トップ «前月 最新 翌月» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2007-07-01 虚しさを噛み締める [長年日記]

_ AKB48 ひまわり組「僕の太陽」公演 初日(カフェ観覧)

ファンクラブ枠も一般抽選も全敗。 カフェの片隅で観覧。

中に入らない事にはどうにもしょうがないので雑感のみ。

前田と高橋とか、秋元と宮澤とか、これまで棒組みで動いていたのを分けているのが目に付いた。 感心したのは、大島優子が入る事によるバランスが上手く取られていた事。

大島は動きの質が違うので何処に居ても目立つ。 これは中西や秋元についても言える。

自己紹介では、各メンバーに大体均等に声援が飛ぶのだけれど、研究生のところではカフェから聴いていてもあからさまに声援の音量が凹んでいて、舞台上のメンバーが盛り上げる様が温かいと言うか世知辛いと言うか。 とりわけ佐藤亜美菜のところでは微妙な空気で、カフェもざわついていた。

気が付くと、舞台上では今日は出ない筈の小嶋陽菜が何食わぬ顔で踊っている。 この人も異質な動きなのですく判る。
途中のMCで「初日だけはどうしても出たかったので、無理言って出させて貰いました。」と説明するも、何の誰兵衛だか名乗らないところが小嶋らしいと言えば小嶋らしい。
小嶋とダブルキャストになっている(・・・と巷間言われている)佐藤亜美菜が後半どうなったのか、モニターからでは判らなかったが、前半のみの出演って事になるとまた世知辛い話ではある。

メンバーが喋るコーナーは増えたが、喋るとなるとチームKの方に一日の長がある。 仕切るほうでは大島と秋元が、盛り上げるほうでは佐藤と野呂が良い仕事をしていた。 特に野呂が凄い。

全曲終わって佐藤夏希誕生日企画。 野呂の仕切りで流れるような進行。 盛り上げ用に野呂が持ち出したタンバリンを、私のものだとばかりに取り上げる小野が良い味。

佐藤夏希が髪型をストレートにしたのは去年の8月の事だった。 「佐藤ってこんなに可愛かったっけ」と言うことで身の回りが盛り上がっていたのを憶えている。 私も驚いた口だった。
今年はどんな驚きを見せてくれるだろうか。

_ 今日の秋元

これ迄あまり見られなかった「可愛らしい動き」が、違和感なく出来ていたので感心した。
中で観たい。

_ 「研修生」か「研究生」か

オフィシャルサイトからも公式ブログからもリンクされていないスポニチサイト内のAKB48 SEEDのページにしか情報が無いので実に判り難いのだけれど、そこでは「研究生」となっているのでそれに従った。

3人目の佐藤、3人目のワタナベ、中西ではない里菜、里菜ではない中西、成田梨紗ならぬ成瀬理沙etc...。 昔の阪神の中継ぎ抑えわかりにくいトリオ「福間・引間・福屋」を思い出した。

さて、選抜されなかった14人のSEEDは、今後どうなるのだろうか。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [poppers and cialis <a href=http://www.rwuk.org/?product=z..]


2007-07-03 新橋に引っ掛かる [長年日記]

_ レッドペッパー新火曜寄席

新橋のジャズバーで、毎週火曜にやっているのに毎度忘れていて、終わってから思い出す落語会。
今回は前日に思い出したので何とか行けたが、残業で時間を食って二席目から。

「大山詣り」瀧川鯉之助
<中入り・吉幸二つ目披露>
「幇間腹」立川吉幸

「大山詣り」のような仕込みで説明が必要な噺は、その辺でリズムが悪くなりがちなので、少々演りにくそうではあったが、仕込を済ませてからの運びは良くて、後半は楽しく聴けた。

中入りを挟んで二つ目の披露と言うか挨拶と言うか。
贔屓にしている人が、初めて羽織を着て客前で挨拶する瞬間に立ち会えたのは実に感慨深かった。

最後は吉幸さんの「幇間腹」。
探るようなマクラから噺に入って自分の間と空気にして行く腕は流石。

店の中で軽く打ち上げ・・・になる筈が、日本酒をチェイサーにバーボンを舐める羽目になり、気がつけば浅草で呑んだくれて真夜中に帰宅。
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [kamagra pills india <a href=http://dstvmediasales.com/sit..]


2007-07-07 並ぶ週末 [長年日記]

_ AKB48 ひまわり組公演(マチネ)

メールは外れて小雨ぱらつく中、朝っぱらから並んで何とか昼のチケットを確保。 漸く中で観られた。

ダブルキャストとは言いつつも、替わり番こに出てくるような牧歌的なシステムではないので出る面子は偏っていて、大江とか戸島とか奥とか、私が見たい面子が中々出てこないのが恨めしい。
その割に実態の良く判らないSEEDから何人も出ているのがまた不思議。

楽曲情報も無いし、初見だからメモも取って無いし、根多バレを忌避する向きもまだあろうと思うので漠然と雑感など。

SEEDの二人(倉持明日香と佐藤亜美菜)は公演をぶち壊すような失敗も無く、オーディションからの期間が短い割に良くやっていると思うが、やはり動きをなぞるだけで精一杯で、表情は強張り、目は虚ろ、喋ればガチガチで可也痛々しい。
ダンスが下手糞だと言われてきた小林にしても、伊達や酔狂で一年半から舞台に立ってきた訳ではないので、並んで踊ると差は歴然。

まぁ、小林がここまできちんと踊れるとは思っていなかったので、その点は実に感心した。
細かいところでは矢張り「小林的解釈」が無くは無いが、周囲と調和して綺麗に動いているし、心底楽しそうな表情で舞台に立っているのは、観ていて気持ちが良い。
髪の毛のカラーリング、トリートメントもしっかりしているし、事務所でもそれなりに大事にしてくれているのだと思う。

古典的アイドルポップ調の曲の途中で、手隙のメンバーがチアリーダーと言うかポンポン隊というか、まぁそんな感じで出てきて後ろで踊るところがあるのだけれど、宮澤のポンポンの使い方が上手いので感心した。
宮澤のこう言ったところから、細部を詰めていく営為を積み重ねて舞台に立っているのが見て取れる。

やりたい事をやっている時の表情と、そうでない時のそれの落差が激しい板野は、そうでない時のそれでポンポン隊に参加。
板野とダブルキャストになっている戸島がどんな顔をしてポンポンを振っているのか見てみたい。
快楽原則に忠実なエピキュリアンの板野と、克己心の強いストイシズムの徒の戸島が対になっているってのも面白くは有るが、並べて観られないのは困る。

秋元の指令なのか漫才コーナーを受け持つ野呂と佐藤夏希は、自己紹介の部分から喋り方を変えていて、起承転結のある話を聞き取りやすい声と間で展開。
漫才部分では、今井とのコンビではボケを担当する事が多かった佐藤夏希がツッコミに廻って良い仕事。 根多の展開ではまだ硬さも見られるが、見応えのある楽しい漫才。

これ迄髪を束ねる事の多かった峯岸は、顔の周りの邪魔になりそうな部分だけ暴れないように処理をして、ストレートで。
髪を躍らせて踊るのが上手い。

秋元は、可愛いから格好良い迄様々な表情と動きを見せていて、隙が無い。
どう書いても陳腐になってしまうから、これは現物を見ていただくしかない。

_ 三人佐藤巴白浪

或る曲での下手側。 月も朧に亜美菜佐藤、夏希佐藤、由加里佐藤の三人が勢揃い。 こいつは春から・・・もう夏か。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [is generic levitra safe <a href=http://dstvmediasales.com..]


2007-07-08 二転三転 [長年日記]

_ AKB48 ひまわり組公演(マチネ)

メール抽選なんざさっぱり当たりゃしねぇ。 今日も今日とて朝から行列。
劇場版B.L.T.(・・・と言うか付録生写真)の販売列とチケット販売列を分けたので、チケット列は裏へ。 図らずも入り待ちのような形になり、メンバーの出勤風景を遠目に見る。 小林さまは今日もご機嫌なご様子。
チケット販売が始まる10時頃に、知己と「昨日の今日ですからどうなるか判りませんねぇ」と話しながら公式ブログをチェックしてみると、板野体調不良で戸島に振り替えの報。 漸く戸島が見られる。

例によって雑感を散文的に。

珍しく早く呼ばれて二列目中央。 近いと向こう脛の蚊に喰われた痕まで見えるし、舞台で足踏みした震動が床から伝わって来る。

緊張している所為か、自己紹介が「高橋なみ」に戻っている高橋みなみ。 

まだ状況が飲み込めていないと話す戸島。
ドン・キホーテの裏で生写真のトレードに勤しんでいた友人の話だと、戸島がタクシーでやってきたのは12時頃だったらしく、開演が13時だからメイクして着替えて体ほぐしてリハやってるうちに時間切れだったのだと思う。

「トジマが来ると聞いて、マリコとミネギシとトジマが入ってきて最初に何を言うか予想してたんだけど、怒っていたらどうしようかと思ってたら、開き直ってたのでよかった。」と小嶋。
確かに開き直ったようにポンポン隊でポンポンを振っていた。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [cialis lowest price <a href=http://dstvmediasales.com/sit..]


2007-07-10 あれやこれや [長年日記]

_ 成田の観た落語

ファンクラブサイトのブログで成田梨紗が4日の晩に

「明日は落語を見てきまああす☆笑はじめてなので楽しみ楽しみ★」(原文ママ)

と書いていたので、ちょいと香盤を調べてみた。
文脈から学校寄席では無いと見る。 学年単位で大人数が入れて、安くて、バスが停められるとなると国立演芸場。 大人数で入れるという条件なら浅草演芸ホールも可能性としては有る。
鈴本と末広はキャパが小さいし、バスでは行き難い。 永谷の寄席は一寸狭い。

国立の上席(一日から十日)は落語芸術協会の真打披露で、

柳家小蝠
三遊亭遊雀
スティファニー(奇術)
桂伸治
春風亭小柳枝
<中入り>
真打昇進披露口上
瀧川鯉昇
ボンボンブラザース(曲芸)
桂 文月(桂快治改メ)

と言う並び。
面白い人もそうでない人も居たが、私は寝ていた・・・てな事を成田は言っていたが、これはまぁ仕方ないかな・・・と。

ちなみに浅草はと言へば

初音家左橋
近藤志げる(アコーディオン漫談)
三遊亭歌武蔵
吉原朝馬
大空遊平・かほり
古今亭志ん五
川柳川柳
太田家元九郎(津軽三味線)
入船亭扇橋
三遊亭歌司
松旭斎美智
古今亭圓菊
<中入り>
金原亭馬吉/金亭原馬治(交互出演)
昭和のいる・こいる
柳家権太楼
古今亭菊春
翁家和楽社中(曲芸)
金原亭馬生
大喜利

成田どうこう以前に私が見たい。

_ 小林香菜の髪の色

買いかぶり過ぎたようで、劇場支配人のブログを見ると、自分でやっているような感じ。
まぁもちろん美容院には行っているのだろうけれど。


2007-07-11 電波でも飛ばせと言うのか [長年日記]

_ 小林香菜の髪の色 2

買い被り過ぎたようで、小林の髪は別に事務所が手を掛けてやっていた訳では無いようだ。
携帯サイトのブログがちょうど小林の番で「美容院に行った」との記述があり、公式ブログで支配人が書いていた事を勘案すると恐らく染め直して来たのだと思われるが、

みなさんゎ美容院のニオイ好きですかぁ??
答えて下さいね!!
(原文ママ)

どう答えろと言うのか。
小林らしいと言えば実に小林らしく、微笑ましいと言うか、頭を小突きたくなると言うか。
ちなみに私は美容院は嫌いで、床屋らしい昔気質の床屋にしか行かない。
そもそもパーマ液の臭いが嫌いだし、天井見ながら洗髪されるのなんざゾッとする。

しかし小林は、なんでここまで楽しそうに生きられるのだろうか。

_ 或る日の小林のMC

「えー、毎日楽しいよ。 劇場に来ても、学校に行っても、自転車乗ってても。」
本日のツッコミ(全10件) [ツッコミを入れる]

# ゆたかの [いつころのセリフだっけ?もう1年前かな。 小西康陽の歌詞のような詩的なセリフだと思った。 これ、聞いたときに連想した..]

# Trowsprep [<a href=http://buygenericonlineviagrashop.com/#6156>viagra..]

# SheashPaype [<a href=http://buycialispremiumpharmacy.com/#nqhms>cialis ..]

# amuchenah [<a href=http://buyviagrapremiumpharmacy.com/#uuolu>buy che..]

# nelmhountee [<a href=http://viagraboutiqueone.com/#ajzji>viagra 100 mg<..]

# Blurroult [<a href=http://buyonlineaccutanenow.com/#ttgmn>cheap accut..]

# Ephendrep [<a href=http://buyonlineretinanow.com/#jzhii>buy retin a c..]

# arcaroPoify [<a href=http://propeciaboutiqueone.com/#xbjkw>order propec..]

# engaraSathe [<a href=http://buyreliablezithromaxonline.com/#owzga>zithr..]

# tuntesits [<a href=http://primecialisonline.com/#nkmld>cialis online<..]


2007-07-12 それはそれでいいんじゃない [長年日記]

_ 小林香菜と言う不思議な生き物

AKB48が発する情報が劇場公演しか無かった頃は、血道を上げて劇場に通い、通えない日はアイドル向上委員会に目を通して情報を補完し、劇場帰りに時化込んだうどん屋で店員に厭な顔をされながら知己と情報を交換したりオダを上げたりしていた訳だが、今では知己が一人として観覧していない日なんてのはザラで、碌に情報も入ってこなくなった。
反面、劇場以外の情報発信は活発になってきていて、こちらを追いかけるのが大変なくらいなのだから一年有半で世の中変わったものだ。
最近更新が滞りがちな公式サイトの動画日誌、日によって更新頻度が偏るファンクラブサイトのメンバーブログ、一日一回更新の携帯サイトの当番制ブログ。 どれに出てくる小林も常軌を逸していて飽きない。

7/11の動画日誌。 篠田がロケ先のホテルのベッドの上で仰向けになってあられもない姿で腹筋に興じる小林を紹介。
「何のために腹筋してるの?」と問い掛ける篠田に小林曰く

「昼ご飯いっぱい食べるために。」

なんだか判らない。

ところ変わってファンクラブサイトのメンバーブログ。

かき氷って冷たいですよねっ(☆_☆)

なんで冷たいんですかっ
(原文ママ)

氷を口に入れると何故冷たいのかと言う根源的な問題に切り込んでいく小林。

ぁっ!!そぅぃぇば今日ゎ学校テストだったんですょ!!!

どうだったんですかねっ
(原文ママ)

高橋洋二じゃないが、10点さしあげる。

また別の日

すごく日焼けしたのに焼けました(O_O)

まぁ。焼けても、
小林 香菜です。
(原文ママ)

煮ても焼いても小林香菜。
我々人類が死に絶えた後にも、小林は生き残るのではないだろうか。
コバヤシ三億年。

_ なんで私はコバヤシを褒めつづけているのだろうか

ゆたかのさん
純粋な思惟を言葉にすると詩に似てくると言ったのは埴谷雄高だったか、誰だったか。
小林が不意に発した一言が胸を打つ事はまま有ります。
小林の美点は「面の皮が薄い」。 コレだと思います。
赤っ恥をかけば赤面して羞恥に身悶えしたりもするけれど、めげない。

子供みたいな話し方で
子供みたいな歩き方で
子供みたいに爪を噛んだり
子供みたいな我儘を言う


エアプレインみたいだな・・・と思った。
ホールデン・コーンフィールドみたいじゃぜんぜんないけど。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [cheap generic overnight viagra <a href=http://dstvmediasa..]


2007-07-15 土砂降り [長年日記]

_ 私的解禁日

ネタバレを極度に嫌う友人が、金曜にひまわり組公演を見たので、漸く楽曲その他に触れられる。
その辺りを含めて、つらつら書いていくことにする。

_ AKB48 ひまわり組公演(マチネ)

「台風が来る」「大雪だ」そんな日にこそ遊びに出掛けなきゃ・・・ってのを寄席で学んだ身としては見に行かない訳には行かないので、台風が来るってのに朝っぱらから雨の中秋葉原へ。
抜き足差し足で家を出ようとしたら耳敏い親に気付かれて「こんな日に出かけるのかい」。
べら棒奴、こんな日だから出掛けるのだ。

いつもよりは遅く着いたのだけれど、同じような事を考えてきた奴が20人凸凹。
こんな日に並びに来るような筋金入りの酔狂な野郎はお兄哥さんの出来が違うらしく、何食わぬ顔して割り込むような(手引きして割り込ませるような)野暮はおらず、朝並んだ実数とチケットなり割り込み防止券なりの番号がちゃんと合っていた。
一年半からこうやって「アイドルファンでござい」と間抜け面晒して並んでいるが、こんな事は最近じゃ先ず無い。
台風直撃の可能性も有ると言う事で、特別な何かを期待していた向きも有るようだったが、私は普段どおりの事を普段どおりに演ってくれりゃそれで良い。

入場抽選は悪いなりに良く、とりあへず死角の少ないところには立てた。 ちと遠いので飛び道具を活用。

影アナは河西。 「今日はハリケーンの中来てくれてありがとう」トカナントカオッシャイマシタカネ。
例によって舌っ足らずな甘口の喋り方。 かわいいから許されてしまう。 と言うか、許す。

裏表になっている「小野・奥」「中西・佐藤(由)」が共に休みなので、それぞれの担当ユニット部分のみSEEDから「藤江れいな」と「佐伯美香」。 全体曲は14人で。
秋元が居ないので成瀬、大島(麻)が居ないので倉持、増田が居ないので出口、小嶋が居ないので佐藤(亜)と、16人中6人がSEED。
ビル・ワイマンが二人居るローリングストーンズみたいで一寸いただけない。

倉持は良い。 収まったユニットも良かったが、でしゃばり過ぎず卑屈にならず、求められている仕事はきっちりこなしている。

成瀬も意外に良かった。 秋元ありきで書かれていると思われる曲での違和感がもっと有るかと思ったが、嫌悪感は丸で湧かず、淡々と見られた。
少々猫背気味ではあるが、厭味の無い声と動き。
まぁ「どちらが見たいか?」と訊かれれば私は秋元が見たいが。

全体曲では然程感じなかったが、1/3がSEEDなので、ユニットになると流石に一段落ちる感じはある。

「アイドルなんて呼ばないで」は成田、河西、早野、藤江。 ポンポン隊は松原、大堀、増山(下手)、戸島、成瀬、・・・と倉持だったか駒谷だったか(上手)。 ポンポン隊の松原と大堀と増山を中心に観る。
大堀は何処に居ても、舞台の上に居る限りは手抜き無しで常に何かしら仕事をしている。 それでいて悲壮感や重さは無く、楽しく観ていられる。
松原はやる気のある顔が印象的。 多くない出番を大事にして、その場で何を出来るかを常に模索している感じ。 良い表情だった。
増山は大分大人びた顔付きに成ってきた。 以前からの丁寧で綺麗な動きはそのままに、より伸びやかに。
上手に目を転じると、もっともらしい顔で戸島がポンポンを振っていて面白い。

「僕とジュリエットとジェットコースター 」は川崎、佐藤(亜)、佐伯。 SEEDの二人を従えた川崎の一人舞台の感。 SEEDの二人も良くやっているが、比較対象が小嶋だったり中西だったりすると、矢張り一段落ちる感じはあるのだけれど、それでも目立った失敗は無いのには感心する。

「ヒグラシノコイ」は高橋と出口。 オケと出口の歌がシンクロしないで、一寸変な感じ。 前の方で見ていた友人の話だと、ミキサーがトチッたらしく、増田の歌入りオケと出口の歌入りオケが被って流れて出口が戸惑っていたとのこと。
高橋の嵩増しした髪型の上から被せたチューリップハットが変な感じで、寿老人のような縦長の頭蓋に見えて面白い。

「愛しさのDEFENCE」は戸島を観ようと思っていたが、駒谷が予想外に良くて驚く。
戸島が止めたり溜めたり撥ねたりする部分の動きを綺麗に流して繋いでいく駒谷。 厭味の無い巧さ。
違和感が有るかと思った増山も、意外に上手く溶け込んでいた。

「向日葵」は松原、大堀、成瀬、倉持。 普段は八割方秋元を見ているので、所在無く他の部分を観る。
大堀は柱の陰で殆ど見えなかったが、松原の意志の強く出た表情が良い。
歌オケが強めの設定のなのを差し引いても、松原と大堀の歌は良くなっていた。
歌の後のMCでは、しっかり前に出て話を繋いで行く松原と大堀に感心。 大堀は喋るべきところでは喋り、引くべきところでは引き、纏めるべきところでは纏め、ダブルスタンバイで出番が限られる分、一回の舞台でやれるだけの事をやっているのが見て取れる。

「Lay down」。 メモには「戸島は凄いな」と書いてある。 凄い。
秋元がハマり過ぎているので比較するのは酷だが、単体で見る分には十分及第点の成瀬。
大堀の妖しい表情と動き。

何かに似ているとは思っていたが、友人に言われてから、「僕の太陽」はもはやなごり雪にしか聞こえない。

_ AKB48 ひまわり組公演(ソワレ)

メール抽選が当たらなくても楽に昼夜のチケットが買えたのなんざ何時以来だろうか。 そんな訳で夜のチケットも買えたので観覧。

入場抽選は相変わらず悪く、昼と同じようなところから同じように飛び道具を使って観る。

気が付いたら朝だったので、採ったメモから簡単に。

松原が「嘆きの壁」ではなくなっていた。
大堀、化粧の乗りが良い。
三曲目でオケの頭が飛び、高橋みなみが歌で一瞬うろたえると言う珍しい図が見られた。
河西、アイドルオーラ。 華がある。
戸島、コワイ。
出口≒伊佐山ひろ子
高橋、寿老人
大堀、目の周りがラメラメ。 コント赤信号。
「竹内先輩」で早野の第1ボタンが弾ける。
大堀、「エロい」と言われるのはお気に召さぬ様子。 「カワイイ」と言われて大いに喜ぶ。
何かと言うと「昭和の生き証人」にされる大堀
2日4公演だけの出演の藤江と佐伯。 終演後に挨拶をする際に感極まる佐伯。

大堀は見ていて飽きない。


2007-07-16 台風一過ながらすっきりしない休日 [長年日記]

_ AKB48 ひまわり組公演(マチネ)

私が見たい面子がズラリ並んでいるので朝から並んでみる。
私の好みと世間一般の需要とはズレがあるようで、昼夜のチケットを確保する事に成功。

入場抽選はそれなりで、見たい所が見渡せる席には何とか座れた。 遠いので飛び道具を出したり引っ込めたり。

野呂と佐藤の掛け合いと、小林の小林っぷりを見られるだけでも早起きした価値はある。
但し、頭の切れすぎる戸島が小林が暴走する兆候を察知して止めてしまうので臨界には至らず。
野呂と佐藤のコントは、これ迄の内輪だけで受けるネタではなく、より普遍的な面白さを志向したものになっており、きっちり笑わせた上でちゃんとオチまで付けていた。
自己紹介の際に小芝居を挟む佐藤と、間で笑いを取る野呂の個性の違いを上手くコントにも生かしている。

大江の髪の色が明るくなりすぎていて驚く。
大江と高橋をこれまで対比させて見た事はなかったので、こうして同じパートを演るのを見比べると面白い。 マイク音量の上げ方の所為も有ると思うが、マチネでは増田の歌の音量が勝ってしまっていて少々バランスが悪かった。

奥の手が大きくなっていた。 顔も益々大人びて来ているが、言動からも思春期の香り。

「僕とジュリエットとジェットコースター 」は川崎、佐藤(由)、佐藤(亜)。
佐藤(由)が入ってピリッと締まる。

今日は小林が良く喋る日。 一生懸命話を膨らませたり、纏めようとする努力がドタバタを生んで行く良質の喜劇。
流れでピンクが好きだとかどうだとか言う話になり、濃いピンクが好きだと主張する成田、それを真っ向から否定する小林。
「濃いピンクってショッキングピンクですよねぇ」
では、何故ダメなのか
「ショッキングな感じがするじゃないですか。」
なんだか判らない。
話の流れで大堀はエロいとかなんとかそんな事になり、初めて来たお客さんに「大堀=エロ」なんて印象を持たれたらどうするんだと困惑する大堀には構わず
「めぇたん(大堀)はいつからエロいの?」
数をかぞえさせると「1.2.3.たくさん」と答えそうな大雑把な小林の把握だと
「エロい=セクシー → キャラクターを確立している → エライ」
となるらしい。
そんな流れの中、口数は多くないものの要所々々で重要な一言を発する佐藤(由)。

楽しそうな顔をして歌って踊って良い曲の小林は実に楽しそうで、こちらが抱えている懊悩の全てが馬鹿々々しくなる位の多幸感を得られる。
もう10年も前になるだろうか、椎名がこんな事を言っていたのを思い出した。

「クスリなんか無くても、自由に飛べるじゃありませんか。」

_ AKB48 ひまわり組公演(ソワレ)

籤運良く、早めに呼ばれて4列目。 もっと前のほうの席はより良く見えるが、音を聴くには3列目4列目辺りが良いようだ。

マチネでは髪の色が明るすぎるように感じた大江だったが、「ヒグラシノコイ」の白い衣装を着た大江はビスクドールのような無機質な美しさで、息を呑む。
増田の強い声と大江の優しい声のバランスも上手く取れており、見応え聴き応えのある一曲になっていた。
本日一番の収穫。

「愛しさのDEFENCE」は駒谷と入れ替わりで今日は佐藤(N)。
この曲はダブルキャストになっている3組6人の誰が出て来てもそれなりに面白く観られる。
基本的な部分がきちんと出来た上で、それぞれがそれぞれに自分なりの味を付けている。

「向日葵」では、マイクの角度を口に正対するようにこまめに調整しながら歌う大堀に感心した。
決して表情には出さず、マイクに掛けた手だけが動いている。

「お祭りの出店は何が好きか」とか何とかそう言うお題での話。
「ケチャップがたっぷりのフランクフルト」と大堀。
この話そのものに深い意味は無いと思うが、セルジュ・ゲンズブールがフランス・ギャルに書いた「Les sucettes」に込めた暗喩を思い出した。
「お祭りの雰囲気だけを楽しめ」と言う家訓で、出店で物を買った事が無い戸島。
青い血が流れているのか、そこまで行かなくても「ドナウの水を数滴ふりかけて」と言う感じなのかな・・・と、ふと思った。

「どんな部活をやっていたか、またやってみたいか」と言うお題での話。
例によって「テニス部の部長をやっていた」と自慢げに話す小林。
では何かテニスに関する豆知識を披露しろと言われて、自信満々に
「雨の日はコートで練習できない」
こんなオカシナ事を言いつつも、戸島は甘えるのが上手いと言う話に脱線しかかると「今は『甘え部』の話じゃない」と軌道修正し、話も上手く纏めていて驚いた。

佐藤と野呂のネタ披露。 ソワレは「オーディション」
普遍的なネタと内輪ウケのネタをバランス良く混ぜていて、一見さんもおいてけ掘を喰わないし、馴染みの客も納得。
内輪ウケと自虐ネタはやるなと言われているらしいが、要はバランスの問題だと思う。
行く先々の水に合わせてネタは変える物であって、濃い客の前で濃いネタを演るのは悪い事ではない。
一般客の前で演る事も視野に入れているなら、普遍的な笑いの要素のある短いネタを幾つか作って、それを組み合わせて演ると客筋や持ち時間に合わせた調整が出来る。

_ しかし

秋元が見たい。


2007-07-20 途中下車 [長年日記]

_ AKB48 チームB公演

前回観たのが6/24だから、ほぼ一と月振り。
怪我の松岡と渡辺が復帰してからは初めての観覧。 久し振りに全員揃ったチームBを見た。

うやむやにして逃げてきた仕事絡みの電話が入場直前に入り、あたふたしているうちに立ち見も良い所は全て埋まってしまい、人垣の後から。
高い壁の向こうの中央を取るか、低くて隙間の多い壁の下手を取るか逡巡して下手を取る。 既視感のある視界だと思ったら、宇佐美目当てで通っていた頃によく立っていた場所だった。

碌すっぽ見えやしないが、音が聞こえる分カフェ観覧よりはマシである。

間の悪いところにツッコミを入れてしまったりはしていたが、井上は積極的に喋れるように成ってきた。 振り付けに気を取られ過ぎず、良い表情が持続。

先日のCD販売握手会に行った友人が「まゆゅ(渡辺)は実在した。」と興奮していたが、むべなる哉。 突っ立っていても可愛いところへ持って来て、喋り方から動きから、全てが齧歯類の様に可愛い。 可愛いで出來た生き物。 おそるべし。

仲谷の髪型が絵に描いたようなおかっぱになっていて驚く。 相変わらず前頭部の髪は激しく踊っても微動だにしない。

今日も鼻濁音が綺麗な片山。 喋る段になると毎度客やメンバーに突っ込まれて翻弄される。
メンバーはともかく、客に翻弄され過ぎるのは如何なものかと思うが、翻弄される様は可憐で良い。

日本語のイントネーションが独特で、異国の薫り漂う松岡。 意外に・・・と言っては失礼だが glamorous。

私には濃厚すぎた米沢の自己紹介があっさりしたものに変わっていた。 好印象。

浦野と渡邊はお揃いで側頭部二つ縛りの髪型。
「ツインテール」と言っていたが、我々世代には語感として宜しくない。 「可愛らしい髪型の浦野」ってのも久し振りに見た様な気がする。

今日も元気な平嶋。
ふと目をやった場所に居る事が多い。 それだけ目を惹くのだと思う。

ふくれっ面が絵になる柏木。 横顔も綺麗。

殆ど見えなかった「Blue rose」
スタンドマイクをゆっくり蹴って素早く引き戻す井上。 引き戻すと何故かマイクが上を向いてしまう米沢。

「禁じられた2人」の台詞部分がより感情を乗せた科白廻しになっていた。 緩急を付けた仲谷、溜める柏木。
柏木のくねる動きの返しが強く早くなっていた。 色々な部分に工夫を重ねているのだと思う。

全員揃ったのを久し振りに見た「雨の動物園」。 確かにまぁ渡辺は可愛いのだけれど、片山のソロパートが減ってしまったのは悲しい。 元に戻った訳ではあるのだけれど。

歌の後の間繋ぎMCは多田、早乙女、片山、野口・・・と松岡。
片山の猛獣遣いぶりが楽しい。

舞台中央の視界を捨てて下手を取ったのは、「シンデレラは騙されない」の片山の魅惑の三白眼を堪能する為だったのだけれど、睨むと言う程では無くなってしまっていたので肩透かし。
この人の顔は、角度と表情によってガラリ印象が変わる面白さが有る。

_ 折井あゆみ、ブログ開設

一月にAKB48を辞めて以来、活動状況が良く判らなかった折井が、誕生日にあわせて「折井あゆみの、目覚まし7コ愛用中…★」を始めた。
宇佐美のブログのようなやさぐれた内容ではないので、安心して読める。


2007-07-21 海苔 [長年日記]

_ AKB48 チームB公演(マチネ)

日記書き掛けで沈没。 気が付くと明け方で、続きを書き終える頃には夜が明けて、そのまま秋葉原へ行ってチケット行列。 この悪循環は何とかしたい。

CD発売に伴う握手会やら、映画公開に因んだ遊園地でのイベントやらが重なり、チケット行列は少な目。 なんとか昼夜のチケットを確保。

抽選入場の籤運はさっぱりで、何とか椅子席は確保。 座れたのは良いが、兎に角眠い。

ミキサー卓が変わったらしく、ここのところ音響トラブルが多発。 オケの出が早すぎる事が多く、暗転中の入れ替わりが済まない内にオケが出て明転ってのが何度も有って見苦しい。
マイク音量とオケの音量のバランスも悪いし、ハウリングの収束も遅い。 一寸いただけない。

どんな女性に憧れるかとか何とか、そんなお題での話。

「樋口一葉」と答える野口。 理由は
「ぐっさんなのにお札に顔が出ているから。」
野口は3500円札の肖像になりたいそうで、何故3500円なのかの理由は
「なんとなく」

長いブランクの有った松岡は、良くも悪くも初々しい。
アンコールで派手にすっ転んで、隣に居た田名部を驚かせていたが、本人は顔に出さずにそのまま続けていた。
この人の日本語は、日本語を外国語として習得した人のような言い回しやイントネーションが有って興味深い。 要観察。

何か厭な事でも有ったのか、妙にやさぐれた感じの浦野。 これはこれで面白い。

余りに眠くて、記憶が定かでないのでこの辺で。

_ AKB48 チームB公演(ソワレ)

入場抽選はさらに悪く、座れたのは良いが治安が宜しくない席。 中央ブロック後方より、下手ブロック後方の通路寄りの方が、私が見たい部分の視界は良い事が判った。

マチネに引き続いて音響トラブル。 更に照明もおかしかったり。
それでも狼狽えずに進行していたのには感心した。 初日から4ヶ月目に入り、物に動じなくなって来ている。

珍しく側頭部二つ縛りの仲谷。 前髪は例に因って海苔が貼り付いたかの如く微動だにせず。 どう言う仕組みになっているのか。

井上は高橋みなみ式の、パイナップルの蔕が頭頂部に付いたような髪型。

片山は昼夜とも編み込み二つ縛り。 以前のような無理にボリュームを出すようなのではなく、自然な感じで良い。

「黒髪ロングがチャームポイント」と語る松岡。 怪我で休演していた期間が長かった所為か、動きそのものは間違っていないし、あからさまに辛そうな表情も見せないものの、軸がぶれる。
平嶋あたりと並ぶと一寸目立つ。

「Blue rose」のマイク蹴り倒し。 何時の間にか浦野が一番上手くなっていた。 相変わらず蹴って引き戻してみるとマイクが上を向いてしまう米沢。
4人ともマイクの角度を口と正対させるべく、こまめに調整。 これは井上が上手い。

今日もダボハゼのように、食いつけるネタにはどんどん喰い付いて行く仲川。 前に出て行く姿勢は買えるが、喰い付いただけでオチも何も無い事が多い。
今日は平嶋が上手く掬い取って上手いオチを付けていた。
これに限らず、平嶋は常に話を繋げたり、拡げたり、収めたりすることを考えて喋っている。

マチネで採ったメモにも書いてあったが、早乙女が良かった。 頑張りすぎずに柔らかい表情が出せていた。 要注目。

「シンデレラは騙されない」では、片山の魅惑の三白眼を堪能。 人の良さそうな笑顔と、真顔になった時の凛とした感じの落差が面白い。


2007-07-22 握手しない日曜 [長年日記]

_ AKB48 チームB公演(マチネ)

小雨そぼ降る中、秋葉原へ。
CD発売に伴う握手会の参加券を求める人々が道路向かいのヤマギワで列を作っていて、劇場のチケット列は少な目。
CD販売の列がまるで進まないので訝しく思っていたが、向こうに並んでいた友人によると、まぁ色々有ったようだ。

昼夜のチケットは無事買えたが、入場抽選は最悪に近く、なんとかお立ち台の片隅を確保。 今日も飛び道具を使いつつ観覧。

片山が左膝に湿布だかテーピングだかをしていたが、動きには影響なく安心。

自己紹介の際のお題は「どんな着メロ・着歌を使っているか。」
渡辺が「天空の城ラピュタ」のムスカ大佐の声だと言い出して驚く。
「わっはっはっは。 見ろ、人がゴミのようだ!!」だったらどうしようかと思ったが、「私はムスカ大佐だ。」と言う当り障り無いものだった。
着信音がムスカ大佐の声だと言う事は、これ即ち寺田農の声だと言う事であり、実に夢のある話だ。

これ迄いじられ放題やられ放題だった柏木に逆襲を開始した片山が楽しい。 お題の件はあっさり済ませて「関係無い話をして良いですか」と断って話し始める律儀さ。
マチネでは、以前長電話した際に、話の途中で反応が無くなったので心配して呼び掛けたら寝ていた事を暴露。
片山の逆襲に臍を噛んだり膨れっ面をする柏木も微笑ましくて良い。

「Blue rose」は、柱で米沢しか見えないので、じっくり米沢を観る。
だいぶ余裕が出て来ており、終始柔らかい表情。
マイクスタンドを蹴って引き戻すと、相変わらずマイクが上を向いてしまうが、その辺りの対処は手馴れたもの。

「禁じられた2人」は、仲谷の科白部分を中心に。
科白回しだけでなく、表情にまで気を配っているのには感心した。

「雨の動物園」は、目の前に来た動物を観察。
8人揃うと柱で遮られても誰かしら視野に入る。 平嶋が来ると、パッと明るくなる。

「日付変更線」や「転がる石になれ」「シンデレラは騙されない」など、真顔で歌う曲の片山の表情が実に良い。
曲が終わると表情が和らぐ訳だが、その切り替わり方も面白い。

_ チームB写真販売

ソワレ迄の時間潰しも兼ねて、生写真販売列に並んでみる。
五枚で千円。 ホワイトバランスがおかしいのか、白バックが物によってはグレーなっていたりするが、表情は良く撮れていて、値段相応の価値は有った。

知己とあぁだこうだと批評をしつつ「今日のはハズレ無し、早乙女が意外に可愛く撮れていた。」なんて大声で話していたら、AKSの入っているビルから出て来た当人らが目の前を横切って冷や汗を掻く。

_ AKB48 チームB公演(ソワレ)

この週末の抽選入場の籤運の悪さは破滅的で、最終順入場。 お立ち台もヘッタクレも無く、下手側で立ち見。
マチネで片山の面白さを再発見したので、片山を中心に観覧。
舞台中央で起こっている事をある程度捨てて、下手側の視界を確保して見るなんてのは、チームAの「PARTYが始まるよ」公演以来。

兎に角、長時間の並び、立ち見、睡眠不足の三重苦で肉体的に疲れていたのと、CD販売に伴う厭な話を聞きすぎて精神的にもよろしく無い状態にあったのと、メモを採れるような状況でも無かったので、楽しかったと言う漠然とした記憶しか無い。

「マイブームは何か」とか何とか言うお題の時と、もう一箇所で計2回片山の「ブリっ子の真似」なるものを見られた。 眼福。
「よく『昭和だ』と言われる」と片山。 なるほど納得。

終演後に劇場で行なわれる握手会は、整理券の番号順ではなく並んだ順だという事で、終演を待たずにそそくさと劇場を後にする浅ましい光景が久し振りに見られて、「お見送り」があった頃を思い出した。
あれももう、一年以上前の話になってしまった。

_ 週末総括

柱や人垣で遮られた為に、これまであまり見て来なかった部分を観る事が出來た。

米沢や早乙女の表情が良くなったのには驚いた。 特に早乙女。

何か吹っ切れたような浦野。 自虐に成り過ぎず、良いバランスの喋り。
後先考えずに、とりあへず頭に浮かんだ事を喋る仲川の扱いが上手い。

一番の収穫は、矢張り片山。
これでチームBの公演を私なりに楽しく観るポイントを掴めたように思う。


2007-07-25 次は何時になるか [長年日記]

_ 惑星直列

五十音順で毎日書かれる携帯サイトのブログ。
チームAは 佐藤(由)
チームK は小林
チームBは 片山

見たい面子の文章が並んだ。 それぞれに味が有って楽しい。

_ 小林

ローマ字とひらがな打ちって一緒ですよね?


えー、違うから困ってるんですがね。
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [viagra switzerland <a href=http://dstvmediasales.com/site..]


2007-07-28 とりあへず並ぶ週末 [長年日記]

_ AKB48 ひまわり組公演 チケット並び

マチネは地方客限定公演と言うことで、実質1公演。
大島(優)、小野、篠田、前田が揃い、混みそうな気がしたので早めに秋葉原。
まぁチケットは買えたのだけれど、最近来始めた人々の思慮の足りなさには呆れる。

二列で並んでいる後ろから、平気な顔して一列で並んでおいでになる。
後から来た訳知りが、二列から一列に変わる横にシレっともう一列作って、結果二列に戻ったりしているのだけれど、これは一列にしちまった方が悪い。

_ 「トゥインクルライブ -前-」

時間がポッカリ空いたので、渋谷のシアターDにて、若手お笑いライブ。
逆切れガンジーが出るから見に行ったのだけれど、客層も出演者も肌に合わず。

逆切れガンジーは、今日もヒドい(良い意味で)ネタで腹を抱えたが、笑えない出演者の方が多かった。

そんな中でも良かったのは、こけし達、社会人Z、パパロア。
ザ・ベビースターズも上手かったけれど、ネタが好みではなかった。

_ AKB48 ヒマワリ組公演(ソワレ)

入場抽選は今日も悪く、何とかお立ち台の片隅に橋頭堡を確保。
細部は今日も飛び道具を使って観察。

冷房の噴出口の真下なので、自棄糞に出てくる冷風に頭が痛くなり、途中からは朦朧と。

ちゃんと踊れているかに見えた小林は、正確無比な秋元の横に来ると矢張り「小林的解釈」で踊っているのが判るが、楽しそうなので良い。

「本多芸能の手伝いをした」と小林。 HGSSロゴの入ったティーシャツまで有るそうで、小林の物なのかと他のメンバーに訊かれると

「なんだか判らないケド、有る。」

整列させたり、割り込み防止券を配ったりしたいと話す小林は実に楽しそう。
仕舞いにゃ「HGSSになりたい」と小林。
高橋に「りんごほっぺさん?(劇場スタッフ吉田氏のこと)」と訊かれると

「石谷さんが良い」


2007-07-29 降ったりやんだり [長年日記]

_ AKB48 チームB公演(マチネ)

厭な予感がしたので、ちょいと早めに秋葉原。
案の定、いつもより長めの行列。

昼は買えたが夜の分のチケットは売り切れてしまい、虚しくキャンセル待ち券を貰う。

抽選入場の籤運は相変わらずで、下手が見渡せる立ち見3列目。

早乙女が良い。 いつもより多目に早乙女に目配り。
表情の振れ幅が大きくなり、柔らかい表情を出せている。
「会いたい人は誰か」と言うお題で、チームKの佐藤夏希の名を挙げていたのが印象に残った。
恵まれているとは言い難い早乙女の現在を考えると、相談相手としては適任だと思う。

そのお題で「好きな声優さん」と答えた多田。 よりによってと言うか、さもありなんと言うか、平野綾。
平野綾に関しては、たぶん多田より客の方が詳しい。

閑話休題、どんなのに出ているのかと訊く片山に「『涼宮ハルヒ』だよ」と答える多田。
「そんなマンガが有るの?」と片山。
涼宮ハルヒを知らない片山を「時代遅れだよ」とバッサリ切り捨てる多田。

自己紹介の辺りで柏木が「片山陽加メンバーの昭和なところ、古いところが好きです。」と言っていたが、「アニメ」と言わず「マンガ」と言うところは将に昭和型。 昔はアニメーションの事を「まんが映画」と呼んでいた。

山手線ゲームで負けて、最近よくやる(やらされる)「ブリッ子の真似」なるものをやらされて、厭だ々々と口では言いながら、結局まんざらでも無さそうにやる片山。

_ AKB48 チームB公演(ソワレ)

キャンセル待ち40番台乍ら、奇跡的に椅子に座れた。
抽選対象だったマチネより良い席。

「Virgin love」で平嶋の衣装の肩紐が外れた。
先ず振付けの動きの中で直そうとし、駄目だと見るや袖に駆け込んで直して復帰。
良い判断だと思う。

「リベンジとはどう言う意味か」と、よりによって浦野に訊く渡辺に冷や冷や。

自分の髪型を「マッシュルームもしくは戦時中の女の子ヘア」と表現する仲谷。

終演後の手繋ぎ挨拶を止めて、渡邊志穂が千秋楽を以ってAKB48を辞める事を発表。

泣き崩れるより呆然とする感じで幕。 片山の思考を停止したような表情が印象的。
終演後の追い出しの影アナの松岡も上の空な感じ。

_ 今日の小林

上手花道脇で見学。 客席をキョロキョロ見回す。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [viagra otc <a href=http://www.rwuk.org/?product=zithromax..]



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
トップ «前月 最新 翌月» 追記