トップ «前の日記(2007-08-23) 最新 次の日記(2007-08-28)» 編集

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2007-08-26 遠方からの人になりに行く [長年日記]

_ 酒田へ

どうせ日曜は遠方と婦女子限定公演で、東京に居ても碌な事は無いので、夜行日帰りで酒田へ。
バスはそれなりに混んでいたが、制服で旅をする女子高生と思しいのが居て驚いた。
何故制服なのか。

_ 中町へ

朝っぱらに酒田に着いて、日曜でバスも走ってないので、歩いて中町へ。
駐車場の片隅ではススキが穂を出して、早くも秋の気配。
吹き渡る風は既に秋だが、陽が昇ればまだそれなりに暑い。 写真を撮りながらケルンへ行き、モーニングをいただく。 コーヒーが旨い。

_ 写真散歩

マスターと落語談義に興じた後、自転車を借りて写真を撮りに出掛ける途中で眼鏡屋さんに寄り、中通りの本屋がお盆に店を閉めた事を聞いて愕然とする。
愕然としたまま台町をうろついて写真を撮る。
相生町から中町のはずれに戻ったところで雨。 丁度開店時間だったので寿司屋へ。

_ 今日の「しばらく」

茶豆と水なますをいただきながら、東北泉の出品酒をちびちび。
茶豆は固いが、噛むほどに旨い。
東京の飲み屋で頼んだ枝豆がすぐ無くなるのは、噛んでも味がしなくてすぐ飲み込んじまうからなのではないかと思った。
水なますってのは、白身魚と薬味を叩いたのに味を付けて、団子状にして氷水に浮かせた物。
「なめろう」みたいな物だけれど、氷水で〆めたのがミソ。 この間作ったときは手抜きをしてフードプロセッサを使ったが、なめらかに成りすぎて美味しくなかったとの事で、今回は包丁で叩いたもの。
成る程、身の形が有る程度残っているので、歯ごたえかしっかりしている。
この時点で私は既に半泣き。 旨い。
水なますを平らげたところで握りに突入。 カネタタキ、オーヨ、カヤカリダイ、モーヨ、カサゴ、フグ、イシダイ、その他白身オールスターキャストでお届け。
途中で酒を補給。 「あとは白身だけだからさっぱりしたので行きましょう」てんで、今度は杉勇。
ワラサ、サワラ、マグロ、トロ、カキ、タラバエビ、ガサエビ、生シャコ、〆でなにやら白身のヅケ。
味噌汁の具はイギスと焼き茄子と白身のしんじょ。 この組み合わせがまた旨い。
生きてて良かった。

_ 観光用自転車残酷物語

観光用貸し自転車がロハで借りられるのは有り難いが、どうもメンテナンスがなってない。
今回借りた一号車は空気が完全に抜けていて、中通りの自転車屋さんで空気入れを借りてその辺はなんとかしたが、呼び鈴はもげかけていて鳴らないし、驚いたのはリアブレーキが固着した事で、流石に危なくて乗ってられないので返却。

_ 写真談義

中通りのジェラート・モアレさんへ行き、持って行った「マグナムの撮った東京」展と「カルティエ=ブレッソン」展の図録を出して暫し写真談義。
ブレッソンの写真に見入るご主人の「凄いが、凄すぎて見ていると疲れる」と言う意見に大いに頷く。 コミコミ○万で買ったというライカM3+エルマー50mm/f2.8を借りて川っぺりで試写。
撮りやすくて泣く。 手から放れないのをひっぺがして返し、来ていた写真好きのお客さんに拉致されてアンセル・アダムスのオリジナルプリントを見せていただく。
いやぁ、凄い。 見ると気が滅入るくらいのプリント。 ゾーンシステムなんざ糞食らえと改めて思う。 こう言う理詰めの写真は凄いけれど性に合わない。

_ コーヒーをもう一杯

時間も時間なので辞去してケルンへ。 アイスコーヒーをいただく。
水出しなので香りが良くてすっきりしていて、何も入れなくても旨い。
東京で飲む、あの泥水見たようなのは何なんだろう・・・と悲しくなる。
ト一屋で魚の煮付けと茶豆、清水屋の中の大谷閣の総菜屋で鶏レバーの煮たのと茄子の味噌炒めを購入。 駅へ向かう。

_ 呑みながら夕陽を見る

なんたら言う魚の煮付けは、食べてみたらブリの小さい奴。 淡泊で旨い。
茄子味噌は紫蘇の入ったさっぱりしたもので、茄子が良くて味噌が良いから気取らぬ味ながら旨い。 レバーも、東京で食う臭いのとはちがって、薄味ながらしっかり旨い。
この大谷閣の総菜は料亭とは思えない気取らぬ味付けが好きで良く買っているが、今のところハズレは無い。
ビールはヱビスと黒ラベルを買ったのだけれどこれは失敗で、両方ヱビスにすれば良かった。
茶豆の味が濃すぎて、黒ラベルを飲んでも炭酸水みたいな味しかしない。
楽しいのは新発田あたりまでで、新潟駅の乗り換えで走らなきゃならない事を考えると、そうそう酒も飲んでいられない。
新潟での乗換えで大荷物抱えて走って疲労困憊。
ぼーっとしたまま東京へ。
次に行かれるりのはいつだろう。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
# Dwightsa (2014-02-06 14:48)

zithromax z pack dosage <a href=http://www.rwuk.org/?product=cialis-comments>cialis comments</a> indian generic viagra http://dstvmediasales.com/sitemap.php?farm=is-viagra-over-the-counter - is viagra over the counter viagra weightlifting http://dstvmediasales.com/sitemap.php?farm=buy-propecia-hong-kong - buy propecia hong kong mexican viagra



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|
トップ «前の日記(2007-08-23) 最新 次の日記(2007-08-28)» 編集