トップ «前月 最新 翌月» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2008-06-01 一年の重み [長年日記]

_ AKB48 チームK「最終ベルが鳴る」公演 二日目 おやつ公演

初日と二日目であわせて4公演。 FCと一般取り混ぜて7通予約メールを送ったが、当たったのは二日目のおやつ公演のみ。 あとはキャンセル待ちもヘッタクレも無く、かすりもしやがらない。
入場の方は籤運良く、三巡目入場。 初日を見た友人から「小林は上手によく来る」と聞いていたので、上手最前列へ。
引いて見られないので舞台中央から向こうで何が起きているのか判り辛くはあるが、叩いた手の音が生で聞こえる臨場感は最前列ならでは。

影アナは大島。 少々声が枯れ気味ではあり、「やむを得ず」のイントネーションがおかしかったりもしたが、さほど詰まらずに原稿を読めてはいた。

出だしは四曲続けて激しい全体曲。 装身具が外れ掛かった秋元がもぎ取って後ろに投げ捨てていたが、タイミングから投げる方向から落とす場所まで全てが的確。 人と人の隙間に飛礫のごとく。 ブラインドに当たって下にポトリ。
曲の終わりで動きに合わせてそれを拾う小林。
小林は後半の全体曲でも誰かが落とした何かを拾っていた。 この小林の「まわりを見られる余裕」が二日目から出ていることが、この公演の完成度の高さを象徴しているように思う。

今回のチームK公演は、ユニット曲に関しては休む人間の代役として研究生を使わず、チーム内で代役を立てる方針らしく、野呂と佐藤の代役の近野と大家は全体曲のみの出演。 ユニットコーナーで出番のない大家は、バックダンサーとしても出てきていた。
梅田も今日から一部出演で、何曲か研究生が代役で入っていたのだけれど、誰も紹介しないので、その姿勢の悪い猫背のSHIHOみたいな研究生は最後まで誰だか判らなかった。
(あとで友人に聞いたら、研究生の指原とのこと。)

ユニットコーナー一曲目は、社交ダンス見たようなドレスの成瀬・梅田と、男装の秋元と増田(この増田のやったパートは、本来は野呂の担当らしい。)
秋元と梅田、増田と成瀬で棒組になっての掛け合い。 途中から椅子が三つ出てきて、それを絡めて動く構成なのだけれど、これは少々消化不良の気味があった。
椅子を使いたいから椅子を出しただけで、+αが無い。 今は椅子の配置と扱いに意識が持って行かれてしまっているが、動きがこなれて椅子が自然に動くようになって来れば、また印象も変わると思う。
この三つの椅子は、次の曲でも使われて、曲の中で片付けられていく。

ユニット二曲目は、イントロが「悲しき片思い」(ヘレン・シャピロ!!)で始まり、途中「バケーション」(コニー・フランシス!!)になったり、オールディーズのガールポップをゴッタ煮にしようとしたら素材の味がそのまま出過ぎてしまったような怪曲。
人選が早野と小野と奥と言うのが泣かせる。 トランジスタグラマーとツルペタとバタ臭い子供と言う対比の妙。 ついに早野が生きる曲が出来た。
ゆったりしたブラウスに、サスペンダーで吊った半ズボン(敢えて「半ズボン」と書きたい)、体型が出ないようでいて、三人三様の微妙な差違が浮き出る。
国産美少女の完成形としての小野、活き人形の様な奥の息を呑む美形感、整った顔に不釣り合いなまでの早野の量感。 早野の夏が来た。

ユニット三曲目は、バックダンサーに研究生を従えて大島、宮澤、増田、倉持。
大島のバックに研究生を持ってくるってのも人の悪い構成で、私は好きだ。
大島はその日の出演者の調子とか、客の雰囲気とか、色々な要因によってその日のアクセルの踏み具合を変えてくるのだけれど、下剋上オーラを出して踊る中西や北原が後ろにいる所為か、今日の大島は鬼気迫る表情と動き。
色々な人と関わることで大島自身も変わってきたと思うのだけれど、それ以上に大島と関わることで周りが変わる。
このユニットで倉持が化けるのではないかとも期待してしまう。

宮澤は喋らせると訳の分からない事になってしまったりするが、少なくとも歌って踊っている間は実に良い表情と動き。
増田の破綻しなさ加減にもシャッポを脱ぐ。

研究生で目に付いたのは前述の中西と北原。 この二人は意識が前に前に出ているので自然に目に入る。
然し乍ら私が一番感心したのは鈴木。 バックダンサーとしての分を守りながらきっちり踊っている。
上手く使ってやって頂きたい。

四曲目は、大堀と河西の二人で「禁じられた2人」を突き詰めたようなエロ歌謡。
河西の衣装は「禁じられた2人」のそれを思わせるピンクのドレス。 それにエロ要素の装飾品が付く。
大堀は同じ様な形ながらよりエロ要素の強い紫のドレス。
歌もさることながら、大堀の情念過多のコッテリした科白廻しに唸る。 やり過ぎだからこそ許容できる物もある。
大堀の淫靡な動きも物凄いが、それを相手に一歩も引かない河西の受けの上手さも凄い。

ユニット曲最後は松原、小林、奥で「会員番号の歌」
奥のパートは本来佐藤夏希と聞いて納得。 佐藤の芸風はボケられるし突っ込める、歌えるし踊れる、シリアスな芝居も出来るし楽器も扱える一流の喜劇人のそれに近く、小林を上げたり下げたり泳がせたり沈めたりするには打ってつけの人選。
曲の後のMCも含めて、これは佐藤夏希で見たい。

後半も全体曲が続き、アンコールを挟んで更に三曲演って終演。
曲は前述のオールディーズごった煮とヴァン・ヘイレンの「ジャンプ」のパクリと「メロスのように 2008」以外、全体を通して殆どピンと来ず、散漫な印象に終始した。
これまで初演でピンと来なかったものは、ひまわり2nd然り、チームA3rd然り、また見ようと言う気分に成らなかったのだけれど、今回はいつもと違っていて、何故かまた見たいと思った。
それは「最終ベルが鳴る」公演が、チームK、ひいてはAKB48と言う物へのレクイエムなのではないか、そんな気がした事と無関係ではない。
何かしらもの悲しい終末感のようなものが基調低音として響いているように思えてならなかった。

曲はピンと来ないのにまた見たくなる要因と、終末感についてはまた改めて。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [buy viagra soft <a href=http://dstvmediasales.com/sitemap..]


2008-06-06 [長年日記]

_ Club 333 Night View 代打DJ 中西里菜

レギュラーの折井あゆみが舞台の本番と重なりお休み。 代打で同じ事務所の中西里菜。
office48で飼っている面子で廻すだろうと思っていたが、当日はチームK公演。 チームK以外は中西しか居ないので、消去法でそうなるだろうと思っていたら、果たしてそうだった。
案内板には「今日は折井あゆみに代わり、中西里菜(Chocolove from AKB48)がお送りします」と書いてあった。

七時過ぎに現場に着くと、既に目当てで来ていると思われる客がステージ正面の窓際にズラリ。
中西がエレベーターで上がって来るや、亡者共は雪崩を打ってブース前に殺到。
スタッフが出てきて、「こちらは通路になりますので、いつものように窓際で御願いします。」と整列の御願い。
するてぇと恐れ入るどころか「いつも来ていないのでわからない」てんで後に下がらない剛の者が居て呆れた。
そこがどう言う決まりになっているかではなく、人としてどう振舞うかと言うモラルに係っている事柄であって、誰かに決めてもらわないとどう振舞ってよいかも判らないと言うのは実に情け無い。
「応援している」とか何とかそう言う輩はよく口にするけれど、その「応援」なるものが贔屓の引き倒しになる危険性を孕んでいる事を考えていただきたい。
我々が間抜け面提げて現場へ出向いたところで、それが応援になるのかどうかなんざ判りゃしないんで、せめて足を引っ張らないようにしたいし、して頂きたいと思う。

しかし、折井が最初に代打で出た時は、もう少し客の整理に力が入っていたと思う。 仕切りの悪さも混乱に拍車を掛けていた。
そう言う状況で、知己の中でも一番の厄介な客が、白いW-ZERO3を弄りながら上手に現れて、どうなってしまうのかと頭を抱えていたら、その「厄介な客」は厄介な客本人ではなく、よく似たマネージャーの野寺氏だった。
居るなら仕切れば良いのに。

そんな訳で中西里菜が登場すると、一旦下がった連中もじわりじわりと前ににじり出てきて、結局通路なんざ有って無きが如し。
仕事帰りと思しき、背広着た客が率先して塞いでやがるんだから始末が悪い。
中西が何か喋る度に、空気読めない客が拍手喝采。 レギュラーの折井がどう言う立ち位置でこの仕事をしているか考える脳みそがあったら振舞い方も変わると思うのだけれど、判らないのだからまぁ仕方が無い。 諺通りで「つける薬が無い」。
もっとも、古参の中西ファンの人々は遠巻きに見ているようであった。
一対一になりたがる客と、一歩退いて全体を俯瞰しようとする客。

折井あゆみをして「この国の将来が心配です」と嘆かせた、ナニがアレな、AKB48で今年二十歳になる世代の一人である中西。 開演前の影アナの原稿ですら噛んでいるようなのが、漢字で書かれた原稿なんぞ読めるのかと心配はしていたが、漢字どころかカタカナでつっかえていて、ハラハラドキドキ。 なにしろ「カフェ・ラ・トゥール」が読めない。
漢字も同様で、私も黒田ペトリ堂にされてしまったり。
本人も「カタカナと英語が最悪に弱い」と嘆いてはいた。
原稿通り読めないのは、見た目では判り辛かったが極度の緊張の所為でもあったようで、福山雅治を福原雅治と言い間違えてDJミズノ氏に指摘され、「私、今なんて言いました?!」てんで泡喰って言い直したらまた福原雅治だったり。

カフェ・ラ・トゥールに一品注文するコーナー。
「何が美味しいんですか?」と中西、「うーん、アイスクリームものが美味しいんですけど、食べてる場合じゃ無いですかね。」とミズノ氏。 確かに。
そんな訳で「・・・そうですね。 では、オトナな感じで・・・」とアイスコーヒーを注文。
やはり飲んでいる余裕は無かったらしく、アイスコーヒーは殆ど手付かずで残っていた。

中西は、初めから仕舞いまで緊張の面持ちで、喋れば噛みに噛んでいたし、横文字は殆ど正しく読めなかったけれど、その辺りを大幅に割り引いて見れば、与えられた仕事をきっちりこなそうとしている姿勢は見て取れたし、少ないながらも自分の言葉で喋れている部分では活き活きとした姿も垣間見る事は出来た。
曲間には、DJミズノ氏から原稿やリクエストカードの読み方について入念なレクチュアを受けていたが、中西の側にそれを咀嚼する余裕が有ったかどうか。 それでも最後のほうでは悪いなりに良くは成って来ていた。
中西の細いがよく通る透き通った声自体は耳に心地良く、ラジオ向きであり、原稿を下読みして読めない字や判らない単語を調べておいて、それを本番に生かせれば、二回目以降は良くなるのではないかと思う。

この先、こう言う仕事をやりたいのであれば、情報の引出しを多く持てるように見聞を広げて欲しい。
「どんな曲を歌う、どんな歌手なのか」と言う知識ではなく、「どう読むか」と言う基本的な情報が少なすぎるように見受けられた。 どんな歌手かなんて知らなくても、スラッと読めればそれらしく聴こえるものだ(折井はそうしている)。

三基あるエレベーターのうち、一基が更新中。 混み合う前に中西が退出するタイミングで離脱。
本領発揮とまでは行かなかったが、中西の凄さの片鱗くらいは見られたので、まぁ良かった。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [generic viagra online without prescription <a href=http:/..]


2008-06-08 さながら蔵前駕籠 [長年日記]

_ AKB48チームB公演(ソワレ)

今週末もメール抽選の籤運はサッパリで、土日とも3公演ずつのところ、11通送ってFC枠でのアタリが一つ、一般で絶望的な数字のキャンセル待ちが一つ。
そんな訳で土曜のチームK公演は見られず、日曜のチームBのソワレのみ観覧。 土日で4公演観られたのなんざ、今は昔。 もっとも4公演観た日にゃ財布がもちませんが。

あんなことが有った日なので、心なしかカフェの空気も重く。 いやはや、アイドル見るのも命がけ。
抽選入場はそれなりで、まぁなんとか全体を見渡せる場所を確保。
影アナは菊地。 妙に威勢が良いのは若くて元気なのか、もはや自棄糞なのか。
今日は足の怪我が尾を引く佐伯が一部休演するだけで、チームB全員が出演。 思えば松岡が怪我をしたり、佐伯が怪我をしたり、多田と渡辺が休んだり、全員揃ったのを見るのも久し振り。
松岡は休んでいる間に些か膨張したらしく、ウエストの位置が上がってスカートの裾から次の衣装がはみ出てしまっていた。 帝国陸軍ではないけれど、服に身体を合わせないと一寸不味い。 そもそも別注の井上の衣装には、こう言う事は起こらないようだ。
松岡は顔もぷくぷくしたようでは有ったが、相変わらず動きには切れがある。 井上は、顔だけはシャープになった印象。 早乙女の表情が良い。

自己紹介のお題は「男の人にカラオケで歌って欲しい曲」だか何だか。

「カラオケに行かないので答えられない」と仲川。 代わりに男の人が食べていて美味しそうに見えるものを、少し含羞みながら答える。
「ステーキです」
これに対して菊地が「ばーか」と茶々を入れ、仲川に反撃の隙を与えずに自分の自己紹介に入っていた。 このあたりの掛け合いも楽しい。

片山が「久保田利伸さんのMissingです」と言うや、「昭和だ」「昭和、昭和」と客席がざわつく。 「何でざわざわしてるんですか?」「・・・昭和?!」「昭和じゃないですよ、平成です!!」とむくれる片山。 このむくれ方がまた昭和。

浦野の自己紹介が「私に惚れたら上級者」に変わっていた。
その浦野。 「Y.M.C.A.」と言っていたが、「YOUNG MAN」ではなく「Y.M.C.A.」と言ったと言う事は、西城秀樹ではなくVillage Peopleだと言う事なのかと、顎が外れるくらい驚いたが、レイザーラモンHGを想定しての答えだったようだ。

「天使のしっぽ」
コドモとしての可愛らしさはそのままに、動きに巧さの出てきた多田が素晴らしい。
仲谷の眼鏡無しの顔のメイクと髪型にも、漸く落とし所が見えて来たようだ。
野口も髪型がすっきりした所為か、表情が明るくなったように感じられた。

「パジャマドライブ」
肩の力が適度に抜けた仲川の表情と動きにゆとりが出来た。 平嶋の動きは相変わらず高いレベルで安定しているし、渡辺の動きと表情も、可憐でありつつ煽情的。 良いバランス。

「純情主義」
今日はなんとなく生音率が高かったような気がした。 片山の歌は生で聴きたい。
似たような体形で、大きく激しく動く井上と松岡。 直線的に動いて止める剛の井上と、曲線的に動いて流して止める柔の松岡。
片山は手首から先の関節の可動範囲が広く、指先まで神経の行った動きが美しい。
バックダンサーで鈴木が入っていた。 相変わらず過不足無い良い動き。
挙動はだいぶ落ち着いて来たが、鈴木の横に来るとイシダさんは矢張り怪しい操り人形のような動き。

「てもでもの涙」
全ての曲に言える事だが、柏木の歌っている時の表情が、見違えて良くなっていた。
これまでは感情を込めると一様に下瞼が上がって険しい表情と言うか、凶相になっていたが、曲の世界観に合わせて演じるような表情の変化も見られたし、客席を睥睨して目で殺せるようになった。
佐伯は前髪が伸びすぎて眉が見えないので表情が判り難い。 髪で輪郭を作っていたが、少し小さく囲いすぎた印象。
怪我が治り切っては居ないようだったが、動きそのものに影響は見られず。
本当は相当痛いのではないかと思われる。 それを考えて、表情の変化が見えにくい髪形にしたのかも知れない。

「鏡の中のジャンヌ・ダルク」
田名部の動きが相変わらず綺麗。 溜めの作り方と衣装や髪の振り回し方が巧い。
米沢も米沢なりに、早乙女も早乙女なりに良い動き。 浦野も、昔は激しい動きの曲では如何にも「頑張っています!」と言う感じの動きだったが、激しい中にも優美な動きが盛り込まれていて、「キスはだめよ」の頃を思い起こさせた(あの曲は1stユニットが一番良かった)。
この曲は菊地も含めて五人五樣で動きの質が違うので、何処を見ても面白い。
曲が終わった後の間繋ぎMCでは、流石に息も絶え絶えと言う感じではあったが、5人で上手く繋いでいた

後半の全体曲は仲川がロッテンマイヤーさんみたいな眼鏡を着用。
田名部と井上が並ぶところがあるのだけれど、井上の動き出しのタイミングはズレなくなっていた。 但し所々井上的解釈で簡略化。
浦野の肩から入るミュージカル動きが美しい。

アンコール半ばのMC、「何か言いたい事ある人〜」で激しく反応する仲川。
自己紹介のお題を勝手に変えてしまった事を平謝り。
「バカな事を言ってしまってすいませんでした。」「ホントは良い子なんです。」「初めて来た人は誤解しないで下さい。」
他のメンバーがツッコミを入れようとすると、人差し指を口の前で立てて「しぃ〜!」

この陽気で一日三公演とあってか、平嶋ですらMCの段取りが飛んでしまったり、幾分くたびれているような印象を受ける部分も有ったが、周りが守り立てて何とか形にしていた。
「ダメだコリャ」と感じる部分も皆無。 実に楽しい公演であった。 チームBは、今が見頃だと思う。 全てが見所で、目が二つしかないのか恨めしい。

_ チームK、チームB 比較

誰が見ても楽しいのはB、誰が見ても凄いのがK。
Kの新公演は多少予備知識が有ると楽しく観られるが、初見だと吃驚しただけで終ってしまうかもしれない。
その点Bはハードルが低くて、初見でも十分楽しめる。

_ 研究生雑感

終演後の挨拶のところ。 研究生のお辞儀がチームBの連中より短い。 少々浮かれすぎなのではないか。
お辞儀もそこそこに客に愛想を振り撒く光景が上手でも下手でも見られた。
客なんざ偉くもなんとも無いんで「頭下げろ」とかそう言う話ではなく、舞台に立つ者の最低限のエチケットとしての挨拶はきちんとした方が良いと言う事。
可愛いから許されて入るが、首を傾げながら首から上だけガクリと下げるようなのもいただけない。


2008-06-13 No pictures allowed. [長年日記]

_ Club 333 Night View DJ

今週も仕事帰りに芝大門。 すっかり日が長くなって、夕空に東京タワー。
なんだか熱心な折井あゆみファンみたいになって来た。 これで良いのだろうかと自問。 まぁ、良いのではないでしょうかと自答。

今夜は折井の入りが遅れて、5分押しでスタート。
今日の折井は水色の花柄のチュニックに白のパンツ。 胸元にはパールのネックレス。
ジメッとした陽気ながら髪は暴れておらず、舞台の本番に合わせて手入れをしたのだと思う。

目当ての客はいつもより多めだったが、マナーの悪さに些か閉口。 人として模造紙以下であると言う事は、即ち既に人間ではないと言う事を意味する。
それでも先週よりは平和、先週が酷過ぎた。
なぜアイドルファンの低劣な部分を占める客と言うのは、群れたがり馴れ合いたがる割に、タレントとは1対1になりたがるのだろうか?。

東京タワーホームページからのリクエストが浸透してきた所為か、現場でのリクエストは早々と締め切り。 今日は「結婚5周年です」とか「今夜プロポーズします」とか、Night View DJに合わせて記念日を祝おう、記念日にしようと言うリクエストが幾つも有り、折井も興奮気味。
それだけ東京タワーのイベントとして浸透していると言う事なのだろう。
折井は常に自分の言葉で喋れる状態にあるので、リクエストそのものもしっかり読めているし、それを元に話を膨らませたり、DJミズノ氏に振ったり、良い仕事。
ミズノ氏のターンテーブル捌きにも、キレが有った。
回を追う毎に良い放送に成って来ていると思う。 塔内のみのオンエアなのは実に勿体無い。
番組としても楽しいが、リクエストの多くを占める一般客からの「惚気リクエスト」の箸休めとしての「ふつおた」的スタンスのリクエストを書く作業も(選曲も含めて)私にとっては楽しい。 何と言うか、ハガキ職人の血が騒ぐ。
その日その時にあわせたネタを織り込みつつ、選曲に凝ってみる。

週末に父の日を控えて、父の日の思い出など。
お金を掛けないプレゼントとして、何年か続けて「ナントカ券」的なものをあげていたそうなのだけれど、折井(父)は直ぐ無くしてしまい、実質何もあげなかったような年が有ったなんて話を。
その「ナントカ券」の中には「肩叩き券」「腰揉み券」の他に「朝起こし券」が有ったと話していたが、そもそも折井本人が(以下略)

舞台で重ねた経験が生きてきていて、原稿は合間々々にしつかり読み込んでいるし、その時々の状況に合わせた振る舞いも出来ている。
何より声が変わった。 発声が良くなった所為か、噛まなくなったし、張らなくても通る声が出るようになっている。
客の質は落ちたが、折井の仕事の質は確実に上がっている。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [cheap generic kamagra <a href=http://dstvmediasales.com/s..]


2008-06-14 演芸三昧 [長年日記]

_ 大袋さわやか寄席〜今日も元気です〜

お馴染み「倉庫の二階」。 六月興行は前半落語、後半はひとりコントと活弁と言う構成。


大袋駅の構内にポスターがぺたり。

会場は村田スプリングの二階から北部市民センターに移り、いきなり広くなった


「たらちね」 立川らく里(落語)
これまではマクラやトークライブで見せるとんがった部分と、きちんと演る落語本編に落差があるように感じていたが、噺の要所々々にらく里さんらしいクスグリが散りばめられていて、非常に面白く聴けた。


「寝床」立川談大
登場人物のすべてがコワイと言うような事も無く、凄味と飄々とした部分のバランスが絶妙で、楽しく聴けた。
大根多が短く感じたと言う事は、それだけ聴く側が引き込まれていたと言う事なのだと思う。

〜仲入り〜


「ひとりコント」ヘブリスギョン岩月
兎に角、凄い芸。
初めて観るお客さんがどう受け取るか不安だったのだけれど、尻上がりにウケていた。
こう言うテレビでは決して見られない人をこそ、お金を払って観ていただきたいと切に思う。


「血煙高田馬場」「太郎さんの汽車」「豪勇ロイド」
坂本頼光(活弁)
洋画邦画取り混ぜて、モノクロサイレント三本立て。
落語とも講談とも違う独特の語り口。
こう言う演芸の会で落語と一緒になる事は少ないそうなのだが、親和性は高いと思う。
中トリが活弁と言うのもアリだと思う。

2008-06-15 さよならコンサート [長年日記]

_ KEEPERS MANIA Vol.4 〜Birthday 如月まりい〜

昼前に恵比寿へ。 撮れるライブなんて何時以来だろう。

出演:氷織、あけ☆たま、Noisy、K3-1、THE KEEPERS(出演順)


氷織


山本春香(あけ☆たま)

山走千春(あけ☆たま)

美弥乃静(あけ☆たま)

あけ☆たま<


Noisy


K3-1


利心(THE KEEPERS)

如月まりい(THE KEEPERS)

THE KEEPERS


すべての写真は墨田ペトリ堂 ライブ写真ギャラリー に。 (←借りたのはいいが、実に見辛く、使い辛い)

結論から先に書いてしまうと、私の場合「観る」と言う行為に「撮る」まで含まれているのだと言う事を痛感。 裸眼で見るより、レンズを通したほうが客観的に観られる。
染み付いた裏方体質の所為か、アイドルに限らず落語でも芝居でも、ド真正面から観るより、手か下手でみるほうが落ち着く。
無理な話だが、出来れば袖から観たい。

出演者は例に依って私の興味をそそったりそそらなかったりしたが、観るに堪えないようなのは無くて、全てそれなりに楽しく。

今回初見で且つ拾い物だったのはあけ☆たま。 月蝕に出ていた時の、隙の無い美弥乃静しか観たことが無かったのだけれど、隙の無い歌の部分と隙だらけの喋りの落差が面白かった。

THE KEEPERSは、掛け合いの巧さと華麗な動きに唸る。
如月まりい嬢のバースデーとの事だったが、夜の部もあるからなのか、自分たちにまつわるイベントは二の次なのか、ケーキが出て来たりとか、そういう演出は無く、実にあっさりと。
各出演者がMCで話す「おめでとうコメント」は洒落のめしたり照れたりしつつも真情の篭ったもので、微笑ましくも感動的であったり。

ハイネケン一杯引っ掛けてから、酔いが醒める位の撮影三昧。 これで3000円。
マナーもヘッタクレも無い連中と鮨詰めで碌に見えないで3000円ってのが日常化していた私にとって、ライブとは何なのか考えさせられる一日となった。

2008-06-20 天気読み [長年日記]

_ Club 333 Night View DJ

今週も仕事帰りに東京タワーへ。

下から見上げると、雲が低く垂れ込めて特別展望台から上は白く霞んでおり、エレベーターで大展望台に上がると、周りのビルも上の方には靄が掛かったように成っている。
霧雨までは行かないが、じっとりと湿っぽい。

今日も誕生日に結婚記念日にプロポーズ。 お目出度いリクエストがテンコ盛りで、リクエストをした当人が現場に居たりもして、何時になく盛り上がる。
海外からのリクエストもあり、入念に下読みをしてからスラッと英語のメッセージを読む折井。

リクエストを読む度に「いっこめ〜」「にこめ〜」と折井。 DJミズノ氏が七つ目くらいまでカウントしていた。

カフェ・ラ・トゥールから一品頼むコーナーでは、「アイスも美味しいんですケド、食べながらのDJも難しいので・・・」と、今回はジンジャエール。 頼んでからあっと言う間に出てきて目を丸くする折井。

後半も誕生日にまつわるリクエストが続き、「お誕生日ジングルが必要だ!!」とミズノ氏。

東京タワーそのものの客からのリクエストでしっかり番組が廻っており、これまで見た中でも一番の盛り上がりとなっていた。

「目当て」で来ている客の中には、相変わらずなのも散見されたが、「目当て」で来ている客以外の部分を巻き込んで、イベントそのものは上手く進行していた。


2008-06-27 梅雨の晴れ間 [長年日記]

_ Club 333 Night View DJ(DJ:折井あゆみ)


給料日前だがナントカ金策をして東京タワー。 夏至を過ぎたばかりなのでまだ日は長く、薄暮の空に東京タワー。

展望台に上がっても、あたりはまだ明るい。
世間一般の企業の給料日を過ぎてすぐの週末と言う事なのか、梅雨の晴れ間の所為なのか、一般客は多め。 カップルだらけで独り者にはちと居心地が悪いが、まぁ仕方が無い。

折井の入りが送れた所為か、5分押しくらいで開始。
K公演がハズレたのでと言う消極的な理由ではあったが見に来ていた友人と観覧。

「・・・綺麗になりましたねえ」
「そうなんですよ」


開始早々DJ機器がトラブル。 ミズノ氏が機械と格闘している間、折井が一人で喋って繋いでいたが、AKBでも舞台装置のトラブルなんかの時には折井が繋いでいたのを思い出した。 良い仕事。

修学旅行生と思しき高校生の集団がリクエストを読まれて大喜びの図。 微笑ましい。

そんな中、カップルに記念写真を頼まれた。

「どんな感じにしますか?」
「レインボーブリッジをバックに御願いします」


コンパクトデジカメで1/2sは流石に止められず多少手ブレ。

曲が掛かっている最中、タオル地で出来たピンクのプードルのぬいぐるみが操り人形になった物をずるずる引き摺った幼女が行ったり来たり。
前を通るたびに微笑む折井。 良い笑顔。

今年4本目の芝居の稽古のさなかと言う事で、「一年の半分くらいはジャージを着ている」とか「ジャージ5着を着まわして」なんて話をしていたが、良い感じで仕事が廻っている充実感のようなものが、滲み出ていた。

何時の間にか九時を過ぎており、あっという間に終了。
一緒に観ていた友人も話していたが、気が付くと時間が過ぎている。


    <備忘録>
    展望台入場料:820円
    開催時間:毎週金曜、19:30〜21:00
    東京タワーHPからのリクエスト:前日まで
    会場でのリクエスト:19:30〜20:00頃迄(集まったリクエストの多寡によって変動)
    観覧場所:大展望台1F東面(※出来るだけ窓際で)

2008-06-28 [長年日記]

_ 雑記帳から

27日の分を今日の日付で書いてしまったので、そちらは当日の日付で書き直して、最近思う事など。

_ メールが当たらない

仲間内で聞かれるのが「AKB48のメール抽選が当たらなくなった」と言う事。
客の分母が増えたのかもしれないが、それにしても当たらない。 休日はともかくとして、平日でもキャンセル待ちすら来ないとの事。
私は手元不如意で、ここのところメールを出してすら居ないのだけれど、月の初め頃に土日で6公演有って、FC枠と一般枠と取り混ぜて全枠送っても、一公演当たるか当たらないか。

その所為か、AKB48に対する執着は自然に薄れてきて、これまでは劇場中で何が起こっているのか気になってレポート系のサイトにも目を通していたのだけれど、その頻度も減った。
まぁレポート系のサイトの書き手の物の見方が表層的で飽き足らないと言うのもあるが。

_ ブロック経済

プロダクション尾木(小嶋、高橋、峯岸、浦野) → 月額525円×12=6300円
オフィス・ピラミッド プリンセスコレクション(佐藤(由)) →月額893円×12=10716円
サムデイ(篠田) → 月額500円(年会費5500円)
office48 モバイル → 月額315円(メンバー一人あたり)

事務所の総合画像サイトであるプリンセスコレクションはどうなっているのかよくわからないが、他の事務所は有料サイト内でブログを書かせている。
office48 モバイルは、メンバーからメールが送られてくるが、対応キャリアがドコモとauのみで、まぁいろいろ大変らしい。
こうしてブロック経済めいた囲い込みのあおりで、こちらも有料サイトで、チケットの優先予約(上記のとおりで当てにならない)とメンバーブログしか意味のあるコンテンツの無いファンクラブサイトが有名無実化・・・とまでは行かないが、はじめの頃に較べると、更新頻度はかなり減った。
オフィシャルサイトのAKB日誌の更新も有ったり無かったり無かったり。 携帯公式サイトのブログも更新されたりされなかったりされなかったり。
チケットは当たらない。 ブログ読むのも一と散財。 払った代価に見合った商品が提供されるとも限らない。
どうにかならんもんですかね。

_ 書いてるそばから

多田愛佳、菊地彩香、仲川遥香、平嶋夏海、渡辺麻友の5人がプロダクション尾木へ移籍。
これで尾木組は9人。



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
トップ «前月 最新 翌月» 追記