トップ «前の日記(2012-05-06) 最新 次の日記(2012-05-20)» 編集

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2012-05-13 [長年日記]

_ UTB 2012 6月号 続

鞘師里保×石田亜佑美×田村芽実
6ページ10カット、撮影は佐藤裕之。
鞘師里保は当世風の顔立ちでは無いのだけれど、妙に絵になる。
放出するのではなく吸引するような、不思議な力が有る。
石田と田村は未だ硬いところがあるのだけれど、鞘師はカメラの前での振舞いが変わらない。

本村碧唯・宮脇咲良・谷口愛理(HKT48)
5ページ7カット、撮影はサトウノブタカ。
HKT48の「手をつなぎながら」公演で「ウィンブルドンへ連れて行って」を担当している3人。 前半は集合で4カット、後半は一人1ページ1カット。
強すぎず弱すぎず、光のコントロールが上手い。 まぁ私の好みからすると若干強いかな・・・とは思うのだけれど、表情は生きているのでこれはこれで良い。
宮脇咲良は常に撮られる人としての態度を保っていて隙が無い。 正体を現さない分、写真としての面白みは薄れるが、モデルとして質の高い仕事はしている。
髪のあしらいが三人三様なのだけれど、それぞれ映えるようになっている。 こうしてきちんと見極めて貰えているのも、見ていて嬉しい。

小嶋菜月
5ページ7カット、撮影は桑島智輝。
制服2カットで残りは水着と言う潔い構成。 水着映えするのでこの配分で間違いは無いと思う。
表情は変化に乏しく、劇場の壁掛け写真や生写真の域を出ない紋切り型の笑顔なのだけれど、桑島智輝が上手く纏めているのでモデルが詰まらない割にグラビアとしての出来は良い。
ホームランはおろかヒットすら出ないのに、デッドボールで出たランナーを盗塁とバントで進めて犠牲フライで一点取って、気が付いたら勝っていたような、そんな感じ。

浦野一美
5ページ7カット、撮影は長野博文。
仕方ないっちゃ仕方ないのであるが、七年遅い。 危ういくらいに白くて細くて皮膚が薄くて儚げであった猫被り期の浦野でこれをやっていたら歴史は変わっていたと思う。
積み重ねた苦労がふてぶてしさのような物を醸してしまっているのと、長野博文が仕事だから撮っているような定型写真であるのと、残念な部分は有るが、浦野がきちんと撮って貰えたというのは、矢張り有り難い。 感謝。

伊藤梨沙子
4ページ6カット、撮影はこちらも長野博文。
こちらの方が撮っていても遣り甲斐の点で上なのは仕方ないが、ささっと撮っているようでいて上がりは良い。
モデルの持つ力。

宮崎香蓮
4ページ6カット、撮影はHIROKAZU。
撮られなれていない所為かカメラを睨め付け過ぎるところがあるが、目線を外したカットは上手く撮って貰えている。

仙石みなみ
4ページ7カット、撮影は細居幸次郎。
一寸やっつけ感はあるが、破綻の無い7カット。
手間と時間を屋内撮影分に集約したほうが上がりは良かったのではないか。

新垣里沙
5ページ9カット、撮影は唐木貴央。
造りこみが過ぎたり、眩し過ぎたり、モーニング娘。 関連のグラビアで良く見られる退屈極まるもの。
3カット目は辛うじて見られるものになっているが、あとは論評に値しない。
高橋愛の時もそうだったが、グループを辞める段になって作った写真集の質が悪いってのは如何なものか。

矢島舞美
打って変わって見応えの有る6ページ9カット、撮影は國方大。
しどけなく和室で3カット、凛として弓道場で6カット。 矢島舞美として撮られるときには未だどうして良いか判らないような表情を浮かべることも有るが、何かテーマがあると強い。 特に弓道場でのカットは、緩急・強弱の付いた幅のある表情。
桑島智輝の特質がその場に有るものを組み立てる上手さであるとしたら、國方大はその場に在るものを汲み取る上手さ。
温度や湿り気まで伝わる写真。

真野恵里菜
6ページ5カット、見開き1箇所。 撮影は栗山秀作。
今月末に新たな写真集発売、撮影は再び栗山秀作とのことであるが、「写真集の話はまた次回」とのことで、このグラビアとの関係は不明。 しかしこのグラビアの出来から類推して、かなり良いものになっているのではないかと思う。
安心して撮り、撮られている。

総評
カメラマンとモデルの幸せな出会いが幾つも有る、見応えのある号だった。
1200円と言う最早雑誌とは言い難い値付けではあるのだけれど、それ以上の幸せは得られる。
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
# Dwightsa (2014-02-08 10:37)

pharmacy cialis <a href=http://dstvmediasales.com/sitemap.php?farm=buy-discount-viagra-online>buy discount viagra online</a> zithromax absorption rate http://dstvmediasales.com/sitemap.php?farm=generic-viagra-with-mastercard - generic viagra with mastercard propecia side effects lawsuit http://dstvmediasales.com/sitemap.php?farm=mail-order-viagra-online - mail order viagra online buy zithromax chlamydia



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
トップ «前の日記(2012-05-06) 最新 次の日記(2012-05-20)» 編集