トップ «前の日記(2010-01-18) 最新 次の日記(2010-02-08)» 編集

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2010-01-24 例の細切れ更新 [長年日記]

_ 雑誌レビュー UTB 2月号(3)

河西智美 (photo=masashi hashimoto)
5ページ5カット。
5カット中4カットは目線の来ている写真なのだけれど、唯一目線の来ていない写真が1ページ目に使われており、これが凄い。 仕草で語らせる写真。
この一枚で5ページ分の価値は有る。
河西智美が舞台で発する凄みを上手く写真に切り取れたものをあまり見たことが無いのだけれど、これはその数少ない一枚。

ノースリーブス (photo=osamu fujimaru)
PV撮影時にインタビューしつつパパッと撮った感じの3ページ17カット。
何時の間にか三人の並びが変っているような気がしないでもないがそれはさておき。 インタビュー部分での峯岸が良い仕事。 それを踏まえて写真を見ると、当たり外れは相変わらず激しいものの、当たりの表情には充実感のようなものがそこはかとなく。
立ち位置としては三番手な感じではあるが、峯岸あってのユニットなのだと改めて感じた。
素材の良さで救われているが、小嶋に気の抜けた表情が多いのは一寸気になった。
高橋みなみは、あらゆる意味で高橋みなみらしい写真。
高橋は情けなく、小嶋は間抜けに、峯岸は不細工に。 ハズレの表情が三人三様なのも面白い。

3B junior 発 次世代型アイドルユニット大研究!!
部数が安定してきたからか、巻中モノクロページに読ませる記事が復活。 今回は村山義典の筆による、ももいろクローバーを軸にしたスターダスト芸能3部の束物アイドル特集。
また思惑先行なのではないかと眉に唾を付けて読み始めたが、今回はそこまで露骨ではなく、客目線で書かれている事もあって提灯記事を超えたものになっており、暑苦しくも爽やかな読み物。
ももクロのメンバー入れ替わりに係る書きにくい部分は、年表として事実は記載しつつ本文では詳述しないのも上手い。
「!」を多用し語尾に変化を付けない軽くて単調な文体を差し引いても、読み応えはある。
世の中選択肢は多いほど良いので、ハロプロ、AKB48に続く束モノ第三極として、スターダスト系にも何とか売れていただきたい。

封入トレカ・プレゼントポラ一覧
後半カラーページは封入トレカとプレゼントポラの一覧から。
封入トレーディングカードは、五枚組が三種類。
私の買ったものに入っていたのはCセット。 殆ど劇場で見たことの無い佐藤すみれや前田亜美が誌面を飾り、トレーディングカードにもなっているのを見て、しばし感慨に耽る。 当たったような外れたような、複雑な気分。
以前なら現場で会った知己にばら撒けば済んだのだけれど、さしあたってそんな予定も無い。

トレーディングカードは、グラビアの出来が一枚に凝縮して現れる訳だが、鈴木愛理と矢島舞美のものの出来が、矢張り飛び抜けて良い。
AKB48では、峯岸と菊地が良く撮れている。

プレゼントポラは、ももいろクローバーの連中のポラへの書き込み慣れが目を引く。
客に媚びない自由人の奥真奈美を除いたAKB48勢と共に、直接的接客に長けていることが窺い知れる。

AKB48 (倉持明日香、奥真奈美、渡辺麻友、大島優子) (photo=tomoki qwajima)
BREAK THROUGH AKB48 と題して、正規メンバーから四人。
桑島智輝の作り込んだ写真が吉と出て、見応えのある6ページ6カット。
始めと終わりに集合が一枚、間に一人1ページ1カットずつ。

大島優子が只の役者で無いのは、こうして「大島優子」として写真に撮られても役者の顔でカメラの前に立てるところにある。
カメラの前で大島優子を演じているのか大島優子として素でカメラの前に立っているのか判然としないが、四人並んだ中で一人だけ別次元の仕事をしている。 それでいながらパッと見には浮き上がっておらず、違和感が無い。
私が見たいのは、大島のこうした地味だが底の知れない凄み。 このあたりについては別項にて。

渡辺麻友は例の決め顔。 撮られる角度以外、殆ど同じ表情。 質としては悪くないが、面白味には欠ける。

奥真奈美は飽食が可視的にならない服装であれば、圧倒的な美形感で突っ立っているだけでも写真になる。

倉持明日香は、カメラを直視した写真こそモノになっているが、どこを向いて良いか分からない写真では表情に隙が有りすぎる。 こうして並ぶと一人だけ素材を活かしきれていない。

ラーメン屋に譬えると

渡辺麻友 ・・・ 一蘭
大島優子 ・・・ 青葉
奥真奈美 ・・・ 春木屋
倉持明日香 ・・・ 源来軒

源来軒は混み具合と親爺の気分と体調で味が変動するが、私は好きだ。 青葉は中野にしか店が無くて、研究と称してしょっちゅう店を休んでいた頃の青葉。
春木屋は素材が価格に跳ね返ったお高い感じ。 一蘭は高級な即席麺と考えれば旨いが、面白味は無い。
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
# viagra (2010-03-11 04:32)

http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra viagra 被袢袮袢袰

# Tepywnsw (2010-03-29 06:38)

この間も俊太郎の詩をお http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra buy viagra :PP



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|07|08|11|
トップ «前の日記(2010-01-18) 最新 次の日記(2010-02-08)» 編集