トップ «前の日記(2008-08-01) 最新 次の日記(2008-08-08)» 編集

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2008-08-05 事後処理 [長年日記]

_ レスに先だって

前回更新の後、往復十数時間の旅に出て、なんとか無事に帰って来たものの疲労困憊。
とりあへず携帯から軽く更新。

本件とは関係なさそうな、私個人に対する怨恨から来る自慰手淫に類する書き込みについては後回しにしますが、こちらについても後ほど。

_ 「資格」について

恐らく出て来るだろうと思っていた「ステージに立つ資格云々」が予想通り出て来た。
「ステージに立つ資格云々」について語る資格の有無に関しては後ほど。

今回の件はステージに立つ者の倫理に係る問題ではなく、自分を商品として売って行かねばならない者が犯した営業戦略上の過ちだと私は捉えているのだけれど、それについても後ほど。

とるものもとりあへず書いておきたいのは、捨てハンドルで罵言を書きなぐる人間の醜さ。
「資格」に絡めてチャンドラーの言を借りて書けば、この手合いには「生きて行く資格が無い」し、そもそも「生きて行けない」だろう。

_ 不条理

好きならば
好きだと言おう
胸の内
さらけ出そうよ

曝け出した結果、こうなっている。
あの歌を笑顔で聴いていた同じ人間が、口を尖らせて騒いでいる。
意図して書かれた不条理劇より、世の中に転がる出来事のほうがより不条理であることはまま有る。

客がアイドルとして求めているのは Frau ではなく Madchen なのであるけれども、それは「実際のところどうか」ではなく「イメージとしての処女性」にある訳で、宮﨑あおいがそうであったように、表沙汰になりさえしなければ、私生活がどうであっても仕事には支障を来たさない。

菊地の不幸は無闇に彼女自慢をしない男にも、温かく見守ってくれる口の堅い友人にも恵まれなかった事に有る。

宇佐美友紀が一昨年の秋に、AKB48のメジャーデビューにあたって書いたブログの一文、メジャーデビュー「会いたかった」を読んでいただきたい。
客の皆さんは菊地を叩く前に、菊地は世を儚む前に。

_ 匿名の破廉恥漢へのレス

破廉恥漢 1
私の容姿が醜悪で有ると言う点は否定も異議申し立てもいたしませんが、それと今回の件とは何ら関係がありません。
「変な否定」とやらが具体的に何を指すのか判りませんので、お答え出来かねます。
先ずは小学校レベルの国語力を身につけてから出直すことをお奨めいたします。

破廉恥漢 2
私の性的嗜好が正常かどうかは定かでありませんが、スカトロ趣味と加虐・被虐趣味は御座いません。
錦糸町界隈で羽目を外すこともありません。 ちなみに錦糸町は墨田区ではなく、江東区です。
繰り返しますが、小学校レベルの国語力を身につけてから出直すことをお奨めいたします。

破廉恥漢 3
確かに落語協会は好きでは有りません。 然し乍ら落語協会を批判するような記事を書いた憶えはありません。
何を以って「落語協会の批判」と書かれたのか、具体的な論拠をお示しください。 話はそれからです。
しつこいようですが、小学校レベルの国語力を身につけてから出直すことをお奨めいたします。

破廉恥漢 4
付ける薬がありません。
45億年遡って、先カンブリア紀から人生やり直すことをお奨めします。

_ レス

はしもとしんやさん
捨てハンドルで悪罵を書き散らかすあなたの方に、人間としての何かが欠落しているように思います。
「ステージに立つ資格」が菊地には無いとの事ですが、私から見ればステージの上での菊地は十分及第点であり、手抜きが目に余る連中を尻目に「ステージに立つ資格」云々で菊地が叩かれるのは納得が行きません。
「素人のダチとプロフやって名前と顔出しプリまで載せてるんだから、これだけでもプロとして失格」ここまでは同意できないにしても言いたい事はわかります。 しかしそれが「ステージに立つ資格」が無いと言う事にどう結びつくのかが理解できません。 説明していただければ幸いです。

すぺんさーさん
上にも書きましたが、今回の件は職業倫理より商品としての自らの価値を下げる事に無自覚だった事の問題だと私は思っています。
それによって事務所や劇場側が被った迷惑や損害に関しては償わなければなりません。
菊地は馬鹿だとは思いますが、最低の人間だとは思いません。
親身になってくれるスタッフは居るようですが、何か下手を打ったら半殺しにされかねない三島無玄氏のような強面が居ない為に、箍が緩んでいるのではないでしょうか。

テッドさん
15歳の、親から「AKB=彩香・菊地・バカ」と言われて喧嘩してしまうような、株式投資の話を聞きながら「カブって食べ物の蕪?」と訊いてしまうような、そんなオツムの弱い中学生のオツムの弱さ柔らかさ加減を知りつつ管理し切れなかった劇場側にも、一定の責任は有ると私は考えます。

のぞみすとさん
他所のブログをあまり読んでいないので、全体的にどう言う論調なのか把握しきれていませんが、私が見て廻った限りにおいては、叩く側の幼稚さが目に付きました。
菊地をクビにすべき理由を納得の出来る形で書かれたものを、まだ目にしていません。
本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]
# テッド (2008-08-05 16:12)

AKB48の運営側は素人が勉強しながら覚えて行くスタイルですので管理責任を問うのは酷でしょう。メンバーも研究生、名古屋を入れて100人前後。営業的には一罰百戒が正解なのでしょうね。

# 墨田ペロペロ堂…の本音 (2008-08-06 00:03)

俺のチ○ポのハンドルを握る前に運子を巻き散らかす貴方の方に、人間としての何かが欠落しているように思います…と言っても俺は女に手コキされるのが一番好きなので勝手に言わせてもらいます。


ヤリマンなのが菊地には有るとの事ですが、私から見ればステージの上での全裸になってだけでは不充分な点があり、手コキを男にしてるかが目に余る彼氏を尻目に「俺にもヤラセロという資格」があってもイイだろ…と云々で菊地が俺とヤラセテ繰れないのは納得がイきません。


「素人のダチとSEXやって名前と顔出しプリまで載せてるんだから、これだけでもプロとして失格…でもイイんだけど」

ここまでは同意できないにしてもヤリタイ事はわかります。 しかしそれが「チ○ポを入れる資格」が無いと言う事にどう結びつくのかが理解できません。 SEXをヤラセテいただければ幸いです。

# 墨田ペロペロ堂…の本音2 (2008-08-06 00:24)

「オナニー…無しヨ!」問題について考える
何度か書いているし、今日も書いたが、チ○ポで手コキとも取れる様な動きをしたり、トチッてもフェラフェラしていたりするのを見ると、それに対するカンフルなのかとも思うし、
「どうせやらせてくれるだろう」

ってんで客がイキソウになってチ○ポ抜きながら惰性でオナニーをしているのに対する牽制なのかとも考えられる。

「自慰行為をやり過ぎてからが本当のコーマ○」

と言う不文律が合った頃と較べると、前戯の時間も長いし、チ○ポが入るタイミングも掴み辛いのだけれども、なんとか我慢汁を溜めてからチ○ポを抜きたい。

「オナニーのイク声が掛からなければオナニー無し」

ってのは正論であり、私はそれで良いと思う。

だって、オナニーしなくても女に抜いてもらえばイイんだから!!



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
トップ «前の日記(2008-08-01) 最新 次の日記(2008-08-08)» 編集