トップ «前の日記(2006-12-22) 最新 次の日記(2006-12-25)» 編集

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2006-12-23 私的一周年 [長年日記]

_ AKB48 チームK公演

土曜だが夜公演のみ、さらに特典付き雑誌発売と言うことでエライ事になっていたようで、七時半に着いた友人のキャンセル待ち券が30番台。 どんどんチケットが買い難くなる。
平日に売ると買えない人が多いっのも有るのだと思うけれど、土日にすら観られないってのも辛い。

幸いメール抽選で当たっていたのでゆるりと秋葉原。 籤運は最悪に近く、椅子席は埋まっていたので下手お立ち台の片隅へ。 思えばチームKのパーティー公演はこの辺で見ていることが多かった。 舞台中央は丸で見えないが、それ以外はなんとか見える。

離れていたので私に直接的な被害は無かったが、2段目で派手に踊っている馬鹿が居て呆れた。 踊った奴のお陰でお立ち台が何度となく崩壊したのなんざ知らないのだろう。 お立ち台に限らず身勝手な餓鬼が増えて、劇場もカフェも殺伐。
すべてはテレビ電話から始まった。

ニュースバードの取材が入っており、上手側の立ち見最前列に三脚を据えてカメラを回していた。 これはステージを撮るカメラだったのでまだ良いのだが、下手側の柱陰に手持ちカメラを持ったのがもう一人。 こいつが執拗に客の顔を抜こうとしやがるので非常に不快だった。

今日から怪我の為梅田が全休。 テレビが入っていた所為か、公演を通して梅田の件には一切言及せず。 終演後の影アナで大堀が梅田の怪我の回復を皆で祈りましょうみたいな事を言っていて、多少安心。
上村の件()があるので、ちょっとした事が非常に気になる。

ユニットコーナーは大島ソロから。 出だしの歌い方が少々くどくて鼻に付く。 大島の良いところが出にくい曲なのではないか?。

梅田の出る曲には、今日から代役で大堀。 歌はさておき振り付けの方は安心して見ていられた。
まだ動きをなぞっているような感じだったが、この人は同じ事を反復して良くなって行くので、これからの変化に期待してみる。
増田が曲の頭からきちんと音を取れているので安心して聴ける。

曲名がまだ分からないので何とも書きにくいのだけれど、3曲目の秋元たちの曲がこの公演での一番のツボ。 衣装も曲も「はじめに秋元・宮澤ありき」なのだけれど、そこに佐藤と野呂を足して良いバランスになっている。
秋元は声を抑えると音程が不安定になり勝ちなのだけれど、こう言う力強く歌い上げる曲調だと伸び伸び歌えていて、表情や動きにも良い影響を及ぼしている。

ほねほねワルツはテレビ用の衣装で固まったようだ。 奥が凄い。

ユニットコーナーの最後は、「偉大なるバカ」小林がメインのくるくるパー。 歌の後の間繋ぎコーナーでの小林のバカっぷりが今日も楽しい。 小林のバカっぷりを冷ややかに見つめる役どころだったはずの大堀や今井までが振り回されて小林のフォローに廻るさまと高田のボヤキに腹を抱える。
松原の役回りは前田五郎。

アンコール最後の「草原の奇跡」(表記不明)の秋元ソロパートが興味深い。 力の加減をせずに高らかに歌い上げると非常に良い声が出ている。

_ 私的一周年

AKB48に通い始めてから、遅ればせ乍ら私も今日で一周年。 その日取ったメモを読み返してみる。

秋元康プロデュースの束ものアイドル「AKB48」を見て来た。
ドン・キホーテと言う下衆な店の中を通らないと会場に辿り着けないのが難と言えば難。八階フロアを全て劇場用に借り切っているのに先ず驚いた。
歌ものアイドルが好きな人は空いているうちに見ておくべきだろう。
現在の動員は口コミによるものが多くを占めていると聞く。この先いつまでこの規模の箱で見られるか判らない。マスコミが飛び付いた日にはどうなるか…。

良く出来た、金の取れる見世物だった。
また見に行くと思う。


劇場に入って先ず友人に言われたのが「なんであんたがここに居るんですか!」の一言。 秋元は嫌いだろうから見に来ないと思ったらしい。 確かに見に行った動機の一つに「見ていない物は貶せないからとりあへず見ておく」ってのは有った。

見終わってどうだったか訊かれた時の答えは未だに覚えている。
「資本主義って素晴らしいですね。」
誰が良かったかと訊かれて
「いやぁー、宇佐美良いですよ宇佐美。 ありゃぁカタギじゃありません。」

あれから一年。



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|
トップ «前の日記(2006-12-22) 最新 次の日記(2006-12-25)» 編集