トップ «前の日(03-24) 最新 次の日(03-26)» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2001-03-25

_ 午后から

恵比寿へ。 知り人と待ち合わせて「ドキュメンタリーの時代」を観る事にしていたのだけれど、そのうちの一人が来ない。
「今出ます」と云う蕎麦屋の出前みたいなやり取りを数度繰り返した後、電話は繋がらなくなり仕方なく3人でじっくり観た。
フレーミング、目線、焼きの濃度と大きさ等々、色々と考えた。 結論としては「やはり土門拳の写真はあつかましいから嫌い」という事。
美術館を出てから、仕事で来られなかった人と待ち合わせてその来なかった「ゴドー」を査問(苦笑)。 東京西部の胡散臭い呑み屋で呑んでクダを巻いて帰宅。 今日は少し早めに家に帰った。


2002-03-25 こまかい間違いが多い今日この頃

_ 間違い その1

「武田愛可 フューチャリング ピカピカ」って、それを言うなら「ピカピカ フューチャリング 武田愛可」とか「武田愛可 with ピカピカ」ですよね。

仕事中に気がついたんですが、家に帰ってからしかいじれないのでこんな時間まで放置(苦笑)。

_ 間違い その2

ちゃんとしたファンサイトとは何ぞや?って話なんですが、よく考えたらシロさんのとこひろてぃー氏のとこテュルシス先生のとこも、ファンサイトしての造りは到ってまともでした。 どうかしているのはうちくらいですね。 失礼致しました。 うちは他所とかぶるコンテンツは作らないようにしているので、プロフィールとかスケジュールとかお仕事履歴とかは作らずに、その分の労力を他に振り向けているんですが、ファンサイトとしてはなんかヘンですね。

_ 病人

歩み寄ってきますか(苦笑)。 それはニシダさんのえらいひと属性の強さに起因するのではないかと思いますが。

_ ポラちゃんと切っているのか?

ピカピカのアルパムのブックレットの写真なんですが、ちょっといただけません。 水色とピンクの背景紙をバックにして、正面から撮っているカメラマンの背後に巨大ストロボ4灯(ストロボの数はあてずっぽう)って感じだと思うんですが、上がりがちょっとお粗末に過ぎる。

先ず、被写界深度(ピントが合っているように見える範囲)が浅過ぎて、ジャケットはまだ良いンだけどブックレットの中のさやかちゃんとマコちゃんの二人の写真はは全くピントが合っていない、あいかちゃんとはるかちゃんのも微妙に逃げている(前髪にピントが来ている)。 ちゃんと合ってるのは澁谷さまとえみちゃんの奴だけ

こんなのはある程度の立ち位置を決めてから段階露出でポラ切っとけば防げる失敗だと思う。 もう少し絞って深度を稼ぐか、絞らないなら立ち位置を厳密にしてピントの深度の範囲内に収まるようにするか、プロならそのくらいの工夫はして当たり前。 以前物販で売られていた愛可ちゃんの失敗宣材写真と同じ傾向の失敗なので、多分撮った人は同じなんだと思うのだけれど、金とって仕事してるんならもう少しちゃんとした仕事をしていただきたい。

問題はピントだけじゃなくて、顔の塗りが濃すぎるのと光が強すぎるのとで顔が白飛びしてしまっていているし、顔以外の肌の色との差が出過ぎちゃってている。 で、光が強すぎる弊害は目の開き具合にも出ていて、全員「一生懸命目を開けている顔」になってしまっている。 具体的に言うと、目の周りの筋肉が硬直して表情が硬くなってしまっているし、下瞼が上がってしまっていて目が細くなってしまっている。

さらに、カメラマンが光源を背負って撮影しているので、瞳の中にモロに写り込んでしまっていて、しかもその形がきたない。

まぁ、「ウルトラメンゴ」とか「恋のホラーショー」に比べれば印刷は良くなっているから多少はマシになっているのだけれど、単純なことだけにもう少しちゃんとして欲しい。

_ 恥の上塗り

えらそうな事を書いていたらやはりコケました。
それを言うなら「フィーチャリング」でした。
辞書も引いてみました
featuring ・・・ 「重要な役割を演じること」
つっこみ有難うございました。
本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

# MULTi [歌詞カード部分も見にくいですよ。白文字はちょっと…]

# raffine [>それを言うなら「ピカピカ フューチャリング 武田愛可」 それを言うなら「フィーチャリング」でしょう(苦笑)。 辞書..]

# 0hjrfc4d1 [n http://002evolves.blogspot.com]


2003-03-25 寝込む火曜日

_ 昨晩

高校時代の友人4人と呑んだのだけれど、そのとき喰った何かに当たったらしく、終日水下痢。
他の連中は何とも無いらしいので、原因は私だけが食った温泉卵に有ると思われる。

_ 小ネタ

松浦亜弥 が「アイドルサイボーグ」なら、ニセ松浦化が進行する 紋舞らん は差し詰め「アイドルカイゾーグ」だなぁ・・・と仕事中に考えた。 アイヲタで特ヲタじゃないとなんだか判らないネタではある。

_ 連中は何で戦争をおっぱじめたのか

大量破壊兵器云々の話ばかり出ているけれど、アメリカ本土にイラクから届く訳でもなく、そんな事を言ったら直接届く可能性のあるものを持っていて査察も拒否した国のほうが余程剣呑だったりするわけで、反戦運動をするにせよ戦争を支持するにせよ、事の本質を見極めなければならないと思う。

参考:イラクと米:新しい世界システムが目的か
現代用語の基礎知識「メジャーズ」

_ 「平和主義」だけで動いている国はあるのか?

無い。 対イラク戦争に反対している国はそれぞれにそれぞれの思惑があってやっている訳で、建前で言っている事を鵜呑みにしてはいけない。 ロシアや中国が平和主義で動いていない事は国内の独立運動の苛烈な弾圧を見れば判る。 フランスは数年前に国際輿論を敵に廻しても核実験を強行したし、elfは世界第5位の石油会社だ。 ついでに言うと、フランスは戦争に弱い。 ドイツだってシュレーダーがSPD(ドイツ社会民主党)だし、連立与党内に緑の党を抱えているからあまり生臭い感じはしないが、世界第5位の武器輸出国だったりする。

_ 軍事評論家は悪か?

戦争が有るとテレビに出ずっぱりになって揶揄される事が多いように思うけれど、私は物によりけりだと思う。 佐々とか柘植とかいい加減な奴が利いた風な事を言っているのは困るけれど、ちゃんとした人の専門的な意見は必要だ。 今日の昼のNHKニュースを見ていたら、記者がアメリカ軍の発表を「事実」として話しているのに対して、江畑さん(ベレー帽の人)はそれを鵜呑みにせず「情報」として捉えており、突っ走りがちな記者に要所要所で釘を刺していた。 記者とアナウンサーだけでやっていたらとんでもない事になっていたと思う。

_ 政府の対応

私は上手くやったと思う。 人として良い事をしたとは思わないが、国を預る立場としては正しい決断で有ったと思う。

_ 身の回りに

反戦の人が多いのでそっち系の話しが耳に入ってくる事が多いのだけれど、どうもピントがずれている事が多い。 それに一々反論していると話しがややこしくなるし、論争は苦手なので自分用の備忘録がてら纏めてみた。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

# Intoxica [アメリカの新保守主義を視野に入れた解説をちゃんと出していたのは、こちらで視る限り軍事評論家であるはずの小川和久ただ一..]

# 私は誰でしょう [ち〜ちの作ったカイゾーグ♪ 速水亮のやる気のない演技がすきでした。でも紋舞らんは知りません(^^;]

# るれいさちゅわん [紋舞らん。 「あやや・コス」なる新作をリリースするようですが、最近権利問題を表に出したがる芸能界だけに、要らぬ心配を..]

# Dwightsa [antibiotics zithromax <a href=http://dstvmediasales.com/s..]


2012-03-25 8月31日の気分で纏め更新

_ 週刊ヤングジャンプ 2012 08号

日南響子
7ページ10カット、見開き1箇所。 撮影は桑島智輝。
撮られ慣れているのでポーズは自然、ただ表情の種類が少なく、些か単調。
大ハズレは無い。

仁藤みさき
4ページ7カット、撮影は細居幸次郎。
屋内中心なので、肉々しい水着グラビアにしては多彩で柔らかな表情。

_ 週刊ヤングジャンプ 2012 09号

日南響子
5ページ19カット、撮影は桑島智輝。
詰め込まれた巻末グラビアなので写真は小さめだが、表情の種類は多く生き生きしている。
前号もこの線で押したほうが良かったのではないか。

_ 週刊ヤングジャンプ 2012 10号

NMB48(山本彩、近藤里奈、上西恵、木下百花、渡辺美優紀)
巻頭グラビア7ページ + 巻中グラビア3ページ6カット、見開き1箇所。 撮影はTakeo Dec.
前半は集合2カット、個別で1ページ1カットずつ。 後半は1ページで個別写真5枚、見開きで集合。
それぞれに良く撮れていて破綻は無いのだけれど、木下百花の傾奇者としての魅力であったり、渡辺美優紀の嵌まると抜け出せない魔性までは撮り切れていない。
まぁこれは欲張り過ぎと言うもので、顔見世グラビアとしては及第点以上の出来。

_ 週刊ヤングジャンプ 2012 11号

篠崎愛
7ページ15カット、撮影は樂満直城。
変な物言いだが、冬らしい水着グラビア。 何故か久生十蘭の「海豹島」を連想。
鰭脚類のように雪原に転げたり、過酷な撮影では有るのだけれど、篠崎愛の表情には全く負の感情が浮かばないのが凄い。

飯田ゆか/鎮西寿々歌
増刊の宣伝かたがた2ページ2カット、撮影は青山裕企。
構図としては面白さの欠片も無いのだけれど、兎に角表情が良い。

_ 週刊ヤングジャンプ 2012 12号

AKB48(大島優子、柏木由紀、高橋みなみ、前田敦子)
新曲のイメージにあわせた7ページ6カット、見開き1箇所。 撮影はTakeo Dec.
柏木由紀だけ「成り切れて居ない」と言うか何と言うか。 頭で考えすぎなのだと思う。

乃木坂46
5ページ9カット、見開き1箇所。 撮影は桑島智輝。
「AKB48ではありません」あぁそうですかとしか言いようが無い。 森永のコーラスみたいなものか。
良く撮れた顔見世グラビアではある。 桑島智輝は何でも撮れるしどうにでもなるが、この美術より工芸に寄った部分が個性なのだと思う。

_ 週刊ヤングジャンプ 2012 13号

小池里奈
7ページ11カット、撮影は細野晋司。
正面から撮るとあどけなく可愛らしい、横から撮ると綺麗。 高校卒業と言うタイミングもあってか、綺麗寄りの写真で構成。
単純に横から撮るのではなく、横からの光で鼻梁の高さを際立たせているのは上手い。

西田有沙・麻倉みな
5ページ10カット、撮影は栗山秀作。
ポーズは露骨に扇情的で、肌の色も生々しいのだけれど、下卑た感じにはなっていないのは良い。

_ 週刊ヤングジャンプ 2012 14号

逢沢りな
7ページ9カット、撮影は細野晋司。
水着と、その上に何か羽織ったグラビア。
髪のあしらい方もあるが、すっかり大人びた表情。
表情そのものは諧調に乏しいのだけれど、首の傾げ方や撮る角度で印象が変わる。

和田絵莉
例によって例の如く四畳半グラビアなのだけれど、洋室なので湿り気は適度。
こう言うニコパチ営業写真を撮らせると矢張り巧い。

_ 週刊ヤングジャンプ 2012 15号

ももいろクローバー
6ページ、撮影は塚田和徳・塚田亮平。
事務所の意向が色濃く出たようなグラビア。 水着無しでグラビア一本仕立てるとなるとこうするのが早道だとは思うし、大外しはしていないのだけれど、詰めの甘さは目立つ。
最初の見開きは左後方の有安が歪曲とアウトフォーカスと色収差で悲惨な状態。
機材の特性を把握できていないのと、レンズが安いのと、画面構成が雑なのと、様々な要因が有安に押し寄せてハズレカットの山。 とんだ災難であった。

_ 週刊ヤングジャンプ 2012 16号

指原莉乃
大道具小道具取り混ぜて「指」の字に取り囲まれた7ページ10カット、撮影は桑島智輝。
初期のグラビアで見られた陰惨さはもはや何処にも無い。
顔だけでなく、指でも表情が出せるようにな り、付かないところには絶望的に付かないものの全体的には適度に肉が付いて身体の線に柔らかさが出たのとで、「脚が綺麗」と言う売りも出来た。
6ページ目などは実に良い表情。 この先も山あり谷ありだとは思うが、喰いっ逸れる事は無いと思う。

_ 週刊ヤングジャンプ 2012 17号

竹富聖花
写真集からのグラビア。 7ページ10カット、見開き1箇所。 撮影は細野晋司。
夏は夏らしく、冬は冬らしく。 細野晋司らしい季節感を湛えたカットが並ぶ。
笑顔はまだ単調なのだけれど、そうでないカットは良い。
2ページ目、7ページ目は力のある表情。

早見あかり
巻末の増刊広告に1ページ1カット、撮影は野村浩司。
表情は良いのだけれど、ピントが無様に外れている。 雑な仕事。
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [maximum dosage of cialis <a href=http://dstvmediasales.co..]



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|
トップ «前の日(03-24) 最新 次の日(03-26)» 追記