トップ «前月 最新 翌月» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2006-10-01 おしまいとはじまり [長年日記]

_ 状況の変化

11/4(夜)の日本青年館=ベルリン
東部戦線と西部戦線が路面電車で繋がる。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [cheap gen viagra bi <a href=http://dstvmediasales.com/sit..]


2006-10-02 雨も冷たく [長年日記]

_ AKB48 チームK公演

当たったので6時前に劇場へ。 今日から梅田復活という事もあってか、いつもより早くチケットは完売。 キャンセル待ちもかなりの人数が入れたようではあった。
前述の通り九月の頭から怪我で休んでいた梅田が復活。 早野が修学旅行でお休み。
籤運は割と良く、柱際乍ら3列目にありついた。

影アナは梅田。 客席の反応は暖かく。

増田を見るのも久しぶりだ。 元気そうでなにより。
今日の大島の髪はストレート。 良い。
梅田は部分出演なので、始めの3曲が終わったところで登場し、自己紹介MCから合流。 感極まる場面もあったが、大島の機転で湿っぽくならずに済んだ。
最初は確かに居た高田が、何時の間にか消えていた。 ふと、厭な記憶が頭を掠める。 結局、今日は最後まで出てこなかった。 メモを見ると「高田?」とか「高田いない」なんて書いてある。

「Blue rose」の間奏で秋元がマイクスタンドを蹴り倒しそこねていたが、慌てずに手で倒していた。 久々に見た増田は、常に口と正対する角度を保つべく、今日も細かくマイクの角度を修正。 このユニットの4人は、安心して見ていられる。

「禁じられた2人」の大島は、今日も科白部分で良い芝居。
河西も科白廻しに進歩が見られる。 此処まで出来るとは思わなかった。

「雨の動物園」後の繋ぎMCは、歌部分を休んだ梅田が動物衣装で参加。 久闊を叙したりしつつお題MC「私に無くてはならないもの」へ。
涙目になっている奥が実に全くいやはやなんともだった。 末恐ろしい10歳。
いつもと勝手が違うのか遣りにくそうな小林。 小林の目も潤んでいた。
今井が今日も上手い事を言っていた。

浴衣待ちMCは、野呂仕切りで「馬に関する思い出」。 野呂、佐藤、今井と役者が揃って、さながら即興コント。 間繋ぎだったMCが、劇場に足を運ぶ動機の一つとなっている。
浴衣に着替えて出てきた連中にバトンタッチして「私の好きなファンタジー」について。 「シンデレラが好き」と言って、七人の小人について語りだす宮澤。
「人魚姫が好き」言いつつ、語る内容がディズニーの「リトルマーメイド」で、絵本などで巷間に知られる人魚姫の内容と齟齬をきたして混乱していたが、秋元の言っている事は概ね正しかった。

「僕の打ち上げ花火」で梅田が再登場。 梅田の復活祝いで有志によりサイリウムが配られていたが、使用するタイミングの周知に遺漏があり、一寸締まらなかった。 チームAの大江や戸島の誕生日では、使用方法、タイミング、後始末まで書かれたメモが添付してあった。 やる側の自己満足に陥らないためにも、その辺りの用意は必要だと思う。
今回は復活の告知が急だった事もあり、サイリウムの確保や劇場との交渉で精一杯だったのかもしれない。

アンコールで河西が帽子を被って登場。 チームロゴが入る部分に、縦書きで「先憂後楽」と文字が入っており、千葉ロッテマリーンズの西岡剛内野手からチームK16人に送られたものなのだそうな。 今日は濃いロッテファンが居なかったので、残念ながら反応は薄め。


2006-10-04 曇天 [長年日記]

_ 第37回 日動展

所用の帰りに、新橋から歩いて銀座へ。
日動画廊にて第37回 日動展を鑑賞。
もっとも、見たいのは渡邊榮一さんの絵だけだったのでそれだけ見て足早に…と言うか逃げて来た。
美術館ではなく、画廊での展覧会なので、ルンプロの私は場違い感に苛まれて、冷や汗かきかき見るだけ見て来た。
一応背広なので、気が付くと営業の人が忍び寄って来ていて、作者の人となりとか、作品の説明をしてからボソッと一言。
「うひゃっ!」と驚いたのが顔に出たのか、「勉強しますよ」
いやいや、当分無理でございます。
絵の方は素晴らしいので、お近くへお出での際は是非。
16日まで。

_ レスなど

> eichi さん
肉筆画ならではの微妙な凹凸が分かるのは近くで見てこそなので、行ってまいりました。
「あー、この飛行機たちを書き足したのか」なんて事を考えながら楽しく拝見。 写真も絵も三次元で見ないと本当のところは判りませんね。
※どんな絵かは、eichi さん日記(10/2分)でご覧下さい。

_ AKB48 チームK公演

銀座から並木通りをカメラ片手に北上。 日本橋まで歩いて、銀座線で末広町へ。
劇場に着くと、まだ幾らかチケットが残っていた。
籤運はそれなりで中盤の入場。 前の列の客の座高が低いところを見繕って最後列中央を確保。
影アナは今井。 喋りは上手いが、この人の面白さを引き出すには佐藤なり野呂なりの相方が必要なようだ。 ツッコミ向き。

一と月ぶりに16人揃った公演。 怪我の梅田が頭から出ないのは折込済みだが、高田まで居ないんで驚く。 ご自愛いただきたい。

3曲目の終わりで高田と梅田が合流。 高田の髪型は珍しく良かった。
野呂は自分の番が廻ってくる直前にするすると出てきて、出てくるまでに奥が話した野呂ネタに触れたりしながら上手く場に入り込んでいた。 この辺りの間の取り方は矢張り上手い。

風変わりなおねえさんたちの話を聞いている「考えるコドモ」である奥の表情が面白い。 メンバーとの思い出作りに写真を撮っていると話し乍ら

奥:「ポラロイドで、・・・ポロライド?ポラロイド?」
客:「ぽらろいど〜」
奥:「・・・それで撮っているんですよ。」

言い間違えて謝っている光景を良く見るが、ガチャガチャの当たりに「奥が代わりに誤ってくれる権」なんてのも良いかも知れない。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

# eichi [わーー。驚きました。一応絵を出してみよう程度の 軽いノリでしたのに,実歳観に行って頂けたとは 恐縮であります。それに..]

# Dwightsa [buy viagra cheap <a href=http://dstvmediasales.com/sitema..]


2006-10-10 晴れの特異日 [長年日記]

_ なんだかわからない

9/29付の劇場支配人ブログで

先日 、皆様にお伝えいた重大発表の件ですが・・・
11月4日の夜公演終了後にチームAとチームK
の組替え発表をいたします。
今まで、各チームで各メンバーが培ってきた
経験そして、それぞれのメンバーの個性
才能にさらに磨きをかける為の組替えです!!
皆様、楽しみにしていて下さい!」


それが本日付のブログでは


「チームKはもうすぐ、3rdのレッスンも始まりますし、正念場です。
組み替えの発表を受けて、沢山の方から質問をいただきました
が、チームKの3rd公演は、現状のチームKで行いますので
よろしくお願いいたします。」



4th公演から組替えと言う事なのだろうか?
それともまた何か変わったのだろうか?。

_ AKB48 チームK公演

ほぼ一週間ぶりの秋葉原。 籤運良く3列目にありつく。

影アナは増田。 「タコ焼きめっちゃ好きやねん!!」を久し振りに聞く。 BGMの音が無駄に大きく、厭な予感はしていたがPAはハズレの日。 音出しのタイミングがずれたり、マイクの音量が小さすぎたり。 ハウリングの収束は早かったので、下手というより不慣れと言う感じではあった。

組替えの発表まで一と月を切ったものの、先行きは不透明で、この面子のチームKを何時まで見られるのか、よく判らない。 判っているのは、この「青春ガールズ公演」はあと僅かであるということのみ。

「Blue rose」の間奏で、マイクスタンドにシールドが絡まり、倒すタイミングを逸して苦笑する大堀。 四人四様で余裕が出ていて、安心して見ていられる。
怖いくらいだった秋元の表情も柔らかくなっていた。

「禁じられた2人」は、いつも大島ばかり見てしまうのだけれど、河西が良いと聞いたのでそちらもちらちらと。
確かに表情の付け方、目の置き所に進歩が見られるし、台詞回しや間の取り方も良くなっていた。
大島は大島で、影だけ見ていても鳥肌が立つくらいの出来。 後ろを向いた時の「背中の説得力」が、また凄い。

梅田は相変わらず一部出演ではあるが、徐々に出演部分は増えており、全員揃った「雨の動物園」を久し振りに見た。 八月の末以来か・・・。
梅田の動きは心持ちおとなし目乍ら、歌って踊れる喜びに満ちた良い表情だった。
動物園後のMCにはそのまま梅田が残って、客席に好意的などよめき。
「どんな動物を合体させたいか?」と言うお題。 「ペガサス」だの「ケンタウロス」だの、嫌がらせの様に知らないものが出てきてうろたえる小林。 わからなくても「小林的解釈」でずんずん前に進むさまが楽しい。
「わかったわかった!!」
たぶん判っていない。

パグと大島(優)を合体させたいと言う小野に「パソコンで出来そうだね」とアイコラを推奨する小林。 その横に、話そっちのけにして着ぐるみ衣装の尻尾でじゃれあう奥と梅田。
スタニスラフスキー曰く「役を演じるというより、役の人物の感情を俳優は生きるべき」
リアリズムだ!!

「Don't disturb!」の途中、気がついたら秋元の衣装の透明な肩紐が切れていたが、例によって慌てず騒がず。 「Virgin love」では野呂の衣装にブレスレットが絡まり、躊躇せずにすぐ外してさりげなく捨てていた。
秋元には受難の日であったが、動じないところは流石。

秋元を注視していると、もう一本の柱は視界から外れがちになるのだけれど、友人達のによると、今日の宮澤は非常に良かったそうだ。

浴衣着替え待ちのMCでは、佐藤と今井のショートコントをたっぷりと。 「劇団NY(ニューヨーク)」と名乗っていた。
今日も良い出来。 大いに笑わせてもらった。

こう言う「イカレたお姉さん」をあたたかく見守る奥は良い表情をしている。


2006-10-16 隣はなにを [長年日記]

_ AKB48 チームK公演

ほぼ週一回になりつつある今日この頃。 出先から秋葉原へ寄ったら未だチケットが残っていたので観覧。
「小野・奥がメディア収録のため休演いたします」ってんで、14名での公演。 徐々に出演部分は増えてきているが、梅田が怪我のため部分出演。 松原も多分体調が万全ではないのだろう、途中から消えてしまった。

入場は最悪の最終順入場。 PAブースの脇に潜り込み、標高の低い客の後ろを確保。
影アナは小林。 早くもやる気が空回りしている。 注意事項のをつっかえたり間違えたりしながら何とか読み終えて、件の科白。

小林:「みんなどこ見てるの香菜〜?」
他メンバー:「柱〜!!」

小ネタ仕込んでやがる。

そんな感じで今日は、小林の、小林による、小林のための小林祭り。 小林の面白さを堪能した。

自己紹介の時点で既に緊張の面持ち。 宮澤に話を振られるも、返しがぎこちない。
「(小野が休みなので)えれぴょんヘアーにしました。」と言う、二つ縛りの髪型。 クラスにこう言う奴が居たような気がする。 そうだ、中学三年のときに隣の席だった「毬藻は実は動物で、割ると内臓が出てくる。」と教えたら信じた奴に似ている。 ちなみに小野が普段やっている二つ縛りとは、結ぶ位置が違う。

大堀は「こんばんうるわしゅう〜」と挨拶。 そんな日本語は、無い。 久し振りに「セクシーじゃんけん」を敢行していた。
野呂のアンニュイな自己紹介の〆め方が、毎度楽しい。

今日の「Blue rose」はノートラブル。 もっとも、最後方なので、細かく何か有ってもよく見えない。 増田は腰をくねらせる動きが苦手なようにも見えるが、目立っておかしいほどではない。

「禁じられた2人」は、大島の科白が詰まったり走ったりしていたが、大崩れはせず。

「雨の動物園」は小林リサイタルの様相。 小野パートも小林が歌っていたが、不規則なビブラートが掛かっていて、且つ、音程を探りながら歌っている様から、緊張しているのが見て取れたが、目は爛々と輝いていて、やる気の程もまた見て取れた。 今日の小林は良かった。

着替え待ちMCのお題は「理想の男性」。 梅田→早野→今井と来て、梅田が振って最後に小林。 お答えは

「止めてくれる人かな。」

座布団3枚。

緊張の糸が切れたのか、曲紹介でトチッていたが、機転を利かせて上手く纏めていた。

「日付変更線」まで4曲歌って暗転。 MC無しで「青空のそばにいて」。
1stステージの頃は、小林も佐藤も嫌いだったし、今井なんざ視野にも入らなかったなぁ・・・なんて事を思い出しながら口ずさんでみる。 この面子が今では私がチームKを見に行く動機の一つになっているのだから不思議だ。 一寸涙腺が緩んだ。

浴衣着替え待ちのMC2つが無くなり、アンコール3曲目前のMC2つも「会いたかった」のPV上映に差し替え。 時間的にも内容的にも物足りなさは感じたが、メンバーがバタバタぶっ倒れている状況下でコンサートやらイベントやらの準備が進んでいることを考えると、仕方が無いのかも知れない。

そう言えば、秋元がアンコールで被るハンチングの角度が変わっていた。 これまでは激しい動きで帽子がずり下がって顔が隠れてしまうことが多く、被り直しても収拾がつかずに投げ捨てていたり(これはこれで格好良かったりもした)のだけれど、今日は最後まで顔の見える角度で収まっていた。


2006-10-19 人垣のうしろから「HAPPY BIRTHDAY!」 [長年日記]

_ AKB48 チームA公演

コマゴマ用事を済ませてから駅へ向かうバスの中でチケット売り切れの報。 とりあへずキャンセル待ち整理券を受け取りに行く。 12時半過ぎで29番。
6時半に劇場エントランスでキャンセル待ち。 抽選対象で10数人。 抽選対象外乍らなんとか入場は出來た。
TV収録で増山と板野が、試験勉強で戸島が、体調不良により折井が、計4人休み。

23日は休演なので、4日前倒しで浦野さま御生誕祭。 入り口で配られた白いサイリウムには、使用方法とタイミング、処理方法などが書かれてた。 入場前にトラメガで説明するより、判りやすくてよい。
流石に混んでいて、上手側のPAブース横2列目。 ステージ上が碌に見えない所為か、思ったよりスカスカな感じはせず。
前の客の頭と頭の隙間から舞台中央を、ポカリと開いた隙間から上手側を。
星野、浦野、大江を意識して見る。 気がつくと、大島と中西を目で追っている。 佐藤の髪型が初期の頃と同じショートの外ハネに戻っていた。

9月のチームA公演は2回しか見ていない。 かんぴょう巻きやかっぱ巻きを食べたいのに、トロやウニやイクラばかり出てくる寿司のようで、豪華で楽しい構成ながらどうも好みに合わず、チケットの入手が難しいことも有って、かなりのご無沙汰になっていた。 今月も今日が初めて。

一曲目と二曲目は相変わらず肌に合わないのだけれど、三曲目は楽しい。 4人居ないのに音に凸凹が出ないのは元々の人数が多いからなのか、音響技術の巧拙の問題なのか。 PAブースには、チームK公演の時より緊迫感があるように感じた。

星野がごく自然に踊っていて驚く。 これまでは「ちゃんと踊ってます」って感じの取り澄ました表情だったのが、歌詞とシンクロして表情も変化していた。 ミネギシあたりと並ぶと流石に差が出るが、良い表情と動きだった。
大人数ユニットで一曲歌う以外はMCの落ち要員にされていて、「何だよ、並び大名扱いかよ!!」と、私が不貞腐れて見に来ないでいる間にも、腐らずに精進しているのが見て取れて、何となく申し訳無い気分になった。

「ライダー」後のMCの途中で誕生日企画発動。 そのあたり詳細はこっち見て下さい。

「頑張っても上手く行かないこともあるけれど、応援してくれる人が居るから諦めずに頑張る。」と言うような事を話していたのが印象に残った。 星野にしろ浦野にしろ、1stから比べると明らかに不遇なのだけれど、諦めちゃいないし遣るべき事はきちんと遣り続けているのだろう。

後半は下手に来ることが多い浦野中心に。 この人も矢張り変わってきていて、前回見たときは怖いくらいに一生懸命動いていたのが、だいぶ余裕が出て、表情も優しく、動きも柔らかくなっていた。 2nd以降、この人の長くて細い肢体を生かした、たおやかで優美な動きが出る曲が少ないのだけれど、「涙売りの少女」ではその良いところが存分に出ている。

月並みな感想になるが、私ももっとしっかり生きなければなぁ・・・と思った。


2006-10-24 ついでのつもりが・・・ [長年日記]

_ NTT DoCoMoイベント(AKB48 チームA)

用事が早く片付いたと言うか、予定を組みそこねたと言うか、ぽっかり時間が空いたので秋葉原へ。
当然整理券の配布は終わっており、柵の外のさらに外から観覧。 メンバーの顔は殆ど見えず、音が聴こえるのみ。 まぁ、こんなもんだと覚悟はしていた。

_ CD手売り会

写真屋に行ってからゆるゆると、しかしいつもより早めに劇場へ行くと、AKB48メンバーによるCD手売り会が行なわれていた。
高橋と板野で始まり、ミネギシが加わり・・・と言う話だったが、私の番が廻ってくる頃には上流から篠田、峯岸、中西、大江と言う並び。 話すべき何のネタの持ち合わせも無く、ただ流されていくだけの私に

「なんだかよくわかりませんが、サービスと言うことで」

・・・と、シールを2枚呉れた

篠田さんありがとう。

_ AKB48チームK公演

抽選は悪いなりに良く、上手側最後列の通路から2つ目を確保。 遠いのが難だが、舞台中央と上手側がほぼ見渡せる。
抽選用ビンゴマシーンの玉を一つ入れ忘れたとかで、当該列の10人を1列目に入れて、本来の一列目の人々は一列目の前にさらにパイプ椅子を並べて前に膝送り。 そんな訳で久し振りにゼロ列が復活。

影アナは佐藤。 入場の混乱のさなかながら、今日もネタを仕込んできていて、重馬場にしてはウケていた。
全員揃ったチームKを見るのも10月10日以来。 ここのところ番組収録で休みが重なった奥は、動きが一寸あやふやな場面も見られた。
3曲目が終わるところで怪我で一部出演になっている梅田が合流。 梅田の自己紹介が秋冬バージョンに変わっていたが、よく聞き取れず。
大島の「二の腕ランキング」、第3位は松原。「ぷにぷにしていて、噛み付きたくなる。」
その松原は、小林がキャットフードみたいなお菓子を食べていたのを見たとのこと。 小林なら遣りかねないと思ったが、大堀から貰ったものなのだそうだ。 大堀に底意かあるとも思えないので、本当にお菓子ではあったようだ。
「ずっと以前にお話したと思うんですが、増山加弥乃ちゃんとのユニットの名前が決まりました。」「『スモールガール』です。」と小野。 売らないけれどデビュー曲をこれから考えるのだそうな。
何時の間にか両袖から出てきて舞台中央で出会ったところで秋元と増田がハイタッチをするようになっていた「Blue rose」。 今日は一寸タイミングが合わず。
裏方の手が足りなかったのか、ワイヤードマイクのケーブルを捌きそこねてセリに挟んでしまい、次の曲が始まってもマイクスタンドが4本残る珍事。 片付けようとするスタッフと河西が交錯しそうになっていた。
どうぶつトークは「好きなケーキの種類」。 小林が理解出来なさそうな領域には敢えてツッコミを入れない日だったらしく、短くまとまっていた。
「Virgin love」で隙を見て上手にはける小林。 「だるまさんがころんだ」のような不規則な動きで足を運んで自分の居るべき位置に戻る小林。 タイミングを見計らってさり気なく復帰する早野とは好対照。 差し迫ったときの小林の対応力は凄い。
アンコールの野呂はハンチング無し。 なので今日は顔がよく見える。

_ CD手売り会 2

終演後に、チームKのメンバーが手売り。 先ず、中学生以下のメンバーが帰り、そのあとも櫛の歯が抜けるように減っていった。 私の番が来る頃には、秋元なんざ影も形もなかった。
当り障り無く済ませて帰宅。


2006-10-30 走れ走れ [長年日記]

_ チケットを買うの記

飯田橋に一日拘束なので、昼休みに抜け出して秋葉原。
銀行のキャッシュディスペンサが混んでいて苛々しつつ、駅まで→駅から走ってAKB48劇場へ。
12:25頃着いて129。 いつもより早い売れ行き。
先の事は判らないが、これまで千秋楽に縁が無く、今回見られる保証も無いので頑張ってみた。
然し乍ら完全に週一回のペースになってしまったのが切ない。

_ AKB48 チームK公演

入場はそれなりの籤運でそれなりに入場。 ぽっかり空いていた4列目の端の席に潜り込む。
今日の影アナは野呂。 開演が押しに押して、久し振りに2回目が有った。 なにやら取材らしく、外人さんが多数来場。
バタバタっと足音がしたと思ったら、いつもは楽屋口でやる円陣を組んでの気合入れを舞台中央で。 7時を10分以上廻った頃、漸く開演。
千秋楽まで今日を入れてあと2回ということも有ってか、皆気合の入った面持ち。 のっけから緩みかけた涙腺でマスカラが滲んだりしているメンバーも居たが、「転んでも泣かない」チームKは矢張り泣かなかった。
バッサリ髪を切った大堀が、絵に描いたような慈姑頭になっていた。 なかなかよく似合う。
晴れ時々曇りって感じで最初の3曲が終わり、梅田も合流して自己紹介MC。 ポケーっと聞いていたので、小林がベッタベタな駄洒落を言い放って逃げるように捌けて行ったことくらいしか憶えていない。
「Blue rose」の出だしで両袖から出てきた秋元と増田が舞台中央でがっちり握手。 ハイタッチだと思っていたら手も組んでいた。 この曲でも大堀の大人の色気が上手く出ている。 今日も秋元は柔らか目の動き。 良い傾向だと思う。
「禁じられた2人」は、出だしから河西の声が上ずっていてどうなるかと思ったが、感情の高まりが良い方に振れて、これまでになく良かった。 大島の台詞回しは今日も緩急をつけた即興的なもの。 これが見られなくなるのは実に勿体無い。
「雨の動物園」は、野呂パンダが見えにくい位置でちと失敗。
歌の後のMCは「青春ガールズ公演での失敗談」。 色々出ていたが、「失敗は成功の素」「失敗は成功の鍵なので恐れてはいけません。」「私も失敗を恐れていません。」とキッパリ言い切る小林は偉いと思った。
「Virgin love」で右目のマスカラが流れているように見えたが、意地でも泣かないのが秋元の秋元たるところ。
「日付変更線」から梅田が合流以前より肩の力が抜けて優しい動きになったような印象。 最後は「Dear my teacher」、盛り上がってアンコールへ。
気が付くと小野が居ない。 最後まで出て来なかったので、ちと心配。
ふと秋元を見ると、頬が紅潮していて、鼻もか赤い。でも泣かない秋元。

今日は最初から最後まで実に楽しく、あっと言う間に終わってしまった。 千秋楽は例によって激しく混みそうだし、ド平日なので無理もしにくい。 今日が千秋楽のつもりでじっくり見てきた。 11月4日に組み替えの発表があるとすると、千秋楽はその後って事になる。 それを考えると今日見ておいて正解だった。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [propecia mcg <a href=http://dstvmediasales.com/sitemap.ph..]


2006-10-31 徒労感 [長年日記]

_ AKB48 チームA公演

今日も昼休みに秋葉原へ。
電車に乗る前に公式blogを見たら既にチケットは売り切れていた。
乗り掛かった船なんでそのまま秋葉原へ向かい、キャンセル待ち券を貰ってとんぼ返り。便所の火事で自棄糞。

抽選対象の余剰券は5枚のみ。 抽選対象外でなんとか入れた。

「ライダー」あとのMCのお題はハロウィンについて。 四年前のハロウィンをウエストバンクーバーで過ごしたと言う話しで盛り上がる川崎や戸島とは対照的にハロウィンは「今年初めて知った」と話す純粋庶民の星野。
折井にハロウィンとは何ぞやと問われて「南瓜だよねえ」と答える星野。
そう、そうなんだよ星野くん。 今日、南瓜を食べると、向こう一年風邪を引かないんだ

いつもの上手側立ち見二段目が既に寿司詰めだったので、下手側PA横で前の人々の頭の隙間からなんとか見る。 ワンコーラス目は普遍的なメンバーが歌い出す曲も、ツーコーラス目になると私の見たい濃い面子が真ん中に来ることが多いのを今更知る。 浦野折井星野の並び、いいねぇ。

峯岸の髪型が金門五山桐。 絶景かな。

ハロウィンと言う事で、終演後にお菓子投げ大会。 こう言うのは雛祭り以来か?
今月のチームAは、抽選対象外で2回見たのみ。 公演そのものも少なかったが、チケットが手に入らない。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

# むうむう [うほっ、昨日冬至でしたっけwww>星野選手]

# 墨田ペトリ堂 [折井に「かぼちゃに似てる」と言い放つ星野 「ちるちゃんこそ茄子に似てる」と返す折井。 たしかに茄子みたいではあります..]

# むうむう [茄子色、茄子色w>星野 かぼちゃ色は浦野さんですわなぁ。]



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
トップ «前月 最新 翌月» 追記