トップ «前月 最新 翌月» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2010-10-02 断片 [長年日記]

_ 更新情報

コラム置き場に


をアップロード。

捨てようと思ったメモ帳の記述から、AKB48絡みのものを抜書き。
纏まらないので断片のままにして有ります。

_ bump.y 『2010動物感謝デー in JAPAN』ミニライブ

友人から「こんなのがありますよ」的なお知らせを頂いたので行ってみた。 結果から先に書くと、不愉快なことの全く無いゆったり楽しいイベント。 松山メアリは神々しいくらいで、修学旅行のムック本を眺めて鼻の下を伸ばしている場合ではなかった・・・と、誰にとも無く。 

『2010動物感謝デー in JAPAN』そのものは、駒沢公園の中央広場で終日行われており、 bump.y は13:00からのステージイベントのパネラーと、15:30頃からの番組収録+ミニライブに出演。 スケジュールの都合で桜庭ななみはお休み。

私は15:00頃会場着。 ステージではダイソンの掃除機で換毛期の犬の毛を、犬にも飼い主にも周辺住民にも不快感や苦痛を感じさせずに漉き取る実演の真っ最中。 犬が賢かったこともあって、見事に毛を漉き取っていた。
この時点で五列ほどある椅子席の前2列くらいは bump.y 目当てと思しき客、その後ろに犬好き民間人。
告知が行き届かなかったのか、他と時間帯が被っていて掛け持ちしにくかったのか、客筋はコアな常連と思しきところが殆ど。 既にメンバーと顔見知りになっている所為か、昨今良く見られる状況を考えずに過剰な自己顕示欲を形にする客もおらず、盛り上げようとする意志と程よい抑制のバランス。

掃除機イベントが終わっても目だった客の増減は無く、あらかた椅子席が埋まった状態で bump.y 登場。
当然のように撮影禁止だが、民間人が何食わぬ顔で撮ろうとしても詰め寄るような制止はされずやんわりと。
11月に発売される新曲のチラシが配られていたが、モノクロ一色のコピーながら紙質は良く、事務所のゆとりが感じられた。
東急沿線と言う土地柄もあってか、他の現場だと良く見られる「アイドルだと知ると露骨に馬鹿にして受け取ったチラシをこれ見よがしにその場で捨てる輩」も居らず、そのあたりも含めて平和。

収録した番組は、ニッポン放送で10/11(月)の15時〜15時30分に放送される特別番組「教えて!獣医さん」。
司会はフリーアナウンサーの徳武樹里、ゲストに日本獣医師会副会長の中川秀樹。  bump.y の四人のうち、ラジオ向けのお喋りが出来るのは松山メアリだけで、宮武美桜は含羞んで無口、高月彩良は照れ隠しでツンと澄まして無口、宮武祭は子供らしくもじもじして無口。 三人三様。
ここに場慣れした桜庭ななみが入るとバランスも良くなるのだと思う。
教鞭をとっていたりもするらしい、佐々淳行を善人にしたような容貌のゲストの喋りが上手かったのに助けられていたが、ラジオでどう振舞えば良いのかしつけられておらず、話を振られてもメンバー同士で内緒話を始めたり客に小声で問い掛けたり、子供ならではの自由な振る舞いで司会の人を梃子摺らせていた。
役者属性なので、こういう場ではスイッチが入り難いのかもしれない。

衣装はアイドルユニットサマーフェスティバルの一日目と同じものだったようだが、デザインはバラバラでありつつも、どこかしらにピンクが取り入れられており、安っぽくは無いが「ファッションセンターしまむらで買った」と言われたら信じてしまいそうな感じ。
高月彩良の着ていたものは、ピンクのハット、薄紫のスキニージーンズ、足元はヒールの高い銀のサンダル。 ティーシャツの胸の部分にはモノクロでなにやら人の顔の部分の写真と Dolce Vita の文字列。 写真が良く見えなかったので、フェリーニのアレなのかどうかは不明。 高月彩良はすらりとしていて肩幅もありつつ厚みは無いトランプの兵隊のような体形なのでアニタ・エクバーグと言う感じではなく、一寸気になった。

見に行った動機の一つは、「宮武祭はどの程度子供なのか」と言う疑問だったのだけれど、見事に子供だった。
公式プロフィールでは135cmとなっているが、上背が無いだけでなく手足や顔まで含めて均等に小さいので、体形のバランスは悪くない。 全員並ぶと1/72の中に1/144が混じった、貧乏人の作ったジオラマのような感じの縮尺感。
正面から撮られた写真が多かったので気付かなかったが、実物は立体感のある顔で、可愛らしく見える角度が広い。

ミニライブは、デビューシングルの voice と、カップリングの One Emotion の2曲。
歌も振りも上手くは無いが不快なほど下手糞でもなく、やる気に満ち溢れては居ないが御座なりではなく、客に見せるものとしてのモラルは感じられるので幸せに過ごせる。
馬鹿の一つ覚えでMIXを入れる無粋な客も、アイドルを露骨に蔑む客もおらず、久し振りにライブそのものに没入して楽しむことが出来た。

実際に見てみた bump.y の印象は、父親の死の影の無い若草物語。 刹那的な盛り上がりは無いが、美しく可愛らしい擬似姉妹の仄々とした家族感を楽しめる客なら、幸せな時間を共有できると思う。
客にも本人たちにも事務所にもイベント主催者にも、不快なところが一つも無い、エアポケットのような平和で楽しい一日だった。


2010-10-03 掛け持ち日記 [長年日記]

_ スマイレージ「同じ時給で働く友達の美人ママ」発売記念 ミニコンサート&握手会

昼前に家を出て、渋谷へ行く前にラクーアへ。
表題のイベントを観覧。
バスが遅れて現地に着いたら既に一回目が始まっていたが、十分見られる位置が空いていたのでそのまま観覧。

4曲歌って30分程度のイベント。 その後に握手会。
2階からだと歌は聴き取れるが、喋り始めると聞き取れなくなる。 オープンスペースでやっている割に内向きなイベントで、CD購入者の優先観覧スペースに向けて語りかける感じ。
これはメンバーではなく、イベントを企画する側の姿勢の問題であり、固定客から搾取するブロック経済にどっぷり染まっているからこうなる。

噂に違わず福田花音は素晴らしかったが、肝心の曲がまるで耳に引っ掛からず、わざと下卑た動きを盛り込んだ振り付けも不快。
歌もうたえているし、動きに関しては貶すところが無いだけに「勿体無いなぁ」・・・と思いながら離脱。

前述の通り、オープンスペースでやっているのに一般客に向けた広報には頭が廻っておらず、「縁石に乗るな」とか「写真を撮るな」とか、規制だけは厳しく、口調も高飛車。
本来黒子に徹するべき背広を着た警備スタッフがこれ見よがしにインカムを使いながら闊歩する様は、実に滑稽であった。

_ SKE48コンサート「SKE48 汗の量はハンパじゃない」 走り書き

5時頃開場して整理番号順に入場。 私が入った頃には5時半を廻っていた。 結局多少押して6時過ぎに開演。

良いコンサートだった、然しセットリストは実に酷い。 中盤の「AKB48 キングレコード発シングル総棚ざらえ」は全部いらない。
借り物の曲をやっつけでやらなくても、オリジナルの良い曲はまだまだある訳で、何に迎合したのだか知らないが、よくもまぁこんな構成に出来たものだ。
自分たちが作り上げてきたSKE48と言うものに誇りは無いのだろうか。

AKB48の曲でもSKE48の公演でやって来た曲であれば別だし、松井珠理奈が世に出た「大声ダイヤモンド」あたりなら話は別だが、纏めて全部やる必要は無い。
〆の三曲で持ち直してパンドラの匣の底に幾許かの希望は見えたが、SKE48の運営主体には幻滅。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [propecia side effects impotence <a href=http://dstvmedias..]


2010-10-04 出先でラジオ [長年日記]

_ 「ホップ!ステップ!bump.y」

ニッポン放送で今夜から始まった bump.y のラジオ番組。 月曜から木曜までの20時50分〜20時57分。
7分番組に5人纏めて出ているので聞き分けるのは大変だが、役割分担は大体決まっており、声も喋り方も違うのでまぁなんとか。

松山メアリに仕切らせて、他の四人が自由に振舞う感じで進行。
番組開始にあたっての意気込みなどを手短に話しつつ、 bump.y ってのは、メンバーそれぞれのキャッチフレーズの頭文字を並べたものであるなんて話を(初耳)
確かにメンバーそれぞれのブログのタイトルはこのキャッチフレーズなるものが使われているが、公式サイトには説明が無い。

Brilliant・・・高月彩良
Ultra・・・宮武美桜
Miracle・・・松山メアリ
Power・・・桜庭ななみ
Youthful・・・宮武祭

松山メアリが何故「ミラクル」なのかについて、桜庭ななみ曰く「この顔で日本人」。 面白い番組になりそう。

11月に出る新曲「2人の星〜離れていても〜」が掛かったが、相変わらず上手くは無いが平和な曲調。 過少難易度は多少上がっているので、生で歌う際には人間味溢れる歌唱になりそう。

基本的に月曜から木曜だが、ナイターがあると変更も有り得るような話。 少なくとも11月まではやってくれそう。
明日は桜庭ななみをフィーチャーとのこと。 仕事やっつけて早目に帰って明日も聴きたい。

_ SKE48コンサート「SKE48 汗の量はハンパじゃない」(1)

1200番台のお仕舞いで入場。 人垣の後ろから見ざるを得ないので、出来るだけ平和そうな場所へ。
 渋谷AXサイトのドリンクメニューにはアルコール類も有ったが当日はソフトドリンクのみ。 碌に見えやしないライブに六千円近く払ってコップ一杯五百円のウーロン茶を飲む。 実に馬鹿馬鹿しい。
私は入場する前にドリンクカウンターに寄ったからまだコップ一杯五百円のウーロン茶でも飲むだけは飲めたが、終演した頃には既に仕舞ったあとで、後回しにした人々は虚しくドリンクコインを持って帰る破目に。
千数百人が寿司詰めになったライブでドリンクカウンターが機能するかどうかなんざ、考えなくても解かる。

立ち見のライブなんざ出来る客民度じゃないのは解かり切っているのに抜本的な対策を取らないから、そりゃまぁひでぇものであった。 AKB48でもSKE48でも、立ち見のみのライブには金輪際行かない事にする。

ステージ上の照明も無駄に客席に向いた物が多く、ステージの上段なんざ逆光で碌すっぽ見えないのには呆れた。 愉快と不愉快を天秤に掛けると、明らかに不愉快の方が多い。 それも舞台上で起こっている事とは関わりの無いところの不愉快が殆ど。

如何なる理由でも携帯を弄ったら摘み出すと言う脅し文句が公式サイトに上がっていたので時間を見る訳にも行かず、場内に時計も無いので正確な時間は分からないが、松井珠理奈の影アナからしばらくして、多少押して開演。

Partyが始まるよ
Dear my teacher
こんな曲はもはや本家じゃ演ってくれない。 「Partyが始まるよ」公演を現在進行形で演っているSKE48ならではの構成。 ここまでの諸々を無かったことにして感涙に咽ぶ。

手をつなぎながら
仲間の歌
スカート、ひらり

この辺りの繋ぎも良かった。 スカートの翻らせ方はチームA前夜のチームAとも、チームKともチームBとも違っていて面白い。 とりあへず加藤るみを注視。

ガラスのILoveYou
涙の湘南

「ガラスのILoveYou」には松本梨奈が出演していたので、必然的に客の入れる合いの手は「リナリナリナリナ」となり、在りし日のAKB48の劇場公演を思い出して涙、涙。
「涙の湘南」は、AKB48で折井や浦野が担っていた背骨の部分のパートに佐藤実絵子。 流石にしっかりしていた。

エンドロール
桑原・矢神・木下・松井珠理奈。 名古屋通いの友人曰く「ダンスの上手い順で上から四人」
動きは激しい上にも激しいのだけれど、きっちり揃っているところに連中の意地を感じる。 この曲に関しては完全に本家を凌駕。
桑原みずきのダンスには私心が無い。 激しいがくどくは無く、寧ろ爽やか。 眼福。

背中から抱きしめて
ここから三曲続けてくれると嬉しかったのだけれど、この曲のみ。 烏賊釣り漁船の如くヤケクソにサイリウムやペンライトを持った連中が多く、振るのに忙しくて手拍子が入らない。 いやはや。

中略


ジェラシーのアリバイ
ピノキオ軍

キングレコード管理楽曲コレクションで地の底まで下降した気分を、この二曲が救ってくれた。

桜の花びらたち
本編の締めはこの曲。 本家たるAKB48が既にゴミ箱行きにしてしまった部分をSKE48が受け継いで大切にしてくれているのは有り難い。

(つづく)

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# okiぽん [公式HPには載ってないかもしれないけど、 bump.yの(こじつけかもしれない)由来はどっかで見た気がするなあと思っ..]


2010-10-05 7分間の平和 [長年日記]

_ 「ホップ!ステップ!bump.y」(2010/10/05)

自宅パソコンでラジコを立ち上げ、外部出力端子からアンプに繋いで文机の前に正座して聴く。
今日から五日間はメンバー夫々をフィーチャーとのことで、まずは桜庭ななみから。
なにせ7分番組なので、強引な編集。 全員から桜庭の人となりについて話を聞くような前振りがありつつ、宮武美桜の「桜庭さんはですねぇ、負けず嫌いです」とのコメントだけが流れて、残りの三人の話はカット。 桜庭は「お前が言うか」的反応。
鹿児島出身者の色として「負けず嫌い」と言うのがあるらしい。

11月発売の新曲が掛かったり、交通情報が被せられたりしつつ、後半は桜庭ななみの一人語り。

  • 長所短所とも負けず嫌い
  • 自然が一杯の田舎の町で生まれ育った
  • 実家にはメダカ300匹
  • 趣味はピアノ。 5才〜15才まで習っていた
  • 暇なときは毎日弾いている

オーディションに臨む際は台本読み込んで行くとか、負けず嫌いエピソードも織り込みつつ。
役ではなく自分について自分として語らなければならないからか、心なしか声が震えていたような。

次回は高月彩良をフィーチャー

bump.y の良いところは、天下取りとは別の位相にあるところ。 役者という長期スパンの仕事と言う根っこがあるからこそか。

_ SKE48コンサート「SKE48 汗の量はハンパじゃない」(2)

近くに居た名古屋から遠征して来たと思しき客のボヤキが印象に残った。

「東京向けなのかもしれんが、最低のセットリストだな。」
「中盤のAKBの曲は全部いらんだろ」

佐藤実絵子の前振りからして様子が変だった。
この蛇足のお陰で終演が九時を廻り、中学生のメンバーがあたふたしたり、PA席のスタッフが無線機に「出せ、早く!!」と怒鳴ったり。

前の方の客は多いに盛り上がっていたので、これで満足している客も多かったのだろう。  「ヘビーローテーション」が特に酷かったが、この部分だけ明らかに歌も動きも質が低かった。

松井玲奈が一寸期待外れ。 肩の力が入りすぎていて、一生懸命演るあまり、凶相に。
「枯葉のステーション」は初見だったが、曲調に較べて動きも表情もかっちりしすぎていた。 激しくない悲しみの方がより深いのではないだろうか。

他の連中の話しの中にも「兎に角、がむしゃらにやるしかない」とかナントカ矢鱈滅鱈「がむしゃら」と言う単語が出て来たが、「がむしゃら」が自己目的化しているように思えてならない。
何かに取り組む姿勢ががむしゃらなのではなく、がむしゃらである事が目的になってしまっている。
「うちてしやまん」式の集団ヒステリーなど見たくは無い。

小野晴香は良かった。 佐藤実絵子もそうだが、SKE48の歌要員は自分の歌いかたが出来ている。

大矢真那も見ていて面白かった。 群集の中に居ても、動きでそれとわかる。

楽しい部分も楽しくない部分も、愉快も不愉快もあり、差し引きではプラスだが払った代価に見合った幸福は得られなかった。
AKB48ほど極端では無いが、SKE48もやっている事の規模と客の数のバランスが崩れてしまっている。 今後は「それでも良い客」だけが残るのだろう。

_ レスなど

>okiぽん
このグループにおける桜庭ななみの立ち位置がそもそも面白そうなので是非。
万人向けではないので、きっと気に入ると思います。


2010-10-06 凝縮感 [長年日記]

_ 「ホップ!ステップ!bump.y」(2010/10/06)

今日は高月彩良をフィーチャー。
メンバーの高月評は「不思議ちゃん」「やたら大人の雰囲気」など。
初対面では桜庭ななみとは殆ど喋らなかったとのこと。 喋ると子供なのがバレてしまうかららしい。
クロストークに近いので、録音して聞かないと味わいきれない。

一曲掛かったあとは高月の一人語り。
自分で思う長所は「何事に対しても集中できること」、短所は「(自分の)声が嫌い」。
神奈川県出身。 横浜で育った。 窓を開けると蜂の巣のある危ない家。
趣味はピアノ。 習ったわけではなく、自己流で音を探して弾いている。

何に対しても集中できるのが長所と語りつつ、最近集中できているのはポケモン。
「夜九時から初めて、気が付いたら一時だった」ってのが、クールに見えて子供らしい部分なのだろう。

「あしたも、がんばんぴー」と言う〆の言葉のこそばゆさも心地よい。 凝縮感のある、良い番組。

_ SKE48ブログ(アメーバ版)構成変更

書き手が「1,2,3,4、ヨロシク!」の選抜メンバー16人に代わった。
目当ての記事を探しにくいのが難だが、これはアメーバブログの仕様が悪すぎる所為。 登録しないと過去記事が読めないこちらも最悪の仕様の携帯サイトのブログで書くことに慣れている所為か、それぞれ文体が練れていて、内容はじつに面白い。
公式ブログの難点は写真が小さすぎることだが、こちらは大きめなのが嬉しい。


2010-10-11 Eumetopias jubatus [長年日記]

_ 月刊エンタメ 11月号

AKB48絡みでは、表紙と巻頭グラビアに宮澤佐江。 巻頭グラビアページの中程にナットウエンジェルZとして石田晴香・仁藤萌乃・宮崎美穂。
アイドルユニットサマーフェスティバルのレポートやAKB48とモーニング娘。の比較読み物などもカラーで。

宮澤佐江
9ページ9カット。 撮影は矢西誠二。
全篇ニコパチで、表情は単調でポーズもベタ。 ボーイッシュなだけでは無い部分を引き出そうとしているのは良いが、カメラマンの引き出しをこじ開ける力も編集者の写真を撰んで構成する能力も足りないので内容は空疎。
綺麗に撮って貰えているのがせめてもの救い。
しかし宮澤もグラビア運が無い。

ナットウエンジェルZ(石田晴香・仁藤萌乃・宮崎美穂)7ページ12カット。 こちらも撮影は矢西誠二。
佐藤すみれは他の仕事が有った為かお休み。
石田晴香のブログの現場写真が凄かったので期待して買ったのだけれど、全くの期待はずれ。 石田本人が撮った写真の方が出来は良い。
紙質も印刷も悪いが、カメラマンへのディレクションから(そもそもその選択から)何から編集者の腕が悪い。
ベッドの上に三人寝転ばせた写真なんざ実に酷い。 よくこれでホリプロが許可したものだ。

「アイドルユニットサマーフェスティバル2010」潜入レポート
AKB48は全盛期のモーニング娘。を超えたか!?

カラーページの読み物2本はどちらも読むに堪えない。
IUSFのレポートは漫画仕立てになっているが、大人の事情に配慮した腰抜け記事。
AKB48とモーニング娘。の比較記事も、知らないなりによく調べてはいるが、話を聞きに行く相手が悪い。 特にブレーメン大島のコメントは噴飯もの。

「大ブレイクを果たした今でさえ、公演は毎日行われていますし(後略)」

飲み屋での与太話ならまだしも、これでお足が頂けるのだからライターと言うのもボロい商売である。

_ 更新情報

コラム置き場に


  • をアップロード。
    普通の記事にしようと思って書いたらコラムめいたものになってしまった。

    _ 週刊プレイボーイ No.42

    AKB48絡みでは前田敦子が表紙と巻頭グラビア。
    オマケの巨大ポスターは前田敦子と松井珠理奈で裏表。
    モノクログラビアページにジャンケン王内田眞由美。 投稿連載ページは多田愛佳。

    前田敦子
    8ページ12カット。 撮影は渡辺達生。
    機嫌の良い前田。  殆ど笑顔だが、その笑顔の種類が多い。
    機嫌の良い理由は編集後記にチラリと書かれているが、撮り手が前田の心を開かせて自分の方を向けさせたから。 この辺り、矢張り上手い。
    当たり外れの多い前田敦子だが、一枚も不細工に写ったカットが無いのも凄い。
    渡辺達生が昼間の浜辺で撮った写真は全く良いと思わないが、屋内で撮ったものに関しては毎度唸らされる。

    内田眞由美
    モノクログラビアページ、4ページ6カット。 撮影は飯塚昌太(ジャンケン大会分は佐賀章広)。
    前半モノクログラビアページをブチ抜きで使っては有るが、今をときめくAKB48のシングル選抜のセンターさまをモノクロページに押し込めてしまうところに、この雑誌の限界がある。
    黎明期からAKB48を扱っている事を自慢げに吹聴するプレイボーイだが、結局のところその中の売れている部分、確実に売れる部分"だけ"を扱いたいのが見え見え。 自らの力で需要を作り出そうとする気概はまるで感じられない。

    もう十年から昔の話になるが、同じ中野の中古カメラ屋の常連だった近所の出版社のベテラン編集者が
    「自分は良いと思うのに価値を認められていないものを世に出すのが雑誌作りの面白さ」
    と語っていたのを思い出した。
    それで私の欲しいカメラの相場が高騰したのには閉口したが、編集者としては正しかった。
    取り上げた物の評価が上がれば、雑誌の売り上げにも資するところが勿論有る訳で、今の雑誌業界はプレイボーイに限らず既にあるものに寄生してパイの分け前に預かろうとする奴が多過ぎる。

    閑話休題、内田の話。
    シンデレラにもう一度灰を被らせるような扱いでは有るが、可愛らしく撮られているのが救い。
    19枚目のシングルのプロモーションはまだこれから。 プレイボーイでも何かしらの形で取り上げられると思うので、腐らずやっていただきたい。

    本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

    # Dwightsa [levitra professional reviews <a href=http://dstvmediasale..]


    2010-10-13 四日分 [長年日記]

    _ 「ホップ!ステップ!bump.y」休止(2010/10/07)

    ナイターの日だったが、早めに全試合が終わったのでとりあへずラジオを点けてみた。 しかしその日の試合を振り返る番組をだらだらやって「ホップ!ステップ!bump.y」はお休み。

    私は野球も好きだが、こういうだらだらした放送が野球を詰まらなくしているように思う。

    _ 「ホップ!ステップ!bump.y」(2010/10/11)

    本日は松山メアリに焦点を当てて放送。
    「メアリさんはおかあさん的存在です」と桜庭ななみ。
    事務所の寮で隣りの部屋なので、一人で寂しいと松山メアリの部屋に水と充電器だけ持って泊まりに行っているらしい。

    自分で考える長所はプラス思考なところ、短所は「頑固」。

    滑舌は良くないが、丁寧に喋ろうとしているし、メンバーの中で唯一通る声。
    進行上大切なところは大抵松山メアリが読んでいる。

    _ 「ホップ!ステップ!bump.y」(2010/10/12)

    宮武美桜はメンバーの中でも一番女の子らしいとのこと。
    趣味は読書。 ホラーが好きらしい。
    綺麗好き。 しかし妹が部屋に来ると散らかる。
    注意力散漫な状態で聴いていたので、気が付いたら終わっていた。 7分番組はこれが怖い。

    _ 「ホップ!ステップ!bump.y」(2010/10/13)

    宮武祭の「1999年生まれ」と言うのに驚く。
    桜庭ななみ曰く「遊んでくれる人」。 身体を張って遊んでくれるらしい。 元気な小学生と身体を張って遊ぶ桜庭ななみも凄い。
    後半は一人で喋るのだけれど、途中からあとの4人の声も入ってくる。 放って置けない可愛らしさは確かにある。

    しかし録音手段を考えないと辛い。 繰り返し聴きたくなる7分。


    2010-10-17 宿題消化 [長年日記]

    _ 週刊ヤングジャンプ 44号

    ゆきりんの The アイドルクエスト (第2回)
    AKB48のリレー連載は柏木由紀の回。 今回のゲストは南野陽子。
    南野陽子の語る「アイドル論」を柏木がひたすら聞いているようにも見えるが、柏木にとってのアイドルが「見るもの」であるより「なるもの」である事が良く判る。
    このあたりがアイドル好きでも「見るもの」である部分の比重が高い指原莉乃との相違点。

    柏木本人にとって糧となり肥やしとなる連載になっている。

    岡本玲
    表紙と巻頭グラビア、7ページ12カット。 撮影は細野晋司。
    歯見せ笑いが少々多いが、表情はさまざま。
    誘いの隙と言うか、何と言うか、適度に正体を現しつつ尻尾は掴ませない感じの隙の無さ。 ハズレの表情が無い。
    篠田麻里子のようなけんもほろろな隙の無さとは一寸違う。
    モデルとして仕事をして来た経験が自分を綺麗に見せることにも生かされている。

    青谷優衣
    5ページ11カット、こちらも撮影は細野晋司。
    水着もあるグラビアだが、水着ではないカットの表情が良い。 4ページ目が秀逸。

    _ 週刊ヤングジャンプ 45号

    まゆゆ漫画家計画 (第2回)
    グラビア1ページ、「いぬばか」の桜木雪弥先生を講師に迎えての実技指導的対談で1ページ、漫画で2ページ。
    画力はやはり同人と言うか漫研レベルだが、発想の特異性は渡辺麻友ならではのもの。
    コマ割が窮屈で若干説明的過ぎるのが気になるが、昨今の無茶なスケジュールの中でこれだけの物が描けているのは褒めてよい。
    渡辺麻友の持ち味である、華奢で可憐な外見と業の深いどうかしている内面の落差が上手く引き出されている。

    _ 週刊ヤングジャンプ 46号

    渡辺麻友
    表紙と巻頭グラビア、7ページ14カット。 撮影は桑島智輝。
    桑島智輝にしては珍しいデジカメデジカメした彩度の高い写真。制服と部屋着と水着で構成。
    制服での写真は教室でのカットと、ウェアラブルモニタ付きのヘッドセットとレーダー付き光線銃のようなものを見に付けて屋上で目に見えない敵と戦うの図が混濁。 作り込んだ写真と狂気を孕んだキャプション。 漫画企画と同じく、人工物のようなかっちりした可愛らしさの外観とどうかしている上にもどうかしている内面の落差が危ういバランスで共存。

    水着は表紙のみ、ショッキングピンクに白い水玉のビキニ。 これをアイキャッチにしてグラビア本編は青地に白いラインの入ったワンピースの現代的スクール水着で押す構成。 これが実に良く似合っている。
    私は水着より着衣の写真が好きなのだけれど、これは良く撮れている。
    4ページ目の水着の写真。 斜めからの光を使って身体の線を上手く描き出している。

    きたりえの妄想文学少女道 (第3回)
    今回のお題は江戸川乱歩。 例によってグラビアで1ページ、編集氏との対談形式で課題図書について語る構成。

    グラビアはセーラー服で黒蜥蜴と言う若干無理のあるいでたち。
    持っている拳銃は時代を考えると南部小型拳銃かワルサーPPKあたり、見栄えを考えると67式微声拳銃あたりが良かったのではないかと思う。
    それより何より押絵の中の北原が見たかった。

    対談部分では、北原のツボに嵌ったのか面白い角度から鋭く深く抉ってクドく語っており、グラビアより生き生きした表情なのも面白い。
    文学青年上がりの三十代から四十代男子女子に是非読んでいただきたい連載。
    本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

    # Dwightsa [viagra generic cost <a href=http://dstvmediasales.com/sit..]


    2010-10-18 ねこじゃねこじゃ [長年日記]

    _ 週刊プレイボーイNo.44 及び増刊号

    もはや期待はしていない訳だが、貶すために買うと言うのも虚しい。
    詳細はまた後日。 週末にでも。

    昔からAKB48が好きだったなら、買わないほうが良い。
    今、AKB48が好きなら買ったほうが良い。

    _ 更新情報

    コラム置き場に


    をアップロード。
    ここまで書いたところで疲れきってしまい、気が付いたら朝だった。


    2010-10-19 Gott ist tot [長年日記]

    _ 週刊プレイボーイ No.44

    表紙と巻頭グラビアにAKB48(松井珠理奈含む)、オマケポスターは大島優子と渡辺麻友。
    投稿連載ページは倉持明日香、巻末グラビアページに内田眞由美。 巻末にはAKB48の10期11期研究生、SKE48の4期研究生、NMB48のオープニングメンバーを纏めた青田買い冊子。

    AKB48(板野友美、大島優子、小嶋陽菜、篠田麻里子、高橋みなみ、前田敦子、松井珠理奈)8ページ11カット。 撮影は例によって今村敏彦、スタイリストも例によって米村弘光。 十年一日の如く変り映えのしないグラビア。
    一と言で書けば「やっつけ仕事」。 酷くは無いが褒めるほど良くも無い。 今村敏彦の欠伸が見えるような流れ作業感たっぷりの8ページ。
    米村弘光の仕事は何時もとは一寸違った趣向だが、誌面の構成が下手糞でそれを活かしていない。

    この面子はなんでも「AKB48のTOP7とSKE48のTOP1で『神の8人』」だそうだ。
    「そうそう、これぞ『神の8人』」 と思う向きは今後もこの雑誌を買った方が良い。
    「何が『神の8人』だよ」 と思う向きは、こんな糞雑誌には見切りを付けたほうが良い。

    内田眞由美
    4ページ6カット、撮影はTakeo Dec.
    Takeo Dec. は、AKB48絡みの仕事をするたびに下手糞になっているような気がする。 今回も冴えない仕事振り。
    内田はインタビュー部分で語っているとおり、生写真撮影のような意識で臨んだ為か、紋切り型の表情が殆ど。
    屋内で服を着て撮ったカットが唯一活きた表情なのだけれど、扱いは小さい。
    水着にひん剥いてこと足れりと言う感じの低劣なグラビア。
    内田の良さが出たのは前述の1カットのみ。 ご愁傷様。

    本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

    # Dwightsa [zithromax ulcers <a href=http://dstvmediasales.com/sitema..]


    2010-10-23 画餅 [長年日記]

    _ SUPER☆GiRLS mini LIVE 2010〜夢の引力〜

    お誘いいただいたので行ってみた。
    会場のアストロホールは、明治通り沿い、舶来廉価衣料品店の向かいにあって、シャレオツ善男善女やオノボリ婦女子ばかりの一角に、場違いな「むくつけきおのこ」の集団。
    整理番号順に入場なのだけれど、入場待機列は横の路地にあり、危うく入場し損ねるところだった。
    それ以外は目立ったスタッフの不手際などはなく。

    入場してみるとかなりの詰め込みっぷり。 縦長で前後の高低差はあまり無いハコなので、最後の方で入った人々は碌に見えなかったろうと思う。
    馬鹿の一つ憶えで何でもMIXな客は少な目。 ぴょんぴょん跳ねる馬鹿も多少は居たが、のべつ跳んでる訳でもなかったので許容範囲。 客での不快な出来事は関係者エリアで喋りながら見ている頭の悪いライターが居た事くらい。

    新しい曲が何曲かお披露目になっていたが、その中に「キラピュアパワー」(正式表記不明)なるものが。 客席のどよめきが少なかったことから見て、そっち方面からの流入は少ないと見た。

    「mini LIVE」と銘打たれていたが、持ち歌がまだ少ない事も有ってか、ダラダラと喋る部分が多かったのが気になったが、全体としては楽しく。
    振り付けもフォーメーションも無駄に高度化しておらず、楽しげに歌い踊るさまを見る側も楽しめる。 これがアイドルの楽しさなのではないかと思う。
    高度な動きを否定はしないし、楽しそうに演っているももいろクローバーなどは観ていても楽しい。 しかし目を三角にして演ってるのを観ても、私は楽しめない。 AKB48を含めてそんなのが増えすぎた。

    私の耳に引っ掛かる曲はほとんど無かったが、Dreamの「Heart on Wave」みたいな曲がツボに嵌った。 シンセで始まり、泣きのギターが入ってピアノが絡まるあのままの作り。

    長谷部優を12人集めて作ったDreamのような感じで、「なんでこの娘入れたんだろう?」と思うような毛色の変わったのは居らず、私には物足りなくあったが、万人向けではある。

    一緒に観ていた友人がこのグループの良さとして「地下擦れしていない」ことを挙げていたが、スタッフが業界人前としている割にやっている事は牧歌的で、入れ込まずに付き合うなら楽しく過ごせるのではないかと思った。

    予定調和のアンコールは無し。 最後の曲の後で挨拶をして終演。
    只でさえ狭い階段に花なんざ置いたものだから通れる幅が2/3くらいになってしまっていて、終演後は将棋倒し寸前の混乱。 その中を掻き分けて出て行ったのは、AKB48でも札付きの客だった。 ここでも悪貨は良貨を駆逐するのだろうか。

    本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

    # unkaputtbar [アンコールはあった気がします。アンコールの後で『夢の引力』をもう一度やった記憶があるのですが……]


    2010-10-24 良いものから先に [長年日記]

    _ 週刊ヤングジャンプ 47号

    表紙と巻頭グラビアに前田敦子、オマケでピンナップも付く(両面)。
    AKB48のリレー連載は指原莉乃。

    前田敦子
    8ページ8カット、見開き1箇所。 撮影は熊谷貫。
    写真も良かったが、プロフィールが面白い。 センターとエースは違うのだ。

    対象に迫る撮り方をするときの熊谷貫は当たりが多いが、今回も前田に迫るような撮り方。
    1ページ目のアップ、見開きの斜めからのカットなど、前田の前田らしい造形美が引き出されている。 前田は心持ち上から見下ろして撮った方が映えるのだけれど、それにしても上手く撮っている。
    「機嫌の良い前田」の機嫌の良いだけではない感情の深いところまで抉り出すように撮りつつ、醜くは見せない手練の技。 見応えのある8ページ。

    さっしー美少女化計画 (第3回)
    指原莉乃のグラビア企画、今回の撮影者は長野博文。 カラー2ページ2カット、モノクロ1ページで撮影風景雑感。
    白くて(良く言えば)透明感が有って細くて薄っぺらいノレソレのような指原莉乃と、柔らかく光を廻して淡い色調で撮る長野博文との親和性は高く、指原の造形美が上手く引き出されたグラビアに仕上がっている。

    テレビに出て踏み付けにされるときは必死に告知に励む癖に、こうして良いところを引き出してもらった時はブログでの告知もそっけなく。 まったく。

    _ AKB48×プレイボーイ

    週刊プレイボーイの増刊。 一冊丸ごとAKB48関連記事。
    本誌と殆ど同じ体裁だったので、間違えて買った人も居るのではないだろうか。
    先ずはグラビアから。

    AKB48(板野友美、大島優子、小嶋陽菜、篠田麻里子、高橋みなみ、前田敦子、松井珠理奈)
    撮影は本誌と同じく例によって今村敏彦、スタイリストも例によって米村弘光。 十年一日の如く変り映えのしない、見ていて欠伸の出る12ページ19カット。 板野まで冴えないというのも珍しい。
    何度巻頭グラビアをやっても顔見世にしかならないのに、載る度に売れていると言うのも解せないが、何でも良い客が買うのだろう。

    チームPB(多田愛佳、柏木由紀、高城亜樹、仁藤萌乃、前田亜美、宮崎美穂、宮澤佐江)
    ウェディングドレスを着せたグラビア。 撮影はTakeo Dec.。 最近酷い出来が続いていた(続いている)けれど、このグラビアに関しては良い出来。
    宮崎美穂に膨張色を着せると言うのも残酷な話では有るが、表情は良い。
    叩くと文明開化の音がするくらい髪をバッサリやる前の宮澤佐江。 珍しく feminine な表情。
    柏木由紀だけ扱いが大きいが、写真そのものは7人の中で一番詰まらない。
    出来はともかく、政治的には正しいグラビア。

    内田眞由美
    撮影はTakeo Dec.
    本誌の巻末グラビアからの流用で1ページ。
    生写真の撮影くらいしかカメラの前に立つ仕事をした事が無いのが災いして、固まった紋切り型の表情。
    AKB48生写真商法の弊害が出てしまっている。

    SKE48(大矢真那、桑原みずき、高柳明音、松井珠理奈、松井玲奈、矢神久美)
    撮影はTakeo Dec. なのだが、いやはや実に酷い。
    ムードメーカーの桑原みずきが居るからか、6人が6人生き生きした表情。 現場の楽しさは伝わって来る。 しかし被写体の仕事の質がグラビアの質に結びつかない不幸。
    屋内撮影分は明らかにホワイトバランスがおかしい(色校出せない編集者も無能だが)し、意図したものではないであろうアウトフォーカスも頻発。 そのアウトフォーカスをわざわざ大きく使うってのも馬鹿と言うか無能と言うかその両方と言うか。
    最近のTakeo Dec. の悪いところが全部出た感じの最低の仕事。
    アウトフォーカスにしても色がおかしいのにしても、デジタルカメラの扱いに習熟していないからこその失敗。 銀塩とデジタルとでは、同じ焦点距離のレンズで同じように撮っても被写界深度がまるで違う事もある。 テストが足りないのではないだろうか。

    SDN48
    「脱がしときゃエロ」と言う編集部の短絡的思考で世界で一番古い商売のカタログみたいにされてしまっている。 さながら 「写真見世」。
    浦野にしろ小原にしろ、白くて細いのを生かして撮れば、もっと映える。
    こんな女に誰がした。

    品薄らしいが、ことグラビアに関しては買う価値の無い一冊。 やっつけ仕事ここに極まれり。 合掌。

    _ 更新情報

    コラム置き場に


    をアップロード。
    AKB48として宗教施設で奉納公演をするのは二回目であるが、こういう頓珍漢なことをするなら二度とやらない方が良い。


    2010-10-28 bump.y、二題 [長年日記]

    _ 「ホップ!ステップ!bump.y」雑感

    メンバーの人となりの紹介が一巡して、二択のお題でわいわい喋る構成に変化。
    メンバー5人全員に何とか喋らせようとし、それを何とか拾おうとする編集の技で凝縮感の有り過ぎる7分間に。
    一週間分で28分になるので、おおよそ30分番組一本分の時間にはなるが、詰め込まれた情報量はそれ以上。 目当てで聴いている人以外にどれだけ伝わるかは難しいところだが、目当てで聴いている人間には楽しめる。
    役者のスイッチが入っていない時の桜庭ななみの喋りは聞き取りづらいが、喋る内容はかなり豪快で驚かされる。

    _ bump.y radio

    松山メアリが一人で喋る Web ラジオ「bump.y radio」が配信開始。

    こちらから。

    「ホップ!ステップ!bump.y」よりゆったりした喋りの9分44秒。 配信は期間限定だが、繰り返し聴けるのは嬉しいし有り難い。

    _ 週刊プレイボーイ No.45

    AKB48絡みでは巻頭グラビアページの中程に小野恵令奈、巻中グラビアに渡辺麻友、投稿連載ページに内田眞由美。
    内田は初登場らしい。 掌を引っくり返す何を今更な起用。 C'est la vie

    堀北真希
    巻頭グラビア6ページ6カット。
    センスも技術も兼ね備えた撮り手の腕は良いが、似たような表情が並ぶのが一寸物足りない。
    衣装の数から見てもじっくり撮って貰えているのは判る。
    5ページ目に感嘆、巧い。

    小野恵令奈
    5ページ8カット、撮影は桑島智輝。
    ワニブックスから出る留学前最後の写真集からのグラビア。
    撮り方によって少女と淑女の間を行ったり来たり。 2ページ目下段、4ページ目上段あたりの斜めに切り取ったロトチェンコ風味の構図が面白い。

    渡辺麻友
    巻中グラビア7ページ8カット。 撮影は熊谷貫。
    引きの構図が多く、撮る方向も表情も画一的で、熊谷貫にしてはパッとしない出来。
    写真の並べ方も悪いのだけれど、渡辺麻友に熊谷貫を宛がうのがそもそもの間違い。 親和性の低さなんざ考えなくても判る。 


    2010-10-30 徐々に [長年日記]

    _ 更新情報

    コラム置き場に


    をアップロード。

    _ 首藤剛志を悼む

    私はポケモンには縁が無かったが、それ以前の作品群には少年期から青年期に掛けて影響を受けた。
    謹んでご冥福をお祈りいたします。

    さて、亡くなって思い出したのが ミュージカル「ミンキー・モモ」の一件
    これに限らず広井王子の仕事は実にいい加減で好きになれない。


    2010-10-31 Ma Jeunesse Fout le Camp [長年日記]

    _ 週刊ヤングジャンプ 48号

    表紙と巻頭グラビアにAKB48、ピンナップと「Biginner」のジャケットがオマケで付く。
    AKB48のリレー連載は柏木由紀。

    AKB48(板野友美、大島優子、小嶋陽菜、柏木由紀、前田敦子、渡辺麻友)
    集合で1ページ、あとは個別で1ページ1カットずつ。 撮影は桑島智輝。
    この人数でこのページ数だと、どうしても顔見世グラビアになってしまうが、それぞれ生きた表情で「らしく」撮って貰えているのが救い。

    ゆきりんの The アイドルクエスト (第3回)
    ゲストは真野恵里菜。 三回目にして初めて同世代のアイドルが登場。
    これまでは対談相手に圧倒され気味であった感もある柏木だったが、今回は生き生きと。
    共通の話題は

    • ハロプロ懐旧談
    • 友達がいない
    • みんな大好き擬似科学「血液型のはなし」
    真野恵里菜がぶれずに真野恵里菜でありつづけていたのとは対照的に、「アイドルは見るものではなくなるもの」であると割り切っていると思っていた柏木が珍しく「客の顔」。

    AKB観察部
    「さまざまな描き手がAKBを描破する」と欄外にあるように、漫画家持ち回りで描く提灯記事。
    初回は藤沢とおる。 この人がヤングジャンプに描くと言うのが感慨深い。
    漫画そのものは大して面白くも無いが、何人かメンバーの顔を描いた中で板野友美だけが妙に似ているのは面白い。 藤沢が好みそうな顔ではある。

    継続的に誌面に載せるためにはこうして提灯も持たねばならないのかもしれないが、そうだとするとAKB48の人気も長くないように思う。
    偏に風の前の塵に同じ

    _ UTB 2010 12月号

    表紙と巻頭グラビアは℃-uteの鈴木愛理とAKB48の渡辺麻友。
    200号記念とあって気合の入った造り。

    鈴木愛理×渡辺麻友
    表紙と巻頭グラビア、9ページ19カット、個別で1ページ1カットずつ、残りは全て二人で。 撮影は細居幸次郎。
    衣装は3パターン。 表紙と読者プレゼント用ポストカードでも使われている歌衣装風のものをばっちり照明を当てた白ホリスタジオで、柔らかく光の廻るハウススタジオでの部屋着、木漏れ日の公園で白いワンピース。 流石に手間が掛かっている。

    渡辺麻友の表情に人間らしい感情が乗っているのが珍しい。
    鈴木愛理も同じ人類とは思えないくらい顔が小さいので、非現実的な渡辺麻友と並ぶとしっくりくる。

    グラビア専業のアイドルとの違いとして、二人とも歌って踊ることを生業としている骨格と肉付きになっている事がある。
    木漏れ日の柔らかい光の中で浮かび上がるその陰影が美しい。

    本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

    # ぞの [はじめまして。 UTBで高柳さんが「カラスを飼いたい」って言ってるのが、個人的に面白いなと思いました。法律的に飼えな..]

    # Dwightsa [viagra cream for women <a href=http://dstvmediasales.com/..]



    「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
    斎藤緑雨


    文責:墨田ペトリ堂
    1998|11|12|
    1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
    2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
    2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
    2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
    2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
    2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
    2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
    2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
    2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
    2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
    2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
    2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
    2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
    2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
    2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
    2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
    2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
    2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
    トップ «前月 最新 翌月» 追記