トップ «前月 最新 翌月» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2007-01-02 こそこそ更新 [長年日記]

_ 御慶

今年も宜しくお願いします。

_ 更新情報

プロバイダー変更に伴いリンク切れになっていた部分を復旧。

墨田ペトリ堂ポオトレイト研究所

暮れに撮ってきた酒田の写真を一部アップロード 。

喫茶ケルン その2
筑後町稲荷神社
逢引き小路 その2
出町・日和山
はら・小幡
山居倉庫

_ 今更乍ら昨年のAKB48を振り返る

一年分の日記を読み返して、誰について言及している項が多かったか考えてみた。
チームAだと星野が一番多く、宇佐美と高橋が続く。
宇佐美絡みは死んだ子の歳を数えるような記述が多く、我ながら情けない。
全員出てきているときに高橋を見ていることは先ず無いのだけれと、ユニットで出てきた場合は高橋を見ていることが多い。
全員出てきたときに見ているのは星野・戸島・浦野・大江あたりだが、戸島と浦野は客を見ているので目が合わないように気をつけている。

チームKだと秋元と大島。 小林に関する記述も無駄に多い。
特に後半は小林に踊らされて過ぎていったような気がする。


2007-01-05 Comment te dire adieu. [長年日記]

_ 今年初買CD

お年始に伺おうと思ったら仕事中ってんで、その足で渋谷タワレコ。 今年のCD初買いはシャルロット・ゲンズブールの新譜「5:55」とフランソワーズ・アルディの「Comment te dire adieu」とベニー・グッドマンの10枚組1480円の叩き売りボックス。

買ってからComment te dire adieu(邦題「さよならを教えて」)がセルジュ・ゲンズブールの手による物だと知る。 今年もこのエロ親爺の掌の上か。

「5:55」は好きな音なのだけれど、セルジュ・ゲンズブールの自虐と加虐の入り混じった猥雑さは無く、あっさりした感じ。
でもまぁ、これ一枚で当分暮らせる。

「Comment te dire adieu」は、聴きたい曲とどうでもいい曲がはっきり分かれすぎていて、通して聴くのは辛い。

_ AKB48「柱の会」

暮れに入金したのが漸く反映されて、晴れて会員となった。 落語家の後援会以外のファンクラブに入ったのはこれが初めて。 出来れば最後にしたい。
早速メンバーブログをチェックしてみる。 あまり考えずにメンバーごとの区分で見たが、秋元→奥→星野→戸島→浦野の順だった。

戸島の文体から立ち上る馨しき腐臭を堪能。 この人は筋金入りだ。
秋元は、竹を割った勢いで地球も真っ二つにする感じの豪快さに、仄かに添加された女の子らしさが良いバランス。
星野はチェンジアップとナックルしか投げない力の抜け具合が楽しい。
奥は親戚の娘の宿題の絵日記を覗いてしまったようなほろ苦さ。

星野以外は皆自分撮りが上手い。 口角筋の緩んだ戸島の顔ってのも珍しい。

チケットが手に入らなくなっても送り手側からは次々と餌が撒かれて足抜けしづらい状況に変わりは無く、地獄も3丁目辺りまで来た感じの新春である。


2007-01-06 AKB始め [長年日記]

_ AKB48 チームK公演

新年初公演という事で朝っぱらから秋葉原へ。 メール抽選は昼夜共かすりもしなかった。
霧雨程度だった雨は徐々に強くなり、気温も丸で上がらず。
近隣で行列の出来るイベントが重なった為か、三列で並び直した後、UDX裏の線路際へ移動して更に並び直し。 8時過ぎに割り込み防止券が配られたが、「本日に限り整理券扱いとするので解散して良し」とのこと。 喫茶店に駆け込んで暖を取り、9時半過ぎに列に戻る。

「新春初公演」「福袋販売」「梅田誕生日直近」と要因が三つ重なって自棄な混み様。 出遅れたかと思ったが、誕生日イベントがある夜から捌けたようで、昼のチケットは割と早い番号で買うことが出來た。
今年最初の入場順抽選で今年の入場順を占う。 「中吉」といったところか。 下手側のそれなりに舞台中央部が見える席に潜り込む。

好みの曲が続くので、あっという間に3曲終わってしまって自己紹介。 高田の頭蓋骨より小さいサイズの鬘を付けてしまったような髪型に驚く。 エントランスの廊下に掛かっている写真は詐欺みたいに可愛いのだが・・・。

「(その高田を)今年は守る人になりたい」と秋元。 ボリュームを抑えて、毛先を緩く巻いた髪型が良い。

正月に家で雑煮を食べたら、自分の分だけ餅が入っていなかったと話す佐藤。 この前振りの後、例によってわざとらしく周囲を見渡して奥に駆け寄り、頬っぺたをつまむや

もちもちっ!!」

・・・と、ぷにぷに。 驚いた後で赤面する奥。 良い仕事。 10点差し上げる。

新しいニックネームを募集する小林。

「あっ!、『コバヤシ』は厭ですよ!」

ではコバヤシで。
梅田休演を告げて自己紹介を〆る小林。 日によってズッコケる事もあるが、「ちゃんとできる小林」を見せられる場所を貰えているのは、小林にとってはとてもよい事だと思う。

ユニットコーナー一曲目、「泣きながら微笑んで」。 昨年後半は秋元康より井上ヨシマサに踊らされて終わったような感があるくらいで、「これは!」と思った曲は作曲者が発表されてみると悉く井上ヨシマサだったりした。 この曲は珍しく私の琴線に触れないが、大島優子の出せる音域のギリギリで作ってくる巧さには唸らされる。
初日から暫くは歌いこなすだけで精一杯であった大島が、早くも一定の型を見つけたらしく、見違えるように良くなっていた。 恐らくこれを更に壊して再構築して行く作業を千秋楽まで続けるのだろう。

二曲目、「MARIA」。 歌のほうはまぁナニがアレだが、動きに関してはケチの付けようが無い大堀。
安定している増田の歌唱が、マイクスタンドを横に持ち替えて歌う部分で少し乱れていた。 マイクを口に正対させる方に神経が行っているのか、スタンド捌きに神経が行っているのかだと思うが、気になるほどおかしくは無かった。

「君はペガサス」の佐藤、秋元、宮澤、野呂の並びは、記号化すると ┃□△○ という感じで、視覚的にも面白い。 野呂の動きが四月当初とは比べ物にならぬキレのある物になっていて、止めるべきところできっちり止められている。 よい鍛え方。
朗々と歌う秋元とアンニュイな野呂の対比の妙。

「ほねほねワルツ」はテレビ用の衣装に固定された事で罰ゲーム感が無くなり、表情も心なしか良くなったように思う。 アレを惜しむ向きもあろうが、私はこれで良いと思う。

「くるくるぱー」で衣装の王冠のズレをしきりに気にする小林。 バカ全開のように思われがちだが、こう言う細かいところに気が廻り、羞じらうところに小林の美点がある。 ただのバカでは無い。

アンコール一曲目の「花と散れ!」
「なんだよ、チームKも一世風靡かよ」「シュシュトリアンみたい」「ハングマンのエンディングにこう言うニセ一世風靡の曲があった」「推定少女のボツ曲ではないか?」と、身の回りでも色々言われていて、私の嫌いな僞和風の曲である事もあって、最初は捨て曲だと思っていたのだけれど、作曲者が井上ヨシマサだと判った途端になんだか良いような気がしてきた。 踊らされ過ぎだ。
ここから3曲井上ヨシマサが続いて、「転がる石になれ」で〆。 この流れの作り方が実に上手い。

当分飽きずに見られそうだが、そもそもチケットが取れない。 千秋楽までに何度見られるやら・・・。


2007-01-07 微妙以外の単語が思い浮かばず [長年日記]

_ AKB48ファンクラブイベント

当たったので行ってきたが、微妙としか言い様の無いイベント。
抽選のくじ運が悪かったのが吉と出て、それなり楽しくはあったが、通常公演の1.5倍の入場料金の分だけ楽しくあったかと言うと、まぁ微妙としか言い様が無い。
すべてが微妙。

_ AKB48ファンクラブイベントゲーム大会 昼の部

夜の部が終わったので追記。
なんとか舞台中央が見える場所を確保すべく下手ブロック後方通路際を確保。 友人が何やら指差しているので見ると、客席が紐で仕切ってある。 いつものオーバーチュアで幕が開くと、私服のメンバーがズラリ。
ほぼ全員やる気のある服で登場。 大江は動き易い服を…って事で稽古着と思しきピンクのジャージに上着を羽織って。 星野もジャージだが大江よりさらにやる気の無い格好。 千葉県民の部屋着と言った趣。 何故か頭にティアラを載せている浦野。
一人づつ自己紹介と本日の意気込み。 久しぶりに奥の「こんばん…こんにちは」が見られたが「スイマセン、スイマセン」は無し。 川崎を忘れて終わろうとする戸賀崎氏。
件の紐はやはりチーム分けの為のもので、十区画に仕切られて、そこに籤引きでメンバーが配置される。
なにやら箱を覗きながらゴソゴソと小嶋駒谷。 戸賀崎氏の意図を無視して本能に従う小嶋駒谷は示し合わせて下手後方のチーム10へ。 お立ち台に昇りたかったらしい。 さらに戸島が(こちらはちゃんと籤を引いて)合流。
戸島は夢が無い位化粧が上手くなっていて驚く。
なし崩し的にゲームが始まってしまい、野寺氏を呼ぶも反応せず。 クイズ用のスケッチブックに何やら書き出す小嶋。 「のでら」と書いて頭上に掲げる。
効果的なボード活用法をレクチャーする客の「野寺グッジョブと書け」と言う指示に、2ページ縦に使って「のでら」「GJ」と書く小嶋。 ウケる客席。
こうしてボードプレイやら抜け出して買って来た客の持ち込んだサイリウムの使い方やら、知らなくて良い事や知らない方が良い知識を仕入れてご満悦の小嶋駒谷。 品川プリンスの裏イベントの見所について客と語り合い、見に行ってレポを上げろと戸島。
ゲーム大会そのものはたいして面白く無かったが、メンバーの生態を垣間見られたのは良かった。
途中で飽きてスケッチブックにお絵かきを始める奥。

そんなこんなでだらだらと進行し、予想通りそれまでのゲームで積み上げた点数の意味は丸で無く、最後のダーツで優勝が決まる。
「こういう時にボードを使って応援するんだ!」との指示に、何やら書き出す小嶋。 墨痕鮮かに書かれた文字列は

「パジェロ」

戸島が壇上に上がるのに合わせてパジェロコールで応援する我々。 結局ダーツで大量得点獲得の星野折井川崎の「チームメガネ」が優勝し、客は集合記念写真とチケット予約権と三巡目入場権を、メンバーはポータブルDVDプレーヤーをそれぞれ獲得。

お触りNGのガッツキイベントとしては手頃な価格設定だったと思うが、楽しめるかどうかは客の側の対人交渉スキルに掛かっていた。 過剰にガッツく馬鹿が居なかったので平和裡に終わったが、状況次第ではどう転んでいたか分からない。

_ 備忘録

星野折井川崎とか小嶋戸島駒谷とか、仕組んだように集まったところは楽しそうだった。
大縄跳びが終わったドサクサで奥が居なくなり「戸賀崎さん!まなみちゃんが居なくなりました!!」と司会者に訴える河西。 舞台袖から慌てて出てくる奥に「仕事中ですよ、遊ばないでください。」と司会者。 河西の口から出た「まなみちゃん」に一瞬誰の事か解らなくなる。 あっちも秋葉原でお仕事だったらしい。 こっちの「まなみちゃん」は懲りずに遊んでいた。
クイズでチームK絡みの問題が続いたが、我々のチームにはチームAのメンバーしかおらず不正解が続く。 「誰かKヲタいねーのかよ!」となったが、チームAのメンバーの前で属性をはっきりさせる訳にも行かない。 これからも鵺的にどっちつかずで行こうと思う。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [cialis for hypertension <a href=http://dstvmediasales.com..]


2007-01-10 日を跨ぐ [長年日記]

_ プリント三昧スキャン地獄

日曜は日がな一日暗室に篭ってプリント。 モニターを変えたらこれまでの画像のアラが目に付くようになったので、スキャンの仕方を変えてみたが、パソコンの性能が追いつかず、丸で能率が上がらない。
とりあへず取り込んでリサイズ迄終えたが時間切れ。
アップロードは明日以降に。

_ 今日の一枚

とりあへず、その中から一枚

AKB48 チームK@お台場(7/22)
コンタックスRTSII+ノフレクサー240mm/f4.5

_ 作業終了

2006 07/22 お台場冒険王(その1)
2006 07/22 お台場冒険王(その2)
2006 07/22 お台場冒険王(その3)

・・・をアップロード。 少々重いので3分割してみた。

_ 今日の一枚


AKB48 チームK(お台場冒険王)
CONTAX RTSII + Noflexar 240mm/f4.5
(2006年7/22撮影)
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [viagra after heart surgery <a href=http://dstvmediasales...]


2007-01-13 寝て曜日 [長年日記]

_ AKB48に行かない週末

金が無い。

兎に角金が無いので家で大人しくしている週末。
メールでも当たってくれれば別なんだが、朝から並ぶとなると交通費が掛かり、「寒いなぁ・・・。」でコーヒーを飲んでしまい、「開演まで中途半端に時間が空いたが寒い・・・。」で喫茶店に入ってしまい。
「どうです?飯でも。」なんてことになるといやはやなんとも。
そんな訳でひさびさの寝て曜日。 日がな一日だらだらと更新作業。

_ 更新

浜田界隈
中町界隈
をアップロード。

_ 今日の一枚


浜田界隈
(2006年12/31撮影)
Nikon D-70 + SIGMA18-125mm/f3.5-5.6

2007-01-14 本日も寝て曜日 [長年日記]

_ 暮れの「しばらく」

何でこんな時期に金詰りで動けないかと言えばまぁ思い付きで酒田へぷらっと行ったのが大きい。 切符だけで2万。 この際だからってんで連荘で寿司つまんだりなんだり。

30日は酒田に夕方着いて、仏壇屋さんに荷物を置かせて頂いて先ずは買い物。 蕎麦・饂飩・出汁つゆ・海産物・味噌etc...。 これで先ず1万円飛ぶ。
ジェラート屋さんで暫く話し込んで、ホテルにチェックインしてから「しばらく」へ。

八月に行って以来だったので張り込んで良いお酒を見繕って出してもらう。 この日は東北泉の出品酒のあらばしり。
蒸しあわびで繋いでいる間に握ってもらって、はたはた、カサゴ、オコゼ、ノドグロ、オーヨ、ショウフクジ、アラ、アワビ、オキニシ貝、マグロ、カワマス、生シャコ、アナゴ、アンキモ、ブリコ、タロウイカetc...。 全部で十八貫。
アナゴは煮たての柔らかい奴。

「タロウイカって何ですか?」
「ダイオウイカみたいな大きい奴」

初めて食べる食感。 アオリイカの歯ざわりでヤリイカの味。
オキニシ貝は炙って。 アンキモは軍艦で。
水温が高いので鱈があまり揚がらず、マグロがまだ捕れるそうで、この時期にしては珍しくマグロをいただく。
白身のしんじょの味噌汁で〆。

明けて31日。 写真を撮り歩きながら「何を食べようかなぁ・・・」と考えていたが、ついフラフラと寿司屋の暖簾をくぐる。
まぁ良いやってんで今日も「良いお酒を見繕ってお願いします。」
出て来た栄光富士の出品酒をちびちびやりながらはたはた(多分)の一夜干しとあんきもで繋ぐ。
オーヨ、ショウフクジ、コブダイ、ノドグロ、大トロ、サワラ、フグ、生タコ、ガサエビ、アマエビ、生シャコ、ブリコ、アナゴetc...。 だいたいこんな感じだったと思う。
これだけ飲んで喰って二日で1万飛んで無いんだから凄い。

また来月。

_ 更新情報

そんな感じで寿司を食うついでに撮ったようなやっつけ加減のものではありますが、大晦日に撮った写真の残りをアップロード。

台町界隈
相生町界隈
廣野神社

_ 今日の一枚


秋元にサンダルを見せる宮澤
(2006年7/22撮影)
CONTAX RTSII + Noflexar 240mm/f4.5

じっくり撮れたのは7/22と7/30の二日だけだったのだけれど、光線の加減で22日の方が上がりが良かった。 30日は光が強すぎて眩しそうな顔になってしまっている。
そんな訳で22日に撮った分から一枚。
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [buy cialis online new zealand <a href=http://dstvmediasal..]


2007-01-17 変化 [長年日記]

_ 文体

昨晩書かれた分。

「明日(1月16日)
大江が怪我のため公演を
お休みとさせていただきます。
ファンの皆様には大変ご心配をかけておりますが、
まもなく復帰いたしますので
いましばらくお待ち下さい。」(1/16)


日曜に書かれた分。

「1月14日(日)チームA公演
本日、大江朝美は体調不良の為
昼・夜公演をお休みさせていただきます。

ご了承の程、宜しくお願いします。」(1/14)


AKB48公式ブログの文体が劇場支配人のものに戻った。
日付は間違っているが、書き方としては好感が持てる。

うんこが出ない話から始まって、重要な告知が挟まって、「お間違えの無いようにお願いします。」で終わる日記に慣らされて来たので、小まめに表題通りの告知がなされる最近の日記は些か味気無かった。 今後も気を抜かずに最後まで読まないと何が隠れているか判らない日記が続く事を期待したい。


2007-01-19 爪に火を燈す [長年日記]

_ さてはて

「貧乏暇なし」とはよく言ったもので、手持ち現金が乏しくなると共に自棄な忙しさで、AKBもヘッタクレも無い日々が続いている。
まぁ仕事が有るだけでも有り難いんで文句は言えない。 公式サイトのAKB48日誌やらファンクラブのメンバーブログで欠落感を誤摩化す毎日。

劇場へ通えている頃は聴く気にならなかったCDをデジタルオーディオに突っ込んでみたり。

_ AKB48 チームA公演

早仕舞いになったので秋葉原へ。 入れなければ最悪カフェでも我慢しようと思ったが、幸い入ることが出来た。
既に浦野・増山・平嶋・渡邊のチームBへの移動が発表されていて、今のセットリストでの公演が終わるだけでなく、現行のチームAでの公演が最後ということもあり、チケット争奪戦は更に加熱する事が予想され、中に入れるのは今日が最後かも知れない。

まぁ、千秋楽が近付くたびにこんなことを書いていて、実際千秋楽当日に中に入れた事なんざ一度たりとも無いので、定例として泣き言を書いておく。

閑話休題、久々のチームA公演。 前回中に入って見たのが12月5日。 丸一と月空いてしまった。
ファンクラブイベントで怪我をした大江に加えて、中西も突発的に休み。 メンバーブログを見ると酷寒のなかでの撮影があったようなので、その辺りが原因かもしれないがご自愛いただきたい。
下手側の立ち見4列目位か? 人垣が薄いところを見繕って、前の客の首の隙間から観覧。

僞和風の曲から始まるセットリストには最後まで馴染めなかったが、見たい面子の見たい動きを注視して見所を探して楽しむ。 戸島・星野を中心に。 折井の二つ縛りの髪型が可憐で良かった。
2曲目は慣れれば楽しくは有るのに今ひとつ気分が盛り上がらないのは、多分私がエザキマサル的なものを嫌いだからなのだと思う。 三曲目の「誕生日の夜」は無条件に楽しく、この辺りから漸く気分が高揚して来る。

自己紹介MCのお題は「写真を撮られる時に気を付ける事。」
星野は「私は歯が出ているんですが・・・」と前置きして、「出しすぎず、引っ込めすぎず、出来るだけ普通に見えるようにしています。」とかなんとか。
動画だと、笑った後に手で口を隠すことが多いのもその辺りへの気遣いだろうか。

中西の休みが突発的だった為か、「蜃気楼」はカットで代替の曲も無し。

中西が居ない「制服が邪魔をする」は、峯岸が夏の大会予選一回戦で私立の強豪と当たってしまった都立普通科高校の野球部みたいに

「兎に角、声だけは出して行こう!!」

・・・てな感じで、健気に頑張っていた。 負けて学ぶ事もある。

月のかたち後のMCでは、例によって素面でも酩酊しているような口調の星野が楽しい。
話の流れで「投げキッスで撃ち落せ!」の振りを皆でやることになり、適当に動いた後でちゃんと出来たか訊かれて「出來たよ!」と嘯く星野。

いつもは上手側の浦野・戸島か、真ん中の峯岸・中西あたりを見ている「涙売りの少女」。 今日は下手を見てみる。
意図してやっているのでは無いと思うが、佐藤の動きが独自のグルーヴで面白い。

篠田の〆の挨拶の後、折井が真ん中に出てきて25日の千秋楽を以って卒業する旨の報告。 これに関しては項を改めて。

重苦しく終演。 動転していて気付かなかったが、追い出しの影アナは無かったらしい。 ちなみに今日の担当は浦野。

_ 折井卒業

篠田の〆の挨拶の後、何か言う為に前に出て来た折井を見てその時が来たのを直覚した。
思えば宇佐美が卒業の発表をした頃に〆の挨拶を任されていて、「宇佐美友紀ちゃんから報告があります。」と、その報告なるものの中身を知らないまま前振りをしたのが折井だった。 そんな人の悪いことをせず、自分で前に出てきたところが折井らしいな・・・と先ず思った。
公式ブログに書かれた文章を、ほぼそのまま喋った事から、泣くまい、取り乱すまいとする強い意志が窺い知れる。
折井と棒組でやってきて、喋らなければいけないことは折井に喋らせて、半歩後ろでにこにこしていた星野はこれからどうなってしまうのだろう。 私の立ち位置からは見えなかったが、宇佐美の時とは違い、泣かずにちゃんと立っていたらしい。

写真はほぼ一年前の折井。 最初のウェルカムブックに一枚だけこれが採用された。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [where to buy viagra without a prescription <a href=http:/..]


2007-01-20 無計画 [長年日記]

_ AKB48 チームK夜公演

メールを送ったら当たってしまったので金策をして秋葉原。 大寒だけの事はあって、自棄に寒い。 懐も寒い。

ここのところ碌な席に座れないと言うか、そもそも立ち見の方が多かったりするのだけれど、今日は何時に無く籤運が良く、四列目に座れた。
怪我の梅田と体調不良の早野が休み。 野呂が半休。

一曲目の「友よ」。 楽器持たない部隊の連中は、自分のパート以外の部分でじゃれ合ったり、楽器を持っている連中に茶々を入れたり。 大分こなれて「放課後の音楽室」みたいな楽しさが出て来た。
今井のスティックが何時の間にか赤いのになっていた。 ギターを弾く佐藤の表情は大分柔らかくなっており、楽器無しの連中が茶々を入れに来ても弾きながら笑顔で対応。 野呂のキーボードの弾き方は森岡賢みたいで胡散臭くて良い。
エアギターと称する小林の妙な動きが面白い。

二曲目「脳内パラダイス」のイントロで楽器をお片づけ。 指差し確認をしながらピョコピョコと舞台上を飛び回る奥が恐ろしく可愛い。
高田が寿がきやのマスコットに見えた。

自己紹介MCで小林の底知れぬ低学力が露呈。 宮澤に「フォード公演も楽しみだね」と話したが怪訝な顔をされ、「4edでは無く4th」なのだと教わった小林。 「『私でよければ勉強教えてあげるよ』と言われたけど、佐江(宮澤)と私は同じだと思います。」と言い放つ小林に、客席は否定的な反応。
それを受けて松原は「香菜ちゃん(小林)のために・・・」と前置きして、「一日三食食べるようになったのは戦国時代から」と豆知識を披露。
「日本の最初って戦国時代だっけ?」と小林。 ダメダコリャ。
話は前後するが河西は小林と「『チユウ会同盟』を作りました。」と発表。 何かと思ったら、語尾に「ちゆう」を付けて喋るというなんともはやなもの。 河西はともかく、小林がこれをやったらさぞイライラするだろうなぁ・・・と思ったら、楽屋では既に辟易しているらしい。

そんな小林ではあったが、「今日は梅田彩佳ちゃんが怪我の為、早野薫ちゃんが体調不良のためお休み。 野呂佳代ちゃんが一部出演となりますが、これからもチームKは16人で心を一つにして頑張ります。」と〆めなければいけないところはきちんと〆ていた。

ユニットコーナー一曲目「泣きながら微笑んで」。 イントロに乗って上手から大島が出てくるだけで空気が変わる。 雪の上を歩くイメージなのだろうか、一歩々々を確かめるように歩きながら歌う大島の表情から、降り積もる粉雪を感じる。 初日はどうなるかと思ったが、一と月で出来の良い一幕物に仕上げて来た。 これは凄い。

二曲目「MARIA」。 大堀パートが大分「歌」になって来た。 本調子では無さそうだった増田も大過無く。

三曲目「君はペガサス」。 一部出演となっていた野呂も、この曲には出ていた。 秋元は益々体脂肪率が落ちたような感じ。

「ほねほねワルツ」は、奥がトンでもない事になっている。 今のうちに見ておくべき。

「くるくるぱー」で小林が被っている王冠状のものは、「頭にお花が咲いている。」と言う寓意なのではないかと今更乍ら思った。

チームKの「脳内パラダイス」公演は、ダレ場も無く。 良かった探しをせずとも全篇楽しく見られるのが嬉しい。
振りやフォーメーションの自由度の高い曲では、同時多発的にアドリブが入るので目が幾つ有っても足りない。 

_ メンバーブログ雑感

システムの粗を探してあげつらう手合いのお陰でこまめにログインし直さなければ読めないのが面倒だし、ログインし直す度にIDとパスワードを一々入れなおさなければならないので可也りストレスが溜まる。 仕事中に接続先を管理されている会社のパソコンから読む訳にも行かないのに、モバイル対応をしていないのも困る。
兎に角システムとしては糞と言って良いレベルだが、内容は楽しい。
星野のぞろっぺぇに句読点を打った判じ文みたいなのから戸島の妙に自分撮りの上手いのから家族に撮られた寝起き写真を掲載する秋元から色んなのが並んでいる。
飽きない。


2007-01-23 [長年日記]

_ bayfm「ON8」折井あゆみ卒業スペシャル

風邪の為、聴きながら寝落ちしてしまい、通勤途上で録音したのを聴き直す。
緊張の所為か受け応えが「はい」だけだったのが気になったが、その「はい」が時として「はぇ」になったり「ひゃぃ」になったりして、隠そうとする感情の揺らぎが出てくるところに折井らしさを感じた。

_ 文字起こし

とりあへず、番組の終盤に「桜の花びらたち」に被せて語られた折井の卒業メッセージを文字起こし。

ラジオをお聴きの皆さん、そしていつも応援して下さっている皆さん、今回は、突然の発表をして、驚かせてしまって、本当にごめんなさい。
でも、これは、悲しいお別れではありません。 AKB48として活動してきた約一年間の経験をもって、新しい自分に挑戦して行くスタートです。
私も、今までみたいに、皆さんや、大好きなメンバーに会えなくなってしまうのは寂しいけれど、ずっと思いつづけてきた「女優」と言う夢に向かって、また一歩、自分の足で進んで行きたいと思います。
AKB48に入って、私の夢を一緒になって応援してくれた、ファンの皆さんや、メンバー、スタッフさん、・・・そして、AKB48を通じて出会えたすべての人達に感謝しています。
本当に、どうもありがとう。
絶対に、また会えると信じているので、さようならは言いません。

残りのシアター公演も、あと3回となりましたが、メンバーと一緒に、皆んなで頑張って行きますので、是非、会いに来て下さい。

折井あゆみ

_ 折井メッセージ雑感

文字起こしするに当たって、句読点の打ち方が良く判らず、折井の語り口に合わせて細かく打ってみたが、実際は文節をもっと短く、噛み締めるように話していた。
始めはゆっくりだったが、すぐに早口になり、声が揺れたり持ち直したり。
「メンバー」は当世風の平板なイントネーションで。

_ 閑話休題、平嶋ブログ。

AKBメンバーブログのpost_861.html、2007年01月23日 13:58投稿分の平嶋ブログの写真が実に良い味。

「吉例に習い、ひとつにらんでご覧に入れまする」

・・・という感じ。

「成田屋!」「日本一!!」

_ 折井コメント

「この卒業は、何時頃決めたんですか」との問いに

えー、卒業はですねぇ。 自分の中では以前から考えていて、スタッフさんたちには自分から話をしました。 それから秋元先生たちとも相談して、・・・えぇとそれが今月に、・・・今月に入ってからなんですけど、それで「3rdの千秋楽にしよう」って事になりました。

前々から考えていたようではあった。


2007-01-24 惨業 [長年日記]

_ AKB48 チームA公演

千秋楽が近付くと、自棄に忙しくなる。 とりあへず終業後に秋葉原。 入れる訳も無くカフェにて観覧。 劇場支配人が居る日なので、スピーカーの音量は大き目。
「ライダー」には間に合い、折井を目に焼き付ける。 友人が日記に、買ったCDを聴いていない理由としてこんな事を挙げていた。
「CDから流れる歌は、あのときの歌声とは全然違うから。」

セットリストは同じでも、一日として同じ公演は無い。 今日の公演は、今日しか見られない。
中に入れるに越した事ぁ無いんだけど、カフェで観る事の唯一の利点は、マイクが拾った音が聞き取りやすい事で、歌部分の出来不出来が良く判る。 矢張り中西が居ると、全体的に安定する。

「ライダー」後のMCは寸劇。 「大きなかぶ」
立てひざで蕪になった星野を折井が抜こうとするが、抜けない。
「おとうさん、おかあさ〜ん。」 渡邊と佐藤ブツブツ文句を言いながら出てくる。 ・・・が抜けない。 外人さんを呼ぶ。
なにやら外国語を喋りながら川崎が出てくる。 「『かぶ』って言うからナスダックの方だと思った。」 ・・・抜けない。 ライオンとリスを呼ぶ。
なにやら鳴き声らしきものと共に戸島と大江が登場。 抜けない。 妖精を呼ぶ。
コマタニ登場。 ・・・抜けない。 シンデレラを呼ぶ。
浦野登場。 出銭ランドの奴みたいなわざとらしい喋り方でシンデレラになりきる浦野。 怖い。
この辺の経緯は アイドル向上委員会でどうぞ。
結局星野が強引に纏めて、「次の曲どうぞ!!」
読んでも丸で伝わらないとは思うが、グダグダで下らなくて楽しい。

「誰かのために」の中盤、折井、星野、浦野の三幅対。 この三人が並んで歌うことも、もう無いのだなぁ・・・と改めて思う。
この曲も好きだったなぁ・・・と、楽曲情報を調べなおすと、これも井上ヨシマサ。 我ながら踊らされ過ぎ。

最後の曲は中央しか映らないので、アンコールのメドレーでは折井を目で追ってみる。 明るく終わろうとする意思が全身から出ている。
メドレー後の挨拶も明るく。

これも井上ヨシマサの手になる佳曲「涙売りの少女」で〆。
明日はカフェにすら入れるかどうか判らないので、今日が千秋楽のつもりで余韻を噛み締めながら帰宅。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [priligy dosage <a href=http://dstvmediasales.com/sitemap...]


2007-01-25 試みよ、然らば開かれん。 [長年日記]

_ AKB48 チームA「誰かのために」公演千秋楽

寄らば斬るぞ位の気合で仕事をやっつけて秋葉原。 とりあへず劇場へ行ってみる。
先ず8階に上がるエスカレーターのところで足止め。 「チケット抽選券もキャンセル待ち券も持っていない方は、今日は入れません。」と言われて下に降りる。
帰りがけに裏に廻ってみたら、知己が何人か。 カフェ入場待ちだったらしい。
警備の人に「どちらの券も持っていないのですが・・・」と言うと、「カフェの状況次第では入れるかも知れません」とのお答え。
そんなこんなで三曲目の途中ではあったが、何とかカフェには入れた。

吹っ切れ過ぎるくらい吹っ切れて見える折井が印象的。

高校の制服でオーディションを受ける二十歳の折井の映像が流された。 斎藤実盛みたいだった。 


2007-01-28 紺屋高尾 [長年日記]

_ AKB48 チームK公演(ソワレ)

ちょいと粧し込んで秋葉原。 一巡目入場で最前列中央。
こんなところでメモを採るのも野暮の極みなので、大人しく観覧。
一曲目の「友よ」は目の前で小野がタンバリン。 Lewis CarrollやVladimir Nabokovの末裔がよく口にする「14歳最強説」を裏付ける洗練。 昨年の二月に、我々を驚愕せしめた峯岸を色に例えて「黒」とすると、小野は「白」。

白いエロスは愛の巨大な光り輝く王国を支配し、黒いエロスはその影によって、是非はともかく「エロティシズム」の名のもとに呼ばれる一切のものを覆うのである。
「黒いエロス」André Pieyre de Mandiargues

河西を見て、帰ってきたウルトラマン第48話「地球頂きます!」を思い出す。 野呂の右膝にサポーター。 小林のエアギターと称する動きはどう見ても牧伸二、エアウクレレ。

二曲目「脳内パラダイス」で秋元がド真正面に来てドギマギしたりしつつ、完璧な動きの大島とあやふやな動きの小林の対比を楽しむ。

三曲目の「気になる転校生」や、九曲目の「クリスマスがいっぱい」、十曲目の「シアター・パイレーツ」から漂う70年代の香りが好きだ。 ABBAだったりBay City RollersだったりEarth,Wind&Fireだったり。

自己紹介MC今井と佐藤が劇団NYの小芝居をやっている間にさっと袖に捌けた小林が何やら本を持って戻ってきたと思ったら、宮澤の自己紹介の際に「高田が秋元にとって代わろうとしている」と言う設定の小ネタに絡んで占い。 持っていた本は「魔法の杖」と言う、設問を思い浮かべてパッと本を開くと答えが出ている(・・・と言う事になっている)本。 これなら小林にも出来る・・・と思ったら、最初から栞挟んでやがる。 やけに楽しそうな小林。

「泣きながら微笑んで」の大島は、歩幅や歩く速さ、見上げる角度、視点の置きどころ。 日毎に違う切り口で一と幕。 歌いだしも安定し、ファルセットも澄んで滑らかに。
冬の空気、粉雪、人の温もり、さまざまなものが大島の歌から紡ぎだされて、眼前に拡がる。

梅田休演、代役の大堀も休演で、河西と増田の「MARIA」。 増田の歌唱が安定しているので、フォーメーションで欠けが生じる以外は違和感無く。 マイクの角度が変わった時の音量の揺らぎも最小限に抑えられていて良い仕事。 近くで見ると、思った以上に体力を要求される振り付けになっている事に驚く。

兎に角、秋元が凄い「君はペガサス」。 嫋やかさと力強さが同居する綺麗な動きを堪能。
佐藤の細かく刻むステップの巧さを発見。 足首の使い方が上手い。

小野の細さを目の当たりにする「ほねほねワルツ」。
少女性を内包しつつ、外側から大人びていく奥と、少女性そのものが変容していく小野の対比の妙。

大堀と早野が休みで、流石に寂しい「くるくるぱー」だが、こんな日も楽しそうな小林。
歌の後の繋ぎMCが馬鹿々々しくて良い。
ひとしきり高田を弄ったあと、小林の見せ場。
小林の渡したリモコンで「2006年の4月」と松原が入力すると、「ドゥルルルルルル・・・」と高田が口ドラムロールを入れてから小林が「PARTYが始まるよ」を歌って踊りだす。
これに松原が「停止」「巻き戻し」「再生」と命令。 あたふたしながら命令に従う小林。 去年の4月頃の小林は余計な動きが多くて変だったと言うオチ。
「ねぇねぇ、あと半年と少しでクリスマスだよねぇ!!」と松原の強引な〆で「クリスマスがいっぱい」へ。

「シアター・パイレーツ」で舞台の一角がポッカリと空き、3人休んで損耗率19%で公演を成り立たせている事を痛感。

増田の歌いだしが柔らかくなり、大島へのつなぎがスムーズになった「片思いの卒業式」。 「喧嘩した文化祭」と言う歌詞から、喧嘩どころの騒ぎじゃなかった文化祭をいつも思い出す。

暗転して小休止ののち、「花と散れ!」
「僞和風は嫌い」と言っておいてナニだが、この曲にはシャッポを脱ぐ。 前後左右に安全なスペースのあるこの曲の秋元は実に生き々々と踊っている。

井上ヨシマサで更に2曲繋いで「転がる石になれ」で〆るメドレーで盛り上がった後に「草原の奇跡」。 今日も楽しく終わって最後の挨拶・・・と思ったら今井が3rdステージ千秋楽を以って卒業する旨、発表。 相方の佐藤が呆然としていた。 今井は一人で決めて抱えていたのだと思う。

それでも泣かない佐藤も、取り乱さずに纏めた秋元も弁えていて感心した。
ちなみに秋元は終演後の影アナもしっかり勤めていた。

良い席に座って、良い夢を見られた一日。 明日からまた働こう。
さながら「紺屋高尾」。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [viagra pills online <a href=http://dstvmediasales.com/sit..]



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
トップ «前月 最新 翌月» 追記