トップ «前の日(07-10) 最新 次の日(07-12)» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


1999-07-11

_

六条と長電話。 送ったカメラの使用説明をしたあとで、その他諸々の話をする。 こちらの言いたい事がどれだけ伝わったかは判らないが、まぁ、或程度は伝わったと思うので「良し」とする。

_ そのあと

田中に電話。 「いやぁ、思ったより腫れの引くのがおそくて・・・」と言うと、「一時間近く挟まっていたんだから当たり前だ。」と言われた。 そりゃそうだ。


2003-07-11 もうしわけない

_ SHIPフォトコンテスト

ごりぱんさんの所にはメールが来たようですが、内には着てないので落ちた模様。 これで19日は安心してりえくらぶ撮影会に行けます(苦笑)。

_ あわわ

たった今、酒田の浪漫亭ワキヤ師匠からウナ電が入りまして、「入選しましたので、予定を空けておいてください」と連絡をいただきました。
どうも私が応募票にメールアドレスを書き忘れたようです。 わざわざありがとうございます。
・・・と言うわけで、19日は酒田へ行ってきます。

_ お詫び

先方の日記につっこみを入れるなり、メールを送るなりして済ませるべきところを、わざわざ槍玉に挙げて晒すような事をしたのは、明らかに行き過ぎでした。
山♪田さんには、お詫び申し上げます。

_ さらにお詫び

新井敬子さんの日記 7/10・7/11 分を今更乍ら精読しました。 売られた喧嘩とは言え、本人おいてけ堀で大騒ぎになってしまい、いろいろ大変に時期に足を引っ張るような事になってしまいました。 新井さんにはお詫びのメールも出そうと思っています。

_ 結論

新井さんは写真を撮られる事そのものを拒絶している訳ではないようですし、ごくらくっ娘として撮影会はやらないということであっても、そもそも私はごくらくっ娘のKちゃんを撮りたい訳ではないので、新井さん本人と話をしてみようと思います。 ただ、ここまで話しがおかしくなってしまっていて、ソロライブやらなにやらで大変だともおもうので、暫らくこの話は寝かせておきます。

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

# ごりぱん [え?ペトリ先生の所には着てないんですか?(汗)信じられないです(^^;)>フォトコン]

# raffine [論理がすりかえられたと本当にお感じであるならば、その「すりかえられた先の論理」に拘泥するこたぁないと思うのですが如何..]

# 墨田ペトリ堂 [出先からは突っ込みしか入れられないんで、ここに書いておきますが、ラフィーネさんやなべちゃんのおっしゃる通りで、私の物..]

# 山♪田 [まず最初に、ペトリ堂さんに向けて書いたことではないことをまずご了解ください。 で、儂の考えが正しいか正しくないかはと..]

# 墨田ペトリ堂 [訂正 ○  raffine × ラフィーネ 半角小文字か平仮名だってのに気付いたら昼休みが終わっていた。 山♪田さん..]


2004-07-11

_ 隠蔽

ナベツネの「たかが選手が」発言があったのは7/9な訳ですが、報知の7/9のインデックスには無いんですねぇ。 「特集 球界再編問題」でも当然触れていない
「たかが選手が」発言を踏まえての動きはそのまま報じている訳で、これ一つで「偏向報道」と決め付ける訳には行きませんけど、どっち向いて記事書いてやがるんだか・・・。

_ 不買運動

>ちょもさん
どこまで拡大すべきなのかは難しい問題なんですが、讀賣関連に限った方が乗りやすいんじゃないかと思います。 裾野を広げるといろいろなしがらみが障害になりますし、対象が判り辛くなると思うのです。
効果はあまり無いと思いますが、この件について折に触れて騒ぎつづけるくらいの事はして行こうと思っています。

_ 更新

昨晩から暗室に入って、酒田で撮ったスナップをプリントして、帰宅してからスキャン。
酒田市内スナップ その5

酒田市内スナップ その6

酒田市内スナップ その7

_ 今日の一枚


酒田市 浜田
駅前で夜行バスを降りて、中町へ向かう途中で撮影。 観光ガイドに載らない場所の方が趣のある町並みは残っている。

_ 小ネタ

フットネスクラブ「ティップネス」の夏のキャンペーンポスターに渡辺満里奈(赤水着)。
オフィシャルサイトのニュースによると、
ティップネス新作ポスターが出来ました。ティップネス各店でチェックして下さい!!


電車でも・・・ 東京ではJR山手・中央各線・小田急全線・西武新宿線・京王井の頭線・ 東京メトロ東西・銀座・丸の内線で   大阪では地下鉄全線・阪急全線・近鉄南大阪線・南海全線・京阪線で 駅でも・・・ 東京では西武線池袋駅・東京メトロ新宿駅   大阪ではJR環状線大阪・天満・桜宮・京橋・大阪城公園・森之宮・玉造・ 鶴橋・桃谷・ユニバーサルシティ・寺田町・天王寺・新今宮・芦原橋・大正・ 弁天町・西九条・野田・福島各駅・京阪京橋駅で
注:掲載日程は各線によって異なります。!


いやぁ、鍛えている所為でしょうか、衰えないですねぇ。

_ 小ネタ 2

週刊東洋経済の特集は「孫がいなくなる日」
ソフトバンクがいよいよ潰れるのか・・・と思ったら、少子化問題の記事だった。
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

# 運動案 [俺は7年前から日テレ系のチャンネルは一切見ません。 自分のサイトで(批判も含め)話題にもしません。(できません)→完..]

# 運動案 [補足 Yahoo!NEWS等のサイトの記事へリンクを貼るときも、読売が書いた記事へのリンクは避けましょう。]


2006-07-11 反芻咀嚼

_ キグルミ

チームK新公演には、色々な「飛び道具」が盛り込まれている。 その一つが「雨の動物園」で使われる着ぐるみ衣装。
小野や奥や早野に着せたら可愛かろうって事だと思うのだけれど、着ぐるみを着ても洒落になるのを撰って脇に配置してあるのが面白い。
松原がライオン、今井がラクダ、梅田がシマウマ、カントリーマアム小林がキリン、野呂がたれぱんだ。
四月頃の野呂にたれぱんだなんかやらせたら、それこそ罰ゲーム以外の何物でもない悲惨さが出てしまったと思うが、今は逆に「野呂だから洒落になる」。
たれぱんだを着こなして可愛く見せられるのは野呂しかいないのではなかろうか。

_ あて書き

こう言う「あて書きの妙」を見るにつけ、チームA青衿緑衿の不遇が思いだされて、一寸悲しくなる。
星野、折井、浦野あたりの「挫折や絶望を知る世代」の歌う暗黒歌謡と化した「クラスメイト」がまた聴きたい。


2007-07-11 電波でも飛ばせと言うのか

_ 小林香菜の髪の色 2

買い被り過ぎたようで、小林の髪は別に事務所が手を掛けてやっていた訳では無いようだ。
携帯サイトのブログがちょうど小林の番で「美容院に行った」との記述があり、公式ブログで支配人が書いていた事を勘案すると恐らく染め直して来たのだと思われるが、

みなさんゎ美容院のニオイ好きですかぁ??
答えて下さいね!!
(原文ママ)

どう答えろと言うのか。
小林らしいと言えば実に小林らしく、微笑ましいと言うか、頭を小突きたくなると言うか。
ちなみに私は美容院は嫌いで、床屋らしい昔気質の床屋にしか行かない。
そもそもパーマ液の臭いが嫌いだし、天井見ながら洗髪されるのなんざゾッとする。

しかし小林は、なんでここまで楽しそうに生きられるのだろうか。

_ 或る日の小林のMC

「えー、毎日楽しいよ。 劇場に来ても、学校に行っても、自転車乗ってても。」
本日のツッコミ(全10件) [ツッコミを入れる]

# ゆたかの [いつころのセリフだっけ?もう1年前かな。 小西康陽の歌詞のような詩的なセリフだと思った。 これ、聞いたときに連想した..]

# Trowsprep [<a href=http://buygenericonlineviagrashop.com/#6156>viagra..]

# SheashPaype [<a href=http://buycialispremiumpharmacy.com/#nqhms>cialis ..]

# amuchenah [<a href=http://buyviagrapremiumpharmacy.com/#uuolu>buy che..]

# nelmhountee [<a href=http://viagraboutiqueone.com/#ajzji>viagra 100 mg<..]

# Blurroult [<a href=http://buyonlineaccutanenow.com/#ttgmn>cheap accut..]

# Ephendrep [<a href=http://buyonlineretinanow.com/#jzhii>buy retin a c..]

# arcaroPoify [<a href=http://propeciaboutiqueone.com/#xbjkw>order propec..]

# engaraSathe [<a href=http://buyreliablezithromaxonline.com/#owzga>zithr..]

# tuntesits [<a href=http://primecialisonline.com/#nkmld>cialis online<..]


2008-07-11

_ Club 333 Night View (代打DJ 中西里菜)


今週も仕事帰りに東京タワーへ。
今週はレギュラーの折井あゆみが舞台出演。 代打で同じ事務所の中西里菜
折井のファンは舞台の方に行ってしまったらしく、「目当て」で来ている客は中西のファンが殆ど。
真ん中に陣取った辺りのボードプレイに制止が掛かったりもしたが、前回と較べれば平和裏に進行。
ボードプレイが場にそぐうかそぐわないかと言うと、私はそぐわないと思うのだけれど、中西が一々拾ってしまうので客の方も頑張ってしまう。
折井の場合は拾ってしまうと収拾がつかなくなる客を抱えている事が却ってプラスに働いて、理性的に振舞えているのだと思う。
禍福は糾える縄の如し。
折井と中西の立ち位置の違いも、客層とその振る舞いに影響していると思う。

今日の中西は危ういくらいの丈のミニスカートで登場。 アップにした髪型が新鮮。
スカートが短いので、椅子に座る際には慎重に膝掛けでガード。
もう少し安全な服を撰んだ方が良い。

緊張はしていたようだが、前回に較べると柔らかい表情。
リクエストに添えられた「前回より落ち着いて喋れておられるようで、安心しました」とのメッセージにも、「はい、落ち着いて喋っておられます。」とおどけたりする余裕も見られた。
曲間にはDJミズノ氏とリクエストカードの読みあわせをしたり、仮名を振ったり。
ミズノ氏のアドバイスにも笑顔で頷くなど、楽しんでやっているのが見て取れた。

いつもと違って、誕生日や記念日にまつわるリクエストより中西本人への応援や質問のメッセージの方が多かったが、中西が対応に困るような内容のものは無く、中西も上手く話を広げていた。
「七夕では何をおねがいしましたか?」との質問には、ソロの仕事が沢山来るようにお願いしたと答えていた。

洋楽のタイトルになると
「こ、こんぷりけ い てぃ・・・ど」
てな感じで、言い澱む事も多かったし、「ママ」と言い掛けて「お母さん」と言い直したりもしていたが、原稿を読むだけでも苦労していた前回に較べれば格段の進歩で、ハラハラするような危うさは無かった。

中西らしさが良く出ていたのは「間の良さ」で、リクエストカードを読みながら溜めたり喰ったりして緩急をつけており、そこで真空を作って聴く者を惹き込む。
これを巧まずしてやっているのが中西の凄い所。

一寸残念だったのは、マイクの向きや口との距離に無頓着だった事。
曲の掛かっている間にミズノ氏が何度か直していたが、これは本来自分でやら無ければならない。
(ちなみに折井はブースに入って席に座ると、先ずマイクの位置と角度を調整している。)
読み難い漢字やカタカナ語があると原稿に顔を近づける為、頭の位置が下がり、マイクが鼻の横辺りに来たり、また口と正対したりするので、声が大きくなったり小さくなったり篭ったり。
マイクの調整だけでなく、曲の掛かっている間にもう少し原稿を読んでおいた方が良い。

カフェ・ラ・トゥールから一品頼むコーナーでは、アイスのキャラメルラテを注文。
前回はアイスコーヒーを注文したが「緊張して飲めなかった」と緊張していた事をを強調。 「苦くて飲めなかったのではないか?」と懐疑的な客の反応に軽く憤慨してみたり。
そのアイスキャラメルラテは、今週も音速デリバリー。 あっという間に出て来た。
ストローでカラカラと掻き回してからおもむろに口を付けてニッコリ。 中西のファンはこれにやられるのだと思う。
実物以上にとてつもなく可愛く見える瞬間が、「俺の為だけ」に微笑んでいるような錯覚に陥る瞬間が、中西にはある。

相変わらずな部分も有ったが、次回に期待の持てる代打DJだった。

2009-07-11

_ Club 333 Night View DJ(代打DJ:小林香菜 7/10)

仕事が煮詰まっている上に、AKB48界隈でも面白からざる事ばかり。
そんな訳でとっとと帰って寝ようかとも思ったが、何となく東京タワーへ。

大展望台へ上がると、いつもと来ている客の傾向が異なる。
何だろう・・・と思ったら

梅田急病との事で、代打小林。
例によって公式ブログでの告知は無い。 この件については別項にて。

定刻になっても始まらず、15分遅れでスタート。
小林は赤羽橋へ行くべきところを赤羽へ行ってしまったらしく、来るには来たが何をやるんだかまるで解っていない状態でスタート。
のっけからミズノ氏の喋りでスタート、定型原稿とリクエストの読み上げ以外はお仕舞いまでほぼミズノ氏がなんとかして終わった。
急な仕事でもあり、誰が代打で出ても初回は何が何だか判らないうちに終わるのが常なのだけれど、それにしても頭を抱える出来では有った。
話を振られても合いの手を入れるでもなく無言で頷くってのは、幾らなんでも酷い。

折井の時は原稿と睨めっこしてガチガチで終わり、中西は緊張しているってのを連発してアワアワしたまま終わり、たいてい過緊張がマイナスに働いているのが見て取れたのだけれど、小林はそう言った感じでは無く、本人も「緊張はしていない」と話していた通り表情に硬さは無かった。
ただ例の件以来の鬱々とした気分が表に出ているようで表情は暗く、ミズノ氏が話を振ってもほとんど話が拡がらないどころか、前出の通りで合いの手すら満足に入れられない。
反面、与えられた原稿は予想以上にきちんと読めていて、判らない文字もそのままにせず質問してペンを入れていたし、曲の間には次に喋る事を浚っていたりもしたので、職業モラルが低いのではなく、ただ単に何をする仕事なのかを把握しないまま現場に入ってしまったのだと思う。

カフェ・ラ・トゥールから一品頼むコーナー。
「パリに行ってからココアが飲みたくて」とココアを頼む小林。
「フランスだと『ショコラ』ですよね?」とミズノ氏に振られても無反応。
「パリにはココアが無かったので、コーラばかり飲んでました」と小林。 まぁフランス人にココアと言っても持ってきてくれないだろう。
パリの思い出にショコラを好んだ荷風と全く逆の理由でココアを欲するところが小林らしい。
初日の食事でムール貝がバケツで出てきたのに面くらい、フランスでは何でもバケツで出てくるのかと思ったとか、フランスのパンは硬かったとか、(守備範囲に球が来れば・・・であるが)小林らしさの片鱗は見られた。

最後に今日の感想を訊かれて、「ラジオの仕事をやっているけれど、何時もは透明の仕切りがあるのでお客さんが目の前にいるのは新鮮でした」と答えていた。

たとえ親が死んでも客前にでたらシャンとしなければならない仕事をしている訳で、現場に出たら精神的な落ち込みを出してはいけない。
準備する時間の無さとか、マイナス条件をさっぴけば見るべきものはあったのだけれど、さっぴかなきゃならないものが多すぎる。
梅田急病、秋元と宮澤はレコーディング、増田は舞台、奥は児童福祉法、消去法で転がり込んだ仕事なのだから、活かして欲しいチャンスだった。

事務所も赤羽橋なんて東京に住んでいても出歩かない人は知らないような駅に呼び出さずに、浜松町からタクシーに乗せるくらいしていただきたい。 折井や秋元ならともかく、相手は小林なのだから。

しかし、兎にも角にもこうしてチャンスを引き寄せるところは、実に小林らしくある訳だが。

_ 戸島花 21歳

戸島の生誕イベントが有った公演を見たことがあったのを思い出した。
その日の感想はこのへんに。
おめでとうございます。


2010-07-11 勝ち負けの先にあるもの

_ 週刊プレイボーイ No.29

AKB48絡みは巻頭グラビアにチームPB、連載投稿ページに石田晴香、刊中グラビアにチームYJ。 オマケピンナップは表がチームPB、裏がチームYJ。

AKB48 チームPB(多田愛佳、柏木由紀、高城亜樹、仁藤萌乃、前田亜美、宮崎美穂、宮澤佐江)
巻頭グラビア8ページ12カット。 撮影はTakeo DEC.
集合で1ページ、宮澤、柏木、高城、仁藤で1ページずつ、宮崎、多田、前田で2/3ページずつの個別写真。 最後に仁藤+高城、宮澤+柏木+前田、宮崎+多田で組になったものと、浜辺での集合で1ページ。
年齢で区切ったのか、多田と前田のみセパレートで、残りの連中はビキニ。
水着映えと言う点に於いて、個別で1ページ貰えた組とそうでない組の間に差があるのは判るが、余白は多く、組み方次第ではどうにかなったのではないか。

個別の写真でも、晴天の浜辺で撮ったものを使われた組と、木陰で撮ったものを使われた組で落差が激しい。
木陰で撮られた仁藤萌乃と宮崎美穂は当たり。
仁藤は綺麗に見えるスイートスポットが狭く、なかなか当たりの写真が出ないのだけれど、この写真は良い。
宮崎も無から有を創り出す「くびれ錬金術」みたいな写真であったり、不自然に腹を隠蔽した写真だったり、妙なものが多かったが、粗を敢えて隠さずに素でカメラの前に立って微笑んだこの写真は、生意気だが憎めないその個性が上手く引き出されている。

反面柏木は身体の線は綺麗に出ているものの、顔に影が差してしまっているし、眩しさから下瞼が上がってしまって表情も良くない。
宮澤はグラビアの出来以前に、炎天下に水着で放り出して直射日光を当てると言う点に於いて間違い。
只でさえ焼けやすいのが、さらにこんがりと。

時間が無いところで移動時間の掛かる海外ロケってのが、よく判らない。
水着の種類は多いが、水着以外の写真は少なく、浜辺と浜辺近くの木陰だけと言うのも味気無い。
いつもながら掛ける金と手間の割りに出来がお粗末。

AKB48の夢叶ッ!
石田晴香が登場、この人にも遅蒔きながら春が来た。
マンガ・アニメ好きの石田の食べやすい部分を読者にお届け。 文字物ページにしては文字量が少ないこともあって、石田の業の深い部分までは掘り下げておらず面白味は薄いが、石田を知ってもらう取っ掛かりとしては良い。

AKB48 チームYJ(河西智美、菊地あやか、北原里英、倉持明日香、指原莉乃、仲川遥香、峯岸みなみ)
7ページ12カット。 撮影は桑島智輝。
写真そのものは悪くないのだけれど、相変わらず割付けのセンスが無いのと、写真選択に芸が無いのとでグラビアとしての質は低い。
写真に大きく「負」の字を被せるなんざ、お里が知れる。
勝ったのはチームPBのメンバーであって、編集者ではない。 勝ちに驕ったのが露骨に出ていて不快。
負けを強調したキャプションも度が過ぎていて、下衆な根性がグラビアを台無しにしている。

晴天の浜辺で撮ったカットが使われているので、表情の良くないものも散見されるが、サイパンほど光線がきつくないこともあってか、ハズレカットは少な目。

眩しさが凶と出たのは指原と河西。
指原は情け無い表情に振れているし、河西は頑張って目を開いた余波で顔全体に力が入り、持ち前の「口元の色気」が出ていない。

吉と出たのは菊地と仲川。
仲川は眩しそうな顔に愛嬌があり、菊地は物憂げな表情から色気が漂う。

残念なのは峯岸で、もはやそれを含めて仕事用の顔なのかも知れないが、瞳を大きく見せるギミックが目立つ。
表情からポーズから横の人間との絡み方まで、良いところが多いだけに画竜点睛を欠く。

_ 週刊ヤングジャンプ No.32

表紙と巻頭グラビアにチームPB、巻末グラビアにチームYJ。

AKB48 チームPB(多田愛佳、柏木由紀、高城亜樹、仁藤萌乃、前田亜美、宮崎美穂、宮澤佐江)
ムックの広告も含めて8ページ9カット、うち見開き1箇所。 撮影はTakeo DEC.

柏木の個別写真で1ページ、見開きで集合、2/3ページずつの個別写真、広告込みの集合で1ページ。

個別写真は全て夕方の浜辺で撮ったもの。 多少眩しげな表情もありつつ、破綻は無い。
見開きの集合は、昼間の浜辺ながら木陰で撮ったもの。 光が強くない分、生きた表情。

多田が安定して良い。
見開きの集合では幼さの残る多田は、個別写真では一転して大人びた表情。 顎の線もスッキリして、上手く大人に移行出来そう。

前田はムラはありつつも、集合では良い表情。

宮崎は作り込んだ表情でカメラの前に立たないのが良い。 撮影用の顔では有るが、如何様にも解釈できる表情になっているので、見ていて飽きない。

高城はメイクと髪型が珍妙なのと、表情が一本調子なのとで冴えない出来。 ポーズや表情を本人に考えさせずに上手く誘導できれば変るのかもしれない。

宮澤は笑顔過多なのと、光の強い状況下に置き過ぎていることとで、その良さが十分引き出されていない。

AKB48 チームYJ(河西智美、菊地あやか、北原里英、倉持明日香、指原莉乃、仲川遥香、峯岸みなみ)
巻末グラビア6ページ28カット。 撮影は桑島智輝。

細かい写真を散りばめた1ページ目から、指原+北原、峯岸+河西+倉持で1ページずつ、再び細かい写真を散りばめたページを挟み、仲川+菊地で1ページ。 最後に集合で1ページ。

移動時間から花火や枕投げ、楽しませる工夫をしつつ可能な限り撮影に組み込んでいるので写真に幅が出ているし、何より表情が良い。 楽しさと寂しさと悔しさが綯い交ぜになった、噛んで味の出る表情。

オフショットの細かい写真を散りばめることで、決め顔の写真も生きてくる。
仲の良い北原と指原、仲川と菊地を棒組みにする事で安心感を醸し、峰岸・河西・倉持の三人三様の色気が絡み合う。 6ページがそのページ数以上に機能した佳品。
首を傾げざるを得ない点もあったこの企画だが、ことチームYJの連中にとっては実りある物だったのではないかと思う。

_ ヤングアニマル No.14

「SKE48 パーフェクトコレクション」と銘打ち、巻頭巻末ブチ抜きでSKE48。
シングル選抜組だけでなく、療養中の松下はプロフィールのみだが、研究生まで含めて全員出ているのが画期的。

前半グラビアページはシングル選抜組が11ページ9カット、うち見開き4箇所。 続いて歌衣装の顔見世写真。 「ごめんね、SUMMER」は見開きで。 「少女は真夏に何をする?」と「羽豆岬」の連中が1ページずつ。 「ピノキオ軍」も見開き。

後半はカップリング組のグラビア。
「少女は真夏に何をする?」と「羽豆岬」の組が制服衣装で1ページ、「少女は真夏に何をする?」、「羽豆岬」、「ピノキオ軍」それぞれ2ページずつ。
カップリング組の撮影風景が小さい写真を散りばめて見開きで。 SKE48講座で2ページ。 私物とサイン色紙プレゼントの紹介を兼ねたプロフィールで5ページ。
選抜組のグラビアとプロフィールは中山雅文、カップリング組のグラビアは小塚毅之、選抜組以外のプロフィールは松田和弘。

人数が人数だけに分割して撮影して有る訳だが、力を入れて撮影したはずの選抜組よりカップリング組の方が写真の出来は良いと言うのが皮肉ではある。 しかし、総体的に見て入門篇としては十分な出来であり、アイドル専門誌を上回る力の入れ方でカラーページを大幅に増やし、この一冊があればとりあへず事足りるものを出してきたヤングアニマルの意気込みは結実している。

グラビアそのものはベタな上にもベタな構成で、出来としてはよろしくない。 特に選抜組のももいろクローバーの歌衣装みたいな浴衣風の衣装はメイクもおかしい。
どう撮ってもハズレの少ない松井珠理奈や向田茉夏あたりはそれなりの出来になっているが、素材は良いが扱いが難しい松井玲奈や大矢真那はハズレ写真。
反面撮り方によってはまるで可愛く無い事もある加藤るみはオフショットも含めてハズレ無し。 運も作用しているのかもしれない。

ともあれ、歌衣装でのカットは及第点。 顔見世グラビアとしては十分以上の出来。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# @香菜 [ヤングアニマル やっぱり全員が揃っているといいものですね。 当たり前のことなのに嬉しくなりました。 前々からちょっと..]


2011-07-11 夏だ!海だ!!ニコパチだ!!!

_ 週刊ヤングジャンプ 2011 32号

篠崎愛
7ページ11カット、撮影は樂満直城。
「夏だ!海だ!!ニコパチだ!!!」・・・と言った感じの表紙と扉で始まりつつ、屋内や木陰などで光を柔らかく、表情の単調な篠崎愛をなんとかしようとした11カット。
引き分け。

逢沢りな
巻中グラビア5ページ10カット、撮影は細野晋司。
写真は悪くないがキャプションが一寸煩い。 「光と影」と言うテーマに囚われすぎて、細切れの写真を並べる構成にしたのはいただけない。
撰ったカットを大きく見せた方が効果的ではなかったか。
4ページ目の横顔が良い。

_ 週刊プレイボーイ 2011 Vol.28

石原さとみ
5ページ7カット、撮影は西田幸樹。
外光のふんだんに入る屋内での撮影。 斜めからの光で陰翳を付けて、顔の立体感を程好く出しているのが上手い。 余計な光を使わないので表情も柔らかい。
3ページ目の最後の見開き、そして扱いは小さいが2ページ目下段左側の横顔も良い。
こうした良質のグラビアを提供するだけの地力がありながら、この号はこれ以降のページが劣悪。

アイドリング!!!(大川藍、遠藤舞、横山ルリカ
5ページ5カット、見開き1箇所。 撮影は栗山秀作。
並べると横山ルリカだけが突出してしまい、あとの二人が引き立て役になってしまうので、左右を入れ替えたり並びを変えたり、判りにくく気を遣ったグラビア。
どうしても横山ルリカに目が行ってしまうが、遠藤舞の気だるげな表情も面白い。

ぱすぽ☆
5ページ12カット、横並びの集合と1人1カットずつのコラージュで見開き2箇所。 歌衣装と米村弘光の装飾水着で2パターン。 撮影は樂満直城。
先ずは増井、奥仲、根岸で1カット。 「誰某と誰某は人気が有る」と言う予習はしたようだが、そこまで。
横並びの集合は、何時もの「ぱすぽ☆」。 安斉奈緒美は澄ました表情の方が映えるが、この場合はこのクシャッとした笑顔で良い。
しかしコラージュのページが酷い。 ベルトコンベア式に撮った割には良い表情だが、キャプションが切腹どころか打ち首ものの酷さ。
「それぞれのキャラクターを一文で」と言う意図が有るにしても、傍から見てはそうかも知れないが本人自らは発することが無いであろう言い回しが並ぶ。
知らないなら調べれば良いし、判らないなら訊けば良い。 それをせずにテキトーにデッチ上げたやっつけ仕事。 対象に対する敬意もへったくれも無く、「載せてやるから有り難く思え」式の思い上がりが如実に表れた、この号の「グループアイドル大特集」なるものの腐臭が強く出た5ページ。
ぱすぽ☆パッセンジャーはこんなのに載ったのを喜んではいけない。 寧ろ扱いの酷さに憤るべき。
編集者(もしくは担当ライター)に誠意があれば、グラビア誌でなくとも、過日の電撃ゲームス Vol.18のような見応えのあるグラビアは作れるのである。

ももいろクローバー
5ページ10カット、見開き1箇所。 撮影は渡辺達生。
当てる光が強すぎるので、楽しげでありつつも表情が硬い。 特に高城れには凶相と言って良いほど。
この号が手元に有る方は下瞼に注目して頂きたい。 撮影現場の雰囲気作りの上手さではどうにもならない事もあり、一見こぼれる様な笑顔に見えても顔のこわばりが全てのカットに見られる。
こうした写真は上っ面は綺麗に見えるかもしれないが、中身は空疎なので見ても何ら感興を催さない。
メンバーの紹介文も何時の情報なのだか呆れる、古文書から抜書きしたような駄文。

東京女子流
1ページ1カット、撮影はHIROKAZU。
経費節減のあおりのザラ紙カラーグラビア。
これも光が強すぎてお話にならない屑写真。 光が強いのに顔に妙な影が差していたり、呆れるほか無い。
先般書いた通り、年齢非公表なのに平均年齢が大書されているインタビューも含めてお話にならない。

スマイレージ
見開きで2ページ1カット、撮影は岡本武志。
寺田が売りにしている「脚」を見せる為か、公園の花壇か何かに腰掛けさせたのを正面から撮っている訳だが、レンズがデルタゾーンの高さと言うデリカシーの欠片も無い写真。 真っ昼間にこんな所で撮って眩しくない筈が無く、またぞろ強張った作り笑顔。

腐男塾
1ページ1カット、撮影はHIROKAZU。
「男装ユニット」と書いてしまうところからして、取材対象の設定や世界観を閑却した屑仕事。
写真もライティングが粗雑でお粗末。

SUPER☆GIRLS
巻中グラビア4ページ12カット、撮影はTakeo Dec.
「可愛くない娘がいないのに、送り手が醜悪」でお馴染みの SUPER☆GIRLS から6人で水着グラビア。 送り手から漂う腐臭は42ページからのグループアイドル関連記事で嗅ぐことが出来る。
閑話休題、グラビアの話。 6人に絞ったこともあり、流れ作業感は薄いが、紋切り型の表情に終始。
素材の良さは伝わるが、調理の仕方が悪く、刺身にすらなっていない切り身写真。
これはカメラマンだけの責任ではなく、この6人でどうページを組み立てるかを考えられない編集者の無能に帰するところが大きい。

総評
碌すっぽ調べもしないでデッチ上げた「特集」と書くのも憚られるくらいの惨憺たる出来。
今回掲載されたグループの多くは、既にアイドル専門誌やゲーム誌、ゴシップ系月刊誌などで取り上げられており、特集としての新鮮味が無い上に内容も空疎というどうしようもないモノであった。


「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|
トップ «前の日(07-10) 最新 次の日(07-12)» 追記