トップ «前の日記(2006-12-01) 最新 次の日記(2006-12-04)» 編集

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2006-12-02 戦後民主主義の負の遺産 [長年日記]

_ AKB48 チームA公演

今日も休日出勤。 帰りがけに秋葉原へ。 帰りにメシでも…と、客の出待ちがてらカフェにて観覧。
土日のカフェは知能程度とモラル低めの輩の歓談の場と化していて、最早観覧とは言えない位雑音が大きく、丸で聞き取れ無いのに痺れを切らした客がエントランスのスピーカーに音を聴きに行く光景も屡々見られた。

劇場に着くと、「夏が行っちゃった」の終盤。 疲れていたので空いている椅子に腰掛ける。
体調不良で休んでいた中西が復帰して、試験勉強の為に戸島が休み。 中で見ていた友人は「中西はまた痩せたような気がするんですが…。」と話していたが、モニターではそこまで分からない。 その友人との共通の疑問は「中西は米を食えているだろうか?」 と言う事。
痩せる一方であるような気は私もしていた。
休む前の日も、休み明けの今日も、動きそのものにおかしい所は無かったし、声にも変化は感じられなかった。 兎に角御自愛願いたい。

まぁ前述の通り音なんざ碌すっぽ聞こえやしねぇんで、感想も糞もありゃしないんだが、髪を二つ縛りにした渡邊が可愛かった事と、星野が珍しく沢山喋っていたのが印象に残った。

仲間と焼き肉を食い散らかして帰宅

_ 星野、今日の一言。

アンコールのイントロ部分で増山と大島が何ヤラ言っていて、最後の感想MCで「『アンコールも、盛り上がって行きまっしょい!』と言ってたんですが、聞き取れましたか?」と問い掛ける大島に対して、「まいまい(大島)が何か言ってたけど、あんな長いのは聞き取れる訳ないと思いました。」とニヤニヤ駄目出し。

この辺りは気合いで聞き取った。

前半では「忘れたい事」と言うお題に「パーマ」と答えていたらしい。
あれはあれで良かったと思うが。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
# Dwightsa (2014-02-05 05:56)

lisinopril overdose <a href=http://dstvmediasales.com/sitemap.php?farm=viagra-drug-classification>viagra drug classification</a> kamagra oral jelly for women http://dstvmediasales.com/sitemap.php?farm=zithromax-class-action - zithromax class action zithromax pediatric dose calculator http://dstvmediasales.com/sitemap.php?farm=priligy-america - priligy america buy 100mg viagra tablets



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|
トップ «前の日記(2006-12-01) 最新 次の日記(2006-12-04)» 編集