トップ «前月 最新 翌月» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2008-05-02 帰りは雨 [長年日記]

_ Club 333 Night View DJ

今日も仕事帰りに東京タワー。 折井あゆみのDJイベントを観覧。
連休中という事も有ってか、観光客と思しき人々で賑わっていた。
大展望台にはカフェ・ラ・トゥールくらいしか座っていられる場所が無いので、1時間半から定点観測していると、同じ客がぐるぐる回遊しているのが判る。

食事を済ませてから上に上がると、七時二十分を廻った頃合。 折井は開始五分前くらいにブース入り。 今週から机の上に ONAIR ランプが付いて「らしく」なった。
マイクの横に置かれた口湿しのジュースの小瓶。 今日はラベルが剥かれていたが、小岩井 純水りんご と推測。 ラベルを剥いておくってのは、良い気配りだと思う。

今日の折井は袖と裾の拡がった白いブラウスに黒いレースのベストを羽織り、パールのネックレスを長めに。 下は細身のジーンズ。
例によってセミロングの髪は内巻きにして、肩から前に垂らしていた。

多少噛んだりトチッたりしていたが、曲間にスタッフと打ち合わせをしたり、リクエストカードに書かれた文章を修正したり、読み方を訊いたり、きちんと仕事をしようとする意思は感じられるので、ダレた感じはしない。
「読む」から「語る」に、「語る」から「喋る」に。 段々硬さが取れて、楽しい雰囲気を醸せるようになってきている。
折井と目が合って会釈され、「やべぇーよ、チョーカワイイーよ!!」と照れている丸刈り高校生なんて図もありつつ。

先週は無かった「カフェ・ラ・トゥールに一品注文するコーナー」では、ティーフロートを注文。 曲が掛かっている間、恐縮しながらソフトクリームを口に運ぶさまが微笑ましかった。

現場では流す曲のリクエストを受け付けている。
会場脇の机の上に、リクエスト用紙と掛けられる曲一覧の冊子が置かれており、名前とメッセージ、リクエストする曲の番号を記入して、リクエスト箱へ。
メッセージの文言に修正が入る事は有るが、基本的に全部読まれるようだ。
受付はイベント開始の七時半から八時十分頃までの短い時間なので、リクエストをされる方はお早めに会場へ。
また、東京タワーホームページの Night View DJ のところからもリクエストを送れる。 こちらの締め切りは前日まで。

当たり前と言えば当たり前だが、普通の人が普通にリクエストした曲が掛かるので、スタッフが用意した曲以外はベッタベタな選曲になりがちなのが難。 昨日はエグザイルが4回くらい掛かった。

辛い事と言えばそれくらいで、折井の顔を凝視するのが気まずければ夜景を見ていれば良い。
秋葉原方面は最早、仕事帰りにふらっと見に行ける場所では無くなってしまったので、来年の春までの期間限定ではあるが、こう言う気楽に楽しめるイベントは嬉しい。


2008-05-04 深まる謎 [長年日記]

_ 小林香菜の謎

昨日、大阪の信長書店で行なわれたイベントに小林も出演。
以下、信長書店の告知より引用

秋元才加ちゃん&小林香菜ちゃん&宮澤佐江ちゃん(Chocolove from AKB48)
AKB48 ヴィジュアルブック発売記念TV公開収録

AKB48ヴィジュアルブック発売記念TV公開収録が大阪で信長書店で行われまーす!!今回、来店してくれるのはChocolove from AKB48の秋元才加ちゃんと小林香菜ちゃんと宮澤佐江ちゃんの三人。(以下略)

引用終わり
中西の間違いかと思ったら、ちゃんと小林が行ったらしい。
えーと、これは Chocolove from AKB48 に小林が加入と言う事なのか、中西のアンダーと言う事なのか、単なる間違いなのか、チームKの新公演でこの3人がユニットと言う事なのか、何なんでしょうか?
小林の口パクと言うのも、面白そうなので見てみたくは有りますが。

_ 宇佐美友紀 所属事務所決定

本人ブログにて発表。
今後は PROUD に所属して活動するとの事。
色々ヤキモキした事もありましたが、本人曰く

みなさんや親を悲しませるような仕事はしないです。

との事なので、少しは安心できそうです。

_ バニラビーンズ情報

昨年の下北沢のクラブイベント以来音沙汰無しだったバニラビーンズが、メンバーが交代して再始動。
オフィシャルサイトも新しくなってブログも開設。
2nd Single「ニコラ」が5月21日に発売、レコ発イベントも5月25日に有るようです(詳細は未定)。
連休は秋葉原の電気街口でフライヤーを撒いているそうなので、見かけたら受け取ってあげてください。

_ AKB48 FCブログ 今日のトピック

大阪土産に皮だけの生八ツ橋を買って来て、

「あんこ入ってないんですケド!?!」

と狼狽える小林。
これは誰も勝てない。

_ AKB48 チームB おやつ公演

システムエラーの為、しばらくの間ブログを更新できず、すみません。
・・・と書くと免罪符になるらしいので、私も書いておく。

閑話休題、ほぼ一と月ぶりのAKB48。 昼公演にて佐伯が負傷退場でバックダンサーで来ていた研究生の冨田麻友が急遽代打出演との伝書鳩。 うーむ、佐伯が見たい。
連休の秋葉原は何を期待してるんだか無駄におのぼりさんが多く、末広町の駅から劇場まで10分近く掛かる惨状。 ドンキホーテのエスカレーターは上りも下りも将棋倒し寸前で実に危ない。
八階にたどり着くと、チケット購入は長蛇の列。 べら棒。

最悪の籤運で抽選対象のケツから2番目で入場。 空席は有ったらしいが立ち見客の向こうなんざ見える筈も無く、お立ち台は既に満席、仕方が無いので立ち見の3列目へ。

例の小芝居から一曲目が始まると、なるほど佐伯が居ない。 色素が薄い、白い南伸坊みたいなのが居て、これが冨田。 緊張の所為か、前に見たときより白い感じ。 第一印象はサリフ・ケイタ。
急な代役と言う事も有ってか、振り付けは大体憶えているものの立ち位置が覚束ない。 それを多田が押したり引っ張ったり指差したりして、文字通り「引き回して」いた。 良い仕事。

多田は研究生が大量に入って何かが変わったようで、可愛らしい見た目はそのままに振る舞いが大人びた感じ。

自己紹介のお題は「劇場でのルールを一つ増やすなら」。
特に無いような話を始めて客がざわつくや、「そんなにルールに縛られたいですか?」と野口。 切り返しの上手さに唸る。 付け加えて「敢えて言うなら私に興味を持って欲しいです。」。
山田くん、座布団3枚。
浦野はお題に絡めて「思いやりを持って欲しい」と客にやんわりと釘を刺していたが、ぽっと出の常連気取りが遣りたい放題なのは相変わらずで、劇場の中に居る本多芸能やライブパワーの連中も舐められて押さえが利かないので、抜本的にどうにかして欲しくはある。
「誰でも良いから、一つでも良いところを見つけて欲しい」と早乙女。 うじうじ逡巡せず、思い切って始めて最後までやり切るようになった早乙女は良くなったと思う。

「解けた靴紐を踏んづけて怪我をしないようにしよう」と仲川が何度も言っていたが、佐伯もそれなのだろう。

丸々一と月ぶりに見たチームBは、格段に良くなっていて驚いた。
激しく動く曲の後は流石に息が切れているが、喋りは途切れないし、喋っているうちに直ぐ落ち着く。 呼吸器・循環器まで含めて鍛えられているのが見て取れる。

特に目に付いて良かったのは、渡辺と米沢。
渡辺は歌って踊ると大きく見える。 化けた。
米沢は喋りで付いた自信が歌や振り付けにも出ていて、常に良い表情と良い動き。 立派過ぎる歯茎が目立たないように、笑い方にも気を配っているようなところも良い。

2008-05-06 ズッキーニ [長年日記]

_ AKB48チームB おやつ公演

籤運良く、三巡目入場。 二列目も空いていたが、敢えて三列目中央へ。
影アナは仲川。 相変わらずでたどたどしいが、詰まることなく注意事項を読み上げられたのは進歩と言って良いだろう。

例の小芝居から一曲目。 四日の昼公演で負傷した佐伯が復帰していた。 左膝はテーピングで固定。
「膝が抜けた」「予想以上に痛い」とのこと。

招待席としてよく使われるだけ有って、音のバランスも良く、死角も殆ど無い。
最前列ほどの臨場感は無いが、劇場のほぼ全てを見渡せる三列目は矢張り見易く聴き易い。
一曲目と二曲目は浦野がド真ん中で始まるのに今更気付いて感慨に耽る。

復帰した佐伯を観察。 膝をかばうような動きは無く、ほぼ普段通りだったと思う。 手足が長くて細い上に動きが大きいのだけれど、少々身体が硬いところが有り、反る動きなどが特異で、頑張ると顔が怖くなる。 動きがおかしいと言っても、小林のそれと較べると未だ人間の動きの範囲内。
井上と擦れ違った時に見たら、佐伯の二の腕は半分の細さだった。

その井上。 注意してみていても以前のように目立って動きが遅れる事は無くなっていた。 早い動きの部分はほぼ出来ていたが、ゆっくりした動きではまだ動き出しがずれる事が有るようだ。

研究生の鈴木は髪が目に入ったらしく、片目が赤く腫れていた。 汗も入ったのだと思う。

仲川が後半の全体曲で眼鏡着用。 ロッテンマイヤーさん。

多田は余裕のある動き。 全体に目配りが出来ている。 マイクを口の前で持ったままの田名部に下げるよう促したり。

「純情主義」は片山の歌に聞き耳を立ててみる。 激しく動く曲なので矢張り生歌率は低め。 片山の声は然程揺らいでいなかったので、もう少し生音率は上げられると思う。
このセットリストで唯一物足りないのは、生音率の高い「聴かせる曲」が無い事。
それが出来るのは片山だと私は思う。
この曲にバックダンサーで入っている研究生の中西のくねる動きが美しい。

_ AKB48 チームB公演(ソワレ)

図らずも知人と連番。 機械のトラブルとかで開場は遅れに遅れ、抽選が始まったのは七時過ぎ。
籤運はさっき使い果たしたらしく、二十巡近くの入場。 それでもなんとか下手ブロックの全体を見渡せる席にありついた。

影アナは早乙女で、七時二十分を過ぎて漸く開演。 導入部は端折って、小芝居は円陣の部分から。
田名部の動きが頭抜けて美しい。 動き出すとパッと華やぐ。

米沢は高い位置で左右に幅を持たせたポニーテール。 これは実に良かった。

ジュニアアイドル好きがよく口にする「14歳最強説」を裏付ける、渡辺の大人びた雰囲気と子供っぽさの微妙なバランス。

浦野の自由すぎる自己紹介と称したフリートークの後で、いつも遣りにくそうな早乙女の自己紹介。 それでも何とか自分の話に引き戻して〆ている。
早乙女にとっては良い経験になっていると思う。

気が付くと仲川が居ない。 部分出演とのこと。 鬼の霍乱。

「純情主義」でバックダンサーを務める研究生の中西の放つギラギラしたやる気が目を惹く。 「渚のCHERRY」でバックダンサーにされてしまったミネギシの放っていたそれに似た、下剋上オーラのようなものが中西からも出ている。

おやつ公演では終始笑みを浮かべていた「鏡の中のジャンヌ・ダルク」の米沢。 修正してきたのかマチネでは笑顔控えめ。
早乙女は動きに緩急を付けられるようになって来た。

海苔が張り付いたような仲谷の前髪、激しく動いて眉と額が見えた時の方が可愛い。

近視眼的な沿岸漁業から未来思考の栽培漁業へ転換した柏木の今後に期待。

研究生コーナーはかなり端折られてしまい、「名前→ありがとうございました」のみ。 客席はざわつくも、既に諦めムード。
以後、児童福祉法のタイムリミットと追っ掛けっこで進行。
時間切れ5分前でなんとか終演。

_ 鈴木菜絵の明日はどっちだ

AKB48の厭なところは、戸島然り、佐藤(夏)然り、田名部然り、地道に努力して良い仕事をしている連中が中々報われないところであって、鈴木も松岡が復帰すれば「狡兎死して良狗烹らる」と成り兼ねない。
まァ煮られはしないにしても、良弓がお蔵入りと言う事は大いに有り得る。
報われる事が無いでもないので、腐らずやっていただきたい。

_ 慣性質量 対 井上奈瑠

井上の動きが目に見えて変わった。

これが実に興味深いので、帰宅し次第更新予定(飽くまでも予定)。


2008-05-09 お天気下り坂 [長年日記]

_ Club 333 Night View DJ

今週も仕事帰りに東京タワー。
エレベーターに乗ろうとしたら、係員が
「すいません、あちらへお回り下さい。」
丁度、折井とスタッフが展望台へ上って行くところだった。 芝居の稽古の所為か、入りは何時もより遅め。

今日も「目当て」で来ている客がちらほら。

定番となりつつある内巻きセミロングの髪は、湿度が高い所為か少々暴れ気味。
忙しい所為か頭頂部のプリン面積が拡大していたが、初日が迫ればまた手入れをしていくのだと思う。
水色と白のボーダーのブラウスの上に、チューブトップに袖が付いたような、肩口の大きく開いた白く細かい網目のセーター的なものを着て、下も白のミニスカート。
黒のニーハイソックスに白いハイヒール。
帰りは薄い焦げ茶色のスプリングコートを羽織っていた。
肩口の開いたニットは、肩に視点が行くので腕がより細く見える効果があるらしい。

イベントスペースのスピーカーや案内板の配置は、少しずつ手を加えているようで、展望台内に如何に上手く聴かせるか、工夫をしているようだ。

気温が低い割に冷房は強めで、ミニスカートだったことも有ってか、赤地に白水玉のひざ掛けを使用。

DJのミズノ氏との掛け合いで進行していくが、折井がよく喋る日だった。
京都の話題になると、鈴虫寺や地主神社について熱く語る折井に、ミズノ氏も少々引き気味。

折井のお奨めを一曲掛けるコーナーでは、昨年アテレコと歌の仕事をしたクレヨンしんちゃんの映画の主題歌を流していたが、映画のタイトルはぼかして話していたのが妙に可笑しかった。 「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」とは確かに言いにくい雰囲気ではある。

会場でのリクエスト開始時間を前倒しした所為か、リクエストは何時もより多かったようで、19:40過ぎにはリクエストコーナーを撤収していた。
会場からのリクエストは相変わらずベタだが、スタッフの選曲は実に趣味が良く、これだけでも聴きに行く価値はある。

20:30を廻ると、出銭ランドの花火が遠く東の空に上がる。
音の無い花火は、妙に寂しい。

会場を後にする折井を見送って帰宅。
なんだか熱心な折井ファンみたいになってきた。 これで良いのだろうか?。

_ 鈴木菜絵

怪我で休演していた松岡が9日の公演から復帰したとの事。
これで代演の鈴木はお役御免となった訳だ。 少し淋しい。

松岡が怪我で休演したのは二度目だったが、今回は代役のレッスンが事前になされていた事もあり、学校行事で出られない日が一日かそこら有ったくらいで、鈴木がきっちり松岡の穴を埋めていた。

松岡は勢い余ってすっ転ぶ事があるくらいの大胆な動きに妙味があり、それと較べると堅実な鈴木の動きは少々面白味に欠ける恨みはあったが、ソツ無く代役の任を果たしていた事は大いに褒められて然るべきだと、私は思う。

鈴木は可愛いと褒めるほど目立って可愛くは無く、可愛くないと貶すほど破滅的な容貌でもなく、ごく普通の10代女子では有ったが、舞台の上での立ち居振舞いは的を得ていて、使える・使えないの基準に照らすと、間違いなく前者に当て嵌まる得難い人材であった。

これがまた研究生として燻ってしまうかと思うと、なんとも勿体無い。

鈴木や中西など、「只の素人」ではない研究生や、身の回りのローボールヒッターの連中が枕を並べて討ち死にしたイシダさんのような「全部持ってちゃう只の素人」の研究生が入った事による緊張感の所為か、チームBの連中は全体的に底上げされて良い動きと表情になっているように思う。

_ 潮干狩り

或る日の友人との会話
「劇場支配人にブログで公然と手抜き批判されるとは、○○くんも大変ですねぇ。」
・・・と、その某嬢のファンの友人をからかってみた。
「いや、名指しじゃないし」と軽く否定した後、「『やる気が無い』んじゃないんだよ、緩急をつけていると言って欲しいね。」

ファンと言うのは、有り難いものですね。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

# viagra [ http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.ht..]

# Uxlowilw [ http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.ht..]

# Dwightsa [propecia generic drug <a href=http://dstvmediasales.com/s..]


2008-05-16 上げ潮のゴミ [長年日記]

_ Club 333 Night View DJ

今週も仕事帰りに東京タワーに引っ掛かって帰る。
上げ潮のゴミのような人生。
なんだか熱心な折井あゆみファンみたいに成ってきた。
果たしてこれで良いのだろうか?。

今日の折井はこんな服装
女子の服装に関しての知識が無いので上手く説明できないが、光沢のあるピンクのハンチングを被り、緩く巻いた髪を前に垂らして、袖口の窄まった半袖の白いブラウス。
下はオーバーオールみたいになっている薄茶色のホットパンツで生足祭り。
紺のニーハイソックスに白いヒール。
脚が細いのに改めて驚く。 まぁ脚だけではなく、全体的に細い訳ですが。

今回はこのイベントの250回記念という事で、リクエストをした人には東京タワーのマスコットであるノッポンのノートと栞をプレゼント。
そんな事もあってか、いつもよりリクエストは多め。

DJのミズノ氏がカメラマンである事が判明。 現在、箱根の彫刻の森美術館で写真展を開催中で、今年の東京タワーのカレンダーもミズノ氏の撮影との事。

カフェ・ラ・トゥールから一品注文するコーナーでは、白玉クリームあんみつを注文。 バニラと抹茶のアイスが乗っていて、非常に美味しいと折井さまもご満悦。

「元気が出る曲」として来ていたリクエストから、折井自身の「元気が出る曲」は何かと言う話になり、すぐには思い浮かばなかったようだったが、イベントの最後にAKB48の「桜の花びらたち」を挙げていた。

退出する折井に軽く会釈をして帰宅。

_ 小林香菜

次の公演の準備期間にぶつかり、さし当たってお祝いのイベントも無さそうなのだけれど、チームKの小林香菜が誕生日を迎えた。
友人が「モバイルサイトの小林のフラッシュを待ち受けにすると幸せな気持ちになる。」と言うので、誕生日記念に私もそうしてみた。
「なんでこいつはこんなにバカ面なんだ!?」とも言っていたが、そう言う傾向のある顔ではあり、携帯を開くたびに色々な面白い顔の小林が出て来て、確かに幸せな気分にはなる。

振り付けが憶えきれなかったり、何かしらやらねばならない事が有ったりすると、ビクビクおどおどして悲惨な顔になってしまうこともあるし、誰か辞める人間が居たりすると公演の頭から仕舞いまで泣きっ放しでまるで役に立たなかったりするが、そう言った無駄なプレッシャーが無い時の小林は実に楽しそうな顔で、見ているものを幸せにする。
待ち受けフラッシュには、そんな顔が並んでいる。

根拠の無い自信に立脚した、空中楼閣のような小林の「ポジティブ」は、ちょっとした事で崩れ去ってしまい、めそめそと不安げにFCブログを綴ったりもするが、何時の間にか立ち直って太平楽を並べていたりもする。

さて、その小林、新公演のレッスンも佳境だと思うが、今頃どうしているだろうか。

_ 鈴木菜絵・続

昨日だか一昨日だかのチームB公演に、バックダンサーとして出ていたそうだ。
巷では高橋みなみのアンダーで登場した宮崎美穂と、今日も出てくるであろうイシダさんの話題で持ちきりだが、私には(バックダンサーとは言え)鈴木が出てきた事の方が重要である。
まぁ、腐らずやっていただきたい。



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
トップ «前月 最新 翌月» 追記