トップ «前の日記(2009-12-11) 最新 次の日記(2009-12-26)» 編集

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2009-12-19 Happy Xmas [長年日記]

_ Club 333 Night View DJ(DJ:梅田彩佳 12/18)

例年、盆暮れ正月は休止になるので、今週が年内最後の Night View DJ。
残業やら何やらで職場を離脱するのが遅くなり、浜松町の駅に着いたのは七時半過ぎ。 丁度『東京タワー クリスマス・ライトダウンストーリー』が始まったところ。
通常は午前零時に消えるライトアップが、期間中は七時半に一旦消され、八時までの間にまぁいろいろあって再び点燈する光のショーが毎夜展開。
詳しくはこちらで。

タワーの下に辿り着くと、見上げてうっとりするカップルの群れ。 掻き分けてエレベーターへ。
そんなこんなで無茶な混み様。 チケット売り場もエレベーターも、長蛇の列。 事前に割引入場券を買っておいたからエレベーターには乗れたが、空手で着ていたら何時に展望台に上がれたやら。

エレベーターが大展望台に着くと、間歇的に人波がイベントスペースを通り過ぎていくのだけれど、子供(特に女児)は梅田彩佳に興味津々。
これが浮かれた小林香菜なら「AKB48だよ〜」とやるところだが、梅田なのでそういうことはしない。
梅田は人柄は良いのだけれど、過ぎ行く人に愛想を振り撒くような事は、不得手なのかそこまで思い至らないのか判らないが、あまりしない。
逆に弁えない客が曲の掛かっている時間に話し掛けたりすると、下読みやペン入れもそこそこに律儀に対応してしまったりする。
この辺りは本末転倒なのではないかと思えなくも無いが、器用ではないが誠実な梅田の人の良さに付け込む客の側に、より問題がある。

梅田は今年を振り返って「これ迄で一番充実した年だった」と語っていたが、東京タワーと D-1 のイメージガールになった事で、劇場外での仕事が増えた年であった。
金曜はこの Night View DJ。 土日には不定期で D-1 の仕事が入り、東京タワー絡みではFMで番組も持ったりイベントがあれば出たり。 傍から見ていても可也充実した年だったのではないかと思う。
今年得たものを、来年再来年そのまた先へと活かして行っていただきたい。

番組の最後に一年を振り返って、「東京タワーのイメージガールに決まってから、あっという間の八ヶ月だった」・・・と梅田。
初めの頃から較べると、喋る技術は格段に進歩したとミズノ氏も話していたが、梅田なりの味を殺さずに上手くなった事に意味がある。
梅田彩佳の面白さは、落ち着いた低い声とお茶目な言動の乖離にあるのだけれど、艶のある声を生かした落ち着いた話し方が出来るようになった分、お茶目さが際立つようになった。
例えばこの日の誕生花や誕生日の有名人についてミズノ氏が話していた時のこと。

ミズノ:「今日誕生日なのは、女優の小雪さん」
梅田:「わぁ、大好きなんですよ! ・・・ケーキ食べよっ!!」


大好きなのは分かるが、そこからケーキを食べることに意識が向かうのが面白い訳だが、この時の声のトーンや語り口の変化がまた面白い。

八時頃に駆け込みで書いたリクエストは時間切れで読まれなかったが、ミズノ氏の選曲表にあったらしい Happy Xmas (War Is Over) は掛かったので満足。
終演後に始まったガッツキ大会を横目に帰宅。

A merry merry Christmas

And a happy New Year

Let's hope it's a good one

Without any fear

_ レスなど

>マサさん
うるさいうるさくないで言うと、折井や中西が代打でやった時の方が酷かったのですが、あの時は「盛り上げようとする意識」が場に存在しました。
然るに現在は寧ろ逆で、イベントの成否は顧慮されず、「如何に効率よくガッツケるか」と言う意識のみが存在します。
それと折井は「雨女」ではなく、「低気圧ガール」と言うことになっていますので念の為。

>シャイニングおじさんさん
知恵を絞ってリクエストを書く人の人口比率の低下が著しいので、ホームページからでも出していただければ幸いです。
ミズノ氏の選曲は相変わらず絶妙。 これだけでも見る価値聴く価値はあります。

_ 小林香菜 よのなか入門 vol.77

今回から新企画、占い編。
小林香菜のアイドルとしての将来を占うのは、西洋占星術の北原サビアン先生。

難しい話をされると脳みそが拒絶反応を示す小林。 西洋占星術に関するレクチュアで、早くも遠ーい所へ行きかける。 シオシオの顔もまた楽しい。

先ずは基本的な星回り。

    目立つことが得意な人の星
    OLとか一般事務職を目指してはダメ(周りが迷惑する)
当たっていて欲しい。 小林を部下には持ちたくない。

「本当に芸能人の星だから、しばらくはこの仕事を頑張ったほうが良い」と心強いお言葉。 ただ、自分から周りを押しのけてまでは上がっていこうとするタイプではない・・・とも。

一般受けはしないけれど、アーティストとかクリエイターとか、発信力のある一部の人にはウケるらしい。
モデルに多い星で、押切もえに似た星回りとのこと。
それは(以下30文字削除)。
最初のドンヨリ顔が嘘のように上機嫌な小林の図、で、次回へ。

_ 小林香菜 よのなか入門 vol.78

今週も占い。 前回の「もっと自分を出した方が良い」「同性にウケる」と言われてご満悦なところから。

星だけ見たらモデルらしいのだけれど、ヴィジュアルで売り出す際に重要なポイントが「胸」。
無い袖は触れないと困惑する小林の図。 具が少ない分は補整下着とか科学の力で補え・・・と現実的なサビアン先生。 私個人の嗜好で言わせていただくが、大規模な土木工事だけは無しでお願いしたい。
あぁ、それで押切もえが引き合いに・・・。

カニ座で金星。 あたたかさ・包み込むようなイメージなので胸が重要になるそうなのだけれど、そこはナントカ尻で代用していただきたい。

    方向性としては、今流行ってるもので言うと「森ガール」
    歌も向いている。 特にラブバラード。
自己防衛本能が邪魔をするのか、例の人見知りで本来持っている女の子らしい温かな部分が出ていないのが問題。 これがもっと出れば、いろいろ変わってくるそうだ。
全くソノトーリ!!

天然でおバカなキャラクターはもう止めた方が良い・・・と爆弾発言が出たところで、惜しい切れ場だが今週は此処まで。
次回更新は12/24とのこと。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]
# マサ (2009-12-20 03:10)

低気圧ガールということは雨女よりレベルが上ということですか?
終演後のガッツキは、いつもあったわけですね。スタッフが蓋をしてもいいのでは?公認なのかな。

# @香菜 (2009-12-24 11:21)

何の資格かわからないけど、資格くらいは取っておいても良いのでは?と思いますが…。

# viagra (2010-03-11 04:13)

http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra viagra

# Xsacbufd (2010-03-29 06:29)

http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra generic viagra 袢袢



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|
トップ «前の日記(2009-12-11) 最新 次の日記(2009-12-26)» 編集