラさんの車が諸般の事情(某サーキットで刺さった)で変わったので、遠乗りに出掛ける事になった。
朝っぱらに出てしまう予定だったのだけれど、これまた予定通りキムラさんが起きられず、東京都を脱出した頃には昼近くになっていた。
関越道を順調に北上して尻尾まで。 7号は欠伸が出るほど退屈なので、中条からは海沿いの国道を撰んだ。 極端に混む所も無かったが、スピードもそれ程出ないので、新潟県を出る頃には夕方に。
山形に入ったら怪しげな雲行きになってきて、降ったり止んだり。 結局5時過ぎに酒田着。 そのまま宿に行きチェックイン。 今回も若浦屋旅館。

_ 晩飯

荷物を置いて一服してから中町へ。 「しばらく」へ。 一盞傾けつつ寿司をつまむ。 酒は出羽燦々を燗で。 寿司の方はといえば、モーヨ、カヤカリダイ、ドンコ、サワラ、ガサエビ、オキニシ貝なと。
驚いたのはハタハタの白子。 キムラさんも「ガサエビは旨いけれど予測の範囲内。 だけどあれ(ハタハタの白子)は東京じゃ食えないですねぇ。」と驚いていた。
二人で意見が一致したのは、「もはや『江戸前寿司』はいらないのではないか?」と言う事。 技法・手法はともかくとしての話ですが。

_ 晩酌のつづき

歩いて浪漫亭へ。 月に一度の「中町の日」、それも年に一度だか二度だかの当番月だそうで、普段は半額のビールとサワーがなんと「100円」。 流石に混んでいて厨房はかなり忙しそうだった。
それを横目にマッドサイエンティスト風の客がグレープフルーツジュースとクランベリージュースと空コップを注文し、飲むヨーグルトを持ち込んでノンアルコールのSHIPの研究をしていた。
本職なのにビーカーやフラスコやガラス棒の使い方がなっていなくて、何度もダメ出しをしたり、味がなっていないと茶々を入れたりしつつ。 日付変更線手前で撤収。


2004-10-17 [長年日記]

_ 朝飯

7時から朝飯と言う事で、それに合わせて目覚ましを設定。 私は全林野の組合歌で爽やかに目覚めたが、キムラさんは「ハクション大魔王の歌」が3回流れても起きず、死んだように眠っている(息はしていた)。 時間も時間なので起こしたが、目覚ましが鳴った事にすら気付いていなかったようで驚いた。 こんな感じで20分くらい目が醒めないことも有るそうだ。 死なないでいただきたい。
キムラさんの携帯にはこの他に「ルパン音頭」「富士サファリパーク」などが入っていた。 相変わらず腐っている。
「人間ドックに入る朝、空腹に耐え兼ねてカルピスぐんぐんグルトを飲んだのがあばらの三枚目に引っ掛かってレントゲンに写った」とか言うくらいの碌でも無い食生活を送っているキムラさんが、茶碗に3杯飯を食っておかずも残らず平らげた事からも、ここの飯の旨いのが判る。

_ 自転車漫歩

車をパーキングに叩き込んでからケルンへ行ってコーヒーを啜りつつ小田原評定。 そもそも酒田へ来て何をしようという目的が最初から無いので、この後何をするか全然決まらない。 とりあへず清水屋で観光用チャリを借りてぶらぶらする事にした。
私は慣れてしまっているから気にならなかったが、キムラさんは自転車の錆び加減がツボだったらしく。 「一体どうやったら自転車がここまで錆びるのか?」と苦笑していた。 まぁタダなんで文句は言えないが、確かにメンテナンスは無きに等しい。
日和山の坂を登り、上喜元の酒蔵の前から家坂邸の前をかすめて出町へ。 皇大神宮と境内の摂末社を見せる。 金毘羅さまの社殿前のあれこれを細かく説明。 日吉町あたりを回ってから香梅咲と旧相馬屋の間の「逢引き小路」へ。 さらに今町の厳島神社から泉流寺の方へ回り、小野太右衛門商店を見せようと思ったら休みだったので、外観だけ観てどう言う店か説明。 目ざといキムラさんは車庫にいすゞの作っていたフローリアンの顔をしたトラック「ファスター」を発見。 カメラに収めていた。
仏壇のさとうさんへ寄って買い物をしてから昼飯。 色々迷ったが、米沢屋で焼きそばを食った。 毎度々々ソースはついつい多めにかけてしまう。
食後にモアレへ行ってジェラート。 今月の新作の一つに「黒糖焼酎」が有ったので食べてみたが、これが実に旨い。 ラムよりも軽くて爽やかな感じ。

_ 土門拳記念館

自転車を返してから車で移動。
傑作選と土門拳賞と文楽。 「筑豊のこどもたち」のるみえちゃんが一寸ツボで、涙腺が危なくなる。 我ながら相当疲れている。 奥の椅子で鴨を見ながら暫らく休んだ。
ここは休み休みのんびり見られるのが良い。

_ 土産

木村屋で晩飯用のパン。 さいとう精肉店でレバー唐揚げ。 杉山麹店で「醤油の実」と「塩納豆」。 塩納豆は一寸怖いんだが試しに買ってみた。

_ 帰還

私が寝ている間に国道をあっちへ行ったりこっちへ行ったりして米沢へ。 大峠で3ナンバーの旧マーチに乗ったシャバ憎の走りっぷりが実に下衆なのでちとからかってみたら、物凄い勢いで逃げていき、下の駐車場で燃え尽きて止っていた。
喜多方から若松を経由して郡山へ。 郡山からは流石に高速で。 深夜帰宅。


2004-10-21 [長年日記]

_ 今日の驚愕

南野陽子写真集「FLOWERS」購入。 この人はこのまま死ぬまで歳をとらないのではないか?。 おそろしや。

_ 木塚くん連続ドラマ出演

9月一杯で前の事務所を辞めてフリーになった木塚くん。 月蝕の10月公演が終るやいなや「T・R・Y〜夢への階段〜」と言うドラマの撮影に突入。 このへんの琴線に触れそうなのは川口真理恵、松嶋初音、阿川麻美と言った辺り。 鈴木亜美、佐藤愛子なんて名前も有るが、多分違う佐藤さんと鈴木さんだと思う。 「ス・キ・ふたりとも!」(←意味なし)

_ 今日の一枚


木塚咲
もう2年前か・・・。

2004-10-23 予想だにしない事態 [長年日記]

_ 地震

仕事中に眩暈がしたと思ったら地震。 (しかし、「ぢしん」ではなく「じしん」と入力しないと地震に変換されないのはどうかと思う。)
終業間際に立て続けに揺れたので、その都度見回りをしなければならず、予定より遅くなってしまった。
間に合わないの目に見えていたが、どうだったかだけでも聞く為に市ヶ谷と言うか四ツ谷と言うか、とにかくそっち方面へ。

_ 8時

最寄駅から電話しても誰も出ず、市ヶ谷に着いてから電話しても誰も出ず、とうとうライブインマジックに到着。
とりあへず、上のチャクチャクに入って見ると、客で埋まっていると思っていた店内はがらがら。
「まだ着いていないんだよ。」と牧田社長。 SHIPのメンバーと引率のプロデューサーS氏は途中で止った新幹線に缶詰めにされているらしいが、どうも山間部かトンネルの中らしく、電話も通じないようだ。
下ではpinkishがなんとか繋いでいるとの事。 とりあへずビールを頼んでテレビで地震のニュースを見る。
南の空からチヌークが飛んできて防衛庁の屋上ヘリポートに暫らく停まって、誰かピックアップしたのか、北へ飛んでいった。
地上では黒塗りが出たり入ったり。 背広が吸い込まれていく。

_ 都内某所へ

始発で都内某所へ移動。 昼過ぎまでひたすら寝る。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# アイライフ [皆さんが待っててくれたと聞いたときジワッと来ちゃいました。 凄い人たちですね。]


2004-10-24 朝寝、昼寝。 [長年日記]

_ 起床

気がついたら二時近く。 とりあへずラジオをつけて山達師匠の番組を聴く。 カップラーメンを啜ってから、カラーで撮った分を現像に出しに行く。
カメラを見たら感度がASA400になっている。 2段アンダー・・・。

_ フィルム現像

プレストで撮った分を現像。 濃い目に仕上げようと思って、21度で9分半。 来週プリント予定。

_ 晩飯

谷中カフェに行ったら、立川こしらさんの落語会は来週だった。 歩いて日暮里駅方面へ。 一力でラーメンを手繰って、サンゴダールでパン買って帰宅。


2004-10-27 [長年日記]

_ 厭な事が続く日々

体調が悪い。 無茶な生活を続けている所為だとは思うが、免疫力が落ちているらしく、ちょっとした傷が化膿したり、その周りが腫れたり、全身がむず痒かったり。
足の裏が腫れていて、立ち仕事なのでかなり辛い。

カメラはベッサRの露出計が死んだ。 こう言う新しいカメラを直す修理屋と付き合いが無いので、どこに出そうか思案中。 新宿のキムラが引っ越して落ち着いたら持って行こうと思う。

DVDを観ていたら戴き物のvaioのサウンドボードか何かが死んだらしく、音が出なくなった。 一応開けてみたが判らん。

_ 地震

神戸で地震が起こる二週間くらい前に、私がその頃住んでいた街を震度5強の地震が襲い。 パチンコ屋が倒壊して2人死んだ。
私は本屋でバイト中だったのだけれど、横揺れの方向と本棚の方向がシンクロしちゃったので、明日から棚卸だというのに、魔法のように棚から本が飛び出して床に積もった。
数秒して停電。 客をその場にしゃがませて外に出ないように指示したら、案の定まわりのビルからガラスが降ってきた。 月明かりに輝くガラスの破片が美しかった。
アパートに帰ると、冷蔵庫が部屋の真ん中まで歩いてきており、本棚の横板が外れて1000冊からあった文庫本が積み重なっていた。
本を棚に戻しながら棚卸をし、年末年始を本屋の店番とコンビニの夜明かしのバイトを掛け持ちしてタコ部屋労働に勤しみ、漸く落ち着きかけた正月の三日だったか、震度4の余震が来た。
10時から本屋のバイトに行かねばならず、もう少し寝ていようと思ったら誰かが窓をノックした。 いつも以上に開けにくい窓を何とか開けると、向かいのアパートの住人が立っていた。
「おたく、傾いてますよ。」
よくよく見ると、部屋の東側半分が沈下していて、壁と畳の隙間から雪が見える。 開けにくいと思った窓は、平行四辺形になったいた。
これまた平行四辺形になった玄関の戸を蹴り開けると、家の下には見事な地割れが走っていた。 その見事な地割れは便壷の上を通っており、季節はずれの肥やしの臭いがあたりに立ち込めていた。

_ その後

4×2だったアパートは、半壊した私の部屋とその上の部屋を取り壊して3×2になり、私は反対側の端の部屋に敷金・礼金無しで引っ越した。 生き死にに関わるような被害ではなかったが、それ以来地震の揺れに敏感になり、「地震だ」と思ってTVをつけても、住んでいる街の震度表示がなされない事もしばしば。 一寸でも揺れたら、熟睡していても目が醒めてしまう。 これは引っ越してこっちに帰ってきても暫らく直らなかった。

_ で、何が言いたいのか。

地震に「遭った」だけでも、精神的にけっこう辛いものがあるのです。
現地に行くにしろ、電話を掛けるにしろ、そのあたりの気遣いはしていただきたいものです。


2004-10-28 引き続き体調不良 [長年日記]

_ おしかりを受けるの記

帰宅して飯を食ってから、何もする気も起きずにそろそろ寝ようかと思っていたらキムラさんから電話。 「今、大老と飲んでいて、物申したいそうだ。」と言うので代わっていただいた。
「おまえは偉くなり過ぎた」「酒田に行きすぎだ」「俺も行きたい」「日記を更新しろ」等々、お叱りを受けて、近々に呑もうということになった。
キムラさんと大老と私は小学校一年のときの同級生で、かれこれ30年の付き合いになり、20年来の飲み友達でもある。 高校の入学説明会の日が大老の中学の悪仲間のお別れ会で、それに混じってバーボンをストレートでかっぱかっぱ空けてから千鳥足で説明会に行ったら、重要書類を根こそぎ忘れていてえらい目に遭ったのを今思い出した。
・・・と書いている最中に再び電話が有り、来週末に呑むことが決定。

_ 木塚くん、あやしいDVDを発売

先日、所属事務所を辞めてフリーになり、気兼ねなくわけのわからない仕事が出来るようになった木塚くんが、実にあやしいDVDを発売。 先行予約が始まった。
タイトルは「超精密機械人形サキチン」実にあやしい。 その内容は・・・

ある日突然、一人暮らしの男のアパートにサキチンが送られてくる。見た目は人間のサキチンロボットとの奇妙な二人暮しが始まる。男に好かれようと日々精神的に成長するサキチンに、ドタバタと翻弄される毎日。サキチンが感情豊に成長してゆく先に二人に訪れる結末は・・・?ハートフルコメディ。

さらにあやしい。
予約・問い合わせはアイドルタウンへ。

_ 藍川りの(桑原彩美改メ)公式HP開設

こちらも事務所を移籍して新規蒔き直しの藍川りの(桑原彩美改メ)さんが公式HP「りのんタウン」を開設。 イラストはもちろん字まで手書きなのが良い味を出しています。
日記もどうかしていて面白い。

_ 今日の一枚


木塚咲
「まくれぇ〜!!」

_ 今日のもう一枚


藍川りの
「ぶぅ〜」

2004-10-29 [長年日記]

_ さて、週末

土曜日ですよお客さん。 昼間から夜にかけてこんなステキなイベントがある中、私は賃金労働に勤しまなきゃならない訳ですが、深夜にはまた碌でもなく凄いイベントが有ります。

立川こしらのガンオタナイト
出演 立川こしら、相川興太、セーラーボーイズ、秋葉裕之
開演 24:20〜
料金 ¥2500
会場 下北沢 add cafe
予約、問い合わせはadd cafeのサイトへ。

ガンヲタ映画2本立て+こしらさんの「ガンダム落語」、さらになにやら有るようです。

しかし私は徹夜で暗室作業・・・。

_ 日曜は・・・

日本大学文理学部の学園祭「桜麗祭」にてSHIPのライブ。
百周年記念館アリーナにて14:30〜 入場無料。
こちらも是非。 

_ 東京事変

今朝方「テレ朝のミュージックステーションに出る」と言う連絡が消息筋から入ったので、晩飯を食ってから居間で観賞。
やー、ヒドイネ。 一曲しかやらないのをいい事に物凄い勢いでつっ走ってました。 現場は無茶苦茶な音圧に驚いた事だろう。 曲明けで映ったモー娘の連中が唖然としていたのがおかしかった。
スタジオにゃ裏方で10数人入ってたらしい。 やりすぎ。


2004-10-30 あーこりゃこりゃ [長年日記]

_ 呆れ果てたる・・・

巨大セコ場の落書き掲示板の方では祭りになっているようだが、今治のオタンコナスのオタンコナス振りが止らない。 もういい加減にして戴きたい。

_ 今治方面のアレは「合体超獣グランドキング」である

これまでも「今治の水本」だとか、まぁ色々な例え方をされているが、「結局自分が目立ちたい」「事情のよく判っていない娘を鬼畜映像商品に出す」なんてところは「今治のかりなのぞみ」と言えなくも無く、「次から次へとユニットをスクラップ・アンド・ピルド」と言う点では「今治のビッグウェーブ」(あ、まだ「スクラップ」にはしていないか?)、「金とって学芸会を見せる」と言う点では「ア」で始まる業者、日記で下手な言い訳・歪曲・我田引水と言う点では「今治の野間」。
要するに、粗悪プレ業者の悪いところを集めたようなものだ。 先行する地方発のグループからは何も学んでいない。

「いつまでも、君達の、思い通りに行くと思ったら、大間違いだ。  君達の時代は、すでに終わった。」

・・・思い通りには行っていないか。 でも、既に終っているのは確かだと思う。
サード平井氏の日記でまた何か言及されると思うが、韜晦無しでつっこんだ見解が読みたい。 「世界革命ヤシの実宣言」でも「さようなら今治婦人よ」でも、このさい何でもいいや。
「銃を取れ!!」

_ 都内某所へ

日付が変わる頃に都内某所へ移動。 プリントをしてから寝ようと思っていたが、そんな気力も無くネガチェックだけして就寝。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [zithromax online no prescription <a href=http://dstvmedia..]


2004-10-31 忙しく動く日曜 [長年日記]

_ プリント

6時に起きるつもりだったが、やはり起きられず、8時過ぎに起床して11時頃迄かかって30枚ほどプリント。
水温は15度くらいまで下がってきており、そろそろ保温器が必要になってきた。

_ 移動

バスと電車で下高井戸へ。 駅から歩いて日大文理学部の「桜麗祭」へ。
出店は常識的な食い物が多く、味はマトモだったが面白味はあまり無かった。
ゴミの分別はかなり徹底しており、燃えるゴミでも3種類から分けて捨てるようになっていた。 人数的にきついとは思うが、こう言う面倒を客に強いる試みをする時は人員を裂いて説明要員を配置した方が良い。
百周年記念館とキャンパス本体を繋ぐ横断歩道にも交通整理要員を初めから置くべきだった。 (帰るときにはトラメガを持った人が配置されていた。)

_ SHIPライブ@日本大学百周年記念館アリーナ

前日に大塚愛がライブをやった会場。 そっちはスタンディングだったので、SHIP用に椅子が並べられていた。
巨大な体育館のようなハコで、奥行きも幅もある舞台なのは良いが、かなり高い。 背伸びをして漸くレンズが舞台の上に来るくらい。 客電を落として、舞台のみ照明。
今日の機材はボディはRTSIIと139Q、レンズは35、50、135の3本。 遠いので、引きのカットを撮る時以外は135で押した。 フィルムは戴きもののプレスト400.
長いレンズを使ったほうが撮りやすいのだろうとは思うが、被写体との距離感の取り方とか、持ったときのバランスとか、色々考えて、今後も135mm一本でやっていく事にした。
ライブ終了後、物販と握手・サイン会があったようだ。 私は別件で移動。

_ 某会議

アイドルヲタの引き際とか、ファンサイト・オフィシャルサイトの運営についてとか、日記の書き方とか、客としての自分のあり方とか、そんな話。

_ 更新

SHIPの先日のライブの写真をアップロード。

_ 今日の一枚


かおりん(SHIP)
24枚撮りのフィルムで、殆ど大ハズレが無かったのは初めて。 それだけこっちの集中力も上がっていたのだと思う。
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# ゑろいひと [私はもうすでに引き際ですが撤退する場所が篭城に適さないのでジャングルにでも身を隠そうかと思っています。 高山右近のよ..]



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
トップ «前月 最新 翌月» 追記