トップ «前の日記(2017-04-02) 最新 次の日記(2017-04-10)» 編集

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2017-04-09 惜しい切れ場 [長年日記]

_ 朝練講談会(228回)

長引いた風邪も漸く癒えたので日本橋へ。 さほど混まないことが予想される顔付けだと出足は遅いのだけれど、開演前にバタバタと駆け込む向きも多く、なんだかんだで埋まる。

「佐野源左衛門駆け付け」神田みのり
「徳川天一坊 紀州調べ(下)」神田春陽

田辺いちか・神田みのりで棒組になったところに真打の先生をゲストに迎えて前座勉強会と言う体での開催が多かったが、それぞれ一本立ちと言う事なのか、みのりさんと春陽先生と言う顔付け。

と、言う訳で長めに「佐野源左衛門駆け付け」、鉢の木の話。 蹴躓くところ無きにしも非ずだったが、それ以外は悪くなかった。

春陽先生は来月の連続読み企画で演る「徳川天一坊」から "中途半端で続きが気になるところ" として紀州調べの(下)を。
謎だった部分が次々に解き明かされ、さぁどうなる・・・と盛り上がったところで「続きはゴールデンウィークに」と読み終わり。
まさに、惜しい切れ場。
確かに続きは知っていても気になる。

_ 石川栄二 連載写真展 第1回「まわり道」

4月8日と9日の両日(搬入が早く済んだので7日も開けたらしい)にギャラリー・ニエプスで開かれた写真展。
終わり間際に駆け込みで見て来た。

自家焙煎のコーヒーを淹れていたり、ライブが有ったり、趣向を凝らした写真展だったようだが、雨が止むのを待ってから行った頃には、既にあらかた終わって余韻の中に在った。
床に置かれたギター、コーヒーの残り香。 楽し気な空気。

写真は全てモノクロ。 ベスト・ポケット・コダックで撮ってプリントしたもの。 撮影地はパリ。

現代のパリなのだけれど、撮った機材とプリントが古風なので、何処で撮ったのかは分かるが何時撮ったのかは曖昧模糊としていて、車であったり広告であったり、現代を感じさせる何かが画面内から見つけられると、漸く現代と繋がる。

ファインダーは有って無きが如し、シャッターも怪しく、ピントは目測。 ほぼノートリミングで、ネガの長辺側を少し切るくらい。 それでだいたい絵になっている。
対象を大掴みにするしか無い状況に在って、厳密でないが故に却って撮り逃がしが無いと言うか、ともすれば気になってしまうあれこれに囚われ過ぎずに写真が撮れている伸びやかさ。

柔らかく濃いプリントは私好みで、暗室作業がしたくなる、心浮き立つ写真展だった。



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|
トップ «前の日記(2017-04-02) 最新 次の日記(2017-04-10)» 編集