トップ «前の日(11-16) 最新 次の日(11-18)» 追記

墨田ペトリ堂の身辺雜記 「二面楚歌」


ペトリあんてな
二面楚歌 断章
二面楚歌 グラビアレビュー備忘録
寒空文庫(仮)
写真日記二面楚歌 隠居所
petri's fotolife
酒田へ行きたい
ザ・インタビューズ

投票などするな!

投票行為は君たちの人間性の否定なのだ。
投票を依頼してくる連中など無視せよ。
連中は諸君の敵だ、連中は権力を握りたがっている。
すべての政治家はそれが共和派であれ、王党派であれ、
共産党であれ、われわれの敵だ、
投票用紙を破り捨てろ、
投票箱をぶち壊せ、
候補者だけでなく、選挙管理委員たちの頭もなぐり割れ。


1933年11月 CNT(Cofederacion Nacional del Trabajo)の声明より


2004-11-17 なかなかどうして、疲れる。

_ 今日の五万三千石

昨日、ご公儀より「仕事が遅い」「昼休みに仕事をして埋め合わせにしようとするな」とお叱りを受けた所為か、むやみに「仕事をしたふり」をしようとするので、却って仕事にならない。
「能率が悪いから止めろ」と言っても、もはや聞く耳を持たないので、「皆働いている中でキミだけ遊んでいられても困る。」「『どうやったら楽しいか」じゃなくて『どうやったら早いか』」を考えて仕事をしてくれ」、と言ってみたところ、夕方まで私のそばに寄り付かなくなった。
これはこれで仕事にならないから困る。

_ 新兵器投入

給料が入ったので、新兵器を投入してみた。


NOVOFLEX NOFLEXAR 240mm/f4.5

ベローズの繰り出し量で最短撮影距離を設定しておいて、グリップを握ったり放したりしてピントを合わせる。 絞りは手動絞り。
とりあへず、今週末の酒田で実戦投入予定。

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

# 陰陽師 [これって、レーザービームが出るやつですよね(笑)]

# S [下に付いてるのはルがーですか?酒田で実弾投入(驚愕)]

# ZERO-ONE [は、鳩村軍団入りですか?!]

# 墨田ペトリ堂 [現在、酒田。 若浦屋さんにチェックインしてお茶を飲んでいます。 そこいら中の無料インターネット端末が、根こそぎ無くな..]

# どりだあ [この彼のお仕事問題ってまだ続いていたのか。驚いた。でもやめないで、がんがっているようじゃん]


2006-11-17 そして悲しくうたうもの

_ 酒田

コンビニエンスストアに入ったら、レジの横の目立つところに高級カップラーメンが二種類。
うち片方は市ヶ谷のラーメン屋監修のもの。
もう片方は酒田の満月監修のスタミナワンタンメン。 新井田川の向こうのあの店ですよ。 ちゃりんこ飛ばして何度も食いに行きましたねぇ。

今月は何とか酒田へ行けそうです。 満月は来月以降気が向いた時に行くとして、先ずは「ケルン」でモーニング食べて土門拳見て昼に「しばらく」寿司摘んで「モアレ」でジェラート食ってト一屋で蕎麦と麩ととびうおのだしつゆ買って仏壇屋で蝋燭と線香買って眼鏡屋さんに挨拶してetc...。
早く来い来い給料日。

_ AKB48 チームK公演

仲良し残業のお陰で離脱が遅れ、エスカレーター昇って8Fに着いたらモニターではMCの最中。 エントランスに居たHGSSスタッフ氏に「入れますか?」と訊くと、ニッコリ頷いた。 急いでチケットを買って劇場へ。
中に入ると、既に3曲終わって自己紹介MCも終盤。 下手お立ち台が空いていたので潜り込む。
改装前の椅子の少ない劇場では、入場順抽選の引きが悪い時はいつもこの辺で見ていたのを、お立ち台に昇って思い出す。 チームKの「PARTYが始まるよ」公演を最後に劇場内で見た、「私の好きなデザート」と言うお題トークで秋元が「生クリーム」と言っていたあの日も、確かこの辺りだった。
最近は兎に角座りたいので、後のほうでも柱の間の椅子席に行くことが多く、座れなくてもPA脇あたりの全体が見渡せる場所を撰ってしまう。 ここに立つのも数ケ月ぶりだ。

「スカート、ひらり」は動き回る曲なので、柱の影に成る事は有っても、見える部分はそれなりに有る。 「クラスメイト」「星の温度」も然り。 「あなたとクリスマスイブ」は全く、「キスはだめよ」は殆ど見えない。

チームK公演の初日、この面子の「クラスメイト」を初めて見た日はあまりの情緒の無さに泣いたものだが、今日見たらしっかり「歌」になっていた。 まぁ四月頃は「挫折と絶望を知る世代」であるところの折井・星野・浦野(+川崎)の歌う暗黒歌謡としての「クラスメイト」を聴いていたすぐ後だったので、余計薄味に感じたのだとは思う。
昨日は大島と秋元だったと言う「あなたとクリスマスイブ」、今日は梅田と宮澤。 聴きながらAKB48を初めて見た日の事を思い出す。 下手の何列目だったか、キーボードがするすると運ばれていったと思ったら、柱の陰に消えた。 なんとか首を伸ばしても見えるのは弾いているほうの人だけ。 キーボードの横に立っている筈の星野の相方が誰なのか、分からないままその日の公演は終わった。 その後も宇佐美が見える位置に合わせて座っていたので、この曲は殆ど見えた記憶が無い。 そうこうしている内にクリスマスが過ぎてこの曲はお蔵入り。
閑話休題、いつもは踊主歌従と言う感じの梅田と宮澤がアラはそれなりにあるものの、予想外にしっとりと歌えていて驚いた。
前述の通り、「キスはだめよ」は殆ど見えない。 「秋元がよく見える」を基準に立ち位置を考えると、この曲を捨てざるを得なかったのも思い出す。 5月頃の大堀や佐藤は、表情に余裕が無くて、目が合うと気まずかったのだけれど、この数ヶ月でガラリ変わって実に良くなった。 重ったるくて、止まるべき所で止まらずに流れてしまっていた野呂の動きも、今では丸で別物。
「星の温度」は、秋元の動きが柔らかくなっていて驚く。 美しく深い沈みこみはそのままに、力を抜くべきところは力を抜けるようになっており、適度なしなやかさが出ていた。

また見たいのだけれど、今月の公演予定は平日のみであと2回。 メンバーの誕生日が被るので、劇場の中に入るのすら覚束ない。


2008-11-17

_ Club 333 Night View DJ(DJ:折井あゆみ 11/14)

書き掛けで塩漬けになっていた。

世界糖尿病デーの啓発の為、今日に限って青のライトアップ。
通常はタワーの脚の部分に取り付けられたライトで下から照らし出されるのだけれど、今日は少し離れたところから専用の投光機で心持ち斜めから。
角度が浅いので、展望台の奥のほうの天井まで青く照らし出され、いつもとは違う雰囲気。

クリスマスツリーやそれに付随する電飾に誘われてか、東京タワーを訪れる人はかなり多く、展望台の入場券を求める人の列は私が帰路についた9時半頃でも結構な長さだった。

私は例に依って割引入場券を予め購入しておいたので、するっとエレベーターに乗り、七時半前には展望台へ。
急に寒くなった所為か、展望台の中は押入れから出した冬物の匂いが漂い、冬の到来を鼻で感じる。

先週は風邪で休んだ折井も、ほぼ本復したらしく、少々鼻声ではあったが喋りはいつも以上に快調。
マイクの高さや角度の調整を手早く済ませられるようになっていて感心。 折井の中で基準が出来ているのだと思う。

以前はDJミズノ氏に話を膨らませてもらっていたようなところがあったが、最近はミズノ氏を使って話を膨らませたり、喋りに関しては折井のペースで動いている。

入場者が多いと言う事は即ちリクエストを書いていく人が多いと言う事であり、いつもより早く、8時には締め切り。

カフェ・ラ・トゥールから一品頼むコーナーでは、「温かいココアは家でも作れるけれど、冷たいココアは作れない」なんて話をしつつ、今週もアイスココア。
食べ物・飲み物の話になると饒舌になるDJミズノ氏が愉快。

今日もあっという間に届いたアイスココアにガムシロップを垂らし、ストローで軽くステアしてから口に運び、一と口飲んで目を見張りつつ満足げに頷くさまが微笑ましい。

_ 小林香菜「よのなか入門」を振り返る

アップトゥボーイ本誌とワニブックス@モバイルとの連動企画になっている、小林の「よのなか入門」も、アップトゥボーイ本誌で3号、ワニブックス@モバイルは21回。
初めはどうなるかと思ったが、何とか続いている。

連載開始当初は表情も硬く、指示されたポーズでぎこちなく写っていたが、慣れるに從って(丁度「ニョキ!!」が出現した頃から)表情も柔らかくなり、自然に出た喜怒哀楽が写真に写るようになって来た。
小林の顔は pretty より funny 寄りなので、取り澄ました顔より感情の乗った顔の方が、個性がより良く出ると思うのだけれど、この連載の写真は小林の可愛い表情から何とも言えない表情まで、さまざまな小林が見られる。
これを見られるだけでも、それなりの価値は有ると思う。

読者の興味を惹く為、構成上小林のオタンコナスな部分が多く取り上げられるのだけれど、その隙間々々に、小林の特異な思考と物事の捉え方が出ているのも面白い。

本を読まず、テレビも見無い小林は、余計な情報を持たない分、物事の本質を捉えたような鋭い発言をする事がある。
それが良く出ていたのが小林的宇宙観を語った回だったのだれど、こうした自然科学と哲学の境目の領域にある事柄を語らせると、我々が見落としている何かが見えて来るように思う。

直近の間繋ぎ企画で行なわれて居る似顔絵も、絵としての出来は褒められたものではないけれど、メンバーそれぞれの月旦まで含めて見ると、小林の直覚力が出ている。
例えば、奥を評して「仲いいですよ。 頭がいい子ですね〜」
頭が良いと小林とは話が合わないのではないかと疑義を呈する編集氏に小林先生答へて曰く、頭が良いから、小林の言葉足らずな説明でもソコソコ分かる。 分からないところは小林に質問し、確認するから話が通ずる。
勘で生きる小林を理詰めで読み解く奥。
エピクロスとゼノンは、実は仲が良かったなんて話を思い出す。

兎に角、長く続いて欲しい連載である。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [buy zithromax online usa <a href=http://dstvmediasales.co..]


2013-11-17 絵に描いたような紋切り型声優グラビアの倦怠と退屈

_ UTB 2013 6月号

吉本美憂
7ページ7カット、撮影は橋本雅司。
オスカーの例のコンテストでグランプリになったが為にグラビア展開をしているのであろうと思われるが、売り方としては一寸外しているように思う。
表情の種類はまだ少なく、撮られるがままと言った趣。 それでもカメラとはきちんと向き合えており、素材としての良さは感じられる。

木崎ゆりあ
6ページ9カット、撮影は細居幸次郎。
日焼けしやすいタチの木崎を外で水着にする罰ゲームのような企画。
丸さと黒さを生かして可愛らしく撮って貰えてはいるし、スタジオ囲い込みのヤッツケ撮影よりは格段に良い。

大場美奈
6ページ10カット、撮影は小池伸一郎。
復帰から暫くは表情の硬さと曇りが気になることもあったが、漸く気負わずにカメラと向き合えるようになってきた。
小池伸一郎は描き出す背景の線に妙味が有り、5ページ目が特に良い。

白間美瑠
6ページ11カット、撮影は佐藤裕之。 水着に剥かれると借金のカタに売り飛ばされたような陰惨さが出るが、服を着て屋外で撮ったカットは生き々々と。
逆光で撮った6ページ目が良い。

北原里英
7ページ8カット、うち見開き1箇所。 撮影は小池伸一郎。
一寸作り込み過ぎた感は有り、肉感的な唇を生かそうとしたメイクの意図は分かるが上滑り。

朝長美桜・指原莉乃
指原莉乃企画のHKT48グラビア連載、6ページ7カット、見開き1箇所でここに指原。 撮影はMARCO
寄った絵での画面構成は上手いが、引くと矢張り単調。 今回は満開の桜に救われている。
インタビューで滲み出る指原の「カーツ大佐」感。 仲川遥香にしてもそうだが、中途半端なポジションで燻っているより、密林に自分の王国を作ったほうが人生楽しいのではないか。

高山一実
6ページ8カット、撮影は佐藤裕之。 昭和っぽいグラビアと言うことで、三角窓のある国産車(よくよく見たらニッサン サニー1200GL)の助手席であったり、文化住宅の緋毛氈のような絨毯の上であったり、衣装や小物まで含めて凝った道具立て。
ここまでやっても四畳半グラビアにならないのは湿度低めに撮っているからだと思う。

悠木碧・竹達彩奈
5ページ7カット、撮影は能美潤一郎。
当たり障りの無い、絵に描いたような紋切り型声優グラビア。
写真としては退屈極まるが、千駄ヶ谷辺りで撮っているのは面白い。

Mスリー
6ページ6カット、撮影は長野博文。
個別と集合で3カットずつ。 事務所の「こう売りたい」がそのまま出たようなグラビアだが、そこはそれ長野が撮っているので詰まらない出来にはなっておらず、扉の一枚以外は柔らかい表情を引き出している。

吉川友
7ページ8カット、見開き1箇所。 撮影は栗山秀作。
上手く泳がせて楽しげなポーズと表情を引き出したカットと、落ち着かせて美形感を引き出したカットをバランス良く。
2ページ目右下が「らしい」感じ。

森迫永衣
2ページ2カット、撮影は國方大。
ピントはかなり薄く、もう少し絞っても良いのではと感じる1カット目だが、よくよく見ると合うべきところにピタリ合っていて、背後のボケも美しい。
もっと売れても良いと思うカメラマンの一人。

岩崎名美
6ページ8カット、撮影は長野博文。
長野が大柄なモデルを撮るのも珍しいように思うが、前半の制服でのカットと後半の水着でのカットでメイクの濃淡も含めて色味を変えているのが面白い。 肉感的なモデルを撮っても見られるものに仕上げてくるのに驚く。

Juice=Juice(大塚、宮本、植村)
6ページ6カット、撮影は桑島智輝。
宮本が中央に置かれることが多いが、今回は植村が大きくアップになったカットが使われていて、これの出来が良い。
歳の割に大人びた顔立ちなので、二年三年先に化けてくるのではないかと思う。

和田彩花・福田花音
高校の卒業を記念した一期メンバー二人の写真集からの7ページ7カット、撮影は佐藤裕之。
卒業を絡めているので制服やらスクール水着やらで押す構成。 屋内屋外とも、柔らかく廻した光の中で。

矢島舞美
写真集からの7ページ9カット、撮影は桑島智輝。
写真集では矢島による装飾が施されるらしい。 それを踏まえてか作り込んだ写真が多く、私の好みからは外れるが、過度に眩しがるようなところも無く、上手く撮れてはいる。

_ UTB+ 2013 7月増刊

島崎遥香
水着も有る10ページ13カット、見開き1箇所。 撮影はMARCO。
背景を白く飛ばして被写体を浮かび上がらせたカットが中心。
まぁこれがパブリックイメージとしての島崎遥香なのであろう。 可愛らしく、美しく撮れてはいるし、充分及第点ではあるのだけれと、何度か目にしてしまったあの特別な島崎遥香は此処には居ない。
毎度の事だが引きで日の丸になるのだけはいただけない。

倉持明日香
6ページ7カット、撮影は桑島智輝。
ブツ撮りとしては上手く行っていて、臍を含めて倉持の身体の線や面相に関しては上手く切り取れている。 ・・・が、それだけ。

なんにもない机の引き出しをあけて見る  放哉

相変わらず表情が一種類。

高野祐衣
6ページ8カット、見開き1箇所。 撮影はサトウノブタカ。
さまざまな角度から映える角度を探って撮ってもらえており、1ページ目上段や最後のカットなどは美点の一つである鼻の標高なども生きている。

岡田栞奈・指原莉乃
例の指原企画。 6ページ8カット、見開き1箇所でここに指原。 撮影は國方大。
「体育は5」「人見知りしない明るい性格」と言うことで、スポーツをする格好と制服で。 そう言うのが苦手と言うこともあるが、良し悪しではなく「俺はイイや」と気持ちが一歩引く。 明るく可愛らしく撮られており、写真としての出来は良い。
この陰の無さに私は物足りなさを感じてしまうのだけれど、普遍的に受ける要素では有る。

小島真子
5ページ8カット、撮影きは小池伸一郎。
白ホリで撮ると可も無く不可も無いが、背景として何かがあるカットでは小池伸一郎の画面構成の上手さが冴えている。
ページを行きつ戻りつして気付く3ページ目の4枚の写真の割付けの上手さ。

渋谷飛鳥
小細工抜きで美しいものを美しく撮った6ページ8カット、撮影は桑島智輝。
表情の種類こそ少ないが、気負わずにカメラと向き合えている。
可愛らしく美しく見える角度が広く、撮る角度によって印象も変わるので、表情の単調さは気にならない。
ソニーの自慰手淫の如き売り方で損をしているが、渋谷に限らず素材としての乃木坂46は素晴らしく、対峙したカメラマンの本気が見られる。

工藤綾乃
6ページ8カット、撮影は熊谷貫。
全体として可もなく不可もなく、熊谷貫のルーティンワークの趣。
笑顔は紋切り型だが、それ以外の表情は良い。

星名美津紀
6ページ8カット、撮影は佐藤裕之。
ハウススタジオと思しき屋内での撮影。 昼間の浜辺やプールサイドに連れ出されてしまう事が多いのでこれは珍しい。
安直に面積の小さな水着にされてしまう事が矢張り多いのだけれど、そうではない衣装のときの表情の諧調の豊かさが目を惹く。 眩しくない状況下なので表情も柔らかく。
窓越しに撮った1カット目が特に良い。

上間美緒
5ページ7カット、撮影は長野博文。
雑に撮ったようなカットでも、良く見ると上手く撮っている。 全体としては可も無く不可も無く。

橋本愛
6ページ8カット、撮影はMARCO。
狭くて古いハウススタジオなど、何かしらの制約があって引きで撮れない状況の方が、構図に冴えが見られる。
ただ、寄り過ぎるとピントが甘くなる傾向はある。
多少甘いっちゃ甘いのであるが、モデルに救われている。

鈴木裕乃
5ページ10カット、撮影は桑島智輝。
口を半開きにした同じ表情で押してくる。
モデルに笑ってもらうのではなく、笑みの零れる状況を作って切り取った笑顔は良い。

大友花恋
4ページ4カット、撮影は渋谷健太郎。
可愛くは撮れていないのだけれど、2カット目が良い。
4枚が4枚、奇を衒ったものに非ずして構図としては面白いと言う稀有な拾い物。
眼福。

Juice=Juice
6ページ12カット、撮影は國方大。
最後のページは背景の飛ばし方が良くないが、その他は大体良い。
スカートの裾の隠し方など、一寸不自然なところもあり、全てが上手く行っている訳ではないが、試行錯誤する写真の美しさ・楽しさは在る。

譜久村聖
写真集からのアザーカットで5ページ7カット、撮影は中山雅文。
浜辺で水着を撮った土左衛門カット以外はそれ程悪くないが、全体的に眠い表情。

真野恵里菜
ドラマのロケ地まで出向いての5ページ7カット。 撮影は熊谷貫。
役の衣装では程の良い緊張感。 制約も多く、時間も無い中での撮影だったと思われるが、上がりは良い。
2ページ目の横顔が特に良い。

_ UTB 2013 8月号

渡辺美優紀
10ページ8カット、見開き2箇所。 撮影は桑島智輝。
コンサートのリハーサルなど諸事多端の折、一日でグラビア6本撮るうちの6本目であったとインタビューで明かされているが、疲れが顔に(表情ではなく)出たところは上手く処理してあって、上がりを見ただけではそうとは分からない。 このあたりの根性と言うか腹の据え方は凄いと思うが、時間を掛けた仕事が出来にくいのは矢張り不幸だと私は考える。

時間も無い中、衣装3パターン、スタジオのみでビラビア1本仕上げなければならないのも大変だと思うが、道具立てであったり衣装であったり、限られた条件の中で積み重ねられたものが功を奏して見られるものにはなっている。
一寸危ない衣装もあるが、そこはポーズなり構図なりで上手く処理して、危ういからこその美しさのみ抽出。

志田未来
6ページ10カット、撮影は大江麻貴。
街の中と林の中。 状況に応じて必要な自分を引き出しから出せる強さ。
役者属性の人の中には役ならざる自分ではカメラの前に立てない人も居るが、志田未来は常にカメラの前に立てる人で在り続けられる。 街の中ので撮る場合、引きの絵になると情報過多になってしまうこともあるが、程の良い切り取り方。

川栄李奈
敢えて底抜けな部分に特化した7ページ10カット、撮影は桑島智輝。
川栄を楽しい状態にしておいて撮ることで、全カット表情が生きている。
動物ポートレートの傑作。

森川葵
奇を衒わずに可愛らしさを抽出した6ページ9カット、撮影はTakeo Dec.
特に1カット目は息を呑む美しさ。
動かしたら動かしたなりに、止めたら止めたなりに表情が生きてくる。 打てば響くモデルの面白さ。

古畑奈和
7ページ9カット、撮影はサトウノブタカ。
表情の種類は少なく、幅も狭いが、カメラとの向き合い方は良い。
握手会人気先行型は撮られる仕事になると底まで暴かれて馬脚を現すことがままあり、碌に期待もしていなかったのだけれど、そう悪くは無い。
撮られ慣れる過程で無駄に媚びることさえ憶えなければ、先々面白そうなところはある。

渕上舞・指原莉乃
例の指原企画。 6ページ7カットで見開き1箇所(ここに例によってちゃっかり指原)。 撮影は桑島智輝。
アイスクリームやお菓子を食べようとしたりしなかったりするふりをする趣向。 只の良い話にはしない指原の人物評が毎度面白い。
表情が単調だとか硬いとか、細かいことはどうでもよくなる効果もある。

北川綾巴
スタジオと屋外と半々で5ページ8カット、撮影は西田幸樹。
スタジオ撮影分で造形の美しさを、屋外撮影分で生きた表情を引き出している。
ポッと出の研究生に西田幸樹と言うのに驚きもしたが、上がりを見て納得。 そこまでして然るべき素材。 3カット目、脚の長さに瞠目。

橋本奈々未
お仕事モードで流してもそれなりの質の写真にはなる熊谷貫の本気を見た6ページ7カット。
何と言うか、本場所で勝ちっぱなしの千代の富士と当たったときの北天佑のようなギラつき。
語れば語るだけ語るに落ちるような7カット。 見れば見るほど引き込まれる。
撮る側がそこまでやってもまだ負けているように感じる橋本奈々未の強さ。

足立梨花
尻を前面に7ページ11カット、撮影は唐木貴央。
売りにしたくなるのも分かるが、それだけが足立梨花の良さでもない訳であるし、一寸興醒め。
秘すれば花、雄弁は銀。

高月彩良
5ページ5カット、撮影は佐藤裕之。
背もスラリと高く、キリリとした顔立ち。 指先まではまだ神経が行き届いていないが、腕の組み方などは良い。

Juice=Juice
5ページ7カット、撮影は長野博文。
4ページ目上段の3人で顔を寄せ合っているカットなどは長野らしい。
動かすべきところは動かし、止めるべきところは止める。 静と動のバランスが良い。

石田亜祐美
5ページ7カット、撮影は中山雅文。
構図にもポーズにも表情にも面白味は欠片も無いが、無難に可愛らしく撮れてはいる。

鞘師里保
5ページ7カット、撮影は佐藤裕之。
ライカを首から提げてのお散歩写真。
真野恵里菜のミュージックビデオでイハゲーのEXAを持ち歩くものがあって、あれでエクサクタ熱が再発した(初任給はたいて買ったのがVX1000だった)りもしたのだけれど、虫眼鏡で「f2のズミクロンか・・・」と睨めっこを始めて我に返ったりしつつ鑑賞。
俄かカメラ女子っぽいストラップはよろしくないが、おっかなびっくりファインダーを覗き込む様は愛らしい。
髪を下ろしたスタジオ撮影分は一転してキリリと美しく。

℃-ute
8ページ7カット、見開き1箇所。 撮影は西田幸樹。
集合で2カット、個別で1カットずつ。
個別のカットがそれぞれ良いし、集合のカットもグループとしての纏まりが感じられて良い。
撮られる仕事は矢島と鈴木に偏っているので、全員並ぶと突出して映えてしまうのではないかと思っていたが、その二人が気配を消す訳でもなく、5人で並ぶと5人としての纏まりが出てくる。
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

# Dwightsa [viagra online prescription free <a href=http://dstvmedias..]


2016-11-17 鄙には稀な美形

_ 週刊ヤングジャンプ 2016 51号

石川恋
表紙と巻頭7ページ21カット、撮影はLUCKMAN
連載漫画連動グラビア、スカジャンやら特攻服やらを着せてストーリー仕立てにしてあるのだけれど、些か説明的に過ぎる。
更にいただけないのはメイクが濃く、表情がきつく見える事。
マンガの方に引っ張られ過ぎて被写体を殺している。
石川恋は編集者の意図に則った小芝居。 煽情的に撮られるコツは弁えていて、なんとか間を持たせている。

内田理央
巻中3ページ6カット、撮影は今村敏彦。
2冊同時に出す写真集の片方から。
今村敏彦らしい、生きた表情。

鈴木絢音
巻末5ページ15カット、撮影はTakeo Dec.
こちらも連載漫画連動。 秋田出身の鈴木絢音を秋田で撮影。 
鄙には稀な美形を都会の絵の具で染めずに撮った、80年代の英知出版のようなグラビア。
衣装に野暮ったさが無く、浴衣の裾をたくし上げるくらいで(例によって)露出度は抑えめなので、騙されたような、借金のカタにされたような、じめじめした陰惨さが無いのは良い。


2017-11-17 員数外

_ notall定期ライブ『STEP by STEP』(29.11.17)

ポッカリ穴が開いてしまったタイミングでnotallの定期ライブが迫り、予約クリック合戦に参加したら何とか撮れそうな番号だったのでカメラ担いで押上へ。
「後半四曲は撮らないで見てね」との事だったが、一寸厭な予感がしたので念の為軽装備。

予め整理番号が判っているのと、訳知りが多いのとで、発券も入場もスムーズ。
撮る人見る人踊る人、趣味嗜好は様々ながら、自分が過ごしやすい場所に陣取るので、予約番号が若くても前には行かない人も居り、予約30番台でも何とか撮れる位置には就ける。

衣装はTシャツをリメイクしたもの。 同じTシャツからメンバーの個性に合わせて手を入れてある。 この辺りは渡邊ちこの仕事であろう。

前半は楽しかった、見せる聴かせるのバランスが良く(田崎礼奈のマイクが死にかけのままだったのはいただけないが)、見る人撮る人踊る人、それぞれがそれぞれの楽しみ方で過ごしていた。

後半四曲で状況は一変する。
「カメラは仕舞って、『見て』下さい。」と言うのを私は字義通りとって「真に受けた」訳であるが、「見て下さい」は「沸いて下さい」と言う意味であった。

舞台の上から拳を突き上げるように促されるまでは良かったが、客同士で肩を組んで大声を出すよう強要する客からの同調圧力が強いのには閉口。

身の危険(機材の危険でもある)を感じるくらいになってきたので後方へ退避すると、盛り上がった光景を撮ろうとPA席からスタッフが降りてきた。
そこから見ていたのでは、一生涯判らないだろう。

舞台の上からは、またPA席からは「盛り上がった」状態に見えたかもしれない。
しかし、その盛り上がりの渦の中では虎の子のカメラ抱えて怯える者、のんびり見るつもりが狂騒に巻き込まれて当惑する者、執拗に肩を組むことを迫られる者、楽しいだけではない様々な光景があった。
私は「逃げやすい場所」に「逃げやすい装備」で居たから逃げおおせることが出来たが、重装備で奥の方にいたら、それこそ軽い地獄。

「撮らないでね」と言う要請は守った。 しかし、のんびり見る自由まで取り上げられるとなると私は受け入れられない。
「肩組み同調圧力」の強い現場は「どんな楽しみ方も許容される現場」では既に無い。

アンコールの声が響く中、これ以上ここに留まっても楽しく過ごせないのは明らかなので退出。
おかげで終バスには間にあった。 塞翁が馬。

最前列仁王立ちで撮りっぱなしと言うのは私もどうかと思うし、撮影に制限を掛けたいのも理解は出来る。
然し乍ら、行きすぎたそれは気軽にのんびり見たい客も排除することに成ることは忘れないでいただきたい。

見かけ上の「盛り上がり」を重視して、そちらを好む客層に沿ったライブの構成にして行くのであれば、撮ること見ることを好む者は「招かれざる客」であるので、静かに引いて行く。
「みんなでプロデュース」の "みんな" からは員数外であるのであれば、まぁ仕方がない。



「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。 衆寡敵せずと知るべし」
斎藤緑雨


文責:墨田ペトリ堂
1998|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
トップ «前の日(11-16) 最新 次の日(11-18)» 追記