トップ «前月 最新 翌月» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2006-03-06 捗らない [長年日記]

_ 暗室作業

土曜の夜から暗室に入ったものの、プリントを始めたのは日曜も午后になつてから。
20枚くらい焼いて時間切れ。

_ 今日の一枚


幸岩静香
CONTAX RTSII + Planar 50mm/f1.4
プリントはもう少し明るいのだけれど、スキャンしたら黒っぽくなってしまった。

_ 今日のもう一枚


樫村志穂
CONTAX RTSII + Planar 50mm/f1.4
この日は雨で撮りにくくはあったのだけれど、歩留まりはむしろ晴れの日より良い。

_ 今日のさらに一枚


木嶋のりこ
70年前のライカで撮ったネガに一番当たりが多いってのはどう言うことなのだろう。

2006-03-10 週末のわたくし [長年日記]

_ 親孝行

土曜日、は母親の誕生日に日帰り旅行をプレゼント。
行き先は酒田。寿司を食わせたり、雛人形を見せたりする予定。
親は帰らせて私はそのまま泊まり。翌、日曜はSHIPのホールライブ。

_ そんな訳でございまして

土曜日は本名対応でお願いします>酒田方面

2006-03-11 [長年日記]

_ 今日のしばらく

突き出しでコアミ(生のアミ)におろし生姜ひと摘み、醤油をたらして。 そして、ノドグロの塩焼き。 これをつつき乍ら奥羽自慢をちびちび。
そうこうしているうちに握りが出てくる(順不同) カサゴ(ドンコの肝を乗せて)、フグ(もみじおろしを乗せて)、アワダチ(ナメタガレイ)、ノドグロ(柚子の皮をおろしたのをバラリ)、カワマス、アナゴ、生タコ、オキニシ貝。 軍艦でコアミ、コノワタ、カニコ。 ボタンエビ、タラバエビ、アマエビ、ガサエビ、生シャコ。 最後にアナゴで締め。
味噌汁は白身魚のしんじょにギバサ。だしは海老の頭。
美味しくいただいた。

_ 土曜のわたくし

金曜は仕事帰りに暗室に入って終電で帰宅して徹夜。

土曜朝に母親を連れて上野から新幹線で酒田へ。 寿司を食ってから貸し自転車で市内各所に展示されている雛人形を見て廻り、ケルンで豆カン食ってコーヒー飲んでひと休み。いろいろ買い物をしてから母親を送り出して、モアレで写真の話、ケルンに戻ってマスターと落語の話。

8時過ぎに浪漫亭へ行って仲間内の飲み会。1時過ぎに宿へ戻って就寝


2006-03-12 [長年日記]

_ 今日の若浦屋の朝食

イカ一夜干し、青菜おひたし、茹で豆、ハムサラダ、明太子、大根漬物、わらび味噌汁、林檎。

今日も美味しくいただいた。

_ 日曜のわたくし

深酒し過ぎて起きられず、いつもより遅く飯を喰い、いつもより遅く風呂に入って、いつもより遅くケルンへ。

入口のシャンデリアが壊れたとかで、マスターのご機嫌芳しからず。 コーヒーはいつも通り旨い。

天気大崩れで雪まで振り出しゃぁがったので、撮影は諦めて書き物の日にしてみた。

若旦那と聴く音楽の話しになり、おフランスの古めのガールホップが好きだてぇ話をしていたら、「そういうのが好きならイギリスやアメリカはどうですか。」とか「ガールグループは聴かないんですか。」なんて話しになり、おやっと思って聞いてみたら、やはり山達の番組を聴いていた。

今週は一週遅れで「雛祭りガールホップガールグループ特集ですよねと言ったら知らなかったので何故だか聞いたら、途中までしか聴かなかったのだそうな。

私も歌手としての山達より、選曲家としての山達が好きなので、なるほど納得。

結局、碌に書き物もしないまま時間となって、SHIPのライブがある文化センターへ移動。 非常に良いライブだった。 このあたりは別項にて。

最終のいなほと新幹線を乗り継いで深夜帰宅。

_ SHIPほわいたいんライブ

毎回ハズレが無くなって既に久しいのだけれど、今回はここ一年でも出色の出来。 あんまり良かったので、あたふたしているうちに終わってしまい、久しぶりに撮影で大失態。 レポートや写真は公式サイトの掲示板に上がるので、そちらを参照のこと。
帰りの汽車の中で感想戦。 楽しいのだけれど、かつてのような高揚感が無いなんて話になった。 (つづく)

2006-03-16 [長年日記]

_ SHIPほわいたいんライブ雑感(続き)

昔みたいな高揚感が無いのは、飽きたからでも質が落ちたからでもなく、こちらの期待値に近いものが常に提供されていて、外れが無い分、当たりに対する感動が相対的に薄くなっているからではないかと思う。
あとは活動に他で見られるような「受験だからお休み」「進学したので卒業・解散」と言った明確な区切りが無く、淡々とと言うか肅々とと言うか、受験生二人抱えつても、月に一度はライブを打って、客をむやみに煽らないで来た所為もあるのではなかろうか。
「桃太郎」や「浦島太郎」のようなドラマはないけれど、「おむすびころりん」のような平和な喜びがそこにはある。

私はそういうSHIPが好きだ。


2006-03-21 春ですなぁ [長年日記]

_ 今日の暗室作業

金曜の夜から入って、土曜は寝たり起きたり。
土曜の夜からプリントを始めて、結局朝まで。

_ AKB48チケット争奪戦

徹夜明けで秋葉原へ。
10時前に着いたら、ビルの裏の更に先。
11時半には売り切れて、初めて来た民間人の皆さんが呆れていた。

_ 談志門下前座勉強会

結構な入り。最終的には40くらい入っていた。
談大 リレー落語「道灌(前半)」
千弗 「道灌(後半)」
談大 「干物箱」
<中入り>
千弗 「勘定板」
キウイ 「天災」

祭日の昼間と言う事もあってか、普通のお客様多め。
落語に馴染んでいない所為か、普通に演ると反応薄目。 マクラ長めにやって、ほぐしてから噺に入っていたキウイさんはなかなかウケていた。

_ AKB48

客が酷い。 特に最前列の若造。
私もチケット購入で割り込みを喰らったり、観覧中も踊る阿呆の肘鉄を喰らったり、踏んだり蹴ったり踏まれたり蹴られたり。
終演後にゃ外灯へし折るバカまで出た。
自分の首を絞めるだけじゃ無くて、周りにも迷惑が掛かる事になんざ考えが及ばないのだろう。

_ なべちゃんミニコミ

一部頂いた。 こりゃすごい。


2006-03-22 [長年日記]

_ 折れ口

昼休みにメールチェックしていたら電話が入った。 キムラさんの御父君が亡くなったとの事。
急いで定時であがる算段をして、帰宅して喪服に着替えてから斎場へ。
親も親戚も仕事人間ばかりだった私の前に初めて現れた

「趣味に生きる軽いノリの大人」

だった。
あれから約30年。


2006-03-24 ハナニアラシノタトエモアルサ [長年日記]

_ 宇佐美友紀 AKB48を卒業

昨晩の公演の最後で、本人の口から「嬉しいお知らせがあります。」ってんで発表。
三月一杯で辞めるのを発表するタイミングも、言い回しも上手過ぎる。まったく食えない奴だが、私はこう言う奴が好きだ。
公式発表を額面通り受け取るには私も擦れ過ぎたが、額面通り受け取らないのにも疲れた。
とりあへず額面通り受け取って祝福しようと思う。

サヨナラダケガジンセイダ


2006-03-27 寝ないと死ぬ [長年日記]

_ 週末は例によってプリント

ここんこ鬱々とした日々が続き、土曜の深夜に暗室に入るもまるでやる気が起きず、日曜の昼まで寝ていた。
そもそも過労と寝不足で起きていられなくはあったのだけれど、やる気の無い時のプリントたるや惨憺たる出来である事が多いので、無理はせず素直に寝ていた。

昼飯にタイ料理屋でカレーセットを喰い、隣の名曲喫茶でしばらく読書をして、夕方からプリント開始。
水洗から乾燥まで終らせたら10時を廻ってしまい、帰宅したのは日付変更線を越えた辺り。
先程、漸くスキャニング終了。

_ 今日の一枚


あいぴょん(SHIP)
CONTAX RTSII + Noflexar 240mm/f4.5

_ 今日のもう一枚


宇佐美友紀(中央)
CONTAX RTSII + Noflexar 240mm/f4.5

_ 柳家小袁治独演会@池袋演芸場

「子ほめ」初音家佐吉
「弥次郎」三遊亭金兵衛
「子別れ 上(強飯の女郎買い)」春風亭一朝
「子別れ 中」三遊亭小金馬

<中入り>

「子別れ 下(子は鎹)

子別れを3人で繋いで演じる趣向。 口調の良い一朝さんがテンポ良く、小金馬さんが笑いどころの少ない部分を上手く繋いで、小袁治さんがクライマックスの美味しいところをみっちりと。
古今亭、林家、三遊亭、柳家、と演者の個性も良く出ていた。
今回も良い会だった。

2006-03-28 千秋楽 [長年日記]

_ 秋葉原へ

なんのかんの理由をデッチ上げて定時に退社。
急いで秋葉原へ向かったが、六時前の時点で既に整理番号は240を越えていた。
結局、六時過ぎには売り切れたようだ。

_ AKB48

現行のプログラムは今月一杯でお仕舞い。
年度末でべら棒な忙しさなので、これから三日間は何時に帰れるか分からず、私にとっては今日が千秋楽。
抽選入場では干されに干され、立見冊外二列目。 これまでの経験と勘から、下手の柱ちょい外側に位置取り。 踊り隊が視界を塞がなかったので、アンコール前までは確実に宇佐美友紀が見えた。

今日も宇佐美は素晴らしいパフォーマンスだった。今日を含めてあと四日でこの舞台に立つのもお仕舞いな訳だが、意地でも泣かない、笑って終わろうとする意志が強く出ていたように感じられた。こっちが泣きそうだ。
正直言って、足洗っちまうのは勿体ないとは思う。 然し乍ら、やりたい仕事が別にあるなら致し方ない。頑張って「なりたい自分」になって欲しい。
今後も、宇佐美友紀には注目して行く予定。


2006-03-31 [長年日記]

_ 新体制

AKB48の4月からの新体制が発表された。
客のブログ・日記・掲示板で喧々囂々、わんこ☆閣下のアンテナで情報を拾うと批判的な意見が多いように見受けられるが、私は妥当な線だと思う。
現行のAチームは、これからの2週間で4ヶ月かけて煮詰めてきた今のプログラム以上のもの作り上げる事を求められるし、新規のKチームは、Aチームが4ヶ月かけて作り上げたプログラムの幻影と戦わなくては成らない訳だ。
Kチームは一杯の客の前公演をで始められる代わりに、「客が減る」と言う事態も考えられる訳で、必ずしも甘い状況下に置かれている訳ではない。 これはAチームも然り。
Aチームは、これまでとっ散らかりそうな状況を何度となく救ってきた宇佐美抜きでの公演になる。 頑張っていただきたい。

_ しかし

「新体制」がどうのこうのと騒がれると、近衛文麿を思い出してしまう。

_ 今日で千秋楽

昨晩は仕事が終ったのが9時近く。 今日もそんな感じだ。
終演までに秋葉原に辿り着けるかどうかすら怪しい。
粛々と働く事にする。

_ 祭りのあと

結局職場から脱出できたのは終演後。 とりあへず秋葉原へ向かい、仲間内でうどんを食っているところへ合流して様子を聞く。
皆、言葉少な。

_ 閉鎖

アイドルヘッドラインが年度末をもって閉鎖
長らくお世話になりました。
これでこの日記の読者も更に減ることだろう。


「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
トップ «前月 最新 翌月» 追記