トップ «前の日記(2004-04-15) 最新 次の日記(2004-04-17)» 編集

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2004-04-16 途中下車 [長年日記]

_ 寄り道

柳家小袁治師匠の「食もくじ」に出ているとんかつ屋「すみ川」でロースカツでもノセて帰ろうと思い、立石で途中下車。 「すみ川」は仕舞っていたのでトンカツは食べられなかったのだけれど、道すがらの商店街には興味をそそる店がズラリ並んでおり、前から気になっていた若鶏の唐揚げを商っている店に寄ってみた。
この「鳥房」と言う店。 店の右半分で生の鶏肉を売り、左半分で唐揚げを売っている。 値段は大きさで二種類、580円と600円。 下味をつけたものがバットに並べられていて、注文を受けてから中華鍋の大きいので揚げる。 「15分くらいかかりますが宜しいでしょうか?」と訊かれたが買う気満々だったので待つ事にした。 時間が出来たので南口の宇ち多で一杯。 アブラ(タレ)、レバー(タレ)、煮込み、梅割り一杯で680円。 戻ったら丁度包んでいる所。 1つが若鶏の半身だから2つで1匹分になる。 これを経木に包んでからビニールの袋に入れ、店の名入りの包装紙でくるんで揚幕色のヒモで縛ってくれる。 見るからに「おみやげ」と言う感じ。 家に帰って喰ってみたら中々の味。 ケンタッキーより私は好きだ。
調べたらこの店、裏で居酒屋もやっているらしい。 次回はそこに行ってみよう。

_ これから

都内某所でプリント。
明日は撮影会→落語会→打ち上げ→夜行バスで酒田。



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
トップ «前の日記(2004-04-15) 最新 次の日記(2004-04-17)» 編集