トップ «前の日記(2011-10-30) 最新 次の日記(2011-11-07)» 編集

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2011-11-03 ぱすぽ☆ は、粒であり、波である。 [長年日記]

_ ぱすぽ☆予約イベント@イオン与野ショッピングセンター 1部

時間を読み損ねて1部が始まった頃に到着。 イベントスペースに辿り着くと一曲目の途中。
一階の観覧スペースはほぼ一杯の入り、二階バルコニーもスズナリ。 なんとか隙間のあった三階バルコニーへ。
三階は転落防止の為か2mからアクリル板が貼られていて、見るには見られるが音が篭って聞えづらい。
また、かなりの角度からの見下ろしになるので、クルーの顔はほぼ見えず、その代わりフォーメーションは綺麗に見える。
今日は学校行事のため槙田紗子がお休み。 一人欠けているのだけれど、知らないで見ていたら気がつかないくらい補整されていた。

ぱすぽ☆初見はちょうど去年の今頃。 ロックと言えばブリティッシュ、アメリカンロックは口に合わないと思い込んでいたので ぱすぽ☆ そのものを見に行ったと言うより、当初の目的は「竹中見物」であった。
当時はジョリーロジャーがアトラクション中に曲をそれなりの音量で掛けっ放しにしていたので、なんとなく聴いているうちに耳に馴染んでしまい「あれ、いいなコレ」となって ぱすぽ☆ そのものにも嵌まり込んで行った

今日の竹中女史はロッテンマイヤーさんのような服。 頭には槙田カラーのリボン、手には槙田カラーのスカーフを持ち、舞台袖から月影先生のように見守り、首から上でリズムを取りつつ時折ニヤニヤ。 不意にしゃがみ込んだと思ったら、なにやら i-phone にフリック入力。

セットリストは一寸短め。 物足りないな・・・と思ったら予定調和的乍らアンコールで3曲。 終わってみれば寧ろテンコ盛りな構成。
夏場は私的ゴタゴタで全く身動きがとれず、久し振りの ぱすぽ☆ だったのだけれど、生歌感は増しつつ、より安定したパフォーマンス。
前述の通り頭しか見えないのだけれど、何だコリャとエモーショナルな動きに目を遣ると、大抵パニエは水色か紫。 ブッコロスオーラのようなものを放っていると、大抵パニエは黄色。

_ ぱすぽ☆予約イベント@イオン与野ショッピングセンター 2部

3月にここで見た時より、確実に「目当ての客」は増えていたので、念の為開演30分前に会場へ戻ったのだけれど、二階バルコニーは既にあらかた埋まっており、何とか隙間を見つけて潜り込む。
1部が12:00から、2部が15:30からと言う間の空いた時程なのだけれど、フライトの後のアトラクション(アイドルの接客業としての部分)に時間のゆとりを持たせているからだと思われる。

文字通りの十人十色で個性もバラバラ、その10人が集まって歌い踊ると、それぞれの個性は生きたまま有機的に繋がって一つの生き物のように動く。
イオン与野のイベントスペースは狭く、舞台用のパネル12枚並べてスピーカー2本立てただけの蜜柑箱に毛が生えたくらいの簡素なものなのだけれど、その狭いところで激しく歌い踊りつつ、ぶつかりそうでぶつからない。
広いところでは綺麗な円や直線を描く隊列が、舞台の形に合わせて修正され、移動を食ったり遅らせたりして行き違いでぶつからないようにしており、それでも追いつかない場合は半身になってかわしている。 それを涼しい顔して事も無げに演るから凄い。
安斉奈緒美あたりはそれに加えて客席を見回しながら魚群探知機を働かせて釣り糸を垂らし、まんまと一本釣りされた客が握手会に並ぶなんて図も見られた。

2部も予定調和でアンコール。 玉井と森の「アンコールが掛かるなんて思って?」「おもわなくってよ、びつくりだわ。」てな感じの白々しい遣り取りも楽しい。

激しいながらも抑え目に動いていた増井みおがアンコール最後の一曲で爆発。 あやうくも美しい。
安斉奈緒美は動きが大きく綺麗になっていた。 細く長い手足の慣性質量と遠心力を利用したスイングバイ航法のような動き。
慣性の法則を無視したような藤本有紀美の動きはさながらレールガン。
のんびり動いているような岩村捺未だが、並べて見ると動きが遅れている訳ではなかった。 空間と時間の間に歪みが生じて遅く見えているようだが、ハイデガーもアインシュタインもさっぱり判らなかった私には、こちらもよく判らない。
「歌」と言う存在意義を見つけたらしい佐久間夏帆はマイクの持ち方が変わっており、自分の歌うパートでは口とマイクとの角度と距離に注意を払っていた。

それぞれがそれぞれにこのグループに於ける自らの存在意義について考え、それを突き詰めていく意志が方向はそれぞれに違っていても、それぞれ同じ山の頂上を目指して進んでいる様が凛々しくも美しいフライトであった。



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|
トップ «前の日記(2011-10-30) 最新 次の日記(2011-11-07)» 編集