トップ «前月 最新 翌月» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2015-03-04 野暮な残業で遅参する野暮な会 [長年日記]

_ 落語立川流真打トライアル(第5回)(日暮里サニーホール)

「長屋の花見」錦魚
「スリーピー・スリーピー」らく朝
「蛙茶番」らく里
<中入り>
「桑名船」志らら
「ねずみ」談奈

中途半端に残業となり、ついに一人目を丸々見逃す。
(「長屋の花見」錦魚、友人に聞くとなかなかの出来だった由)

「スリーピー・スリーピー」
睡眠時無呼吸症候群の健康落語、強い眠気により突然眠ってしまう症状の怖さを黒い笑いに転化。 掴み込みでは無い新作は初めて観た。
夢落ちなのだけれど物語が入れ子構造になっており、バッドエンドになりそうなところを回避して救いのある話に。
これまでに演った新作に較べて登場人物も整理されており、主人公の奥方の戯画化された姿が笑いを誘う。 
主題となる病気の特徴と対策を織り込みつつ、教訓臭くなりすぎないのも良い。
これまではどうも噺の肝になる部分をおざなりにしているようなところがあったのだけれど、今回の健康落語については噺の肝を病気の特徴的な症状と「どうすれば良くなるのか」に置かれており、登場人物が整理されていたこともあって敢えて腐すようなところもなく素直に聞けた。 
登場人物の言動がベッタベタにべたなのは好みではないが、主たる客層と噺としての狙いを考えるとこれで良いのだろう。 これまで見た中では一番。

「蛙茶番」
仕込みのところでイップスが出てしまったが、それ以外は大過なく。
端折ってしまう事の多い「天竺徳兵衛」のセリフや太鼓の入る部分までみっちりと。
分かる人の演る芝居の噺は、付け焼刃で無い分やはり見応え聴き応えがある。
何度も書いているようにトライアル言うのは気ぶっせいでどうにも遣り切れないのだけれど、負荷が掛かったことによってこうしてぐっと伸びる事もあり、悩ましい。

「桑名船」
「鮫講釈」を談志家元に倣って「桑名船」として。
先月「鮫講釈」が出てしまったのだけれど、師匠志らくからの指定の根多なので変えるに変えられず趣向を凝らしてみたとのこと。
これまでは縛りが強過ぎてどうも硬くなってしまいがちだったが、裏話なども交えて笑いに繋げて行く本来の「志らら落語」がようやく見られた。
講釈を談志百席に置き換えた趣向はさして面白いとも思わなかったし、立て板に水とはいかぬ言い立ても辛かったが、言い澱んだり詰まったりするのを自虐的に根多にするのは良かったし、話の途中で登場人物に踊らせるのもなかなかの趣向。
出来としては良くなかったが、遣り切ったことで悪くない後味。

「ねずみ」
最低限のマクラですっと噺に入る。 この辺りも板に付いてきた。
客と四つに組んでじわじわ寄ってくるような噺の運び。 笑いの量としては多くないが聴き応えはあり、なかなかの出来。
真打ちが掛かっているだけに大根多を選ばざるを得ないのだと思うが、私はこの人の毒にも薬にもならない軽い噺が聴きたい。

開票結果は一位 談奈、二位 志らら。
票は伸びなかったが「蛙茶番」が実に良かった。

2015-03-08 突き付けられる [長年日記]

_ 舞山秀一写真展 "NOIR ET BLANC"

駿河台下の交差点から程近く、再開発街区の手前にある小さなギャラリーでの写真展。

モノクロームのヌードなのだけれど、ざらついた粒感の強いプリント。
被写体もぶれたりボケたりしているので顔かたちなどは判然とせず、美しいが淫靡ではない。

そして銀の絵の具で何やらフランス語の箴言めいたものが書きつけてある。
「ブレ」「ボケ」「ざらつき」
いつか来た道ではありつつ、今これをやる事に意味を見出したのであろう。

被写体以外は漆黒の中に在り、銀塩の頃はこの黒が出せなくて苦労したのであるが、反面プリンタ出力のベッタリとして階調のない黒からは「黒と灰色の間の黒」や「黒より黒い黒」を目指して現像液の中で印画紙を撫で回しながら仕上げた呪術的なプリントから漂う妖気のようなものは感じられず、かつては出来なかった事が出来るようになり出来ていたことが出来なくなる。
その中で抜け落ちてしまったものを補完しようとする意図で書き連ねられた文字列なのかもしれない。

私の好きな写真とは対局にあるプリントでありつつ、嫌な感じはしないし見応えもある、そしてとても疲れる写真展であった。

銀塩からデジタルに移行してどう写真と向き合って行くのか、それを突き付けられたような気がした。


2015-03-22 盛り上がり同調圧力 [長年日記]

_ PIP定期公演第2章 #06: 濱野&柚木生誕祭+栗城&牛島卒業記念公演

山下、工藤が休み。
色々あった工藤も、なんとか高校を卒業できたようだ。 山下が何故休みなのかは、例によってよく判らない。

前半はネット配信するバラエティー番組の体。 「携帯早打ち」と告知してスマートフォンを持ってこさせておいて、身内即レス王選手権。
家族に感謝の言葉をメールなりラインなりで送りつけて、反応の早さと面白さを競う企画。 ドッキリでもこう言うものなら心が痛まない。
電話に出たメンバーの家族は昼間からきこしめしていたり、要領を得ない受け答えだったり、石橋哲也の乱暴ヨイショがそれなりに上手いこともあって面白く見ることは出来た。
ただ家族相手で間合いが測りにくかったのか、いつもと較べると石橋の踏み込みは浅く、生ならではと言えばそうなのだけれど電話待ちの時間が冗長。

後半はライブ。
選抜組とALLOVER組、アンダーで入ることの多い森崎あたりは動ける身体になってきており、アンダー出演の少ない連中との差が開きつつある。

高城はその容姿に磨きが掛かってきつつあるし、瑞野も聡明さが状況判断に生きているのだけれど、より場数を踏めている連中と較べると伸びが鈍く、客前に出る場数の差が舞台の上で振る舞う上での体力的精神的な余白の少なさに繋がってしまっている。

選抜組は靴までが衣装なのだけれど、そうでない連中は思い思いの靴。
だいたい黒のローファーなのだけれど、栗城は動きやすさと足首の保護を考えた白い靴。
ローファーでも黒ではなく茶色のものを選ぶ高城のセンス。
永瀬は踵厚めのスニーカー的なもので上背補正、牛島あたりと丁度釣り合う。

場数を踏めている連中は、試行錯誤をする習慣が身に付いており、(そうならないような準備はした上で)失敗を恐れず舞台に立てている。
ハウリングの兆候を感じると微妙にマイクを逃がす柚木。

北川や永瀬と較べるとALLOVERに入った事による上積みが見えにくい空井も、動ける身体にはなっている。 選抜になって自分のパートが明確になり、且つ休んだメンバーの穴埋めまで経験したことにより、ためらいのない歌いかたを会得。
元々気働きは良いので、それを生かせる精神的・体力的ゆとりが出来たのは、本人だけでなくグループにとっても良い影響。
空井は初芝清のように、衒いがないのが何より良い。

自己紹介は変則的に三列で。 一列目が濱野、橋田、柚木の三人で Triumviratus への以降なのかと訝しく思ったがさに非ず、生誕月のソロで演る曲の着替えが後に控えている為にこうなったようだ。

柚木はメロン記念日のThis is 運命、業の深さを感じる選曲。 客の多くよりも筋金入り。

濱野は中島美嘉のDear。
高音を無理に張らずに裏声で逃げるのも上手くなった。 頑張り過ぎないので聞いていて肩が凝らない。

栗城と森崎が組みで歌うと、ここ数ヵ月での「舞台勘」の差が現れていた。
栗城は学生時代のスポーツ経験とPIP以前の活動時に培った土台を生かしてはいるがそれ以降の上積みが少なく、森崎はチアリーディングの経験を最近のアンダー出演やメンバーユニットのプロデュースで応用出来るようになって本気で演る栗城と並んでも遜色無く歌い踊れている。

牛島のユニット曲でも出番のある森崎はそのまま数曲。
曲調もバラバラなのを見せ方を変えつつ、上手くこなしていた。

涙腺が途中で決壊してしまったのは御愛嬌だったが、北川は歌にも振り付けにも情緒が出てきており、良い育ちかたをしている。
泣いても身体は動いている。

栗城と牛島の最期屁のような曲、出来は悪くないが余計な煽りが興醒め。

誘惑のハートビートは、メロディーラインからの大幅な変更。 作曲者からのより歌いこなせるようにとの提案とのこと。
まだあやふやなところもあり、音源化までに安定させて欲しい。

これまでに無かった不快な点としては、メンバーが喋っている最中にもウィットの欠片もないガヤを入れ続ける無粋なのが居たのと、椅子の上を歩いて前に押し寄せる馬鹿がいたのと、盛り上がり同調圧力のようなものが働いていたこと。

感極まるほどの盛り上がりでもないのに特定の楽曲が始まると自動的に盛り上がり同調圧力が働いて無闇に肩を組んだりタオルを振り回したり左右に歩き回ったりラインダンスをしたりするような野暮は蒙真平御免りたい。
送り手の側は創意工夫をしているのに、客の側は創造力に欠ける他所の現場の手法の劣化コピー。 

急激な客民度の低下は頭の痛いところではあるが、突発的なものである可能性もあり。且つ差し引きではまだプラスなのが救いと言えば救いではある。
散発的にメンバーが辞めていく最中と言うこともあってか、微妙に重苦しい空気もありつつ、顔を上げて前は向いていた。



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
トップ «前月 最新 翌月» 追記